かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

DEEN

このまま君だけを奪い去りたい / DEEN

1993_05_このまま君だけを奪い去りたい_DEEN

今回の1曲セレクトは、「このまま君だけを奪い去りたい」DEENです。

まずはデータなのだ。

・タイトル    このまま君だけを奪い去りたい
・アーティスト  DEEN
・作詞      上杉昇
・作曲      織田哲郎
・編曲      葉山たけし
・リリース日   1993年3月10日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数  129.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年4月5日〜6月14日付
・タイアップ:NTTドコモ「ポケットベル」CM曲

えー、久々に「土日」以外、平日に書いてる1曲セレクトどぇす。
本当は、仕事で疲れてるし、また週末に書こうかなぁ・・・なんて思ったりしてたんだけども、なんか、落ち着かなくてPCに向かってたりします。
実は、昨日書こうと思ってたんだよね。今回の曲。

DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」

いや、昨日、いつものごとく会社から「持ち帰り」の仕事を、東京FMでやってた「DEEN」特集を聴きながらやってた訳よ。
まあ、当然のごとく、この「このまま君だけを奪い去りたい」が流れたんだけどさ、ふと、「この曲書いたよなぁ」・・ってのが浮かんできて、おもむろに過去のアーカイブスを調べたら・・・

むむむむ、まだ、書いてないではないか

流石にねぇ、「ミリオンセラー」の曲を書いてないのは、マズイよね・・・って訳でさ、書こうと思ったんだけども、昨日は「持ち帰り」の仕事が終わんなくてねぇ・・・。今書いてる訳なんですわ。

本当は、別に書こうと思ってた曲があったんだけど、こっちの方が先かなぁ・・・なんても思った訳で。。。


この曲、DEENのデビュー曲なんだよな。デビュー曲にしていきなり130万枚近くのミリオンセラー。

うーん、これも当時の「ビーイング」ブームの恩恵の賜物って奴なんだろうなぁ。

そそそ、作家陣を見れば、一目瞭然な訳なんだけども、当時はビーイング系だったのよねDEENって。

93年の今頃、ビーイング系がもっとも勢いがあった頃だ。

そして、ワタシはと言うと、ビーイング系に最も「飽き飽き」としていた頃だ。  うむ、いつもながら「天邪鬼」なワタシだ。

たってさあ、ヒットチャート聴いてると、あれもこれもビーイン系一色でさあ・・・。 1位は週替わりでとっかえひっかえビーイング系だったし、流石に飽きるってもんですよ。

まあ、後年のエイベックス系、いや、最近のAKBグループを思っていただければいいか、当時を知らない方は。

プロデューサーの時代。

90年代を称してそんな風に言われるけどさ。 90年代後半は、小室やつんく♂がそうだったじゃん。 それに先立って、90年代前半はビーイング系だったわけだ。そそそ中心人物は総帥の長戸大幸氏。

あざとい売り方ではあったけどさ、曲はキャッチーだったんだよな、ビーイング系のどのアーティストも。
当時一大ブームだった「カラオケ」で歌える事っていうのが大前提にあったからねぇ。
ビーイング系の曲は、カラオケ受けが良かったからなぁ。

だから・・という訳でもないんだけども、前年の92年頃までは、個人的にもキライじゃ無かったんだよねビーイング系も。。。

でも濃い牛乳を毎日飲むと飽きる・・・っていうのと同じように毎週毎週、キャッチーで「濃ーい」サウンドの曲を聴いてるとさ、飽きる訳さ。

そそそ、ビーイング系の曲って一様に「濃い」サウンドだったからなぁ。

まあ、 当時ティーンエイジャーであれば、そんな「濃い」味付けの曲を、いくら聴いても「胃もたれ」しなかったんだろうけどさ、なんせ、当時既に23才にもなってたからさあ、 濃い味付けのモノを食べ過ぎると胃もたれをするようになってきていた訳さ。

そんな最中のDEENのデビュー曲ということもあって、正直言うと、ヒットの真っただ中の頃は、この曲、あんまり触手が伸びなかったんだよな。 今まで1曲セレクトで書いてなかったのは、そんな記憶が残っているからなんだろうなぁ。

もちろん、当時、全く聴いてなかった訳ではなく、例えばbay fmの「パワーカウントダウン」からエアチェックした音源を「たしなみ」程度は聴いてたんだけどね。 でもCDは手元に置いてなかったな、当時は。

だけんども、結構なロングヒットだったんだよね、この曲は。
リリースはこの年1993年の3月だったんだけども、最初はそれほどのヒットじゃ無かったんだよ。 
ドコモのCMで浸透してからじゃ無かったかなぁ。 そそそ「ポケベル」のCM。

うーむ、時代を感じますねぇ「ポケベル」よ。 いまや知ってる人しか知らない・・ようなアイテムだけど。。。
考えてみれば、あれから「四半世紀」だもんね。

・・・おっと話が脱線した。 ま、そんな訳で、この曲については、下位からジワリとランクアップするようなチャートアクション、いわいる「丘型」のチャートアクションを見せた訳だ。
ヒットのピークは、 リリースから2カ月が過ぎようとしていた、5月、ゴールデンウイークの頃だったもんね。 そそ、ちょうど25年前の今頃ですわ。
まあ、ロングヒットの典型といいましょうか、デビュー曲ならではのチャートアクションとも言えるんだけどさ。

そんなロングヒットが功を奏したと言いますかね、デビュー曲にしてDEEN最大のヒットとなった訳なんだよね。

余談だけども、この曲を皮切りにビーイングってやたらと長げぇ曲タイトルばっかになったんだよな。
まあ今にすれば、あれも一つの時代だったのかもしれないけどさ。



↑で書いたようにヒット当時、積極的にこの曲に触手が伸びなかったのは、ボーカルの池森氏への嫉妬心って言うのもあったのかもなぁ。
うん、同じ昭和44年生まれって言うのがあってさ。 このヒトの歌の「巧さ」に妬いてたっ中かねぇ。まあ、青かったのよ、当時のワタシは。

今聴くと、やっぱ良い曲なんだよな、この曲。


よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村

瞳そらさないで / DEEN

1994_07_瞳そらさないで_DEEN




今日の1曲セレクトは、「瞳そらさないで」DEENです。

 まずはデータです。

・タイトル    瞳そらさないで
・アーティスト  DEEN
・作詞      坂井泉水
・作曲      織田哲郎
・編曲      葉山たけし
・リリース日   1994年6月22日
・発売元     ビーグラム
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   103.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1994年7月4日〜8月29日付
・タイアップ:大塚製薬「ポカリスウェット」CM曲

 ナッツーな日が続きますねぇ。昨日は、ウチから10kmばかり内陸に入った、「牛久」で38.6℃とな!
38℃ねぇ・・・。体温より暑いんかい。。。
ここ何年も「冷夏」ってコトバも聞かなくなったよね。
 つい、二昔くらい前までは、今の時期になると、今年の日照時間は平年の何%・・・とか、なんちゃら、冷夏な夏が続いたのが、嘘みたいだな。
 やっぱ、地球は確実に「温暖化」なんだろーね。

でも、38℃で驚いちゃいれませんな。今から21年前の1994年にゃ、千葉で39℃って事がありましたから。。。
いやいや、よく覚えてますわ。その日、炎天下の中シロアリ駆除やってたから。。。。

 こういう日は、セレクトする曲も、夏の爽やかさいっぱいの曲をということで、そんな1994年の夏の大ヒット、DEENの「瞳そらさないで」なぞ、ひとつ。


 データにも書いたけど、この曲っていったら、当時のポカリスウェットのCMだろうな。
 随分、流れてた記憶があるぞ。 ポカリが、この曲で、対する、アクエリアスは、ミスチルの「innocent world」。。

あー、ポカリスウェットのCMが・・・  ↓ コレ



一色紗英ってどこいっちゃったんでしょ? 

それは、さておき、このCMのイメージが強いんだよね。この曲。
 青い空と、青い海・・・っていう。ポカリスウェットのボトルの色と同じの・・・。



 ちなみに 奇しくも、「瞳そらさないで」のDEENの池森秀一、「innocent world」のミスチルの桜井和寿・・。両曲のボーカルは、ワタシと同級生だったりして。。。ふらふら

 ま、偶然だけども。。。そういう意味で、1994年は、(あの年の)「25歳」が熱かったのです。(⇒ムリヤリ)


 DEENっていうヒトたち。うーん、まあ、正直言って、それまでは、好んで聴きたいとは、あんまり思わなかったヒトたちだったな。
 ビーイングっていう、「機構」のウラガワが既に、充分わかっちゃってたし、曲にしても飽きてた部分が強かったし・・・。

 ただ、この曲は、よかったね。

 だってさ、単純に、聴いててさわやかじゃん。夏の匂いがするじゃん。

 いろいろ書いても、ビーイングのヒトたちって、時たま、何のイヤミもない、いい曲書くからなぁ。。 コワイことですあせあせあせあせ
 

 やっぱさ、何だかんだ書いても、季節感のする曲には弱いワタシです。
 この曲は、今の時期じゃないと似合わないよ。そういう曲がいいね。

 で、運がいいことに、この年の夏は「猛暑」だったでしょ。もろ、「夏」っていう年だったからさ、余計、こういう、季節を感じる曲が引き立つわけです。

 うん、仮に、前の年の1993年のような「冷夏」な夏だったら、果たして、100万枚なんていう、ミリオンセラーに届いていたか・・・というと、ちょっと頭を傾げたくなるわけです。

 ヒット曲っていうのもそんなもんなんだよね。

 ビールとか、アイスクリームとかと同じでさ、その時の天候とか気候で売上げが左右される・・・っちゅうか、ウレセンが変わって来るもん・・・・だったんだけどね、ムカシは。。。


 今ですか?  まあ、頭がいいヒトが増えた(?)おかげで、そういうことも少なくなってきたんぢゃない?

 逆に言えば、「季節感」もなくなってきたけどね。。。淋しいことに。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード