かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

JUJU

【キニナル曲】What You Want / JUJU

2015_11_What You Want_JUJU











・タイトル     What You Want
・アーティスト   JUJU
・作詞       JUJU  AKIRA
・作曲       UTA   Sonomi Tameoka
・編曲       UTA
・リリース日   2015年11月18日
・発売元     ソニーミュージックアソシエイテッド
・タイアップ   日本テレビ系ドラマ「偽装の夫婦」主題歌

 これまでのシングルのリリースパターンからすると、今回は「歌謡曲路線」かな? と思ってたJUJUだけど、予想外なビートナンバーを持ってきたなぁ。
 ビートナンバーと言ってもドラムンベース的なヘヴィーなビートではなく、音的にはかなりスカスカ。イメージ的にはパッと聴き、夏場の「PLAY BACK」の延長線的な曲か・・・なんても思ったんだけど、Bメロのメロディラインから考えが変わった。
 うーん、このBメロのメロディライン、どっかで聴いたことがあるんだよなぁ・・・。悔しいけど、思い出せない。
かなーり昔なんだよな。うーん、なんて言うのかな、コトバたらずに書いてしまうと70年代的。
この曲の

C⇒G⇒B⇒Em7

っていうBメロのコード進行の響きがねぇ、なんか懐かしいんだよな。特に、C⇒G⇒B っていうルート和音の流れの響きがねぇ、どっかで聴いたことあるんだよなぁ。。。。単純なコード進行なんだけど、何処かアバンキャルドというかサイケデリックな響きでさあ。

 その流れでサビに入っていく。 だから、「PLAYBACK」的なイマドキのEDMサウンドというよりも、懐かし路線のような印象が強いなぁ。この曲は。

某音楽サイトに、ヨーロッパのキャバレーのようなきらびやかなPVとあるけど、曲のイメージはそうね。
でもさ、キャバレーっていうコトバは、正直、イマドキのコトバじゃないんじゃん。そう言うイメージからして、どうしても60年代とか70年代的なイメージが先に立ってしまう。

でもね、JUJUってヒトは、そう言うイメージが合うんだよねぇ。

アイドルばっかで、「お水」なイメージのアーティストが富に減ってしまった、昨今の日本の音楽シーンにあって、昔ながらの「お水」系が似合う、数少ないアーティストだからねぇ、JUJUってヒトは。
個人的には、この路線でもっとエキサイトしていって欲しいんだけどなぁ。


ちなみに、今回のシングルのc/wで、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」をジャズ風にアレンジしてカバーしてるけど、これはもうひとつかなぁ。。。 今一つ中途半端な気がして。。。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

【キニナル曲】夢見るシャンソン人形 / JUJU

えー、CMを見てて気になっちゃったんで、「キニナル曲」のカテゴリーに入れちゃったんだけど、まだ、CDとしての正式リリースは無い曲です。

夢見るシャンソン人形 / JUJU

先日から、セブンIホールディングスのCMで流れてるこの曲、ま、オリジナルは、みなさんご存じのFrance Galさんの「Poupee de cire,poupee de son」(邦題 夢見るシャンソン人形 1965年)

↓ コレ




うわっ、これ下敷きにした曲、日本のヒット曲にゃ、いっぱいあるよね・・・っていうメロディライン、サウンドなわけで、この曲のカバーなんだけど、これが面白い。

個人的に次の狙いはココだ・・・と思っていたことが、ズバリ、どん嵌まり って感じなんだよなぁ。


いやね、ここんところ日本のヒット曲界はEDM流行りじゃん。なんかねぇ、みんな右向け右のような感じがするんだよね。
 で、次、これに代わるものは・・・という事で考えると、意外に「フレンチポップス」なんじゃないかねぇ・・・なんて思ってたりするんだよな。

 ま、日本でも60年代〜70年代にかけてフレンチポップスが大流行り。この時代の日本の「歌謡曲」はフレンチポップスを下敷きにした曲が多いわけで、必ずしも「ニューアイテム」じゃないんだけど、でも、今聴くと、逆に新鮮でオシャレな感じがするんだよなぁ。原点回帰っていうかさあ。

 今、フランスでは、クールジャパンということで、日本アニメ、それも昔のアニメの曲が受け入れられているってことなんだけど、それはさ、昔のアニメ曲がヒットした時期には、少なからずフレンチポップスの要素が多分に含まれているからで、だから、言って見ればフランスのヒトに受け入れられやすいのも当然なんだよね。言ってみれば「お里帰り」なわけでさ。

 逆に、日本人もフレンチポップスが生理的に好きなんだよね。あの独特の濡れた感じのするサウンドであったりメロディラインが、日本人の感情にマッチするんだろうなぁ。季節感もマッチするというかさ。
 だから、本来であればアメリカンな特にウエストコーストの乾いた風のような音楽よりも、フレンチポップスの方がマッチング(相性)は良いんじゃないかなぁ・・・なんて思うわけなんだよね。


 そこに来て、JUJUがこのフレンチポップスの体表曲をカバーするというわけで、思わず聴き耳を立ててしまったわけなんですわ。
 
案の定面白かったわ。ま、ポップスというよりも、ぱっと聴き、G.S(グループサウンズ)を彷彿させるようなガレージさなサウンドなんだげとさ。 ただ惜しむべき事は、JUJUが歌っているように聴こえないことかなぁ。

でも、正直、今ヒット中の「WITH YOU」っていうシングルよりかは、面白いと思う。

JUJUって、去年の「ラストシーン」に引き続いて、今年も秋口に「歌謡曲」路線を持ってきてるんだけど、正直、歌謡曲路線も、似たような切り口の感じが否めなくなってきてるんだよね。
 でも、「なんでもやる」っていうJUJUの保守的ではない態度は好きだし、だから、このフレンチポップス路線は、新たな試みとして、もっと本格的にやってほしいなぁ、なんて思うわけなんだよね。
次あたりのシングルではタイトル曲でやってくれないですかねぇ。


えー、↑で書いたように、この曲は現状、CDにはなっていないけど、先週、i-tunesやmoraなど、ネットでは配信開始になったようなんで、そちらからは聴けますね。

CMはコレ↓

https://www.youtube.com/watch?v=aJjxcJpk8SE&feature=youtu.be



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

【キニナル曲】PLAYBACK / JUJU

2015_07_PLAYBACK_JUJU










・タイトル     PLAYBACK
・アーティスト   JUJU
・作詞       JUJU , AKIRA , 為岡そのみ
・作曲       UTA
・編曲       UTA
・リリース日    2015年7月8日
・発売元      ソニーミュージックアソシエイツ


ここ何週間か、ラジオを聴いてても、「これっ!」って引っかかる曲が、あんまりなかったんだけども、久々に「ビビビッ」っときた曲があるんですねぇ。
それが、JUJUの「PLAYBACK」って言う曲。

ま、7月8日なんていう、コレ書いてる時点(6月21日)では、まだ・・・・えーと、何日先? 半月ほど先か・・・・リリースの曲なんだけども、すでにMVが公開されてたりしたんで、早速レビューっちゃったりしましたわ。

前の曲、「Hold me,Hold you」の時も書いたんだけど、ここのところ、このヒトの曲っていうのは、毎回、曲調も雰囲気もガラリと変わる、振幅の大きな展開を見せてきているんだけども、今回も、これまた、全く予想してなかった曲調を持ってきたな。

はっきり言って、「JUJU」の新曲・・・なんて注釈を入れなかったら、だれが歌ってるのかさえもさっぱりわからないと思うわ。

 そういう展開・・・・個人的には好きだわぁ。 

ま、人によっては「自分を持ってない」とか書かれるんだろうけどさあ。でも、「またか!?」って思われるよりいいよね、アーティストとして。

 やっぱ、常に新しい何かを模索するのがアーティストだと思うしさ。そう言う意味で、JUJUってヒトは、前向きな姿勢をいつも受けるし、アーティストだよね、このヒトは。


JUJUってヒト、方向性からすると、クラブ系ジャズとJ-POPの融合的な曲が基本だよね。その系統が一番、このヒト本来の味が出てると思うし。昨年の「Brand New Days Will Love You」のイントロ部分なんて、絶品だったもんなぁ。

 そこから比べると、今回の曲は、180度イメージが違うぞ。 こりは、クラブ系はクラブ系でも、今風のEDMなポップナンバーだわな。JUJUと言うよりも、安室奈美恵が歌っていそうな。。。

 そそそ、音からして、これはエイベックス的なんだよね。 それを、ソニーのJUJUがやるってところが面白いわな。

はっきり言って、これは、J-POPというよりは、完全に「向こうの曲」だよね。この無機質感といい、抑揚のないメロディ展開といい。 これまた、なんの注釈を入れなかったら「向こうの曲」だよね・・・って感じるほど。
 ま、歌詞が日本語なんで、完全な向こうの曲とは思わないだろうけど。。

それじゃ、もちろん、作曲も向こうのヒトだよね・・・って思うと、さにあらず。これが日本のヒトなんだよな。
ま、むろん、クラブ系界隈のヒトなので、このテのサウンド、メロディはおてもののようなんだけどさ。

 昔から、日本人は向こうのモノを取り言えるのが上手だし、それは、音楽の世界でもそうなんだけど、でも、こと音楽の世界は、向こうのモノは取りいれるけど、日本人の風土、文化に合わせて、おいしいところだけをぎゅっと濃縮し、日本的な味付けをして・・・っていうのが、これまでの常識だったんだけどね。
 この曲みたいに、完全に向こうのコピーっていうイメージのメロディラインには驚きますわね。

 じゃ、どのあたりの曲を下敷きにしてるの? って言われるとちょっと弱っちゃうんだけどさ、でも、クラブ系のNON STOP MIX系TRACKのどっかに含まれていたようなメロディラインだよなぁ・・・なんて思っちゃいますねぇ、まずは。

 最近、「生業」でこのテのクラブ系のNON STOP系メドレーの楽曲調査の機会が多いからさあ。どうしても、このEDM系の無機質なサウンドが脳裏に残っちゃってるんだよなぁ。
 おそらく、だから、条件反射的に引っかかっちゃったのかも・・・この曲に。  「あ、また、仕事か・・・」と

 
・・・・などと、回りくどい事をツラツラと書きましたが、この曲、端的に言って悪い曲じゃないと思いますよ。 
むしろ面白いよなぁ。
 ↑でかいたように、これまでのJUJUには、全く無かったようなイメージ・・・手触りだしさ。 
公式のレビューでは、、「昨年の「HOT STUFF」に続くアップチューン」なんて書かれてるけど、同じアップチューンではあるけど、手触り感はまるで違う。
 「HOT STUFF」はもっと下世話だったもの。(個人的には人間味があって好きだったんだけども)
何度も書くけど、この曲は、まるで無機質だし、「HOT STUFF」のような重量感も感じない。軽いんだよね。

 でも、この軽量感が、これからの季節にはぴったりですねぇ。 MVのようにビーチや、DRIVEしながら聴くといいだろうなぁ。 とどのつまるところ「◎」
 
 ジャケ写は、ちょこっと「ケバケバしい」気もするが。。。。






よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

【キニナル曲】 Hold me,Hold you /JUJU

2015_02_Hold me,Hold you_JUJU











・タイトル    Hold me,Hold you
・アーティスト  JUJU
・作詞       Kenji Tamai
・作曲             Kanji Tamai  Rui Momota
・編曲              Kanji Tamai  Rui Momota
・リリース日    2015年2月11日
・発売元         ソニーミュージックアソリエイテッド
・タイアップ: 映画「娚の一生」主題歌

個人的に、JUJUってヒトはデビュー当時からずっと追いかけてきているヒトだし、
好きなんだよね。

 まあ、このヒトが最も得意とし、歌唱的にもこのヒトの本領をするのは、R&B系であり、アシッドジャズではあるけど、それに縛られず、どんなジャンルの曲でも貪欲にやるじゃん。
 昨年だけでも、春のシングルの「Hot Stuff」ではロック、秋のシングルの「ラストシーン」では昭和歌謡・・・と、常に違った曲調にチャレンジするところが好感が持てるんですよ。それでいて、どんな曲でもそこそこ以上のクオリティであるし。


 さて、今週水曜日にリリースされた、新曲「Hold me,Hold you」。

これまた、前曲「ラストシーン」とは大分異なった、春向けのポップチューンですな。
メジャー系の展開は、春の心地いい風を感じるし、それいえに温度感も「春」ですわ。


ただ、どうなんだろ? 春の温度感って「暖かさ」は感じるんだけど、夏の「暑さ」、冬の「寒さ」から比べると、インパクトが少ないだけあって、曲全体のインパクトとしては、前曲の「ラストシーン」よりは弱いかなぁ・・・とも思う。

サビの部分も、あれ? どっかで聴いたことあるメロディラインだなぁ・・・とか。


うーん、気になってずっと考えてるんだけど、どうも出てこない。

・・・あ、そうそう、上戸彩の「笑顔のままで」って曲。あれも「春」、今の頃の曲で、曲の温度感が似てるんですけど。。。そうでもないかな?


 いずれにしても、インパクトが今一つ弱いこともあってか、CDのデイリーランクも、ネット配信ランクも前曲「ラストシーン」よりは、動きがイマイチですねぇ。
 
まあ、映画の主題歌と言う事もあり、「繋ぎ」的な曲なのかもしれないな。このヒトの今年の勝負曲は、次辺りになってくるんじゃないかなぁ。




>にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村

記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード