かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

COME

すき / DREAMS COME TRUE

1994_11_すき_DREAMS COME TRUE






今回の1曲セレクトは、「すき」DREAMS COME TRUEです。

まずはデータです。

・タイトル    すき
・アーティスト  DREAMS COME TRUE
・作詞      吉田美和
・作曲      吉田美和
・編曲      中村正人
・リリース日   1994年11月4日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   59.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1994年11月14日〜12月19日付

 えー、渡辺美里の「すき」だと思った方、スイマセン。えー、香西かおりの「すき」だと思った方、スイマセン。。。
 ・・・なんて、どのくらいいるんだ? そんなヒトふらふら

 今回、引っ張ってきた曲は、DREAMS COME TRUEの「すき」です。

 うん、いいね。サッパリ、キッパリとしたタイトルで。ヒット曲は分りやすさが大事。
 タイトルで、うんちゃら、かにがし・・・と長ったらしくされるより、よっぽど分りやすいデスよ。

 でもさ、それに対して、この「曲」は、分りづらかったな・・・。
 分りづらかった・・・と言うより、難しすぎるんだよね。ワレワレ一般人にとっては。。
 これは、「プロ」のヒト向けの曲です。

 この曲、1音1句音外さずに、「完璧」に歌えるヒトが居たら、もう本当に尊敬しますよ。

 正直言って、譜面見るのも、嫌だもんね、真っ黒けのけ・・・であせあせ

bpm=66 の、まあー、いやというほどゆっくりした曲でしょ。いや、この場合は「ゆったりとした」と書いたほうがいいのかな。

 詞の内容的には、「一方的に振られちゃって・・・でも、すき」っていう切ない内容だよね。

 これを、このゆったりした流れで感情いっぱいに歌いこなす。これは、なかなか一般のヒトで表現するのは、難しいよね。

 うん、NHKの「のどじまん」には、向いてる曲かもしれん。うん、この曲完璧に歌えたら、まず、一発予選通過まちがいなしよ。


 難関は、 サビの後の

♪ すーーきーーーーーーーーーーー 〜 ♪

っていう、3小節にわたるロングトーンだよね。たかが3小節じゃん・・って思うのが曲者で、何分、bpm=66だからして、これが、普通の何倍にも思わせるような長さなんだわさ。

 しかも、ただ、伸ばせばいい・・・ってわけじゃなくて、途中に「メロディのくねり」を加えてるじゃん。

 これが余計、この曲を難しくさせているんだよね。

 よっぽど、腹筋が強くて肺活量がないと、これまで、伸ばして、プラス、くねらせたメロディラインは歌いこなせないよ。


 以前、譜面見ながら、口笛を吹きながら、曲を聴く・・・ってのが、ワタシのスタイルって書いたことあるんだけど、もちろん、この曲も例外じゃないんですわ。

 でも、これが難しくてね。あせあせ

 ワタシ、一応、中学、高校で吹奏楽部だったんだけど、ヒトより肺活量ないのよ。。。
 健康判断で肺活量測ることあるじゃん。看護士さんに「マジメにやってください」なんて、いっつも怒られるくらい肺活量ないの。ふらふら

 だから、ブラスは、結構地獄だったよ。ロングトーンがなにせ、苦手だったもの。
 大体、全体練習の最初にロングトーンから入るんだけど、ワタシ、トロンボーンの実音(=B♭)で30秒もロングトーン続かなかったもの。ふらふら
よくそんな奴が、高校のときにトップ吹いてたな・・・なんて思うと、チョット笑えたりするんだけど。。。


 そんな奴だから、この曲はマジで地獄。口笛とて、同じことで、まず息が続かないふらふら

 うん、キーは、それほど高くないんですよ。オリジナルでKey=Bで、一番高い音でBだから。だから、音自体は比較的出し易い。

 あ、いやいや、一箇所、フェイクする部分が最後にあるな。あそこは、High F#まで出さなきゃいけないから、ワザと1オクターブ下げなきゃダメなんだけども・・・。あせあせ

あ、逆にネ、この曲の場合、Keyはそれほど高くない変わりに、低音が比較的多いのよ。
 一番、低い音で、LowのF#・・・っつうことは実に3オクターブの音域使ってるんだよ、この曲。

 丁度マライヤ・キャリーが7オクターブの音域とかで話題になっていた頃で、それに対抗したのかどうか、兎に角、それまでの日本の曲にはあまり例が無いような音域の広さなんだよね。

 でね、高い音より、この曲の場合は、下のCの音より低い音を如何に、うまく響かせるか・・・ってのが、実はキモなんだよね。

 これが出来そうでできないんだから・・・。うん、口笛吹けるヒトは、曲にあわせて一回試してみ。この曲の難しさがよく分るよ。

 
 まあ、そういうことで、この曲は、如何にプロ向けの曲か・・・っていうのが分るんだよね。

90年代前半って、如何に「カラオケ」で歌ってもらえるか・・・っていうキャッチーな部分を全面的に押し出した曲作り・・・が基本になってたけど、時代的に、94年年末に近づいたこの当たりから、逆にいかにカラオケで歌いにくくするか⇒プロの曲作りにするか ・・・っていうのが、表面的になってきた時期だとおもう。

 ドリカムのこの曲もそうだけど、ミスチルも歌いにくかったもんねぇ。こちらは、キーが高いし、独特の音節の上、符割りは細かいし・・・で。

 そんな時代の象徴的な曲ですね、この曲は。


動画・・・・しかしさあ、なんで「ようつべ」にこの曲ないの。 しょうがないんで別のサイトにリンク。

http://www.dailymotion.com/video/x2vh3ub_dreams-come-true-%E3%81%99%E3%81%8D_music

やばい、これは圧巻 吉田美和さん、うま過ぎですわ。CDで聴いてるのと、ほとんど変わらぬピッチで生ウタ歌える人なんてそうそういないですよ。ウタが上手いと言われてるアーティストでもさ。

晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE

1992_11_晴れたらいいね_DREAMS COME TRUE






今回の1曲セレクトは、「晴れたらいいね」DREAMS COME TRUEです。

 まずはデータです。

・タイトル     晴れたらいいね
・アーティスト   DREAMS COME TRUE
・作詞       吉田美和
・作曲       吉田美和
・編曲       中村正人
・リリース日    1992年10月21日
・発売元      エピックソニー
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    68.5万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1992年11月2日〜11月23日付
・タイアップ:NHK連続ドラマ小説「ひらり」主題歌


来年春からのNHK「朝ドラ」のキャストが発表されたみたいですね。どうも、NHKも久々に気合が入ってきたようで、結構豪華な配役陣になったようで。ま、あとは、内容ですがな。

・・・といっても、一時視聴率低迷が囁かれていた「朝ドラ」もここ数年はずっかりV字回復してきましたからねぇ。
やっぱり、内容が良いんだろうな。

 しかし、朝ドラいったら、今回セレクトしてきた、ドリカムの「晴れたらいいね」。
92年の朝ドラ「ひらり」の主題歌だったよなぁ。 石田ひかりがまだ高校生役で・・・っていうと、遥か昔のような気がするけど、23年前なんだよね。

 それにしても、「ひらり」の主題歌だったら、ドリカムの「晴れたらいいね」が脳裏に浮かぶのは、ほとんどパブロフの犬状態ですな。

 だってさあ、あのころ見てたもの「朝ドラ」。 

 当時は、大学3年で、授業は午後からの「実習」だけだったんで、午前中はヒマこいてたからなぁ。

 相撲部屋が舞台だったよねぇ。当時「若貴ブーム」で空前の相撲人気だったからなぁ。。このドラマもかなり人気あったし、視聴率も30%以上あったなたしか。。。
 うむ、ビデオリサーチで調べたら、平均視聴率が36.9%だって。ふらふら そりゃ、人気あったがな。。。

 ところで、NHK朝ドラの主題歌も随分まえから、普通のアーティストが朝ドラの主題歌を担当するようになったわけだけどさ。
 で、いつも思うんだけど、なんで、「朝ドラの主題歌」ってなると、まあ、「歌謡曲」とまでは言わないけど、どっか、落ち着いた「和」テイストな曲になるんだろ?

 「ふりゃ」みたいな、ガンガンなロックテイストな曲はないんだよなぁ、これが。 まあ、そこは天下のNHK。注文が五月蝿いんですかね?
 いや、一回、そんなガンガンなロックな曲を朝ドラの主題歌に持ってくれば、面白いのにねぇ・・・とか思ったりして。。
 朝だけに、目も覚めるってもんですよふらふらふらふら


 うん、この「晴れたらいいね」もご多分に漏れず、ドリカムにしては、ちょっとトーンが落ち着いた曲だったもんね。
 まあ、他のアーティストに比べたら、「和」なテイストは、少ない方だとは思うけど。 
 それでも、この時期の「決戦は金曜日」に比べたら、アグレッシブ度は、低いでしょ?

 まぁ、その辺は「エルダー層」の視聴者が多い(っていうか多かった)、朝ドラとしては、「安心感」はあるんだろうけど。。。

 でも、逆に若いコたちにてっとは、やや物足りない・・・って感じるんですかねぇ・・・、コノ曲、オリコンでは1位は取ったものの、「決戦は金曜日」の売上げの半分しか行かなかったもんねぇ。

 うん、あのころのドリカムの勢いからすれば、当然、ミリオンセラーは確実だったはずなのに。

 でも、まあ、曲の内容的には、可愛らしかったな? 「晴れたらいいね」って言う具合で、とっても清清しい感じがして、ちょうど、今の季節の空気感には、ピッタリなところはあるよね。

 ところで、この曲、最後のインストのところで、一瞬フェイクするところあるじゃん。

 あれ? これどっかで聴いたことあるよな・・・と思いきや・・、B.Jトーマスの「雨にぬれても」と全く同じ仕掛けなんじゃん。。

 いや、待てよ。。。 「雨にぬれても」⇒「晴れたらいいね」 なんて、タイトルも掛けてるんか。。。

 とか思ったりして。。  いやドリカムって、こういう、誰でも知ってるうよな洋楽のフレーズを引っ張ってきたような曲がけっこう、あるんだよな。 中村氏の趣味なんでしょうか。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

LOVE LOVE LOVE / DREAMS COME TRUE

1995_08_LOVE LOVE LOVE_DREAMS COME TRUE



今回の1曲セレクトは、「LOVE LOVE LOVE」DREAMS COME TRUEです。

 まずはデータです。

・タイトル    LOVE LOVE LOVE
・アーティスト  DREAMS COME TRUE
・作詞      吉田美和
・作曲      中村正人
・編曲      中村正人
・リリース日   1995年7月24日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   248.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1995年8月7日〜10月30日付
・タイアップ:TBS系ドラマ「愛していると言ってくれ」主題歌


 この間のチャゲアス「SAY YES」で、今回はドリカムの「LOVE LOVE LOVE」と、立て続けにタブリルミリオンなスーパーヒットをもってきた、1曲セレクトですわ。

 この曲も、今まで引っ張ってきてなかった・・・って訳なんだけど、「SAY YES」も今まで、ワザと書かなかったって書いたんだけど、まあ、この曲もそうだね。

 もともと、この「1曲セレクト」って、今では「死角」に入ってるヒット曲っていうコンセプトで書き始めたっていうのも、いままで書いてきてなかったことの一つなんだけど、ホンネをいうと、みんな知ってる曲ほど、実は書くのが大変だったりして。。。

 ・・・っつうのも、みんな知ってるってことは、下手なことかけないっていうのがあるんだよねぇ〜。
 それと、それだけ曲に対する「世界観」が多様なわけでしょ。。 書くのが大変なのよ、そういう曲は。

 っつうわけで、まあ、あくまで、ワタシが感じてる事っていう、視点で読んでくだされ。


 ところでさ、先日の「SAY YES」は、なんでこんなに売れたのか・・って書いたけど、同じ事は、この曲でも感じるねぇ。

 え? 248万枚ですよ。いくら、あのころスーパーヒットを連発してたドリカムといえど、シングルでは、この曲だけが突出して売れてたっていうのは、どうも、やっぱし、気になるねぇ。

 ま、たしかに、この曲も、当時のTBSの金曜ドラマ「愛していると言ってくれ」の主題歌だったってところは、これは、見逃せないと思う。

 たださぁ、それだけで、ドリカムで2番目に売れた曲の倍以上も売れるかぁ? ・・・・っていうと、どうも疑問なんだよね。

 一ついえることは、「SAY YES」の時と、この曲の時の売れ方の「本質」っていうのは、、同じダブルミリオンでも、違うと思うのね。

 昨日も書いたように、「SAY YES」のころは、まだ、「バブル期」っていう「マクラ」が付くけど、この曲のころは、逆に「氷河期」よ。 そそそ、不景気。

 まあ、今も「不景気」だけどね。そういう意味では95年も同じような時代だったと思う。

 でも、なんで、こんなに売れてるの? ってことだよなぁ・・・。


  でさ、個人的に考えるのは、曲に対する「リスペクト」なんじゃないかなぁ・・・と思うわけですわ。

 まあ、簡単には「楽曲パワー」とか安易な単語で済ませちゃうんだけどさ。

 うん、95年ごろまでは、聴き手の曲へのリスペクトっていう感情があったと思う。それが、このころまでのスーパーヒットっていう現象なんだよね。

 でも、だんだんと、曲へのリスペクトから、アーティストへのリスペクトに変わって行ったんだよね。それが90年代後半。

 でもさ、それは、ワタシはちがうと思うの。 アーティストは曲ありきだと思うけど、曲はアーティストありき、なんて言えないと思うもの。

 なんか、その辺を履き違えているヒトが多いんじゃない? まあ、個人的な意見だけど・・・。



 ところで、ドリカムの中村正人氏って、「どこかで聴いたような曲」をお作りになるのが多いよね。
 ま、そう書くと、筒美京平氏もそうなんだけど・・・ふらふら

 たとえば、「晴れたらいいね」は、もろ、B.Jトーマスの「雨にぬれても」じゃん。

 この曲は、なーんか、少年隊の「君だけに」に感じたりしてふらふら

 いや、まてよ、少年隊の「君だけに」は、ビージーズの「若葉のころ」を下敷きにしているっていうことだから、もとを辿れば、この曲もそうなんかね・・・。

 いや、そんな気もするわ。 うん、・・・ということは、この曲を聴いて、いい曲だわぁ・・・と思っている方は、ビージーズの「若葉のころ」も聴いてみれば「いい曲だわぁ」・・・と思うこと、まちがいなし・・・だと思いまっすふらふら



ぱっと聴き簡単な曲に聴こえるんだけど、実は難しいよね、この曲。
この独特の「雰囲気」っていうのは、やっぱ、吉田美和のこのボーカルぢゃなきゃ出ないと思うな。

 ところで、ドリカムって元々3人ユニットだったってことは、よもやお忘れじゃないですよねぇ〜。
↑のPVでは3人写ってるけど、一人は誰? なんてさ 
 
え? なんで、2人になったかって?

まあ、いろいろあったんですよね、ドリカムも。。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
  にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

Eyes to me / DREAMS COME TRUE

1991_05_Eyes to me_DREAMS COME TRUE






今回の1曲セレクトは、「Eyes to me」DREAMS COME TRUEです。

 まずはデータでーす。

・タイトル    Eyes to me
・アーティスト  DREAMS COME TRUE
・作詞      吉田美和
・作曲      中村正人
・編曲      中村正人
・リリース日   1991年4月25日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   74.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1991年5月6日〜6月24日付
・タイアップ:フジカラー「SUPER HG400」キャンペーン曲

 印象的だったよね、この曲が使われたCM。フジカラーだったけど、青空の下、観月ありさが振り向くCM。

↓ コレ


 フジカラーのCMっていまでもインパクトが強いけど、昔っからCMは印象に残るようなインパクトの強さがあるものが多いようなぁ。
 
 CFの印象も強いけど、この曲の印象も強かった・・・。というより、まず第一印象が「オシャレ」だな・・と思ったなぁ。
 ドリカムって、この前の年にブレイクを果たしたわけだけど、個人的には、90年のブレイクは、それほど印象が強いもんではなかったな。
 曲調的にも、あの当時ヒットしてた、他のニューウェーブ系アーティストとそれほど大きく違うっていう印象もなかったし。そんなにオシャレな音楽だとは思わなかったんだよね。

 でも、この曲で、ガラッと印象が変わったんだなぁ。
CFのイメージそのままに、青空の下で聴きたくなるような、全くジメジメしていないカラッとした爽快感。新緑のこの季節にはこの季節感と温度感はピッタリだよね。
 
 何をしながらでも聴けるような、決してジャマしない、そよ風のように流れるメロディだし。(わ、ワタシらしくない、なに? この表現は

 それに、メロディラインも全然クドくないんだよね。シンプルですっきりまとまっているんですよ。
 それでいて、がっちり心を掴むようなキャッチーさっていうのかなぁ
 
 どうも、このあと、中期以降のドリカムっていうと、細かい音符と変幻自在に変化するリズムと、小難しいコード進行っていうイメージがあるんだけど、そういうところが全くないんだよね。
 まさにSIMPLE IS BEST、どこからとってもシングル向きってかんじの曲だよねぇ。

 ドリカムにとっては、シングルは、これが最初の1位獲得曲。
ま、実質、この曲がのちのちのモンスターメガヒットのきっかけとなったと言っても過言ではないよね。

 そういう意味でも、ドリカムにとって、大きなターニングポイントとなる1曲でっす。



あややや、いまではメンバーではなくなった方が、約1名。。。
ドリカムって元々3ピースユニットだったってこと、今じゃ知らないヒトも多いかなぁ。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード