IMG_20210207_001035

筒美京平氏の追悼特集ということで、「MUSIC MAGAZINE 12月号」を購入してペラペラ読んでたら、近田春夫氏の連載コラムが。。。

IMG_20210207_001138

うーむ、この間文春の「考えるヒット」の連載を止めたと思ったらこっちに書いてたのね。
しかるにこのコラム読みやすい。考えるヒットの文体とは大分違って、かなりぶっちゃけてますね。昔、ポパイに連載されていた「気分は歌謡曲」に近い。
これこれ、これよ。近田氏はこうじゃなくちゃ。
この号のお題は「音楽評論は娯楽として魅力があるのだ」。
その通りよ。 近田氏曰く、最近の音楽評論はジミすぎると指摘。いいなぁ、この切り口。 ワタシもそう思いますよ。 マジメだし、硬いんだよね、わたしもいつも言うじゃん、最近は左脳を使わせられる文章が多いって。エンターテイメント(娯楽)じゃなくて一種の論文なのよ。どうしてなんだろうね。
砕けた文章だと、批評が多いのかしらん? 最近はちょっと砕けるとすぐ文句言う人がいるからなぁ。


ちなみに、近田氏の自伝「調子が悪くてあたりまえ」も購入したんだけども。これも読みやすい。 まだ生誕からハルヲフォン結成当たり。全体の1/3程しか読んでないけど、読み始めると止まらなくなりますね。
IMG_20210207_001150



それにしても、筒美京平氏の「いい曲と売れる曲は違うのよ」というのはやっぱり名言だと思う。
ワタシは、筒美氏の同様、売れる曲を追いかけていきたい。
いい曲を追求するのも大事かもしれないけど、商業音楽である以上、売れることが第一だと思うわけで。
最近のアーティストはこの意識が希薄なんですよね。何を差し置いてもいい曲を追求する人が大半だと思う。
まあ、それが自作自演アーティストの性であるわけで、それを否定はできないんだけども。
売れる曲を追求したいワタシなんかにとってはやっぱり寂しい傾向ですね。