かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

YUKI

Happy Tomorrow / NiNa

1999_07_Happy Tomorrow_NiNa


今回の1曲セレクトは、「Happy Tomorrow」NiNaです。

まずはデータでする。

・タイトル    Happy Tomorrow
・アーティスト  NiNa
・作詞      Yuki  Kate
・作曲      Ma-chang  Yuki
・編曲      佐久間正英
・リリース日   1999年7月14日
・発売元     ソニーレコーズ
・オリコン最高位 9位
・売上げ枚数  29.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 8位
・ベストテンランクイン期間:1999年8月2日〜8月23日付
・タイアップ:フジテレビ系ドラマ「彼女たちの時代」オープニングテーマ

ここのところは週末に書いている1曲セレクトな訳だけど、今回も同様に週末の更新ですわな。
そんな1曲セレクトだけど、ここ暫くは「古る目」の曲が多かったんで、今回はちょこっと時代を戻しますかねぇ。

NiNa 「Happy Tomorrow」

うーん、この曲覚えていますかねぇ。時代を戻すと言っても99年、今から18年前の今頃のヒットな訳なんだけどね。
NiNaは、当時JUDY AND MARYのYUKIと、B-52'SのKate Piersonがツインボーカルをとったユニットですね。
プロデューサーは、ジュディマリのプロデューサーでもあった佐久間正英氏。

プロデューサーの時代と言われた90年代後半、TKに続く、つんくもモー娘。を始めアイドルグループのプロデューサーの当確を現わしていた時代ですよ。
 その中で、バンドサウンドのプロデューサーとして他のプロデューサーとは一線を画していた佐久間氏から発信されたこのユニット。

当然、ロック色の強いバンドサウンドなんだろうな・・・っていう想像が先に立ってしまったりするこの曲なんだけども、実際はめちゃくちゃポップ色が強い1曲だったするんだよね。

個人的に言えば、当時、プロデューサーの時代と言われ、同じようなサウンドが氾濫しているヒットチャートには随分辟易していた部分があるんだよね。

当時のワタシの「書き込み」知っている方なら既にご存じでしょうが、けっこうクレーマーだったからなぁ。今だったら「炎上」しそうなことも大分書いてたから。 しかも当時は自分の「掲示板(BBS)」を持ってなかったからヒトの掲示板で

でも、ミリオンセラーバンバン出てた当時から、こんな「音楽」が続けば近い将来CD売れなくなる・・・ってシツコイ位に警告してたのは当たったでしょ ちっとは先見の明があったと思うんだよなぁ

・・・なんて自画自賛なことは置いといて・・・。


でもさ、この曲を聴いてそれまで痞えていたモノが吐き出された思いだったなぁ、いや、大分スッキリしたんだよな。
そのくらい、当時のヒットには無かったようなポップさだったんだよね、この曲。

まあ、正直言うと曲調的には、当時から見ても新しさは無い。 むしろアナクロだったんですよ。90年代と言うよりも80年代・・・いや、もしかするともっと前の時代の曲調かも。

例えば70年代のブロンディとかさ、あの位の時代を彷彿させるポップさっていうのかなぁ。

うん、ボーカルに「外人」のKate Piersonがいたから、ポップはポップでも間違い無く「向こう」の曲のポップさなんだよね。まあ、全編「英語詞」っていうのもあるけど、湿度感をほとんど感じない、カラッとした軽い空気感。

ここだと思う。

当時は重い曲が多かったんだよ。全体的に。やたらと音数が多かったり音圧が高かったり。当時のヒットに辟易していたのはその辺りが一番大きな要因だったかもしれないな。

そこに持ってきて、このカラッとしたポップな曲が来たもんだからさ、心が洗われたんだよな、大分。

 本来ダサイ、「日本のポップ」が好きなワタシだから、本来だったら、向こうの曲っぽいのはダメな部分もあったのかもしれないけど、まあ、そんなことで、この手の曲でも「OK」って気分だったんだよな。

いや、70年代っぽい、このテの洋楽ポップスは決して嫌いじゃないんだよ。むしろ懐かしい音なんだよね、ワタシの中では。当時、親に連れて行かれた行きつけの喫茶店で、このテの洋楽ポップスがいつも流れてたからさあ。それこそブロンディとか。

少し前、テレ朝の「サンデーステーション」のお天気コーナー のBGMで、ブロンディーの「Sunday Girl」が使われてたでしょ。 あれ、音聴いてただけでもめちゃくちゃ懐かしかったもの。

↓ コレ



今回セレクトしてきた「Happy Tomorrow」もこの「Sunday Girl」と同じような匂いを感じたりするんだよな。
うん、結論からすると懐かしい音なんですよワタシにとっては。だから引っかかったんだろうなぁ。

ただね、思ったよりは売れなかったんだよね、この曲。ジュディマリのYUKIだから、もっと売れてもおかしくなかったんだけどねぇ。

まあ、たしかに当時、派手に宣伝していた訳でもないし、NiNaって聞いただけで、ジュディマリのYUKIって気づかなかった人も多いだろうしな。
しかもロックなジュディマリを期待していたヒトには、このテのポップな曲は大人し過ぎて肩透かしだったろうしな。

佐久間氏から見ても、他にプロデュースとした他のアーティストでも、この手の70年代のポップサウンドをフィーチャーした曲って、少なくともヒットチャート上ではなかったですからねぇ。やっぱ聴き手からすると肩透かし立ったところはあるかもしれない。
個人的に言えば、バンドバンドしていない部分も垣間見れて、それだけレンジの広さを感じられた・・・って部分では嬉しくもあるんですけどね。




そうか、この曲は、佐久間氏はベースではなく、リードギターやってたんだ。若干ピッチがずれているのがちょこっと気になるけど。。。
後年、亡くなる直前にNHKで特集されていた時の優しい表情ではなく、まだまだ尖がったシャープな表情の頃の佐久間氏ですな。

ちなみに、個人的にこの曲を初めて聴いたのははっきり覚えてる。日曜日の雨上がりの午前中。車で千葉から木更津方面に向かっていた国道16号だったな。
この曲を聴いてた時にバーッと日が差してきてさ、陽の光が雨上がりのアルファルトに反射して金色に輝いて、ドラマティックな光景だったんだよ。

そんな光景を見てて、なんかさー、その時の仕事とか、これからの生き方とかどうでもよくなっちゃったんだよ。
現に、当時働いていた新卒で入った会社を退職するのは、この半年後だったりするんだけど。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

Hello! Orange Sunshine / JUDY AND MARY

1994_09_Hello Orange Sunshine_JUDY AND MARY






今回の1曲セレクトは、「Hello! Orange Sunshine」JUDY AND MARYです。

まずはデータです。

・タイトル     Hello! Orange Sunshine
・アーティスト   JUDY AND MARY
・作詞      YUKI
・作曲      恩田快人
・編曲      JUDY AND MARY
・リリース日      1994年8月21日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 22位
・売り上げ枚数 9.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 24位

 よくgooランキングとかで「もう一度再結成して欲しいバンド」なんかのアンケートをやると分かるけど、未だに人気が衰えないバンドってあるんだよなぁ。
 この間も、同じアンケートのランキングやってたけど、1位はBOOWYでしたね。まあ、このヒトたちは、ワタシらの年代では「ネ申」バンドですから。。。 あたりまえっちゃ、当たり前のような感覚があるんだけどね。特にワタシらの年代としては。。。

 で、ワタシらより下の年代・・・今の30代あたり? ・・・で今でも圧倒的に人気があるのがJUDY AND MARYなんだよな。

そんな今回は、そのジュディマリから、1曲セレクトしてきますか。

・・・でも、今回セレクトしてきた曲は、まだ本格ブレイク前、1994年の今頃ヒットしていた「Hello! Orange Sunshine」

うーむ、まあ、熱狂的なジュディマリファンならいざ知らず、一般の方は、意外と、この曲あたりは知らなかったりするかなぁ。。。。
 ジュディマリが本格ブレイクしたのが、翌95年6月の「Over Drive」だったから、それよりも約10ヶ月まえの曲になるんだけど。。。

でも、個人的には、この曲が最初だったな。ジュディマリを知ったのは。 最初に聴いたのが、ここでも何回か書いてるけど、bay fmの「パワーカウントダウン」。
 この曲、大ブレイクではなかったけど、一応、ランキングで30位内には入ってきてましたからねぇ。当時、パワカンにランクインしてきた曲を片っ端から、カセットに編集してたんで、それで認識があったんだよね。

でも、正直、一発屋だと思ったんだよなぁ、最初はさ・・・というより、「Over Drive」が大ブレイクするまでは、そう思ってたんだよね。

 当時は、まだLINDBERGが強かったからさあ、LINDBERGの2番煎じっていうイメージに感じたんだよね。
バンドの編成も、ボーカルが女の子って言うのも同じだったわけじゃん。

ただ、この「Hello! Orange Sunshine」って曲は、ミョーに引っかかったんだよな、個人的にも
サウンド的には、最初は演奏も雑だし、やかましいだけやんけ・・・なんて思ったんだけど、それにしてはポップなんだよね。ポップという点は、あの頃のLINDBERGには無かったからさあ。
 YUKIのボーカルも可愛らしかったからなぁ。まあ、94年時点では、まだ「可愛い」ボーカルが売れるかどうかっていうのは未知数だったからねぇ。そういう方向で売れてたバンドって居なかったし・・というか、可愛いのはアイドルだったからな、あの時点では。そう言う点では、まだまだイロモノバンドだったんだよね。
イロモノバンドのような感じだったからこそ、一発屋だろうな・・・なんて思ったんだけどさ。

だから、「Over Drive」で大ブレイクしてきた時はまさかまさか・・・だったよなぁ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

クラシック / JUDY AND MARY

1996_11_クラシック_JUDY AND MARY








今日の1曲セレクトは「クラシック」JUDY AND MARYです。

ますは、データから

・タイトル    クラシック
・アーティスト  JUDY AND MARY
・作詞      Tack and Yukky
・作曲      TAKUYA
・編曲      JUDY AND MARY
・リリース日   1996年10月28日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数   63.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1996年11月11日〜12月9日付

 昨日は、多くの方には、ちょっととっつきにくかったかな・・・とおもいまして、今日はできるだけ、とっつきやすい曲を・・・ということで、JUDY AND MARYなんかを引っ張ってきましたわ。

 私ねー、JUDY AND MARYって最初はあんまり・・・だったのね。 正確に言うと、このきょくの前がミリオンセラーを記録した、「そばかす」なんですが、ここまでは、あんまり・・・だったのね。
 どうも、とっつきにくくてね。 簡単に言ってしまえば、世代の隔離っていうんですかねー? 音自体が安っぽく聴こえたんだよね。 最近のコアメロ系バンドに通じるっていうか、ロックだか、ポップスだか、パンクだか、なんだかわかんない音っつうの?
 プラス、演奏がうまいっていうと、お世辞にも・・・って感じジャン。たから、どうも、魅力を感じなかったんだよね。

 ちょっと面白いなとおもったのは、小ブレイクの94年の「Hello Orange Sunshine」ぐらいで。 あの時だって、バンドというより、YUKIの声質からアイドルの延長ぐらいしかみなかったし・・・。

 でもね、この曲を聴いて、チョッと見直したんだよね。
この曲はいい曲ですよ。
 落ち着いた雰囲気といい、曲の温度感といい、この季節にピッタリじゃないですか。
 曲の温度感、イントロの・・・って、ギター1音しかないけど、この音色が寒々してて、この季節を髣髴させるんだよね。
 そのあとのAメロの入りはあったかい感じがして、寒空のしたの暖かい日差しを連想させるしね。
 いや、全体にソフトで優しいんですよ。ジュディマリとしては。
 粗雑感がないって言うのかな。 ジュディマリっていうと、音、汚ったねーっていうイメージがあるんだよね。私としては。でも、唯一この曲だけは、なんか、清潔感があるっていうのかな。YUKIのボーカルも優しくてよかったしね。
 たぶん、そういうところも気に入ったんだと思う。

 今日のように寒い日になると、つい聴きたくなってしまう1曲っていうのかなぁ。心が暖っかくなるっつうかね。


 ただ、それまでのジュディマリが好きなヒトには、チョッと物足りなかったんじゃないかな?
 まあ、そんなもんだよね。ファン心理としては。。。
 

 96年のこの時期は、比較的、おとなしめの曲が続きまして、たとえば、他には、MY LITTLE LOVERの「NOW AND THEN」、globe「Can't Stop Fallin' Love」とかね。
 そのなかでも、この曲がいちばん、アーティスックな感じもうけたな。 

 なにはともあれ、この曲を境に、ジュディマリを見直した私ですわ。

 ・・・といろいろかいてるけど、結局のところ、どうもね、その時代時代のニューウェーブ系を認められるまで、時間がかかるんだよね、私。
 ちょっとした、きっかけなんだけどね。





※2005年11月に書いたものの再掲載です。
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード