1995_02_HELLO IT'S ME_L-R






今回の1曲セレクトは、「HELLO IT'S ME」L⇔Rです。

まずはデータです。

・タイトル     HELLO IT'S ME
・アーティスト   L⇔R
・作詞       黒澤健一
・作曲       黒澤健一
・編曲       L⇔R
・リリース日    1994年10月21日
・発売元      ポニーキャニオン
・オリコン最高位  10位
・売上げ枚数    41.8万枚
・タイアップ:映画「四姉妹物語」主題歌


前回の「秋止符」から、一気に時代を飛び越えます。

L⇔R 「HELLO IT'S ME 」  1995年の今頃のヒットだから、ちょうど20年前ですね。

 のっけから・・・・当時、この曲、不快だったんだぁ

 いや、決してけなしているわけではないですよ。曲自体は好きだったんだよね。キャッチーでビートルズなメロディラインは、良かったんですよ。一発で好きになったもの。

 なにが不快か・・・っていったら、この曲のミキシングが・・・。

 なんかさ、不快じゃありせん? なんで、ドラムの音があんなにでかいの? なんで、音が割れてんの? なんで不協和音なの? ってところがどうにもキニナル曲なんだよねぇ。

わざとやってるのかしら?

・・・っちゅうか、このヒトたちのドラム、総じてうるさい  どうにかして・・・って本当に言いたくなったりして・・・
 なんで、ハイハットじゃなくてセカンドシンバルでリズムとってんの? ・・とか

なんか考え出したら止まらなくなったりして・・・。

 まあ、そんなこんなあった上でも、やっぱり、サビの部分だけは強いよね。このキャッチーさは強いですよ。


 この曲は、例のポッキーの「四姉妹物語」のCM曲。このインパクトも大きかったかな。

↓ コレ



 何分、オリコンではベストテンまで来たわけで、L⇔Rにとっても完全ブレイクを果たした曲ですからねぇ。

 ちなみに、オリコンでベストテン入りしたのは1995年2月27日付。リリースから4ヶ月。初登場から17週目っちゅう、ロングスパンでのベストテン入りだったわけだけど、この時の週間売上げ枚数は、なんと6万3千枚!

 6万3千枚売っても10位だったんですよん、このころのシングルチャートって。

 まさに音楽バブル期でしたねぇ。今の現状を考えると信じられないですけどねぇ。

 それにしても、映画「バブルへGO!」じゃないけど、あのころへ行って、「おめえら、いつまでも浮かれてんぢゃねえぞ」って、あのころの音楽業界へ「喝!」を入れたいよねぇ。
 
 今のこの現状を思えば・・・。





 いいね ・・・と思ったらポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村