かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて40数年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

暴走族

ぶりっ子Rock'n Roll /紅麗威甦

1982_02_ぶりっ子ロックンロール_紅麗威甦


今回の1曲セレクトは、「ぶりっ子Rock'n Roll」紅麗威甦です。

まずはデータでするぅ〜。

・タイトル   ぶりっ子Rock'n Roll
・アーティスト    紅麗威甦
・作詞     翔
・作曲     翔
・編曲     T.C.R.横浜銀蠅.R.S      若草恵
・リリース日  1982年1月20日
・発売元    コロムビア
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数  16.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1982年2月22日〜3月1日付

Adoの「うっせぇわ」。ワタシのランクでも1位を取っちゃったりして、ヒット曲と言う意味ではホントにホンモノになっちゃったなあ。
この曲は、表向きの顔と、ウラの顔と二面性について歌われているわけじゃん。 よく言えば「ホンネ」と「タテマエ」というかさ。
まあ、だれでも持ち合わせてるといえば、そうなんだろうね。だから、これだけ広く共感を持たれて刺さった方が多いんだろうなぁ。

でもさ、今からしてみれば80年代に見られた「ぶりっ子」っていうのも、もしかすると、そんなホンネとタテマエとしての表現の一つだったんだろうね・・・とトートツに書いちゃったりして。。。

・・・なんて今回引っ張ってきた曲の「前フリ」だったりして。。。

はい、今回引っ張ってきた曲は、紅麗威甦「ぶりっ子Rock'n Roll」。

紅麗威甦としてのデビュー曲ですね。

その前に紅麗威甦  だれじゃい、一体・・・。

なんて方は、ここ読みに来てる方には、・・・居ないですかね〜。

1980年代前半 時代を味方に一世を風靡した「横浜銀蝿」の弟分としてデビューした「バンド」ですね。
今や、性格俳優としてNHKの大河ドラマにまで出演してしまうような大物になった、杉本哲太氏がボーカル、ギターだったあのバンドですわね。

横浜銀蝿の弟分ということで、当たり前のように「ツッパリリーゼント」に黒の革ジャンという、いでたち。しかも全員、当時高校生・・・だったのかな? 杉本氏の最終学歴は中退になっているけど、この当時は・・・。

同じく横浜銀蝿の弟分として、このすぐ後に、嶋大輔氏がソロデビューをすることになるわけだけど、同期のような存在でしたよね。

あの頃、リーゼントに、ドカンに、短ラン、長ランの、トッポそうな、見た目にツッパリの方ですよね・・・と分かるお兄さん、お姉さん、いっぱいいたよなぁ。

いや、正確には、この曲がリリースされた頃は、個人的には、まだ福島にいたんで、身近にはこのような「いでたち」の方たちは居なかった。 なんせ、中学生は男子は強制的に全員「坊主」だったんで、リーゼントなんて考えられなかったから。。

でもさ、すぐ後に千葉に引っ越して来たら、強制「坊主」ではなかったんで、居ましたねぇ、うちらの中学校にもツッパリファッションの方々が。。
特に、うちらの中学校と、俳優・石丸幹二氏が卒業した隣の中学校は、共にマンモス校で荒れてましたからねぇ。 まるで金八先生第2シリーズの「荒屋二中」みたいな感じで、しょっちゅうガラスが割られたり、トイレの個室に仕切りが無かったり、警察が介入してきたり・・・という感じで。。。

いずれにしても、そういう中学校だったんで、見た目この「紅麗威甦」のようなチリチリリーゼントのお兄さんや、長ーいスカートひきずったお姉さんがいっぱいいたわけよ。

ワタシゃ、平和だった福島からそういう環境にいきなり放り込まれたんで、ある意味カルチャーショックだったよなぁ。。。


あー、話がすれてきた。

そんな「紅麗威甦」のメンバーのなかでも、個人的には杉本哲太氏って怖かったんだよなぁ。
このヒト、当時は目が笑ってなかったからさ。
例えば嶋大輔氏なんかは、確かに喧嘩させたら強そうだよなぁとは感じたけど、意外と優しい目をしてたりするんだよ。

ツッパリのファンシイ化。 「歌謡界 一発屋伝説」で著者の宝泉薫氏は、当時のツッパリのフッション化をそう例えているけど、嶋大輔氏なんかは、まさにそんな感じだったんだよね。

でもさ、杉本哲太氏はちょっと違ったような印象があったんだよなぁ。このヒト、怒らせたらマジでヤバイ様な雰囲気があったのよ。
下手するとマッポ(警察)の「お世話」になってもおかしくなかったような。。。

だから、40年後の今、「相棒」シリーズで警察官僚役をやってる杉本氏を見てると、隔世を感じるよなぁ。

でもまあ、中学校の時ことを振り返ると、そんなツッパリファッションのお兄さん、お姉さんたちって、実際接してみると、見た目に反していいやつが多かったんだよ。
まあ、ワタシの周りでは偶然にもそうだったのかもしれないけど、でも、当時、めっちゃ強面でヤンチャしてた方で、今やいいオッちゃんやオバチャンになってる人って、結構多いじゃん。

それを考えると、杉本哲太氏も、同じなのかもなぁ。。。 若気の至りってやつでさ。



だけんどさあ、この曲にしたって若気の至り感、満載だよなぁ。
なんすか ♪ブリブリ ブリッ子ROCK'N ROLL〜 ♪っていう出だしは・・・
今となっては、ほとんどギャグでしかないような曲だったりもするんだけども。。。 

いやいや、個人的には当時からして、ほとんどギャグにしか思えなかったんだけども。。。

・・というか、少し前の銀蠅の「ツッパリHigh School Rock'n Roll(試験編)からして、ギャグだったりしたからなぁ。 この曲はその延長のように感じたし。

それ以上に「歌謡曲」だよね、この曲は。たしかに表面的な形式はロックンロールではあるけども。

若草恵氏という歌謡ポップスの王道のアレンジャーが絡んできていたわけで、そうなるのも必然なんだろうけどね。

若草恵と銀蠅というと、前年、西城秀樹氏に贈った「セクシーガール」のアレンジが若草氏だった関係もあり、そこからの流れなんだろうけど、なぜこの曲で若草氏だったのかと言うのは、ちょっと理解が難しいんだよな。

銀蠅ってストレートな3コードのロックンロールがバイクでぶっ飛ばしているような疾走感があってサイコーっていうところから、族の連中を中心に、ツッパリの方々とかに受けて出てきた人たちじゃん。

それから見ると81年の「羯徒毘薫'狼琉」なんてのは、サイコーな1曲だと思うんだけどさ。

でも、そういうストレートな3コードのロックンロール一本やりでは、この後きつくなるのはわかり切っていたわけでさ。
それとツッパリお兄さん、お姉さんたちだけではなく、一般のお客さんを取り込むには、ある程度の歌謡曲化もやむなしと考えていたのかもしれないけど。。。。

ただ、杉本氏なんて、当時はこの曲どう思って歌ってんだろ?  ・・・・なんて、思えてしょうがないんだよな。
「やってらんねぇよ」とは思わなかったのかねぇ・・とかさ。 まあ、それ以上に銀蠅の嵐さんや、事務所社長の大坂氏がおっかない存在だったんだろうけどね。

それにしても、それまで、ツッパリって硬派だと思ってたところがあるのよ、個人的には。
族って組織的なタテ社会なところから硬派っていうイメージが強かったし。でも、「ツッパリHigh School Rock'n Roll(試験編)」につづく、この曲をみると、どうしてもナンパなイメージしか出て来なかったんだよな。
まあ、この曲あたりの時点では、まだ銀蠅一家のツッパリイメージに嘘臭さまでは感じてなかったけどさ。
でも、この年1982年の年末ごろになってくると、だんだん嘘臭さを感じたりしてね。 それとともに銀蠅一家の人気も急激に衰えていくんだけど。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

羯徒毘璐薫狼琉 / 横浜銀蠅

1981_07_かっとびロックンロール_横浜銀蠅






今回の1曲セレクトは、「羯徒毘璐薫狼琉」横浜銀蝿です。

まずはデータです。

・タイトル    羯徒毘璐薫狼琉
・アーティスト 横浜銀蝿
・作詞      翔
・作曲      Johnny
・編曲      嵐ヨシユキ
・リリース日   1981年6月23日
・発売元     キング
・オリコン最高位 4位
・売上げ枚数   32.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1981年7月6日〜8月31日付

 えー、久々の横浜銀蝿どえす!
 
 この蒸し暑〜い、夏の夜になると、出てきますよね暴走族。
あ、いえ、出てきていたよね・・・って言った方がいいのかな、最近は。。

 どうも、最近「族」も縮小化しているらしいからねぇ。

30年位前は凄かったけどねぇ。30数年前、千葉に来たばっかの頃は、ワタシャ国道16号沿いに住んでたのよ。

 今ごろの季節になると決まって夜と週末は凄かったもんよ。族が何十台も連ねてブルンブルン、後ろからはパトカーがおっかけっこしてるし。。。

 夜なんか寝てられなかったですよ。ほんと、頭来て、16号にロープ張ってこうかと思ったくらい

 で、まあ、当時はすでに銀蝿は解散してたけど、そのちょっと前、1981年頃は、それこそ族と銀蝿は切っても切れない関係だったわね。

 で、まあ、一番「族」っぽい曲ったら、今日引っ張ってきた、「羯徒毘璐薫狼琉」だろうなぁ。

 なに? 読めない? 「かっとびロックンロール」って読むんですヨ。
 決して、「中国の曲」ぢゃないかんね。


 でも、この曲今聴くと、ホント気持ちいいんだ。うん、確かに、フッ飛ばしたくなる感覚、理解できる。

 この曲聴きながら車運転してると、ついつい、スピードがでちゃうもん。

曲のスピード感もさることながら、煽られる感覚がたまんないんだよね。

♪ 飛ばせLOW LOW LOW LOW LOW LOW ♪
♪ 飛ばせSECOND SECOND SECOND SECOND SECOND ♪
♪ 飛ばせTHIRD THIRD THIRD THIRD THIRD ♪
♪ 飛ばせTOP TOP TOP TOP TOP TOP ♪
♪ おいらのハートはいつしかOVER TOP ♪

なんて歌われたあかつきにゃ、いつの間にか、5速にギアが入ってるってもんですよ。。。。

今は、ATになっちゃったけど、最初に買った車は、MTだったからさあ。気が付いたら5速ですよ。一般国道で

 アラフィフのオッサンがこんな調子だもん、当時のティーンだったら、そのまま従っちゃうよなぁ・・・とか思ったりして
 そんな不思議な魔力が銀蝿の曲にはあるんだよね。

まあ、カリスマといっちゃえばそれまでたけどさ。不思議なんだよね。

 曲なんか、スリーコードの単純なロックンロールでめっちゃ簡単だし、演奏もめちゃくちゃラフじゃん。

 でも、そのラフなところがいいんだよね。これがきっちり演奏されちゃ、面白くもなんともないのよ。そのラフさか熱くなれるのよ。
 
 そのなかでもこの羯徒毘璐薫狼琉が一番、族っぽさが素直ににじみ出てて良かったな。

 個人的には、銀蝿のなかでは一番好きな曲ですよ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校篇) / 横浜銀蝿

1981_02_ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編)






今回の1曲セレクトは、「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校篇)」横浜銀蝿です。

 まずはデータです。

・タイトル    ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校篇)
・アーティスト  横浜銀蝿
・作詞      タミヤヨシユキ
・作曲      タミヤヨシユキ
・編曲      タミヤヨシユキ
・リリース日   1981年1月12日
・発売元     キング
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数   56.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1981年2月23日〜5月18日付 

 最近は、男はすっかり「草食化」してしまって、「昭和」の時代には普通に居た肉食系男子なんて、ほとんど絶滅しちゃいましたね。
 ましてや「ツッパリ」 「(暴走)族」なんてのは、ほとんど死語だよなぁ。

 うーん、そうだよなぁ、「族」なんていうのは、70年代がピークだったわけで、たしかにうちらがガキ〜10代の80年代も多かったもんね。これ読んでくださっている同年代の方(アラフィフです)、関わってた方多いんでないかな?    若気の至りってやつで。。

 ワタシ? ワタシは気が小さいから、全く縁がなかった世界です、ハイ。


 だけど、今日ひっぱってきた、横浜銀蝿がヒットしてたころってさ、一時期、族=横浜銀蝿 っていう図式になってた頃が合ったよなぁ。

 あのころは、横浜銀蝿のロックンロールって単純に、族で入っているようで気持ちいいって感じだったんだよね。
 いえもそういう図式になってたきがするなぁ。

 ま、確かに、なんのクセも飾りもないめっちゃくっちゃ単純なスリーコードのロックンロールなのよ。

 うん、なーんもかんがえないで聴いてると、今でも気持ち良いよ、確かに。


 でもさ、あのとうじは「ツッパリ」の代名詞だったこのヒトたちも、25年経った今にして思えば笑えるよなぁ。

 今のコからしてみればさ、男なら頭ギンギンのリーゼントにして、特攻服かボンタン&長ラン、女なら蜂の巣パーマに長いスカート引きずってる図 なんてみたら、どんなもんでしょうね?

 単純に笑えたりして・・・。

 だからさ、あの当時は、時代の先端だったものも、25年経てばアナクロすぎて笑いの対象になっちゃうことってあるよねぇ。


 でさ、この「ツッパリHigh School Rock'n Roll」歌詞の意味、もしかして、今となっては、よくわかんないっていうヒト、きっと居るんでない?



♪ 今日も元気にドカンを決めたら ヨーラン背負ってリーゼント ♪


・・・・・・・なんのこっちゃ?・・・・・

と思いません?  日本語じゃねぇよなぁ・・・今となっては


♪ 今日も元気に土管を決めたら 洋蘭背負ってリーゼント ♪ ・・・・なんのこっちゃ??

おもわず直に変換してしまった・・・・。(爆)


ははは、全然ちがうかんね〜

ドカン ⇒ ニッカポッカみたいなダボダボのズホンね。当時のツッパリルックの定番よ。

ヨーラン ⇒マア、長ランのことね・・・って、最近じゃ長ランもわかんないか。。 要するに長ーい学ランよ。裏地に竜とか虎の刺繍が入ってたりするやつ・・・。


 だからして・・・直訳すると「今日も元気にドカンに長ランちゅうツッパリルックにリーゼントでバリバリよ」ってところですか?

 うーみゅ、34年も経てば日本語も日本語でなくなるのねぇ。

 今の流行ってる言葉も30年経てば「翻訳」が必要よ・・きっと。「今」の時代を知っているヒトの。。

 この曲聴いてたら、おもわず、そんなこと感じたりして・・。



「ザ・ベストテン」より。
翔さん、歌詞間違えないでぇ〜。  それにしても随分ゆっくりな「ツッパリ〜」だな。


 いいね の場合はポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール

かじやん