かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

NOKKO

one more kiss / レベッカ

1988_12_One More Kiss_レベッカ






今回の1曲セレクトは、レベッカ「one more kiss」です。

まずはデータどぇす。

・タイトル    one more kiss
・アーティスト  レベッカ
・作詞      NOKKO
・作曲      土屋安騎夫
・編曲      レベッカ
・リリース日   1988年11月21日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   13.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 7位
・ベストテンランクイン期間:1988年12月12日〜12月26日付

 先月のレベッカ復活ライブ in さいたまスーパーアリーナの興奮もさせやらぬ1ヶ月でしたが、本日は23時〜NHK総合でSONGSで「レベッカ特集」。
この間の復活ライブとそれに向けての密着ドキュメントのようだ。
さてさて、久々にSONGSを見ようかな。しっかりと、録画予約もしたし。。。

 ・・・ということで、今回はレベッカの曲しかないよな。

まだ書いてなかった「one more kiss」を

この間の さいたまスーパーアリーナのライブレポの時も書いたけど、この曲、この間のライブじゃ演んなかったんだよなぁ。 8月の横浜アリーナでは演ってたのになぁ。
 それが心残りでねぇ。 この曲は聴きたかったねぇ。

 余談だけど、「one more kiss」というと、個人的には精神的に参いると、決まって頭の中でヘビーローテーションはじめるんだよな。

10年近く前、風邪をこじられて肺炎になっちゃったとき、咳で何日も全く眠れず、精神的にオカシくなっちゃったときも、永遠とこの曲が頭の中でループしてたんだよな。

 そもそも、この曲がヒットしてた頃、別の意味で苦しんでいたんだよな。個人的な問題なんだけど、大学入試突破っていう問題をかかえて、頭の中がそれでいっぱいになっていた頃の曲だ。
 問題というほどの問題ではないんだけど、27年前の、今ごろ、上で書いた肺炎になった以上に精神的負担がかかっていたんだよな。 1浪だったんで、今度は落とせない・・・っていうのがあったさ。

 この曲聴いて、余計わかんなくなっちゃったのを覚えてる。大学受験つっうのも、結局のところは精神力だからねぇ。知識力よりは。

 で、この曲を聴いて迷ってしまったのが、まず、つまづきの序章だったよなぁ・・・。

 もちろん、次の年も見事に受験に失敗しました。

 ワタシには、自分の中のメンタルなところに、訴えてくるような曲かな。

  そんな風に感じさせるんだよ、この曲。 ぱっと聴きとっつきにくいんだよな。まずもって難解なイメージしかないんだよね。 メロディにしても、サウンドにしても、楽曲の形態自体が複雑で、スカッとした部分が無いんですよ。 あたかも、どこまでも低い雲が垂れこめた冬の空のような寒々とした光景が浮かんでくるような。
 
だからねぇ、どうしても考え込まずには居られないんだよな、この曲を聴くと。

 ま、だからと言って個人的には決してキライではない。 あの苦しい日々を思い起こすにもさあ。 うーん、だから如何にもマゾっぽいんだけど、時には、こういう難解で考え込んじゃうような曲があってもいいとは思うんだよね。





「ザ・ベストテン」だけど、これが最後の出演だったような。。。

LONELY BUTTERFLY / レベッカ

1986_11_LONELY BUTTERFLY_レベッカ






今回の1曲セレクトは、「LONELY BUTTERFLY」レベッカです。

 まずはデータです。

・タイトル    LONELY BUTTERFLY
・アーティスト  レベッカ
・作詞      NOKKO
・作曲      土橋安騎夫
・編曲      レベッカ
・リリース日   1986年10月15日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数   11.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1986年11月3日〜11月10日付

 秋が深まってくると同時に、「切ない曲」も増えてくる・・・っていうのは、昔も今も変わらないかな。。
 うーん、でも、最近は、そんなに曲で季節感を感じなくなったからなぁ。。昔は、結構、この時期の曲には「キュン」と切なくなる曲が多かったもんだけどね。

 今回の1曲セレクトは、そんな曲を一つ。 

 レベッカの「LONELY BUTTERFLY」。

 
 このころのレベッカって、「12インチ」シングルが多かったからなぁ。通常のシングルの印象が薄いんだけど、この曲は、正真正銘、「7インチ」・・・うん、通常のシングル曲なんだよね。

 何分、ノリノリなイメージが強かった、レベッカにとって、この曲は、かなり落ち着いたイメージが強い曲だったな。

 ・・・まあ、よく言えば・・・だけど。

 ただ、他のサイトのこの曲の印象をよむと、どうも、イマイチ、芳しく思ってないヒトが多いようだね。

 うーん、ちょっと、中途ハンパな印象が強いのかもしれない。うん、その前の「シングル」の「ラズベリードリーム」のように、飛び跳ね系でも無し、 逆に「Moon」のように「重いイメージ」の曲でもなし・・。
 曲調的には、どう、表現していいのか、よくわかんない・・・っちゃ、わかんないところもあるかなぁ。

 詞の内容は、切ないんだけどねぇ。 何分「別れの曲」ですよ。


♪ LONELY BUTTERFLY 朝が来るわ LONELY BUTTERFLY もう行かなくちゃ〜 ♪

 ですからねぇ。。。


 あー、また、「ひと夏」の恋が終わる瞬間・・・。

 この間、書いた、石野真子の「失恋記念日」とニュアンス的には同じよ〜。

 一言「恋の終わり」

 やっぱ、秋は、そーいう季節なんですねぇ。

 
 まあ、年がら年中、お祭り気分・・っていうのも、情緒がないしなぁ。 日本人なら、やっぱ、「ワビサビ」は大事でしょ。。

 うん、秋は、そういう「ワビサビ」を噛み締める季節なのかもね〜。だから、そういう曲も多い・・・と。

 
 分かったような、わかんないような・・・まとめになってしもたふらふらふらふら 

さて、11/29日は、レベッカ再結成ライブの追加公演。当然この曲あたりもやるんだろうな。ようく見てきますよ〜。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

SUPER GIRL / レベッカ

1989_11_SUPER GIRL_レベッカ






今回の1曲セレクトは、「SUPER GIRL」レベッカです。

まずはデータです。

・タイトル    SUPER GIRL
・アーティスト  レベッカ
・作詞      NOKKO
・作曲      土橋安騎夫
・編曲      レベッカ
・リリース日   1989年9月15日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 11位
・売上げ枚数   4.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位

 かなり前にチケットを購入してたんで、半ば忘れかけてたんだけど、今月末にレベッカの埼玉スーパーアリーナで再結成ライブの追加公演があったんっだった。
 やべえ、やべえ、自分でチケット購入しておいて、公演日を忘れるところだった。

 ま、そんなことで、そろそろレベッカの曲のおさらいもしておかなきゃな・・・なんて考えてるこの頃だったりして。。。

 ・・というわけで、今回、引っ張ってきた曲はレベッカの「SUPER GIRL」です。

 この曲、リリースが9月15日なんで、実際は、もうちょっと前の「時期」にヒットしてたんだけど、なぜか、個人的に「今ごろ」の感覚があるんだよね。
 だから、「あ、やばいかなぁ」、と思いながら引っ張ってきたのですが・・・。

 いや、この曲、個人的に浪人2年目の今ごろ聴いてたんですよ。あの時期もやっぱり、精神的にキツイ時期でさぁ。なんせ後がなかったもんで・・・。ちょっとノイローゼ気味だったんですよねぇ。 うーん、精神的には、いまよりもよっぽどきつかったかもしれない。

 そんなときに不意にラジオから飛び込んできた、この曲が、どうにも印象的でさあ。

 レベッカにしては、かなりストレートでキャッチーなメロディじゃん。
 うん、サウンド的にはよりニューウェーブっぽい、かなり音の輪郭がハッキリした曲・・・・まあ、89年っぽいといえば、そうなんだけど・・・だったけどさ。

 でも、このメロディラインがどうにも印象的で、一度聴いたあとでも、耳から離れなかったんだよなぁ。

 どうしてだろ? 歌詞的なところはよくわかんないんだけど、兎に角サウンドとメロディラインが印象的なんだよね。

 あ、そうそう、サウンド的には、バンドサウンドっぽくないんだ。この曲。
 少なくとも、いわいるタテノリ系のパンクロックではない、もっとポップなニューウェーブ系のサウンドが心地いいんだよね。


 その割には、売れなかったんだよなぁ。この曲。ブレイク以来の最低セールスですよ。
 うーん、一般的には引きがなかったんだよなぁ。まあ、たしかに、レベッカらしさは、少し足りなかったかもしれない。

 この後の「LITTLE ROCK」の方がよほどレベッカらしかったし。。。 その辺は残念なんだけどさ。

 ジャケットもかなり強烈でしょ。まあ、ちょっとやりすぎって気もするけど。。。。
 
 すでに解散が決まってた時期だし、かなりはめはずしたんかいな?


 でも、それよりも、精神的などん底状態で聴いた曲だから、個人的にはいまでも耳に残っているのかもなぁ。
 音楽って不思議だよね。特にワタシの場合は、幸せな状態の頃より、精神的に辛かったころの曲の方があとあとまで残っているんだよなぁ。

・・・・と言うことは、「今」の曲も、この先自分の中に残るのかなぁ・・・とか思ったりして・・・。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

人魚 / NOKKO

1994_03_人魚_NOKKO







今回の1曲セレクトは、「人魚」NOKKOです。

まずはデータでーす。

・タイトル     人魚
・アーティスト   NOKKO
・作詞        NOKKO
・作曲        筒美京平
・編曲        鄭東和(テイ・トウワ) 清水信之
・リリース日   1994年3月9日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   65.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1994年3月28日〜5月23日付
・タイアップ   フジテレビ系「ぼくたちのドラマシリーズ 時をかける少女」主題歌

 春先の雨と、春の風の匂い・・・っていうシチュエーションの季節になると決まって思い出す曲があるんですよね。
今日、引っ張ってきた、NOKKOの「人魚」なんてのは、そんな1曲だなぁ

 まあ、人それぞれ想い出があると思いますが、ワタシの場合、この曲を聴くと決まって思い出すのが、大学の卒業の時と、最初に就職した会社の新入社員研修なんですよね。ワタシの場合。
 とにかく、約1ヶ月間研修所にカンヅメにされて、イヤでイヤでしょうがなかったあの時が脳裏に浮かんでくるんですよねぇ。あれから21年かぁ・・・。
 イヤだ、イヤだ思いながら、サラリーマン、21年もやってるのね、ワタシ。  あの時を考えると今が信じらんないねぇ。

 でも、この曲は、すごかった。インパクトの塊だったですね。まずもって、意表を突かれるって言うのは、このことか・・って言うくらいのインパクトだったな。最初聴いた時。
 NOKKO。いわずと知れた、あの「レベッカ」のボーカリストですよ。
 当然、ワタシの頭の中には、「レベッカ」のイメージしかなかったんですよ。
 そのつもりで聴いたら、いきなりイントロの部分のストリングスが勢いよく入ってくる。その先も、およそ、ロックのイメージには程遠いような、クラシックの歌曲をイメージさせるような荘厳な展開。

 これは、また、筒美氏に一本とられた・・・って、まず、思ったなぁ。たぶん、筒美氏は、NOKKOのボーカルをクラシックのオペラ歌手に例えたんぢゃないかなぁ・・。そんな感じがしますね。
 それにくわえて、テイトウワ氏のアレンジがまた、すごいんだよね。このストリングスの音色を中心としたシンセサウンドは、テイトウワならではのものでしょう。

 兎に角、「衝撃的」といういみで、完全に打ちのめされた1曲でした、ワタシにとっては。

 この曲は、フジテレビのドラマ「時をかける少女」の主題歌でもあったんだよね。
 さいきん、とんと見かけなくなった、内田有紀が主演だったようですが、さすがにワタシは、見てなかったなぁ。。。
「時をかける少女」は、原田知世でしょ。。。。
 で、このドラマについて調べてたら、コレに安室奈美恵も出てたんだってねぇ。。。。「TRY ME」でのブレイクの丁度1年前だ。当然、SUPER MONKEYSの頃だね。ちょっと驚き。
 調べてみると、結構、覚えていないところで、「え? あのヒトが??・」って言うのがありますねぇ。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード