1982_10_ROCKIN' MY HEART_矢沢永吉






今回の1曲セレクトは「ROCKIN' MY HEART」矢沢永吉です。

まずはデータです。

・タイトル    ROCKIN' MY HEART
・アーティスト  矢沢永吉
・作詞      JOHN MC FEE
・作曲      JOHN MC FEE
・編曲      クレジットなし
・リリース日   1982年10月9日
・発売元     ワーナーパイオニア
・オリコン最高位 15位
・売上げ枚数   19.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 19位


 夏のROCK IN JAPAN、振り返ってみると随分参戦してきたよなぁ。初めて参戦したのが2003年だから、かれこれ12年前になる。
 最近は年取ったせいか、最後まで見るのが億劫になってきたけど、初めの頃は大トリの最後、花火が打ち終わるまで見てるのが通例だったな。
その中でも、2006年の大トリの永ちゃん、かっこよかったね。 人間、ああいう風に年を取れれば本望なんだろうなぁ。

 まあ、それだけストイックな生活をしてなきゃダメなんだろうね。ワタシとかは絶対にムリだわな。

 さて、今回引っ張ってきた曲は永ちゃん82年のヒット曲「ROCKIN' MY HEART」です。

82年の永ちゃんは、シングルづくめという感じだったね。まずもって、例のコカコーラのCM曲となった「YES MY LOVE」。つづいて「LAHINA」とヒットを連発してきたところを受けて10月にこの「ROCKIN' MY HEART」とね。

 ただ、前の2曲は、ロックンロールというよりもミディアムナンバーの永ちゃんとしては落ち着いたナンバーだったわけだけども、この「ROCKIN' MY HEART」は、ロックナンバー。

 ・・といっても、メジャー系のポップなロックナンバーでしたね。

 たしか、ドゥービーブラザーズのメンバーがバックをやってませんでしたっけ。
 ま、だから、ジメっとした重いロックではなく、たしかに骨太なんだけど、ウエストコーストっぽい、カラっとしたロックナンバーなんだよね。

 出だしの

♪ HEY LITTLE LOVE  HEY LITTLE LOVE 〜 ♪ の何十にも重なったハーモニーも新鮮。

 しかし、近田春夫氏のこの曲の評ではないけど、レコードを聴く限り、この曲のどこに矢沢永吉がいるのだ? っていう感じはするけどね。

 ま、それだけバックが強力な曲だったってことですわね。

 
 洋楽はからきしダメなワタシだけど、この曲はなぜか生理的に合うんだよね。
 いや、洋楽がダメなんぢやなくて、食わず嫌いってところもたしかにあるんだけどさ。

 1982年のこの時期の曲って兎角「濡れた」感じがするんだよね。そこに、この曲が唯一カラッとポップなロックを聴かせてくれたおかけで、すこしヒット曲の曲調に明るさが見えたような気がするな。

あ、この曲と、全く売れなかったけど佐野元春の「Happy Man」。この2曲は、この時期の2大ポップ路線ぢゃないかしら?


今回のジャケ写、あるサイトから引っ張ってきたんだけど、
あれ、このジャケ写は、ワタシ持っているシングル盤とちょっと違うな。。。
ジャケ写2種類あったのかしら?



永ちゃん、若けーなー。そりゃ33年前だもんな。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村