1974_06_青春の影_チューリップ







今回の1曲セレクトは、「青春の影」チューリップです。

 まずはデータでーす。

・タイトル       青春の影
・アーティスト     チューリップ
・作詞         財津和夫
・作曲         財津和夫
・編曲         チューリップ
・リリース日      1974年6月5日
・発売元        東芝EMI
・オリコン最高位    46位
・売上げ枚数      7.3万枚

 ジャンルは違うんだけど、この間、伊藤咲子の「ひまわり娘」を紹介した時に、今でもよく知られているのに、当時はあまり「売れていなかった」曲っていうのは、意外と多いんだねぇ。
 特に70年代の曲では、エバーグリーンといえる曲はあまたあるわけで、今でも、ほとんど誰でも知っている曲なのに、実際、当時、「大ヒット」してたかというと、「さにあらず」って曲、結構多いんだよね。

 例えば、3ヶ月くらい前に書いた、井上陽水の「夢の中へ」なんか、ほとんど誰でも知っているのに、実際はオリコン最高位17位だったりね。

 こうみると、オリコン最高位とか、セールス枚数が多い曲が必ずしも、後世に残るような「エバーグリーン」となりうるとは限らないってのがよくわかるんだよね。

 今日、引っ張ってきた、この「青春の影」って曲、いまでもよくかかるんだよねぇ。ま、それだけ今でも歌い継がれているし、知っている人も多いってことなんだろうけどね。

 いやいや、現実に、いまでも頻繁にカバーされているもんね。
 大分前になるけど、キリン「生茶」のCMに使われたり、福山雅治はアルバム「FUKUYAMA ENGINEERING GOLDEN OLDIES CLUB BAND 」でカバーしてたり、つんく♂のカバーアルバム「V3 〜青春カバー〜 」でもカバーされたりしている。

 まぁ、それだけ「名曲」といえるんだろうけど、でも、なぜか、カバーしているのが、ワタシと同年代のヒトが多いっていうのが、ちょっと不思議なんだよねぇ。

 福山は、ワタシと同い年(早生まれだから学年はひとつ上だけど)だし、つんく♂はひとつ上だしね。

・・・ということは、オリジナルのチューリップが歌っている頃は、まだ、5、6歳だったわけで、本当は知らないはずなんだけどねぇ。。。

 逆に、そんな風にどんな世代でも受け入れられるっていうのが、この曲の魅力なんだろうね。

 いやいや、実際名曲だもんね。
 
 やおら、イントロなしで

♪君の心へ続く 長い一本道は、いつも僕を勇気付けた〜♪

とはじまる、この曲は、日本ポップス史上にも残るようなラブバラードぢゃないかしらねぇ。

 どんな世代でも受け入れられる曲っていうのは、やっぱり内容的に「普遍的」なものぢゃなきゃだけだし思うんだけど、この曲は、まさにそんな感じだからなんじゃないかなぁ。

 コトバ的に、あの時代ぢゃなきゃダメという、時代背景が濃いコトバがほとんど使われていない、いつの時代でも通用するような歌詞なんだよね。

 サウンド的には、エルトンジョンの「YOUR SONG」っぽい、ピアノ、キーボードを中心としたバラード。

 いかにも日本人が好きなサウンドといえば、そうなんだけどさ、そうは言っても、財津和夫氏がせつせつと歌うこの曲には、やっぱり引き込まれちゃうんだよねぇ。


 しかししかし、こんな名曲なのに、この曲がオリコン最高位46位、売上げ7.3万枚というのは。。。。うーーーん。

 でもまあ、あの当時は、まだまだ「歌謡曲」の天下だったですからねぇ。
 テレビにもあまり出ない、地道なライヴ活動やラジオを主体としていたロック、ニュージック系アーティストにとっては、「曲のよさ」がレコードセールスに直で結びつくというのは、なかなか難しい時代だったんだよね。

 なにぶん、メディアのキングは、「テレビ」であって、テレビの歌番組のプロデューサーのさじ加減で、曲の売れ筋動向が左右される・・・という「乱暴」な時代でもあったからなぁ・・・ なんて、さぞかし、見てきたような書き方で恐縮ですが・・・。



 ワタシが個人的に、この曲を知ったのは、フジテレビで放送していた例の「19×× 僕らの思い出のメロディ」でなんだけど、あの番組で使われてた「ニューミュージックスペシャル」のVTRで聴いたのが最初だったんだよね。



 でもさあ、もう何回も書いてるけど、「ニューミュージックスペシャル」って番組、いまとなっては、日本ロック史を語る上でも、貴重な映像資料だよねぇ。

たけど、福山とか、つんく♂なんかは、どこで、こういう曲のネタを仕入れてくるんだろうねぇ。おんなじ番組見てたか!?
年代的には同じような番組見ててもおかしくはないんだけどさ。


 いや、ほんと、この番組で見られる曲って、いまとなっては貴重な曲ばっかだと思うんだよね。

 方やヤマハポプコン系の「コッキーポップ」は、VTR編集でDVDになったりしてるんだもん、「ニューミュージックスペシャル」もDVDにしてほしいよなぁ。絶対買うよ、ワタシなら。

というか、売れる売れないは別として、この番組は日本ポップス史の貴重な資料としても、映像で残しておくべきだと思うんだよね。

 ま、不定期ながら、結構長い期間放送していた番組のようだから、既に全編のVTRは残っていないんだろうけど、残っているVTRだけでも編集してほしいなぁ。


 えー、この後も、ちょくちょく、この番組のVTRで知った、曲は、いろいろご紹介して行こうと思いまする。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村