1979_04_YOUNG MAN_西城秀樹






今回の1曲セレクトは、「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」西城秀樹です。

 まずはデータです。

・タイトル     YOUNG MAN(Y.M.C.A)
・アーティスト   西城秀樹
・作詞       JACQUES MORALI JACQUES
・作曲       HENRI BELOLO 
・日本語詞    あまがいりゅうじ
・編曲       大谷和夫
・リリース日    1979年2月21日
・発売元      RVC
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    80.8万枚
・ザ・ベストテン最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1979年3月8日〜6月7日放送分

 さてさて、今日の1曲セレクトは何すべーな・・・と思いつつ、おもむろにカレンダーを見る。。。

(静寂 2秒あまり)

4月12日、4月12日、4月12日、4月12日・・・・・

(考えること 2秒あまり)

ぬお〜〜〜〜〜〜


あるじゃん! 歴史的な日ぢゃん!


 そう、忘れもしない・・・

YOUNGMAN(Y.M.C.A) /西城秀樹



ザ・ベストテン



9999点(満点)



1位を取った日じゃん!!

 うんー、いや、実はね、9999点(満点)の1位を取ったのは、実際は、1979年4月5日と4月12日放送分の2週にわたってなんだけど、ついつい、4月5日は忘れてたのねん・・ということで、2週目の本日で勘弁ね。

 あ、蛇足だけど、28年前の1979年4月も、今年と同じく、4月5日、12日が「木曜日」だったんだね〜。。


 今さらながら、ベストテンの得点のつけ方・・というか集計方法・・・・レコード売上げ、有線放送リクエスト、ラジオ総合、ハガキリクエストの4要素からなっているわけですが、更に詳細を見てみると


レコード売上げは、当時存在してた、商用レコード売上げチャート⇒オリコン、ミュージックリサーチ、ミュージックラボ
の3社

有線放送リクエスト⇒CAN SYSTEMリクエストチャート

ラジオ総合 ⇒JNN系列ラジオ局、各局のリクエストチャート総合

ハガキリクエスト⇒番組へのハガキリクエスト

これら、すべてで1位を獲得しないと、はじき出されない得点な訳で・・・、当時のこの曲のパワーを改めて思い知らされますねぇ。

 36年前の今ごろってさあ、ほんと完全にこの曲一色に染まってたもんなぁ・・・ってそんな気がしません?

 ・・・なんて、当時を知らない方も数多くいらっしゃるので、「気がしません?」なんて問いかける書き方もおかしいんだけど、兎に角、毎日、テレビから流れてた・・・って言うようなイメージが未だにあるんだよねぇ。

 チャンネルひねれば西城秀樹が星条旗柄の服着て、この曲歌ってたような・・。

 まあ、そのくらい、当時のフィーバーぶりはすごかったよなぁ。
 もちろん、ワタシもやってましたよ。

 ♪ Y M C A〜 ♪ は

 これ知らなかったら、モグリ(→死語!)だったもんねぇ当時は・・・。

 いや、知らないヒトなんていなかったんぢゃねーの?

 ほんと2歳くらいのガキンチョから、おじいさん、おばあさんまで、みんな♪ Y M C A〜 ♪ やってたもんね。

 まあ、好みが細分化された今では、まず、こういう光景は不可能だろうな・・。
 っていうのが、一番先に頭に浮かんだりして・・・。


 兎に角、元気の出る曲だったわな。今考えると、ことに79年の春頃の曲って、春らしい希望的な元気が出る曲が多かったよなぁ・・・っいうのがイメージにありますね。

 当時主流だったニューミュージックにしても、アイドルにしても・・・。

 さすがに演歌は「希望的な演歌」っちゅうのはなかなかないけど・・・。

 曲のイメージもそうだったけど、曲に重みがあったんだよね。上で書いたようにヒット曲は、みんなの共有財産・・・みたいなところが一番確立されていた頃だと思うし・・・。

 うん、個人的には理想な年代なんだなぁ、これが。

 そんな時代の、大ヒットだったわけだから、まあ、どれだけフィーバー(→死語!)してたか、当時を知らないヒトにもわかってもらえるかなぁ?

 この曲は、もともと向こうの曲な訳だけど、オリジナルはヴィレッジピープルが歌い、ビルボード最高2位っていう大ヒット曲のカバーですわね。

 オリジナルのヴィレッジピープルの方は、いわいるゲイのあっちの方の歌って言われてるけど、正体はレイザーラモンHGのような存在だったらしいですね。

 まあ、それを知ってか、知らずか・・・、日本での西城秀樹バージョンの方は、「青春ポップス」として、「超さわやか」な曲として大ヒットしちゃったって訳ですわね。

 まあ、当時は、そんな事情は知らなかったわけなんだけどさ、改めて当時の外国事情の情報の遅さに感謝!

 ・・・って感じですかねぇ。もし、オリジナルは「ゲイ」の歌よ・・・なんて、知られてたら、ここまで大ヒットしたかねぇ・・。

 ちなみに、この年は日本ではヴィレッジピープルの当たり年で、「イン ザ ネイビー」もピンクレディーが「ピンクタイフーン」でカバーして大ヒットだったもんね。


 なんて、散々持ち上げた割には・・・・

正直言って、個人的には、この曲あんまり好きぢゃなかったりして・・

 いやいや、手垢がいっぱいついてるからさぁ・・・。
個人的には、この次の「ホップステップジャンプ」の方が・・・マル





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村