かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

ribbon

太陽の行方 / ribbon

1995_03_太陽の行方_ribbon


今回の1曲セレクトは、「太陽の行方」ribbonです。

まずはデータなのだ〜

・タイトル     太陽の行方
・アーティスト   ribbon
・作詞       原真弓
・作曲       清岡千穂
・編曲       西脇辰弥
・リリース日     1991年3月3日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 12位
・売上げ枚数  5.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 18位

久々に、なんの予定のない「休日」
・・・ということで、久々に「真昼間」から1曲セレクトを書いてるワタシだったりして。。。

今回は「アイドル」の曲を持って来たい・・・っていうのがちょっと前から頭にあって、さていつ書くか・・・なんて、時を測ってたりしたんだけど、丁度お誂え向きでしたね。

その曲というのが ribbon「太陽の行方」 

さざーん

ってか、果たしてこの曲をどくらいの方が覚えているのか・・・っていうのは全く持って自信が無いんだよなぁ。

「この曲をどの位の方が覚えているのか」・・・っちゅうのも、ココのところの1曲セレクト書く時の「常套句」になって来ちゃってるけど、この曲はホント自信ない。

まあ、タイトルを見て、このページにアクセスしてくださってる方は、少なからず「あの曲だ〜」ってことでアクセスしてくださってるんだと思うんで、そのつもりで書こうかと思うんだけど。

この曲、最初に聴いた時はぶったまげたんだよな。 

サルサ歌謡。

ラテン系のサルサのリズムにのっかってアイドルポップスを歌う・・・っちゅう。 なんちゅうミスマッチな組み合わせ。

もちろん、それまでのアイドルポップスにゃ、こんな曲は無かった・・・・ような気がする。

それ以前にリズムを重視した、もろダンス系の女性アイドルポップっていうのも当時はそれほど多くは無かったんだよね。
もちろん、荻野目洋子やWinkなど、ユーロビート系やディスコ系はあったものの、少なくともラテンのリズムにノッカッたアイドルポップスっていうのはあんまり記憶にない。
しかしも、サルサって言うのもな。

その代わり、かなり「ゴーイン」な作りだったんだよな。この曲。

まずもって、バックのサルサのリズムと、メロディラインがシンクロしていないんだよね。

意外とゆったり流れるメロディラインに対して、バックのサルサのリズム、特にAメロなんかずれまくりだったりしてさ。

ホント、初めの頃は、「なんじゃこりゃ」って思ったもんなぁ。 

まちがって録音したんじゃねぇの とかさ

いつかも書いたかと思うんだけど、この曲がリリースされた90〜91年頃、ラジオのニッポン放送の交通情報って、バックでアイドルの曲が流れてたんだよ。

もち、フジサンケイグループのニッポン放送だから、同じフジサンケイの「ポニキャ」(ポニーキャニオン)のアイドルばっかだったんだけどさ。

そんな訳で、このribbonもバンバン流れてたし、もちろん、この「太陽の行方」もめっちゃ流れてたんだよな。
交通情報だからさぁ、朝夕なんか1時間に何回もやるじゃん。その度にこの曲が流れてくるんだもの。。。FMのヘビーローテーション以上の頻度ですよ。 それが毎日でしょ

当時、FMが入らず、カーステもヘッドがダメになっててカセットも聴けず、サーモスタットが壊れててクーラー入れるとオーバーヒートしちゃうようなボロいカローラ兇望茲辰討織錺織靴磧⇒蠅澆旅砲AMだけだったんで、そりゃ、もう何回も聴いたよな、この曲。

で、その度に、メロディとバックのサルサのリズムがずれまくってるこの曲に違和感を感じちゃったりしてさ

いやでも覚えちゃったもんなぁ。

もう、体に染みついちゃってる感じで、この曲を聴くと、そんなボロいカローラ兇捻鷯茲蠅靴討榛△鮖廚そ个垢鵑世茲福 当時はまだ大学。春休みで暇だったんで、時間だけは余ってたからなぁ、あの頃。

ただ、この頃のアイドルポップスって、この曲のようにリズム的にはちょっと変わった傾向に走ったようなキライはある。
例えば、田村英里子の「誘惑のチャチャ」は同じくラテンのマンボ系だったし、和久井映見の「アキラが可哀想」は4ビートなジャズ・・・と変則的なリズムを強調した曲が多かったのも91年のアイドルポップスの特徴だったかもしれない。

普通なアイドルポップスじゃ売れない・・・っていうのが作り手の方も身に染みて来てたのかもしれない。 
それでも、強力なカンフル剤にはならなかったっていうのは、時代が証明してるんだけどさ。



それにしても、この曲の5.8万枚っていうオリコン公式の売り上げ枚数が、ribbonにとってデビュー曲の「リトルデイト」に次ぐ売り上げだったんだよね。 これって意外かなぁ

↑で、なんか変な曲・・・って書いた割には、そこそこ売れてたんで個人的には意外だったんだけどなぁ。。。 まあ、どの曲も売り上げ的にはドングリの背比べ的ではあったけど。。。。

ただ、ランキング的には、それまでの4枚はいずれもベストテン入りしてたのに対して、この曲からはベストテン入りならず。 まあ、ベストテン入りと言っても、4枚いずれともベストテン下位ギリギリでのベストテン入りだった訳で、いわいる「大ヒット」と言うような曲は持っていなかったribbon。

その辺りからも、「アイドル冬の時代」って言われてた当時のヒット曲トレンドがよく分かるよな。 

当時はロック・ニューミュージックな時代だったからねぇ。 91年〜92年頃って言うのはアイドルポップスにとってはもっとも「氷河期」だったころだ。

後に国民的アイドルとなるSMAPがデビューしたのも91年だけど、さしものSMAPもデビュー後1〜2年は目立って売れてなかったからねぇ。 そんなところからも当時の音楽のトレンドが見て取れる訳ですわな。

結局さ、80年代型アイドルっていう「くびき」が取れないまま90年代に突入したっていうのが一番のネックだったんだろう。ribbonにしてもそうだったじゃん。
時代は90年代に入り音楽のトレンドも変わりつつあったっていうのにさ。

そんな80年代型っていうくびきが取れ、90年代型の新しい形の「アイドル」が登場するのは、もう2〜3年後になる。



それにしてもribbonの3人は、そこそこ「ウタ」うまかったんだな。
当時は、そんな感じ無かったんだけども。
声の発音の仕方が意外としっかりしてる。
普通アイドルのコたちって、発音がきちんとしてない事が多いじゃん。だから、何歌ってんだか歌詞が聴きとりにくい事も多い。
このコたち(っちゅうか、もういいお年ですねぇ3人とも)はキチンとしてたねぇ。

ちなみに、松野有里巳がよかったな。個人的に。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

"S"ENSATIONAL WIND / ribbon

1992_09_Sensatinal Wind_ribbon





今回の1曲セレクトは、「"S"ENSATIONAL WIND」ribbonです。

 まずはデータです。

・タイトル    "S"ENSATIONAL WIND
・アーティスト  ribbon
・作詞              真名杏樹
・作曲      久保田洋司
・編曲      亀田誠治
・リリース日   1992年9月2日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 18位
・売上げ枚数   4.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 25位 
・タイアップ:清水エスパルス公式応援ソング

 今回の「アイドル枠」のセレクトは、ちょこっと新し目の、ややマイナーな曲にしますね。

  ribbonの「"S"ENSATIONAL WIND」

 この曲、ribbonの中でも、素直でいい曲だなと思うんだけど、意外と知られてなかったりするんだよね。

 まあ、たしかにribbonもこの年初めの「Deep Breath」あたりを頂点に、徐々に人気も下降に差し掛かってきた頃の作品であることは間違いないし、今となっては、完全に陰に隠れた存在だから仕方ないとも思うんだけどもね。

 中古CD屋に行っても、このシングルCDって意外と見つからないんですよ。だから、個人的にまだ、音源を持ってなかったりする。
 まあ、ツタヤでribbonのベストを借りれば済むことなんだけどさ。なんか、8cmのCDが欲しいなぁ・・・ってずっと思ってたりしてさ。
 ヤフオクにも幾つか出品されてるけど、意外に高い。なんで、ちょっと躊躇してるんだよね。

 この曲は、今でいう、「清水エスパルス」、とうじは「清水FCエスパルス」の公式応援ソングだったんですよね。

 そそそ、この時はまだJリーグ発足前だったんだけどさ、次の年1993年のJリーグ発足に向けて、だんだんサッカーが盛り上がってきているころでさ、各チームとも応援ソングとか作り始めてた頃なんですよ。

 そのなかで、清水エスパルスだけが、「ribbon」っていうアイドルソング使ったんだよね。
 まず、これが印象的。

 ただ、やはり中身は、清水エスパルスを意識した詩の内容だったよな。

 ♪ 勝負のリズムはオレンジの風 走り出して今 約束のゴールに〜 ♪

とかさ。

 ワタシは、もちろん、当時の「ジェフユナイテッド市原」のファンだったけど、応援歌としては、やっぱり、この曲だったな。

 なんか爽やかなんだもん。

 アレンジャーは、後に椎名林檎、平井堅、その他多数のアーティストをプロデュースを手がけることになる、亀田誠治氏。

 亀田氏は90年代の初頭あたりから出てきたんだけど、このころはアイドル専門のアレンジャーって感じだったよね。特に、COCOとかribbonとか乙女塾系の。

 しばらくそういうイメージがあったんだけど、この頃はまともなアレンジだったよな。いかにもアイドルらしいっちゅうかさ。先月CoCoの「夏空のDreamer」の時も書いたんだけど、たしかに、印象にのこるフレーズは結構あった。 だけど、最近のような斬新なアレンジャーではなかったな。

 いつから、いまのような感じになったんだろ? それが不思議だ。

ま、でも、今、大原櫻子のプロデュースは、このころの経験を「下敷き」にしてるんじゃないかなぁ・・・なんて思えたりもしますね。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

あのコによろしく / ribbon

1990_07_あのコによろしく_ribbon






今回の1曲セレクトは、「あのコによろしく」ribbonです。

まずはデータでーす。

・タイトル    あのコによろしく
・アーティスト  ribbon
・作詞      あさくらせいら
・作曲      谷本新
・編曲      水島康貴
・リリース日   1990年7月25日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 10位
・売上げ枚数   4.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 19位


 少し前に、田村英里子「リバーシブル」を書いて、ちょっと予告的に、自分の中では「リバーシブル」と連動してるって書いたんで、もってきました、この曲。

 あのコによろしく   ribbon

 この間の「リバーシブル」が「清楚」っちうのがキーワードだとしたら、この曲は「元気」だよねぇ。
 ま、どちらも「正統派アイドル」っていう後ろ看板は変わらないんだけどさ。
 曲のイメージはぜーんぜん違う。

 ぢゃ、なんで、2曲がワタシの頭の中で連動しているか・・っちゅうと単純に、当時、ラジオでかかった順番が、リバーシブル⇒あのコによろしく だったっちゅうだけなんだよね(爆)

 でも、どっちの曲も個人的には印象に残ったんだなぁ。

 90年の夏っていのうは、記録的な「猛暑」でさぁ。しかも、買ったばかりのボロ「カローラ供廚魯ーラーが効かなくて、あの猛暑の中、窓全開にして、汗だくでラジオ聴いてたのを思い出すなぁ。そんななかで流れてきた2曲なわけだ。

この曲のいいところといったら、最初にも書いたようにスピード感なんだよね。
まあ、下世話っちゃ下世話なんだけどさぁ。

 イントロから一気になだれ込むスピードは、車転がしてると気分いいんだよね

メロディライン的には、裏打ちからはいるシンコペーション気味のメロディラインの仕掛けが面白かった・・・っちゅうか、ちょっと変わってたよね。
 兎角、単純なメロディが多いアイドルポップスの中でも、裏打ちから入るメロディラインはそんなにないんじゃないかなぁ。

Aメロ入りの ♪白いシャツをおろしたのは〜 ♪しかり
Bメロ入りの ♪BYE 夏が来るわ 〜 ♪しかり

とかく裏から入るとリズムが窮屈に聴こえがちだけど、イントロのスピード感はそのままに、自然とサビに入っていく流れもGOOD!

作曲は、この時は全くの新人だった(?)、谷本新氏と、アレンジは、水島康貴氏。
 谷本氏は、90年代以降、ジャニーズの曲を作ったり、水島氏はSPEEDの曲のアレンジをずっと手がけたり、90年代以降活躍される2人の手によるものだったけど、この時はほんとにフレッシュな組み合わせ、曲調だったと思うなぁ。

 80年代までの、いわいる大御所作家とは、まったく違う曲調なんだよね。

 うーん、よりポップというか、軽いんだよね。ほとんど質量を感じないような曲調。

 ま、それが言いか悪いのかっていうのは、別の話で、少なくとも90年代っていう新たな年代が始まったっていう感覚はあったよね。


 個人的には、大学受験で、長らく遠ざかってた、アイドルポップスの世界に真剣にもどりつつあった時期でさ、だから、ribbonの曲いっても、まともに聴けるようになった頃かなぁ。

 一時は、少なくとも自分より年下のアイドルの曲なんてのは、まともに聴けなかったんだよね。
 いい年して、アイドルかよって、表面上装ってたりして。。。まあ、テレ隠しの部分なんだけどさ。

 それに窮屈さを感じて、素直に曲聴こうとおもえたのが、丁度この曲のころかなぁ。

 同時に例の「オリコン研究会」も結成して、直接今に繋がる生活が始まったのも、このころなんだけどさ。

 だから、そういういみでも思い出深い曲なんだよね。この辺の曲って。



 ちなみに、ribbonって、その昔、フジテレビ系で放送してた「パラダイスGO GO」って番組からでてきたアイドルってこと、意外と知られてないかなぁ。
 そう、「夕焼けニャンニャン」と同じような番組だよね。そこに、「おニャン子クラブ」ならぬ「乙女塾」っつうのがあって、そこからでてきたコたちですね。他にはCO-COとかいたけど、個人的には、ribbonがよかったんだよなぁ。

 なんでかはよくわかんないけど。 単純に松野有里巳が好きだったんだよね。(爆)


 なんて、曲とはかんけー無い内容が多くなっちゃったな。。。




でも、この曲なんか聴くと、やっぱり、アイドル系の曲って、このころから全然進化してないよな・・・なんて思うな。
この曲なんて、今度の新曲・・・なんて出しても通っちゃうかもしれんわ。

Deep Breath

1992_Deep Breath_rebbon



今回の1曲セレクトは、「Deep Breath」ribbonです。

 まずはデータです。

・タイトル    Deep Breath
・アーティスト  ribbon
・作詞      久保田洋司
・作曲      久保田洋司
・編曲      新川博
・リリース日   1992年2月21日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 15位
・売上げ枚数   5.3万枚

 さてさて、唐突なんですが、交通情報っつったら、ラジオの交通情報の後ろでかかっているBGM、気になりません?
 なーんて・・・。まあ、今は普通のBGMだもんねぇ、ラジオの交通情報なんて・・・。

 でもさ、その昔ニッポン放送の交通情報って、当時の「アイドル」の曲がBGMになってたことがあるんですよね。

 そそそ、今回引っ張ってきた、ribbonの「Deep Breath」なとがヒットしてた90年代初頭の頃。

 まあ、ニッポン放送⇒フジネットワーク⇒ポニーキャニオンっちゅう図式で、ポニーキャニオンのアイドルの曲しかかかんなかったけどさ。
 
 うん、まあ具体的に言うと、ribbon、co-coあたりのいわいる「パラダイスGo Go」系のコたちの曲ね。
 ワタシの車は大抵、ニッポン放送にしておくから、瀬能あづさの「もう泣かないで」なんて、何回聴いた事か・・・

 で、個人的に一番好きだったのが、今日引っ張ってきた、ribbonの「Deep Breath」。

 なんかさ、この曲聴くと元気でるんだよね。
ま、曲の内容的には「Deep Breath」⇒「君とのさよなら」⇒「失恋ソング」なんだけど、でも、あくまで前向きなさよならって感じじゃん。
 すっきり、きっぱり、「じゃあまたね」っていう感じでいいんだよね。

 「おニャン子」でいうと、丁度「じゃあね」にあたるわけか。

 ま、あれよりは、もっとすっきりしてるけどさ、この曲のほうが。

 で、面白かったのが、出だしの

 ♪ I Say SAYONARA〜 I Say SAYONARA〜 I Say SAYONARA〜♪

 の音の積み重ねによるコーラスとBメロのメロディが2重になる部分ね。

 そそそ、主旋律に対して対旋律が追いかけてくるっていう構造の部分。

 ま、どっちが主旋律なのか判然としないんだけど、それが良かったりしてね。

 いずれにしても、ユニゾンが多い、アイドルグループの曲としては、面白い構成の曲だったよなぁ。

 それよりなりより、このヒトたちのフレッシュな歌い方が一番好感があったなぁ。
 このヒトたちは、ウタもまずまずまとまっていたし、なにより、一応3人でハモレるし、いいグループだったと個人的には思うんだけどなぁ。

 しかし、如何せん売れなかったねぇ・・。 この曲なんかはもっと売れても然るべき・・と思うんだけどなぁ。
 オリコン15位 5.3万枚ねぇ・・・・うーん。

まあ、今と違って、「アイドル冬の時代」っていう頃だったからな。

ジャケ写がねぇ・・・いまひとつなんかなぁ

 でも、こういう生理的に気持ちいい曲は、また、引っ張り出したくなるねぇ


 ちなみに、この曲の作詞、作曲の久保田洋司氏って、元東南西北のヒトですよね。
って書いて、どけだけの方が覚えているかは不安ですが。。。
 時々アイドルの曲でお見かけするんだけど、個人的には、この曲は特に際立っていると思うなぁ。
 こういう、カラッと軽い曲も書けるんですねぇ。



この曲のPVなんてあったんだね。。。23年前の曲だけど、初めて見たわ
個人的には、松野有里巳がよかったな。 永作さんは、いまだに女優として一線で頑張ってますけどね


もしよかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード