かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

SPEED

Come close to me / 上原多香子

1999_10_Come Close to me_上原多香子


今回の1曲セレクトは、「Come close to me」上原多香子です。

まずはデータです。

・タイトル    Come close to me
・アーティスト 上原多香子
・作詞      Я・K
・作曲      Я・K
・編曲      土方隆之 森本裕二
・リリース日  1999年9月29日
・発売元    トイズファクトリー
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数  21.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 6位
・ベストテンランクイン期間:1999年10月11日〜10月18日付
・タイアップ:カネボウ「海のうるおい藻」CM曲

えー、前回は・・・と言っても、「今朝」書いたばっかなんだけど・・・、岡田有希子さんを持ってきた訳でして。
「Love Fair」。 この曲を聴くと悲壮感を感じるって事で書いたんだけど、同じような感覚を覚えた曲が、ずーっと後にもあったんだよね。

今回は、そんな曲を持って来ましょうかねぇ。

上原多香子「Come close to me」

うーむ、果たしてタイトルを持ってきて、どれだけの方が「曲」を連想できるか・・・正直、大いに不安だったりするんだけどねぇ。

そもそも、上原多香子さんと書いて、「あー」って思いだせる方が今となっては、どのくらいいるのかなぁ。
うん、恐らくワタシより10〜15才位年下の方だったら、みんな知ってるかなぁ。

そそそ、SPEEDの4人の一人ですね。 まあ、SPEEDっつったら、国会議員になられた今井絵理子様がある意味、ことしの「顔」となられておりますが。。。

上原多香子さんは、今井さん、島袋さんのボーカル2人に対して、新垣さんとバックで踊っていた方なんで、あんまり表立っていなかったしね。しかも一番大人しヒトだったんで、今となっては忘れられている部分も多いかもしれないけど。。

そんな上原さんの、「ソロ」シングル第2弾が、この曲だったわけだ。

・・・というか、この年1999年は、SPPEDとしたグループ活動よりも、それぞれがソロとして活動していた部分が大きかったからねぇ。 みんなそれぞれがソロシングルだしていたし。。

その中で一番、際立ってソロ活動していたのが上原さんじゃなかったかなぁ。。 いや、そんなような印象が強いんだよな、個人的には。

そう思えたのは、恐らく、このヒトがソロでやっていた曲調が一番、個人的にはフィットしたからなのかもしれない。

そそそ、このヒト、ソロでは、SPEEDで見せていたようなアップチューンから180度異なる、スローテンポ主体の、お嬢さん路線だったじゃん。
あ、その辺がねぇ、どことなく80年代における岡田有希子さんとダブって見えたのかもしれない。

その中でも一番、引っかかったのが、今回引っ張って来た、第2弾の「Come close to me」だったな。

この曲は、もろネタ(下敷き)になった曲が分かっちゃったりするんだけどさ。 そそそ、どう聴いてもビートルズの「strawberry fields forever」だよね。しかも、間奏のトランペットは、「All You Need Is Love」だし。 
ところどころ「Lucy In The Sky With Diamonds」。

って感じで、めちゃくちゃビートルズ色が強い1曲。 うん、「サイケ」色が強いあたりのビートルズね。

プロデュースのЯ・K・・・・うんにゃ、LUNA SEAの河村隆一氏も優男の見かけによらず、結構エグイな・・・なんて思わせたりしてさ。 ここまですぐにネタばれする曲を持ってくるあたり。

っつか、当時はЯ・Kって、一体誰なんだ? って感じだったんだけどさ。。 ま、当たりは付いていたんだけど。。。 いや、この曲のバックを聴いてれば、すぐ分かっちゃうか。。。河村隆一氏って。

まあ、ビートルズほどサイケデリック色は強くないし、うーんと薄味、かつ、なんて言うのかなぁもっと暖色っぽいイメージ・・・そそそファンタジーの世界なんだ・・・のような曲調なんだけどさ。

兎に角、どこまでも優しい気持ちになる1曲なんだよな。 同時にどこか淋しさを覚えたりして。

みんなでワイワイとしながら聴く曲・・・というんじやなく、一人しんみりと聴く・・・。そう言うタイプの曲だったからかもしれない。

そそそ、その「シンミリ」と言う部分にも、岡田有希子さんの「Love Fair」に通づるモノを感じたのかもしれない。


個人的にちょうどこの頃、新卒で入った会社に退社の意向を申し入れ、受理されたころなんだよね。
この曲が引っかかって言うのは、そう言う事で、それまで張り詰めていた気持ちが、一気に解放されたってところも大きかったかもしれない。

それまでの何年かは仕事が優先で、音楽はある程度スポイルして来ていたところもあったし。 そんな緊張感から一気に解放されたって気分が強かったんだよね。

だからと言う事もないかもしれないけど、一時的に遠ざかっていたヒット曲も、この頃は、結構聴いてたんだよね。素直に聴けてたんだよなぁ。

もし、退社せずにあのまま続けていたら、この曲なんて素直に聴けてたかどうかは分かんない。 もしかしたら聴いてなかったかもしれない。 やっぱり気持ちの持ちようなんだよなぁ、音楽との接点って。

当時ワタシはちょうど30歳になったばかりで、そんなことも大分、感じて来ていた頃だったかもしれない。

同時に、本格的にネットとの接点を持ちだしたのもこの頃。

まだ、自分のサイトも掲示板も持っていない頃で、夜な夜な他のヒトの掲示板(BBS)に出没しては、当時のヒット曲について、辛口で書き始めたのもこの頃ですわ。 
それでネットでのダイレクトな反応に快感とシンパシィを感じ始めたのもこの頃だったと思う。

もしかしたら、この「Come close to me」についても当時1度書いたかもしれない。 覚えてはないんだけども。 

でも、まだ、ネットの世界で仕事をするっていうのは、全く考えても無かったなこの頃は。 うん、仕事をやめるっていっても、次の仕事の事は考えてなかったんだよね。 まあ、今考えると無謀・・というか、怖いもの知らずだったんだけどさ。若かったよね。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

BODY&SOUL /SPEED

1996_09_Boy&Soul_SPEED





今回の1曲セレクトは、「BODY&SOUL」SPEEDです。

まずはデータです。

・タイトル    BODY&SOUL
・アーティスト  SPEED
・作詞      伊秩弘将
・作曲      伊秩弘将
・編曲      水島康貴
・リリース日      1996年8月5日
・発売元     トイズファクトリー
・オリコン最高位 4位
・売り上げ枚数 63.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1996年9月9日〜10月14日付
・タイアップ:日清シスコ「シスコーン」CM曲

自分でヒットチャート作っている身分としてどうなんだろう・・・なんて思ったりするんだけど、どうも最近のアーティストは覚えにくくてね
 少し前に「ERIHIRO」ってヒトたちがランキング要素に登場してきて、いったい誰やねん? なんて感じでチャート集計してたりしてね。 調べてみたら、もとSPEEDのフロントの二人、島袋寛子さんと今井絵理子さんやんけ。 曲を聴いてみたらボーカルの声質は、SPEEDの頃とほとんど変わってないな。 
 ま、それで安心した自分がいたりして、二人とも30代となった今、急にオバさん臭い声になってたら、やっぱ、がっかりしただろうしな。。。

 ところで、この2人がデビューした、19年前の今頃。デビュー曲の「BODY&SOUL」を初めて聴いた時は、衝撃的だったよな。
 その前の年に、安室奈美恵が「TRY ME」で出てきた時も衝撃的だったけど、このコ達の時も、やっぱねぇ衝撃的だったのよ。
 まあ、一応、カテゴリーとしてはアイドルなんだよね? このコたち。 でも、めちやくちゃ達者なんだもの。

 それまでのアイドルっていえば、ウタは下手で当たり前。ブリッ子なしぐさは当たり前。営業スマイル当たり前・・・ってな感じで完全に作られた世界の存在だったわけじゃん。

でもね、このコたちは、これらすべてが「当てはまらなかった」訳だから。

特に歌唱力ね。デビュー曲のこの「BODY&SOUL」からして、まあ、達者に歌っていること・・・。それだけではなく、ウタにパンチがあったりしてね。 しかも、歌ってるコたちが、まだ小中学生だってから驚きだぁ。
 
 あー、時代は変わったな・・・っていうのを感じた瞬間だったな。 

たださあ、そうは言っても、やっぱりこのコたちと同年代向けの曲っていうのは否めないわけでさぁ。 当時27歳になってたワタシは、やっぱ正面切っては聴けなかったよなぁ。 良い年したオヤジが、小中生向けの音楽かよ・・・って言うところもあったしさ。
だから、キニナル存在ではありながら、このコたちの曲はずっと素通り。一切CD音源をもってないのよ。

 ま、参考資料として、Bay fmの「COUNTDOWN JAPAN」から録音したテープはあるけどさ。

でも、あれから19年経って、そろそろ、この時代の曲も、もう一度見直す時期かもな・・・なんて最近思うようになって、今回、聴き直してみたわけですわ。
ま、すでに50近くなって、あの頃感じてた、「気恥ずかしさ」なんてのも無くなってきてるしな。


でもさ、この時代、この位まで日本のポップシーンってレベル上がってきていたのに、今から思うとここで頭打ちだったよな。少なくとも「アイドル」っていうカテゴリーを見る限りでは、今では、逆にレベルはかなり下がったと思うよ。
 なにが? って、やっぱ一番は歌唱力だよな。この時代、ここまで歌えるアイドルが出てきたのにねぇ。アイドルとはいえ、基本は「ウタ歌い」なんだから、ウタえることは最低限だよな。 この部分は、今はかなり「退化」したと思いますよ。80年代に逆戻りした感が強いよな。

クールジャパンとか言うけど、アイドルといえど、国際的なアイドルと対等に「伍して」行くためには、歌えることは基本だよな。いつまでも「カワイイ」だけじゃ「世界」にゃ通用しないと思うし、K-POPにも対抗できないよ。K-POPのアイドルは、曲がりなりにも歌えてるからさ。
まあ、まずは、今のようなアイドルの「粗製乱造」を止めて、「本物のプロ」を育てるべきですな。

ちなみに、少女時代の「GEE」のイントロを聴くと、どうも、この「BODY&SOUL」を思い出しちゃうんだよな。イントロ冒頭が似てるじゃん。

 



記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード