かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

ZARD

IN MY ARMS TONIGHT / ZARD

1992_10_IN MY ARMS TONIGHT_ZARD

今回の1曲セレクトは、「IN MY ARMS TONIGHT」ZARDです。

まずはデータです。

・タイトル     IN MY ARMS TONIGHT
・アーティスト   ZARD
・作詞       坂井泉水
・作曲       春畑道哉
・編曲       明石昌夫
・リリース日   1992年9月9日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 9位
・売上げ枚数   32.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1992年11月2日付
・タイアップ:TBS系ドラマ「学校があぶない」主題歌


やおら、残暑見舞い申し上げます。。。と言いたくなるくらいの暑さですわ、本日は。
まあ、台風が運んできた熱波というものの、ちょっち10月にしては暑過ぎるんぢゃないかい
なんて、グチりたくなってる本日です。
本当は、秋ですね〜・・・なんて書きだしにしたかったんだけどなぁ。

さてさて、音源は持っているものの、今となっては存在が希薄・・・って言う曲もあるんだよな。
本来は、自分で持ってる音源は、通勤途中にヘビロテでしょっちゅうかけてるんで、存在が希薄ってことはない筈なんだけどさ。。。

でも、この間、92年の今頃の曲をWALKMANで改めて聴いてて、「あれ? これってなんだったっけ・・・」なんて思っちゃった曲があったのよね。

今回はその曲をセレクト。

ZARD 「IN MY ARMS TONIGHT」

あれだけのヒット曲を飛ばしながら、ZARDの曲も、今まであんまり書いて来なかったな。
まあ、代表曲って言われる曲は、流石に既に書いたけどさ。

どうもね、イメージがダブるんだよね、ZARDの曲って。 そいで、今まであんまり筆が向かなかったところもある。

イメーがダブるってことは、それだけ希薄な存在の曲もあるって事でさ
この「IN MY ARMS TONIGHT」にしても、今となっては言われなかったら、「なんだっけ?」なんて思ったりしません?
個人的に、この曲と、次の年の「もう少し あと少し・・・」のイメージがダブるんだよね。同じ9月リリースだったし。
それで、どっちがどっちだったけな・・・とか思ったりして。。。

うーん、ワタシだけかなぁ。

この曲はリリースが1992年9月。 ZARDの実際上のブレイク曲となった「眠れない夜を抱いて」このわずか1か月後にリリースされ、チャート上では、同じような時期に同じようなチャートアクションをしてた・・・っていうイメージが強い。

個人的には両曲とも、bay fmの「パワーカウントダウン」で知ったのかな? いや、92年当時と言えばパワカンが唯一の「音源」情報源だったんで、ほぼ間違いないと思う。

実は当時、パワカンからエアチェックしたカセットが未だに残ってるんだけど、ちょっと聴いてみたら、「眠れない夜を抱いて」の次が、この「IN MY ARMS TONIGHT」なんだよな。 

・・・ということは、ランキングもほぼ並んでたんだと思う。

そう、陽の「眠れない夜を抱いて」 に対して 陰の「IN MY ARMS TONIGHT」 そんなイメージだったんだよな。

でも、個人的には、やっぱり「眠れない夜を抱いて」の方に軍配を上げてたんだよな。 やっぱりカラーがはっきりしている分、曲が分かりやすかったし、親しみやすかったしね。

それに対して、この「IN MY ARMS TONIGHT」は、よく分かんなかったんだよ。
メジャー系の「眠れない夜〜」に対してマイナー系の曲だったし。シングルのタイトル曲というよりは、カップリング・・・そんなイメージだったと思う。

それでも、ちゃんと手もとに音源があるって事は、なんか引っかかるもんがあったんだよな、きっと。

それが思い出せない。

もしかすると、意外と単純に、坂井泉水さんの「美貌」に魅かれて ・・・だったのかもしれないけど。。。 

後年、テレビに出なくなった坂井泉水さんだけど、この曲の頃は普通に歌番組に出てたんだよ。
坂井さんの可愛らしさと、不思議な魅力に、「これは〜」と思ったもんだったよな。

ただね、当時は、まだ、立ち位置が良く分かんなかった。 アイドルなのか、アイドル外のポップスなのか、ロックなのか・・。 そもそもビーイング系っていうのも、まだ良く分かってなかったし。。。。
92年の夏時点では、まだビーイングも「ブーム」と言うほどの勢いぢゃ無かったんだよ。その後、ビーイングブームを牽引して行くこととなるWANDSが大ブレイクするのは、この僅か後となる(まあ、ほぼ同時期と言ってもいいが・・・)

ガールズポップ。 
ZARDがデビューした頃、一つのムーブメントとして、そんな立ち位置のジャンルが確立しようとしていた。 ただ92年の夏ごろになると、このムーブメントも下火になりつつある頃でさ、もしかすると、このヒトもそのまま消えるのかもな・・・なんて思いもあったしさ。

この曲の次が、超ブレイク曲となった「負けないで」。 
庶民的な親しみ感があり、それいえに絶大な求心力が漂っていた「負けないで」に比べると、「眠れない夜を抱いて」にしても、この「IN MY ARMS TONIGHT」にしても、そこまでのインパクトはなかったしね。 それいえに、その先があるとは言えないって言う不安定さはあったよね。

特に、「IN MY ARMS TONIGHT」は、インパクト的に弱かったしさ。 このままフェイドアウト・・・ってなってもおかしくなかったんだよ。




そうだ、この曲で引っかかったのは、サビのコード進行だ。
いま、↑の動画を見つつ、当時の「ゲッカヨ」の譜面をみてて思い出した。

サビの ♪ 夢を見させて 時間をとめて ねえ少年のように〜 ♪ の

♪ねえ、少年のように〜 ♪ でC#m7 から Cdimに行く不安低なコード進行。 ここが気になっちゃってね。

それまで、普通のポップスだったのが、どういうことかクラシックっぽい壮大な響きなんだよね。 全体的にインパクトが弱いきょくではあるけど、この1点が、他の曲のような響きになる。 ここに引っかかったんだろうな。

まあ、それでなくても、最後の

♪ Let me hold you in my arms tonight〜 ♪ 

のキャッチーなまとめ方は、めっちゃビーイング系らしいよな・・っとは思うけどさ。


ちなみに、この曲のバックコーラスは、大黒摩季 姉さん。(ってか大黒さんとは同い年なんだけど・・・
うーむ、これはずっと知らなかったな。姉さん大分、声抑えてるよね。 

大黒さんが、「初めてのH」っちゅうマルちゃんのカップラーメンのCM曲で衝撃的なブレイクを飾るのも、この曲がリリースされた僅かに後。
つまりは、92年の秋、ビーイングブームを牽引する屋台骨が揃う訳ですね。 


よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村

永遠 / ZARD

1997_09_永遠_ZARD






今回の1曲セレクトは「永遠」ZARDです。

 まずはデータです。

・タイトル    永遠
・アーティスト  ZARD
・作詞      坂井泉水
・作曲      徳永暁人
・編曲      徳永暁人
・リリース日   1997年8月20日
・発売元     ビーグラム
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   62.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1997年9月1日〜10月20日付
・タイアップ:日本テレビ系ドラマ「失楽園」主題歌

 夏のあのギラギラする太陽が一段落し、秋風が吹いてくると、脳裏に浮かんでくる曲っていうのをこの間から何曲か書いてきたけど、今回セレクトしてきた曲も、そんな曲の1曲だなぁ。

ZARD  「永遠」

じつは、この曲を1曲セレクトで、最初に書いたのは、2007年5月に坂井泉水さんが急逝されたときに、「追悼」という形で書いたんですよ。
 今回、その時書いた文面を、ほぼ、そのまま転載しているので、内容が若干、それらしい内容になっていますが、予め、ご了承いただけますかねぇ

 ワタシがZARDを初めて聴いたのは、デビュー曲の「Good-bye My Loneliness」でしたね。たしか、クラリオンのCMで使われていましたね。いい声でしたね。いわいる美人声。
 でも、普通は美人声でも実際、美人じゃないことが多い。でも、このヒトの場合、その声と顔がピッタリ一致したんですよ。それで、一発でファンになったな。

 曲で最初に好きになったのは、本格ブレイク曲の「眠れない夜を抱いて」からだったろうか。

 とにかく、ビーイング商法、タイアップによる確実なヒット・・という方法論を確立して、成功したヒトのひとりだったですし、そういう意味でも90年代を代表するアーティストといって、誰も異論はないでしょう。

 でも、そのやり方と曲想から、個人的には一時は、辟易してたところがあるんですよね。

 それを再び、ぐぐっと引き寄せられたのが、今日セレクトした「永遠」だったなぁ。

 この曲は、97年当時、社会現象にもなり、「不倫」ブームの火付け役にもなったドラマ「失楽園」の主題歌としても耳なじみなかたも多いことでしょう。
ただ、個人的には、ドラマとは別のところで、楽曲自体好きだったんだよね。

 ZARDとしては、珍しい、やや重めの黒っぽい、若干ヘヴィーな「ゴスペル」の匂いがする曲。これが良かった。
ZARDのそれまでの曲って、それほどヘヴィーな曲がなかったんだよね。ロックというよりはポップスに近いサウンドを歌っていた訳だから。
 特に、この曲の前の「風が抜ける街へ」なんかは、完全にポップスでしたからね。

そういうイメージが定着していたところに、いきなり180度転換して、初めて、この曲のようなヘヴィーな曲が、突然きたんで、最初は、かなり不意を打たれた感じがしましたねぇ。
 
 でも、曲自体はヘヴィーなサウンドとはいえメロディアスだったし、すぐに「いいね」に変わったんだけどさ。

 坂井泉水の声って、兎角、「負けないで」とか「揺れる想い」などの、「メジャー調」の曲では、ほんとに明るい表情を出していたわけで、みんなに慕われてる代表曲も多いんだけど、個人的には、この曲のような「暗い、重い」曲の坂井泉水のほうが、本当の坂井泉水なんぢゃないか・・とも思ってたんですよね。

 明るい中にも、どこか淋しさがある・・・

 このヒトの写真での表情もそうなんだけど、本当はどこか淋しいところがあったんじゃないか・・・なんて、想うんだよね。

この曲の歌詞にあるように

♪ あの日から淋しかった 想像以上に Just Fallin' Of The Rain ♪ 

って、なんか、本音のような気がする。 


 ♪ 君と僕との間に永遠は見えるのかな この門をくぐりぬけると 安らかなその腕にたどり着ける また夢を見る日まで ♪

今となっては・・・・という前提だけど、若くして亡くなる予感ってずっとあったんでしょうかねぇ。そんなことを暗示しているかのような内容にも感じるんだよね。今聴くと。
それだけに、印象にのこるし、だからこそ忘れられない1曲になりそうですね。

 享年40歳。ほんとに若いのに残念だったよなぁ。


YOU TUBEには適当な動画が無いので、他のサイトにリンク

http://www.dailymotion.com/video/x4e7kp_zard-eien_music


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

眠れない夜を抱いて / ZARD

1992_08_眠れない夜を抱いて_ZARD



今回の1曲セレクトは、「眠れない夜を抱いて」ZARDです。

 まずはデータです。

・タイトル    眠れない夜を抱いて
・アーティスト  ZARD
・作詞      坂井泉水
・作曲      織田哲郎
・編曲      明石昌夫 池田大介
・リリース日   1992年8月5日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 8位
・売上げ枚数   45.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1992年9月28日〜10月12日付
・タイアップ:テレビ朝日系「トゥナイト」エンディングテーマ曲

 年甲斐もなく、「世界陸上」を見て興奮してしまいましたわ。特にリレーね。 リレーっつったら、運動会では、どこでもやるし花型ジャン。 それが、全く同じ形で、世界陸上でもオリンピックでもやるっていうのが、いいんだよね。「世界一の運動会」っていう雰囲気でさあ。

 そーいえば、今回セレクトしてきた、ZARDの「眠れない夜を抱いて」がヒットしてた、1992年はバルセロナ五輪の年だったな。 
 そーそー、そういえば、あの年の8月も連日「眠れない夜を抱いて」たのよね〜。 時差7時間のバルセロナだから、向こうの時間が夕方からの競技は、必然的に、日本は「夜中」になるわけで・・・。

 この曲って、まさか、それにかこつけてリリースして・・・訳じゃないよね〜。 いやいや「企画屋」のビーイングだからこそ、そこまで計算して居たんじゃないの? ・・・とか、思わず、勘ぐってみたりして。。あせあせ
 だってさ、なんか、バルセロナ五輪期間中に「眠れない夜を抱いて」〜なんて、いかにも、タイミングがいいような気もするんだもんねぇ。。

 ところで、この曲で、ZARDは、本格ブレイクしてきたわけだけど、その登場は「突然」・・・というよりかは、いつの間にか・・・っていう方が正しいかなぁ。

 いや、少なくともワタシの中では・・・。 ある日気がついたら、チャートの上位に来てた・・・なんていう印象があるな。

 92年は、個人的に結構、ヒット曲聴いてた時期で、毎週、bay fmの「パワーカウントダウンJAPAN」は欠かさずチェックしてたから。
 少なくとも、30位近辺の曲までは、くまなくチェックしていたんだけど、それでも、この曲は、いつの間にか、「ぬっ」とランキングに登場していたような・・・。

 まあ、あんまり実感・・・というか、実態がわかなかったんだよね。いまでいうアンドロイドみたいな感覚で。。
 もちろん、まだ、当時はMステにも出てたんだけどさ、ZARDって。 それでも、なんか、実態がよくつかめない、感覚があったよなぁ。

 曲は、この曲に関しては、いいとおもった。 ビーイングお得意の「キャッチー」路線だし、こういうメロディラインでいけば、少なくともコケることはないよねぇ・・・っちゅうかね。

 ただ、大ヒットするとも、あんまり感じなかったんだよね。うーん、それは、なんちゅうか、大ヒット曲がもってる、アクっていうかなぁ・・。そそそ、存在感。 それは、ちょっと希薄のような気がしてさ。

 まあ、結果的には、その通りになったんだけどさ。

 だけども、この曲の時点では、ここから90年代を代表するようなアーティストに成長する・・・とは、全く感じなかった・・っていうのは、正直なところだね。

 うん、いわいる、一発屋っぽい、匂いがしたもの。 この曲の1ヵ月後にリリースした「IN MY ARMS TONIGHT」が、この曲の「余力」でヒットして多様なところもあったから、これは、長続きしねーだろうな・・っていう感覚があったのよね。

 まさか、年をまたいで「負けないで」のような、ジェットエンジン点火のような状況になるとは・・・。

 まあ、それにも伏線があって、この曲をきっかけにして、WARD、T-BOLANあたりが、本格ブレイクし、ビーイング系全体が、「スイッチオン」の状態になったのが大きいけど。。。


 この曲は、まさに、その「導火線」のような働きをした曲だったんだよね。

 まさか、そんな仕掛けがあるとは、露もしらず、のんきーに、「あー、一発屋で終わりだーな」と、思っていた当時のワタシが居たのでした・・ちゃんちゃん♪

>


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

揺れる想い / ZARD

1993_05_揺れる想い_ZARD






今回の1曲セレクトは、「揺れる想い」ZARDです。

まずはデータでっす。

・タイトル    揺れる想い
・アーティスト  ZARD
・作詞      坂井泉水
・作曲      織田哲郎
・編曲      明石昌夫
・リリース日   1993年5月18日
・発売元     B-Gram レコード
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   139.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年5月31日〜8月2日付
・タイアップ:大塚製薬「ポカリスウェット」CM曲


 実態のないアーティストだよね。ZARDって。まあ、だれでも感じてることなんでしょうけど、なぜか、その実態がなくても安心していられるという不思議なグループだよね。

 まあ、あえて「グループ」なんて書いちゃったけど、実態は「坂井泉水」っていうヒトが「1人」でやっていることは、誰もが知っていることであり。。。。

 でも、当時は本当にグループだと思ってたですよ。ワタシは。
 このヒトたち「テレビ」には出ない、という印象が強いんだけど、実際はそうではなく、まだ「大ブレイク」の前にはテレビにも出演してたんだよね。
 たしか、「負けないで」かなんかでミュージックステーションに出てたよね。
 このとき、たまたまワタシ見てたんですよ。Mステを。

 で、坂井泉水をボーカルにきちんとバンド形式で出演してたんで、てっきりこのヒトたちがZARDっていう「バンド」なんだ・・・って思った記憶があるなぁ。

 それにしても、実体がない、実体がないと思いながら、ブレイクから、早22年ですよ。。。
 この時、生まれた子はもう社会人なわけで・・・

 一体、何が、こんなに長持ちさせてんだろうねぇ。。。
と思って、このヒトのセールスパターンを見てみて、なるほど。。。

 このヒト、思ったより、意外と1曲あたりのセールスは売れてないんだよね。このころの作品、出せば「ミリオン」っていう印象が残ってるんだけど、実際は、ミリオンセラーは、この「揺れる想い」を含め3作のみ。

 「負けないで」 1993年1月27日リリース 164.5万枚
 「揺れる想い」 1993年5月18日リリース 139.6万枚
 「マイフレンド」1996年1月8日リリース  100.1万枚

 同時期、同じビーイングで同じような「立ち位置」にいたWANDSの3作連続でミリオンセラーを達成しているよりは、やや勢いが感じられない。

ただ、ZARDの場合、タイミングよくというか、落ち目になりそうになると何作かに1曲「復活」するような曲があるんだよね。

 上記の「マイフレンド」もしかり、97年の「永遠」もしかり、2000年の「Get U're Dream」にしてもしかり。

 結局、こんな感じで、1年に1作、あるいは2年に1作、「あたり」の曲を持っているのが「長生き」しているコツなんだろうなぁ。これは、長く一線で活躍しているアーティストの共通項でもあり、必須事項でもあるんだけどね。

もっとも最近は「惰性」に近い気もするけど。。。

 それと、このヒト、何年経っても容姿も声も変わんないんだよねぇ。ほんと「宇宙人?」って思えてくるほど。。
 そのあたりも、人気を保ってるコツ? うーーーん。

 さてさて、「揺れる想い」だけど、この曲は、それまでのZARDの中でも一番「親しみやすい」曲ではあったよね。
 とにかく、「キャッチー」ということばがぴったんこはまるようなキャッチーさが曲全体からにじみ出てきているような・・・。
 
 特別、何か言う必要もないような、いや、なんにも言わせないような、そんな曲って気もするなぁ。

 出足の ♪揺れる想い 体中感じて〜 ♪のサビの部分だけでもがっちり、この曲の世界に入り込んでしまうっていう感じ?

 まあ、ポカリスエットのCMとして、この当時は大量スポットが打たれてましたよね。
 どこいっても、このメロディが流れてたきがするなぁ。だから、1993年の今ごろって行って、浮かんでくるものといったらこの曲なんだよね。

 だけども、あまりにもキャッチーな曲は、飽きも早く来るって感じなわけで、この当時はビーイング全盛期のまさーに「ピーク」だったけど、この辺を頂点に衰退して行くんだよね。

 まあ、あのころは、このまま永遠にビーイング期が続くんぢゃないかっていう勢いだったけどなぁ。
 まだ、この曲の頃はよかったんだけど、さすがにこの年の夏を過ぎる頃には飽きてきちゃってさ、「ビーイング」をなんとかしろ! ってしょっちゅう叫んでたようなきがするなぁ。
 今思うと。。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

負けないで / ZARD

1993_02_負けないで_ZARD






今回の1曲セレクトは、「負けないで」ZARDです。

 まずはデータです。

・タイトル    負けないで
・アーティスト  ZARD
・作詞      坂井泉水
・作曲      織田哲郎
・編曲      葉山たけし
・リリース日   1993年1月27日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   164.5万枚
・タイアップ:テレビ朝日系ドラマ「白鳥麗子でございます」主題歌
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年2月8日〜4月26日付
 
 本来ならさ、もっと前に書くべきだったのかもなぁ、この曲。 でも、、ああいう形で坂井泉水が急逝したゃったからねぇ、しばらく意識的に避けてたってのもあるな。 それでも、坂井さんが亡くなってから、今年で6年。
そろそろ書いてもいいかな・・・ということで、今回セレクトしてきました。

 まあ、、当時から、この曲、あんまり好んでは聴いてなかったってのもあるんだよね。
 なんていうのかなぁ・・・手垢がつきすぎてるっていうかさあ、誰でも知ってるってのが、かえって、別に、敢えて書かなくてもいいじゃん・・・って思っちゃってた部分も大きいな。あ、これは、当時からそんな感じがしてたんだよね。

 この曲で、ZARDって本格「大」ブレイクを果たしたわけだけどさ、当時の気分からすると、「あ、やっぱりな」・・・と思うと同時に、なんとなく淋しかったりして。 いや、本当はね、ここまで大ブレイクして欲しくなかったっていう気持ちもあったんだよなぁ、なぜだか。
 で、この曲あたりから、「ビーイング系」の一大ムーブメントも本格攻勢を強めるわけだけどさ、早くもどことなく、新鮮味を感じなくなってきてたワタシなんだよね。当時を思うと。

 この曲についても同じで、確かに、キャッチー過ぎるくらいキャッチーなんだけど・・・、うーん、どーしてなんだろうねぇ・・、前年の「眠れない夜を抱いて」を聴いたときの様な、「みずみずしさ」は感じなかったんだよなぁ。
 そそそ「みずみずしさ」ですよ、キーワードは。 そういう意味においては、この曲の次の次の、例の「揺れる想い」はみずみずしさを感じたんだけどねぇ。だから、曲としては「揺れる想い」の方が、個人的には好きだな。
 まあ、この「負けないで」の方が売れたんだけどさぁ。

 ってか、ZARDって、しょっちゅうミリオンセラー行ってたような気がしてたんだけど、今になって思い起こすと、この曲を含め、「揺れる想い」と「マイ フレンド」の3枚しかミリオンセラー行ってないんだよな。 しかも、「マイ フレンド」は「1,000,620枚」なんていう、ギッリギリのミリオンだったし。。。そう考えると、実際はCD売上げよりもビッグなイメージがあったんだよねぇ。 なんか、そんな感じがするな。


 で、まあ、このタイミング、この曲を引っ張ってきたのは、やっぱ、受験シーズンだからねぇ、受験生諸君にエールを送るってことで。。。 
 それにもまして、今の「ジブン」に対してのエールっていう意味もあったりしてね。。ふらふらふらふらふらふら




もし、よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード