かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

JAL

LOVE SONG / CHAGE&ASKA

1992_04_LOVE SONG_CHAGE&ASKA


今回の1曲セレクトは、「LOVE SONG」CHAGE&ASKAです。

まずはデータです。

・タイトル     LOVE SONG
・アーティスト   CHAGE&ASKA
・作詞       飛鳥涼
・作曲       飛鳥涼
・編曲       飛鳥涼 十川知司
・リリース日    1992年3月25日
・発売元      ポニーキャニオン
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   49.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1992年4月13日〜6月1日付
・タイアップ:JAL「'92沖縄キャンペーンソング」

さてさて、本日2曲の1曲セレクトですわ。
ここんところ、週末のみ書いている訳なんだけどね。書こうと思っている曲が完全に枯渇している訳ではなく、ちょびちょび浮かんでは来ているんだけど、平日は疲れちゃってねぇ。。。。
家帰ってきて即バタンキューに状態が続いてるんで、こうして週末まとめて書いてたりします。

産みの苦しみ・・・とまで大げさなもんじゃないけど、1日2曲書くのも結構キツイんだけどね。2曲目になると頭冴えないし、眠くなってきてるし。。。
やっぱ、年取って来て、眠くなるのが早くなってきてますねぇ〜 今回も、半分眠い頭で書いてたりします。。。


・・・というわけで、本日2曲目の「1曲セレクト」はこれ。

CHAGE&ASKA 「LOVE SONG」

この曲、以前書いたと思ってたんだけどねぇ。 過去のアーカイブを検索してみたら、どうもなさそうなので。。。
まあ、チャゲアスの曲自体、それほど書いてないんだよな。

チャゲアスは、「SUPER BEST」、「機廚癲岫供廚盪ってるし、だから印象に薄いアーティストでは決してないんだけど、どうも、曲をレビュるのが難しいんだよな。 特に、キャニオンに移籍してロック色が強くなった以降はさ。
「SAY YES」などの超ド級ヒットも多いんだけど、なかなか筆が進みづらい・・・と。 曲自体の印象は薄くないんだけど、レビューを書く上で「ココ」っていうポイント、フックの部分がなかなか見つからないって言うのが原因なんだろうな。

今回は、そこを押して引っ張ってきたんだけども。

「LOVE SONG」

チャゲアスファンならば、常識な事ではあるけど、この曲は、当初はデビュー10周年アルバム「PRIDE」に収録され、1989年にリリースされた訳なんだよね。
 同時にシングルカットもされたんだけども、その時はオリコン最高20位、売上げ3.2万枚とそれほどのヒットになっていない。 まあ、アルバムからのシングルカットでしたからね、大ヒットしなくても不思議ではなかった訳だけど。

ま、これ書いてる当の私も、89年当時は知りませんでしたから。。。。

だから、個人的には、この曲言えば、再リリースされた92年盤での「LOVE SONG」と言う事になる。

今の時期、この曲を書いてる・・・っていうのも、その影響が強いんだよな。 うん、当初の89年盤はリリースが6月でしたからね、今の時期のヒットではなかったんだよね。

92年リリース盤は、3月25日リリースで、丁度今頃、ゴールデンウイークの頃がヒットのピークだったんだよね。
オリコンでも1位を獲得。ただ、売り上げ枚数が50万枚っていうのはどうなんだろ?
前年の「SAY YES」の280万枚は別格として、前曲の「僕はこの瞳で嘘をつく」の80万枚をも下回ってたりするんで、個人的にはそれほど、「売れたな」っていう印象は少ないんだけどさ。

まあ、前年からの勢いって言うのもあったし、なによりも当時は時代の寵児的なアーティストでしたからね、オリコン1位獲得ってのは当然な動きではあったけど。。


ところで、ネット上探してみると、結構いろいろなブログで書かれてるけど、この曲というと、Aメロの部分の歌詞の内容だろうなぁ。

♪ 聴いたふうな流行りに紛れて 僕の歌が痩せ続けている
  安い玩具みたいで君に悪い
  酷いもんさ 生き様ぶった 半オンスの拳が受けてる 〜 ♪

って部分。

ま、この曲が最初にリリースされた89年当時のヒット曲界のことを、リアルタイムで知ってる方には、「ははん」って言う内容なんだけどさ。

うん、これは、当時のヒット曲界を「皮肉った」内容・・・っていうのが通説なんだよね。

この曲が「当初」リリースされた89年当時の音楽界といえば、言うまでもなく空前の「バンドブーム」。
いわいる「イカ天」から火がついたバンドブームですわな。 でもねぇ空前なバンドブームということで、青田刈りも酷いもんでさ。
「え? こんなんでもデビュー出来るの?」っていう言っちゃ悪いけど、かなりレベルが低い、「イモ」なバンドでもCDリリース出来たし、しかも、そこそこ売れたって言う状況があったんだよね。

それを皮肉った歌詞がこの部分というわけだ。

「半オンスの拳」 ⇒ 中途半端なレベルが低い曲  

「受けてる」 ⇒ヒットしている

こんな状況の中、 自分の歌も同じように中途半端な状況下にある・・・ そう言った事を「激白」した内容であると思うんだよな。

まあ、こういう皮肉りな歌詞をかけるのも、 それまでの自分たちが築いてきたキャリアがあったからこそ・・と言うのもあったんだろうし、 当時のバンドブームの当事者たちの音楽に対する姿勢っていうのも中途半端に映ったんだろうね。

果たして人生をかけて音楽をやってるのか、はたまた一時のトレンドとして音楽をやっているのか。

恐らく、後者に映ったんだろうな。

それまでのアーティスト・・・70年代、80年代からアーティストとして第一線で活躍してこられてきたヒトたちって、人生をかけて音楽をやってきている訳ですよ。

でも、89年当時のバンドブームの人たちって、そこまで人生をかけて音楽やってるように映らなかったんだよな。それは、あくまで第三者と見ていたワタシにも感じた。
ダメならやめればいいじゃん・・・って言う一時のトレンドとして音楽をやっているような・・・。 ファッションとしての音楽だよね。
そこにカチンに来たんじゃないのか・・・ってことですね。

自分たちは人生をかけて音楽をやって来たんだっていう自負、まさに「PRIDE」なんですよね。
そそそ、この曲が最初に収録されたアルバムタイトルですわ。

だからさ、この曲「LOVE SONG」っていう、如何にも恋愛ソングのようなタイトルがついてるけど、実際的には恋愛ソングではなく、逆に他のアーティスト・・・まあ、当時のバンドブーム当事者たちだけど・・・に対しての「宣戦布告」とまでは行かなくても挑戦的な曲なんだよね。半分喧嘩を売っているようなさ。
「なんか文句あっか」と言わんばかりの。。

ま、実際的にストレートにそんな事正面切って言えないからさ、曲はその内容とは対照的に、かなり平和的なメロディラインになったんだろうけどね。いかにも「恋愛ソング」って言うオブラードに包んだようなさ。




個人的には、今と言う時代にこそ、この曲を推したい気分なんだよなぁ。
だってさあ、今のヒット曲って、ほとんどが、この曲風に言えば「半オンスの拳」のような曲ばっかだもん。

まあ、残念ながら、ASKA氏が「こういう事」になって、大々的に表に出すことも憚れるんで、なかなか言いにくいんだけどさ。。。

だからね、今、この曲のように、今の音楽に対して「NO」を突き付けるような曲が出てきたら、恐らくもろ手を上げて賛成するんじやないかな、ワタシなんかはさ。

もちろん、その曲自体、完成度が高い曲であればの話だけど。。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

浪漫飛行 / 米米CLUB

1990_05_浪漫飛行_米米CLUB 







今回の1曲セレクトは、「浪漫飛行」米米CLUBです。

まずはデータです。

・タイトル    浪漫飛行
・アーティスト  米米CLUB
・作詞      米米CLUB
・作曲      米米CLUB
・編曲      米米CLUB  中崎英也
・リリース日   1990年4月8日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数  107.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1990年4月16日〜7月23日付
・タイアップ:日本航空 「JAL沖縄キャンペーン」CM曲

ゴールデンウィークですねぇ。
ま、ワタシメと言えば、休みはカレンダー通りなんで明日は仕事な訳で、それほどいつもの週末と変わらぬ生活となってたりするけど、人によっては10連休の真っただ中って言う方もいらっしゃるんでしょう。
いいですねぇ、10連休なんてさあ。。夢ですね。

・・・そんなもんで、今年は特にどっかに行こうか・・・と言う予定は無し。明後日からの後半戦も家でゴロゴロ生活をすることでしょう。
去年は、サザンのライヴを見に、新潟までドライブがてら車で行った訳で、ゴールデンウイークらしい休日を過ごしたんだけどね。


・・・・ということで、今回の1曲セレクトは、ゴールデンウイークらしい曲を持って来ましょうか。

米米CLUB  「浪漫飛行」

うーむ、こんな「大ヒット」曲、昔のmixiで書いてた頃も含め、昨年も書いてなかったんだな。 まあ、米米CLUB自体、今まであんまり書いてこなかったんだけどさ。
 mixiで1曲セレクトを書いてた頃は、きっと90年代の曲って事で、書かなかったんだろうな。あの頃は、あくまでマイミクさん優先で書いてたから。

いまは、そう言う縛りは考えないで書いてるんで、今回はセレクトして来ましたわ。

この曲、1990年のJAL「沖縄」キャンペーンソングとして、90年の4月リリースなわけだけど、そそそ、あくまで90年のゴールデンウイーク向けのキャンペーンソングでしたね。

でも、実際にはゴールデンウイークどころか、その後も延々とロングヒットし夏休みに入る頃までベストテン入り・・・なんて米米CLUBとしては、もっともロングヒットした曲になってもんなぁ。

 売り上げ的には、92年の「君がいるだけで」が289万枚なんていう訳の分かんない売り上げを記録した訳だけど、ロングヒットと言う意味では、この曲の方が上だった訳で・・・。

だからね、個人的には「君がいるだけで」よりも、こちらの曲の方がはるかにヒットしたっていう印象が強いんだよね。

まあ、曲もよかったからね、この「浪漫飛行」は。
それまでの米米特有なビート感と、コミックソングとも取られそうなギリギリなおふざけ感は無く、あくまで「正当派」な曲調だったわけだけど、

・曲展開が分かりやすい 難しくない
・キャッチーなメロディ

っていう、いわいる「ウレセン」特有の展開に加えて、爽快感があったからなぁ。タイトル通り、真っ青な空を飛んでいるような爽快感。
併せてリゾート感っていうのかなぁ、青い空と降り注ぐ太陽。まさに「沖縄」っていうキャンペーンソングにはピッタリな曲だったからねぇ。

おりしも、個人的にも、大学入学したまさにその頃だった訳でさ、この曲がヒットしていたのは。
自由を感じたんだよなぁ、この曲を聴いて。 
それまで、(人に比べて)長い事受験っていう呪縛状態の中にあったからさあ。 この曲を聴いた時は、それまでの呪縛の緊張感から一気に解き離されたような開放感を感じましたよ。

ま、たしかリリースされる、かなり前にはCMで流れてたと思う、この曲。
それを聴いて、その時から「あ、これは来る」っていう予感はありましたしね。

だから、実際リリースされて、オリコンで1位を獲得しても特段の驚きは無かったんだよね。当たり前というか、「あ、やっぱり」・・・って感じで。

ただ、ここまでのロングヒットを予想をしてたか・・と言えば、全然考えなかった・・・っていうのは本音だろうな。

それだけ大衆性があったんだよね。 丁度、カラオケボックス急成長の真っただ中の頃だったからさ。キャッチーで歌いやすいって言うのは大きかったんだと思いますわ。


ちなみに、この曲シングルは、カップリング違いの2種類あったというのは周知のとおりで。

C/W
・ジェットストリーム浪漫飛行
・そら行け!浪漫飛行

当時は、オリコン集計はCD番号毎集計だったんで、上記2種類で別集計になってたわけなんだけどさ。
ま、今だったら、合算集計になっていたんだろうな。
 で、まあ、一応上の売り上げ枚数も2枚合算にしてあります。

実際は、当時の売り上げとしては

・ 浪漫飛行/ジェットストリーム浪漫飛行 66.5万枚
・ 浪漫飛行/そら行け!浪漫飛行 41.4万枚

って感じだったんだけどね。

 だから実際的にはミリオンセラーっていうイメージは薄かったりしたんだけどさ、でも合算するとしっかりミリオンセラーだったわけでさ。、ただ当時は見慣れていなかった訳で合算表記にすると、いまで新鮮な感じがするなぁ。
 
私のランキングでは、当時から売り上げ合算にしてあったんで、だからオリコンに比べるとベストテンランクイン期間は長めになってたりするんだけどさ。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

シンデレラサマー / 石川優子

1981_06_シンデレラサマー_石川優子







今回の1曲セレクトは、「シンデレラサマー」石川優子です。

まずはデータでーす。

・タイトル     シンデレラサマー
・アーティスト   石川優子
・作詞       石川優子
・作曲       石川優子
・編曲       淡野保昌
・リリース日    1981年3月5日
・発売元      ラジオシティー
・オリコン最高位  10位
・売上げ枚数    33.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1981年6月29日、7月27日付
・タイアップ:JAL 81年沖縄キャンペーンソング

 関東地方も昨日梅雨入りして、早速ユウウツな雨ですねぇ。
だけどまぁ、気分だけでもサッパリしたいので、この曲を引っ張ってきましたわ。

 シンデレラサマー    石川優子

 はい、お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、一昨日紹介した、「ふたりの愛ランド」同様、JALの沖縄キャンペーンソングなんですねぇ・・・。

・・・・って、年代を3年前後して、同じく石川優子さんがキャンペーンゾングのタイアップだったんだよね。

ま、それだけJALさんは気に入っていたんでしょうね。それは、このヒトの声はきめ細かくて、ソフィケートされてて、リゾートミュージックには最適な声質ってのもあったからかなぁ。

 イメージは怖いもんで、やっぱり、石川優子っていうと、いまだに「沖縄」っていうイメージが未だにあるもんね。

 だけど、それと、ヒットするか否かというのは、また、別の次元でして、この曲、ベストテンにたどり着くまで、リリースから約4ヵ月もかかっているんだよね。

 かなり苦労した上でのベストテン到達。まあ、この曲リリースが3月5日でしょ。。。
 当然、まだ、リゾートっていう気分な季節ではないですわな。だから、これだけ苦労した末のベストテン到達って言うのもよくわかる。

 それだけに、この曲が「ザ・ベストテン」で初登場したときに、感極まって、涙して歌えなくなっちゃったのもよくわかるんだよね。

 
 曲は、ここまで書いてきたから、充分分かるように、ストレートでポップなリゾートミュージックですね。
 リゾートミュージックっていっても、まだ、時代が時代で、ちょっとあとのオメガトライブのような洗練されたシティミュージック感覚ではない。
 言ってみれば、夏向けのポップスですね。 ただ、夏向けのポップスと言っても、60年代のような湘南サウンドではない。

 時代は、80年代でしたからねぇ、「nonno」とか「anan」世代でも充分対応できるくらいの垢抜けさはもった、ポップスですよね。

 そう、どこか屈折した感のある「湘南サウンド」ではなく、一点の曇もない、真っ青な空の下をイメージさせるような透明感いっぱいの曲でしたよね。

 最初にも書いたように、このヒトのきめ細やかな声質もあいまって、イメージは、やっぱり、「透明」なんだよねぇ。どうしても。

 メロディラインは、とても素直。このヒトの人柄がそのまま出ているような感じですね。

♪誘われてTropical Dreamin' はじけるのTropical Dreamin' ♪

 なんて、めっちゃ素直なメロディラインだもんね。いまでは、ここまで素直な曲は、ついぞ見かけなくなりましたねぇ。

 ただ、インパクトという点では今一歩、絞りきれてなかったのかなぁ。
 これだ! っていう見せ場が少なかったのも事実かもなぁ。

 個人的には、この曲のベースラインが大好きだったりします。なんかウキウキしちゃうんだよね。

 
 このヒトは、YAMAHAのヒトだったけど、これだけ、「色」がない「透明」なイメージのヒトもあの当時のYAMAHAでは珍しかったんで無いのかなぁ。
 どこかしら「アク」のあるアーティストが集っているっていうイメージがあるんだけどねぇ、当時のYAMAHAには。
 だから、余計貴重だったんだけどね。

 ただ、ルックスもあいまって、当時、立ち居地は、若干苦労したんではないかなぁ。一見するとアイドルみたいだもんね。

 実際は、作詞、作曲ともに自分でやっちゃう、シンガーソングライターだったんだけども。。


 しかしなから、既に引退してしまったのは、惜しいことです。 
 また、暑い夏の日に、清涼剤的なウタを聴かせてほしかったのにねぇ。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

1984_06_ふたりの愛ランド_石川優子とチャゲ







今回の1曲セレクトは、「ふたりの愛ランド」石川優子とチャゲです。

 まずはデータでーす。

・タイトル      ふたりの愛ランド
・アーティスト    石川優子とチャゲ
・作詞        チャゲ  松井五郎
・作曲        チャゲ
・編曲        平野孝幸
・リリース日     1984年4月21日
・発売元       ラジオシティ
・オリコン最高位   3位
・売上げ枚数     43.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1984年6月11日〜8月20日付
・タイアップ:JAL 84年沖縄キャンペーンソング

 いやいや、今日は異様に蒸し暑いなぁ。そろそろクーラーが欲しい季節。。。。といっても電気代がかかるから、自宅ではもうちょい我慢かなぁ


午前中はASKAを書いた。・・・・とくれば、やはりもう片割れのチャゲの曲も書かないわけには行かないよね。

 ・・で、この時期のチャゲの曲って行ったら、やっぱりこの曲しかないですよ!

  ふたりの愛ランド   石川優子とチャゲ


 ま、厳密には、石川優子とのデュエット曲なんで、ソロではないんだけど、CHAGE&ASKAでのソロ活動の一環として・・といことでね。

 いやはや、この曲を聴くと、どうしても「夏本番」を連想しちゃう。かーーーーーっと照らす太陽と青い空と青い海 やっぱりこれだよね。この曲のイメージは。

 おりしも、この1984年って言うのは、史上まれに見る「猛暑」の夏でさあ、この曲っていうと、あの暑い夏の日を連想せずにはいられない気分になるんですよねぇ。

 曲を聴くだけで、汗がタラーと滴り落ちてきたりして・・。うんにゃ、ダイエットには最適な曲かも。。。

 とにかく、元気いっぱい、イントロの最初の音から、最後までインパクトだらけの曲ですよね。

 サウンドは、何サウンドっていうんだろうなぁ。ちょっと厚めのシンセと、シモンズのビシバシサウンドが全面にときおり湘南サウンドっぽいエレクトーンが入ってくる・・・というようないかにも「夏」のリゾート色が強い曲だよなぁ。

 極めつけは、サビのおなじみの

 ♪ ナツ ナツ ナツ ナツ ココナツ アイ アイ アイ アイ 愛ランド〜 ♪ の超キャッチーなメロディ。

 考えてみれば、ここのサビって歌詞には、ほとんど意味ないんだよね。だけど、それを補って余りある、キャッチーさだよねぇ。

 プラス、そのあとの間奏部分のエレクトーンのいかにも「湘南サウンド」っていう大胆さもよかったしね。

 ま、とにかく、最後まで聴き手を掴んで離さないって言うような曲の作りですよね。



 だけど、この曲が売れてきたのは、リリースから2ヶ月経ってから。
 ま、CMが浸透してきたというのもあるけど、やっぱり、暑さが本番になってきて、一気にヒットして来たって言う印象が強いなぁ。

 しかし、このヒットで、チャゲは俄然忙しくなったよね。「ザ・ベストテン」では、石川優子と別々の場所で2元生中継でで歌ったり、いろいろやってたよなぁ。
 
 ただ、ヒットさせるつもりはあまり無かったようで、戸惑ったのは、チャゲ自身だったようですよ。
 このヒットで、このじき飛鳥とはすれ違いがあったようだし、なによりチャゲアスのツアーとの掛け合いの中でのソロ活動だったようですからね。

 そういう辛さもあってか、この曲は、その後ずっと、封印されたままであるようですね。
 すでに石川優子も引退しているわけだし、永遠にこのコンビでは「生」では歌われない曲になってしまいましたねぇ。

 でも、個人的な記憶ではこの曲を聴くと、あの暑い、かんかんでりの太陽とまっ青な空の景色が浮かんでくるんですよねぇ。

 その風景、イメージ、大胆な音使いは、その後のマルチマックスにもいかされているような気がするなぁ。




音量が小さいんで、ボリュームを上げて聴いてね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード