かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて40数年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

X

ENDLESS RAIN / X

1990_01_ENDLESS RAIN_X


今回の1曲セレクトは、「ENDLESS RAIN」X です。

まずはデータです。

・タイトル    ENXLESS
・アーティスト  X
・作詞      YOSHIKI
・作曲      YOSHIKI
・編曲      X
・リリース日   1989年12月1日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数   36.5万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 6位
・ベストテンランクイン期間:1989年12月11日 1990年1月15日〜2月12日 3月5日付
・タイアップ:映画「ZIPANG」主題歌

先週は成人式でしたな。
北九州では「恒例」(!?)のド派手成人式・・と、いまや「ワイドショー」で取り上げられるなど、マスコミでも認められたような存在になりましたが。。。

ワタシが成人式を迎えたのは、えーと・・・今から何年前だ?  計算もできへんようになったわい。。。

1990年だから、34年前ですね。

・・・っうことで、今回は、ワタシが成人式だったころヒットした曲を一つ。

Xの「ENDLESS RAIN」


・・といっても、ワタシ、成人式には出席してないのよ。

以前ここで書いたのかどうか・・というのも、すでに覚えてないども、1990年の1月といったら、「3度目」の大学受験の直前だったから。。

当時1月15日が成人式。 で、センター試験が、その直前の1月13日 14日だったと記憶してるけども・・・あれ、違ったかな?

なので、日程的には「式」に出られなくもなかったけども、気持ち的に、とても、そんな余裕なんてなかったしなぁ。

現役、1浪目は、自覚が全然なくて落ちるべくして落ちた感じだったので、2浪目は、「後はなし」と不退転の覚悟でめちゃくちゃ勉強したのよ。 おそらく、この後今に至る人生のなかでも、こんとき以上に勉強したってのはないくらい。
おかげで、受けようと思った大学への手ごたえは直前には大分つかめてた。

だからなんだろうけども、ここで成人式に出て、中学校の同級生にあったりしてバカ騒ぎなんかしたら、そこまで積み上げたもんが、全部崩れるような気もしたんだよね。

いや、それよりも、この時点で「無職」っていう身分だったのにも気が引けたしな。

もちろん、「成人式」の案内は来てたけども、だから、行かなかった。

余談だけども、成人式に行かなかった人って、きっと、そんなにいないんだろうな・・とその後もずっと引っかかってたんだけども、意外と多いんだよね。少なくとも、その後、知り合った人の中では。

それまでは、なんか気が引けてたんだけども、今では、そんなもんなんか‥なんて思ったりもしたりして。。。

・・・となんか、話の方向がずれた行くような気がするけども。。

そんな、ワタシの成人式の頃にヒットしてた曲って言って、真っ先に浮かんでくるのが、Xの「ENDLESS RAIN」ですね。

いや、当時、きちんと聴いていたわけではないんですよ、この曲。

↑に書いたように、とにかく大学受験が目の前に迫っていた状況の中で、ヒット曲を聴いている余裕なんて、全くないくらい、あん時の精神状態は追い込まれていたから。

もちろん、テレビも全く見てなかった。

ただ、唯一、あの頃フジテレビ月曜 の24時30分〜1時で放送してた、「マーケティング天国」って番組は欠かさず見てたな。

↓ コレ




能動的に、新たなヒット曲を聴く余裕はなかったけども、やっぱマーケティング情報については離れられなかった・・っていうんでしょうかね。
ながらでも、この番組さえ見れば、CD、テレビ視聴率、映画興行、本ベストセラーetc、いろいろなエンタメマーケット状況は、一目でわかったんで、個人的には好きだったな。

で、この番組で、あの頃気になっていたのが、Xの「ENDLESS RAIN」でしたわ。
↑では、BUCK-TICKの「悪の華」がランクインしてたりして、めっちゃビジュアル系ブーム、バンドブームって頃。

ほんの数秒間、音が流れるだけの紹介だったけども、それでも、なんか気になった・・・というか、刺さったというか。

正直言うと、今でもそうなんだけども、ビジュアル系って、今一つ苦手なのよ、個人的に。
だから、自らすすんで聴く人ではないんだけども。。。

やっぱり、音楽的によくできているというのが、大きいのかもしれない。YOSHIKIの紡ぐメロディラインって、ツボに刺さるんですよ。 ヒット曲ってこういうメロディラインというのをちゃんと研究されている。

本人はどう感じているのかはよくわからないし、そんなことは口が裂けても言わないだろうけども、「売れる」ことをめちゃくちゃ前提していると思う。

まあ、その辺は、プロモーションのマネージメント方法をも自ら研究していたということからも分かるんだけども。

だからなんだろうけども、今、MV見ても貧乏くさくないのよ。 

もっとも、当時はバブル絶頂期。湯水のごとくお金を使えた時代というのもあるんだろうけども。。。


そうはいっても、どうしても、外見の見た目で「ちょっととっつきにくいなぁ」・・・と思える部分は大きいわけで。。。
あのころのTOSHIなんて、どう見ても近寄りがたい怖い兄ちゃんだったもの。 近づいたら刺されそうな。。。 

Xの曲を正面から聴けるようになったのは、これからだいぶ先だったと思うな。

91年暮れにリリーされた「Say Anything」くらいだったかもしれない。だからXについては、そこから遡って聴いた感じだったかなぁ。

余談だけども、後年QUEENを何の違和感なく聴けるようになったのも、このころ「X」を聴いて、大分免疫ができていたのも大きいだろうな。
なんせ、この頃は、全く洋楽ダメ子だったんで、ワタシ。。。









よろしかったらポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村




紅 / X

1989_09_紅_X






今回の1曲セレクトは、「紅」Xです。

 まずはデータです。

・タイトル    紅
・アーティスト  X
・作詞      YOSHIKI
・作曲      YOSHIKI
・編曲      X
・リリース日   1989年9月1日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   31.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 7位
・ベストテンランクイン期間:1989年9月11日、10月2日、10月16日〜10月23日付

 今から思うと、なんであれが流行ったんだろうって思う格好がある。
80年代終盤のバンドブームの「とさかヘア」もそうじゃない?

 あれですよ、髪の毛をディップとか砂糖水で固めて、つーんと立たせたヘア。

 まあ、たしかに衝撃的だったけど、ワタシャ自分でやりたいとは思わなんだな。

 だいたいが、当時のバンドブーム・・・それも、インディーズ発のパンクロック系のバンドのお兄さんたちがこぞって、やってたファッションだったな。

 その代表格が「X」、後の「X-JAPAN」だったのは、事実でしょう。

 まあ、外見でヒトを判断しちゃいけないんだけどさぁ、でも、当時はどうも、個人的には生理的に受け付けなかったんだよなぁ。
 基本的に、うっさい音楽もキライだったし。

・・・まあ、そーいーことで、当時、Xは素通りしてたワタシです。


 なので、この「紅」をまともに聴いたのは、ずっと後だな。 もちろん、存在はいやというほど知ってたけど。。。

 そんなXを認めるようになったのは、91年の「Say Anithing」くらいからだなぁ。パンクロックと同時に、シングルでバラードもやるようになった頃。

 うん、バラードをやることで、ようやく聴けるようになったのよ、Xの音楽を。
 
それに一バンドにしては、オーケストレーションやクラシック的なコード進行になんとなくルネッサンスを感じたし。

 感動・・・という大げさなもんではなかったけど、へぇ〜・・・なんて、感心はしたな。

 そこから遡って、聴いて「紅」にたどり着いたから、多分92年ぐらいだとおもう、まともに聴いたのは。


 ところで、この「紅」で、一番よく覚えてるのは、「着メロ」屋に転職したころだなぁ。今から7年前。
 まだ、着メロなんて、全然わかんなくて、この曲、作るってなったときに、ギターソロの部分を、切ってきたんだよね。 多分45秒で、切れるキリがいいフレーズってことで、探したら、ギターソロの部分だったからだとおもう。。。  で、それで作ったら、ぬわんと、それが一番人気になっちゃったんだよね。
無欲の勝利・・・っちゅうか、やっぱ、欲だしちゃだめだーね。

それにしても、よく言われることだけど、インディーズ時代から、セルフプロモーションには、定評があったXやね。
 自分たちで自分達をマメージメントできる・・・これが、このヒトたちの強みだったんだろう。
今でこそ、セルフプロデュースできるバンドも増えたけど、本格的にはこのヒトたちくらいからじゃないかな?
表面的に「セルフプロデュース」って言葉が使われだしたのは。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール

かじやん