かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

野村義男

キスを止めないで / 小泉今日子

1987_11_キスを止めないで_小泉今日子


今回の1曲セレクトは、「キスを止めないで」小泉今日子です。

まずはデータです。

・タイトル    キスを止めないで
・アーティスト  小泉今日子
・作詞      秋元康
・作曲      野村義男
・編曲      米光亮
・リリース日   1987年10月21日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数 12.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1987年11月2日〜11月23日付

ここのところは「秋」っぽい曲を中心に書いてきた1曲セレクトだけど、今回はまったく季節とは関係ない曲を持って来ますか。

きょんきょんの「キスを止めないで」。

いやー、でも、この曲覚えてる方ってどのくらい居りますかねぇ。1987年の丁度今頃、ヒットのピークだった曲なんだけども、何分、陰が薄い曲だからな。

・・・なんて思っているのはワタシだけかな  うむ、少なくともワタシは、この曲、当時あんまり「好み」ぢやなかったんだよね。だからそれほど熱心に聴いてなかったこともあり、今となっては、印象的に薄いんだよな。

 当時は大学受験の追い込み期ということもありーの、ほとんど受験には諦めを感じてたワタシでさえ、ヒット曲からは少し距離を置いてたからな。
 まあ、諦めてたと言っても、一応、「推薦」を取ってもらえたんで、そちらかばかりが気になっていた時期だったな、今頃は。(と言ってもその推薦さえ落ちちゃったんだから、よほどのダメダメボーイだったのだが。。。

いや、でも当時、大学受験だったっていうのは、言い訳かもしれないな。 そんな状況下でも、桑田氏の「悲しい気持ち」とか、当時大ヒットしてた、森川由加里の「SHOW ME」なんかは随分聴いてたしなぁ。

結局のところ、この曲、あんまり好みじゃなかったってことなんだろうな。

まずもって、イントロの「サウンド」からしてチープっぽい感じたんだよな。 なんか薄っぺらい音だったじゃん。
ちょっと間違えば、「デモテープ」 とか思えちゃうような。。
一応、ブラスなんかは生演奏なんだろうけど、打ちこみっぽいチープな音に感じたしね。そこからして、今一つ引っかからなかったんだよな、個人的には。

ま、一般的にもそんな感じだったのか、この曲売り上げも低調だったしな。一応オリコンで1位は獲得したものの・10万枚そこそこだったしね。ほとんどおニャン子のような売れ方だったんだよな。

そういえば、この曲、作詞が秋元氏だったんだっけ・・・。

ただ、詞に関して言えば、むしろ分かりやすかったような気がする。今に比べると全然ストレートだったし。
逆に、毒を感じない分、秋元氏の作詞っていうのが見えにくいかもしれないけど。。。

作曲は 元たのきんのヨッちゃんこと、野村義男氏

この組み合わせは、どこからどうひねり出しんだろ? みたいに、この組み合わせは少し話題になってましたけどね。

ま、野村のヨッちゃんについては、この曲の少し前にやってたオールナイトニッポン繋がりもあったし、秋元氏とも、同じくオールナイトから繋がりがあった(というか、それ以前に「なんてったってアイドル」も書いてたしな)わけで、だから、まったくの畑違いから組み合わさった・・・っていうわけぢゃなく、むしろ、当時のきよんきょん近辺のブレーンだった人たちで作られた曲だった訳なんだけどさ。

ただ、そんなキョンキョンブレーンだった人たちの曲が、個人的には引っかからなかった・・・ってことなんだよね単純に言えば。

やっぱり、ニューウェイヴの匂いが入ってきてたからなぁ、このころからのキョンキョンって。

いつも書いてるように、個人的には、当時、ニューウェイヴ系のサウンドって生理的にダメでねぇ、ちょっと引いてたところがあったんだよね。

 この曲の前の「スマイルアゲイン」からして、サウンド的にはそういう「気」があったんたけども、「スマイルアゲイン」も素直だったし分かりやすかったからなぁ。

でも、この曲は今一つ分かりにくかったんだよね。 ただ単に取っつきにくい・・・って言うのが前に来ちゃってたんだよな。



あれ? テレビのときはいつも「カラオケ」だったのに、こん時は、「生演奏」っぽいですね。
初めて聴いたような気がする。 音、厚くでいいじゃん。
そそそ、あの「カラオケ」が音がショボくて、個人的にダメだったんだよね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

モダンボーイ狂想曲 / The Good-Bye

1984_04_モダンボーイ狂想曲_The Good Bye






今回の1曲セレクトは、「モダンボーイ狂想曲」The Good-Byeです。

まずはデータです。

・タイトル      モダンボーイ狂想曲
・アーティスト    The Good-Bye
・作詞        橋本淳 野村義男
・作曲        The Good-Bye
・編曲        The Good-Bye 野口久和
・リリース日     1984年3月8日
・発売元       ビクター
・オリコン最高位  14位
・売上げ枚数     5.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 15位


 この間から、この季節でなにか1曲忘れてんな・・・と想いつつ過ごしてたんですが、先ほどトシちゃんをかいて、ようやっと思い出しましたよ。
 そう、そう、この曲を忘れてたんだ! いつ書こう、いつ書こうと想いながら、ついついヒットした時期を逃してしまったんだよね。

 ・・といっても、この曲は、オリコン最高14位で、しかもベスト100には、わずか6週しかいなかったから、4月のこの時期はすでに「下火」になってたんだけどね。まあ、勘弁してくだされ。

 この曲は、The Good-Byeの3枚目のシングル。 そのまえに、The Good-Byeって「誰」? って想うヒトもいるかなぁ。

 そう、「たのきんトリオ」のひとり、ヨッちゃんこと野村義男率いる4人編成のバンドですね。

Gutter 野村義男
Gutter 曽我泰久
Bass 加賀八郎
Drums 衛藤浩一

今の言い方で言うなら4ピースバンドですね。


 オーディションを重ねながら、前年9月に、満を持してのデビューのはずだったが・・・・、結局のところ、オーティションで選ばれたのはドラムの衛藤氏だけで、ほかは前々からオーディションを手伝ってベースの加賀氏と、元アンクで既に実績があったヤッチンこと曽我泰久氏との4人でデビューしたんだよね。
 まあ、この時点で、ちょっとグレードダウンだった・・・というかね。
 その予感が的中・・・・、結局、「ヒット」という点でもイマイチ、パッとしなかったんだよなぁ。
 やっぱり、印象が「ジミ」っていうのが先に立ってた気がするんだよね。

 デビュー曲の「気まぐれOne Way Boy」。これからちょっとすべったよなぁ。 まず、「バンド」である必然性が感じないんだよね。 この曲には。

 そういうわけで、個人的にもいまいち、積極的には・・・と思ってた、The Good-Byeですが、唯一、吸いこまれたのが、この曲なんだよね。

 モダンボーイ狂想曲(ラプソディ)

 曲は、この時代 80年代半ばを持ってしても、かなり懐かしい、ロカビリーっぽいノリの曲だったよねぇ。
 逆に、ワタシらの世代には新鮮だったんだよね。

 あの時期は、そのあと始まったネオGSブームも無かったし、逆に言うと60年代って言う雰囲気が一番「遠い」時期だったかもしれない。「84年」っていう確固たるブランド的な音(YAHAMA DX7の音色に代表されるように)が形成されてたからなぁ。

 そこに来て、いきなり50年代末期から60年代初頭のロカビリー風で責めてきたから。あの時代にしてみてはかなり新鮮な雰囲気があったんだよね。

 それでも、売れなかったんだよなぁ・・・・。

 やっぱし、どっか足りなかったんだろうね。それと、ちょっと冒険しすぎたか!?
 上でも書いたように、あの時期は「84年」な音が一番、ユーザーの触手を動かしたからなぁ。。。。

 はい、今となっても惜しい曲ですよ。 まあ、そういうこともあって、セレクトしてきてみたんだけどさ。


 しかしながら・・・・いつも動画リンクで使ってるYou Tubeにこの曲の動画が無いっ!
 しょうがないんで探してみましたわ・・・。

 あった、「中国」のサーバーに。。。。

http://www.kuwo.cn/yinyue/5287135/

なんせ、相手は中国なんで、運が良ければ繋がって曲が聴けます。。。。って感じで。。 申し訳ございませんが。。。もしろよろしかったら、と言うことで



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード