かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

都志見隆

ごめんよ涙 / 田原俊彦

1989_05_ごめんよ涙_田原俊彦








今回の1曲セレクトは、「ごめんよ涙」田原俊彦です。

まずはデータです。

・タイトル    ごめんよ涙
・アーティスト  田原俊彦
・作詞       松井五郎
・作曲      都志見隆
・編曲      船山基紀
・リリース日   1989年4月19日
・発売元    ポニーキャニオン
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数  30.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1989年5月1日~7月10日付
・タイアップ:フジテレビ系ドラマ「教師びんびん物語供彈臑蟆

 この間書いた郷ひろみ「バイブレーション」の中で、70年代の新御三家の郷ひろみのポジションと、80年代のたのきんの田原俊彦のポジションは同じ・・・って書いた手前、やっぱ、今回の1曲セレクトは、トシちゃんだよね。。。って考えてはいたんだけど。。。

トシちゃんの曲はこれまでかなり書いちゃったからなぁ・・・曲が無い。。。と思っていたら、うんにゃ、まだ書いてなかった曲があったぞ。。。とおもむろにセレクトして来ましたわ。

「ごめんよ涙」。

うーん、不覚だったかなぁ、オリコン1位獲得曲をまだ書いてなかったんだよな。
トシちゃんって、まあ、たしかに80年代のスーパースターではあるんだけども、こと「チャート」的には恵まれていない・・・っていうかね、オリコンで1位獲得曲が意外と少ない。この曲はデビュー以来36作目のシングルだけど、オリコン1位獲得は、この曲で12作目なんだよね。 しかも、この曲が最後の1位獲得曲・・と今んところなっていますわね。

そんな1位獲得曲を書いてなかったか・・・。なんて、トシちゃんの1位獲得曲って、実は他にもまだ書いてない曲がいくつかあるんだけど、それは、また近々に書きますわ。

この曲は、例の「教師びんびん物語」PART2の主題歌ってわけなんだけど、前年の「PART1」の主題歌「抱きしめてTONIGHT」がああいう形でロングヒットとなりーの、それまで人気に陰りが出て来ていたトシちゃん見事復活させたわけでさ、だから、この曲も、基本的な傾向としては「続・抱きしめてTONIGHT」って感じでしたわね。
この曲は「ラテン」系な色合いが濃い1作ではあったけど、下地としてはショービス系エンテーインメントの匂いがプンプンしてたからさ。 

まあ、「教師びんびん」の主題歌なら、やっぱこの傾向・・・っていうのは、第1作の「抱きしめてTONIGHT」で染み付いちゃってましたからね、聴いてるこちらとしても、「やっぱりな」なんて思いつつも、どこか安心出来たりしてね。
 その辺の安心感っていうのは、売り上げにも出てた様で、「抱きしめてTONIGHT」は、オリコン最高位3位 売り上げ枚数27.9万枚だったのに対して、この曲は、オリコン1位、売り上げ枚数30.4万枚と、前作を上回ってきたからなぁ。
 
この傾向には当時としてもちょっとびっくりしましたけどね。 普通「第1弾」が大ヒットした場合、「第2弾」となるとヒットはしても、第1弾を上回るって事はあんまりないですからね。

それに、同じショービス系な曲と言っても、全体的なインパクトとしては「抱きしめてTONIGHT」の方があったような気がしてたからなぁ。

でもまあ、それまで低迷してたレコード・CD売り上げも、1年でそれだけ回復したってことも言えるんだろうな。
うん、この曲の頃は、毎週オリコン見てても全体的な売り上げが回復してきたな・・・っていのうは、肌で感じてたもんね。

ちなみに、この当時のオリコン(ウイークリー)って一時のアイドル誌偏向の反省からか、ランキング資料や解説が一時的だったけど充実しててさ、毎週オリコン買うのが楽しみだったんだよな。


それにしても、ショービス系な楽曲に道が開けてきた・・・って感じだったトシちゃんだったけど、この手の曲は、この先続かなかったのが残念なんだよね。
 もしかしたら、第2の尾崎紀世彦氏になるのかな・・・なんて思ったりもしたんだけどね。(大げさ
やっぱ、この手の路線は本望じゃなかったんでしょうかねぇ。折角、この曲で84年の「チャールストンにはまだ早い」以来5年ぶりの30万枚オーバーを記録したのに結局チャート的には頭打ちだったもんね。

それにしても、最近のジャニーズは、このヒトのようなストイックな「エンターテイメンター」をめざすような奴は出てこないな。

動画・・・うーむ。ジャニーズ対策なのか、他サイトからのリンクが「無効」になっているものが多いようなので、直接、ようつべへリンク

https://www.youtube.com/watch?v=PgOzgmNqE64




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

地球をさがして / 光GENJI

1989_04_地球をさがして_光GENJI








今回の1曲セレクトは、「地球をさがして」光GENJIです。

まずはデータです。

・タイトル     地球をさがして
・アーティスト  光GENJI
・作詞       吉澤久美子
・作曲       都志見隆
・編曲       佐藤準
・リリース日   1989年3月6日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   47.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1989年3月20日〜5月1日付

ここんところアイドルに傾いてるなぁ・・・・と思いつつも、今回もアイドルです。。。
しかも、この間中山美穂さんの「ROSE COLOR」を書いたばっかなのに、またまた1989年です。。。

うーむ偏ってるなぁ・・・・っていうのは重々承知の上で、引っ張ってきちゃいました。。。

光GENJI「地球をさがして」

ジャニーズですが、この辺になると曲の好きキライもあると思うんで、興味がある方だけ読んでくだされ。

まあ、そう書いてるワタシも、光GENJIくらいになると、好んで聴いてたわけでもないんだけどね。
ただ、当時、ベストテン番組を見てると嫌でも聴いてましたからねぇ。 と・・・なると、どうしても曲も覚えちゃう訳で、そのうち、「時代」を語る上でのパーツの一つになっちゃったりするんだよね。

この曲も、正直、好きキライって言うのは別にして、なんか聴いてるうちら覚えちゃってたりした曲だな。

当然、長年、音源も持って無かったし。。。 当時、19才のワタシでしたが、流石に19才になってジャニーズじゃねえだろ・・・って感じだったしなぁ。 

 まあ、恥じらいの季節といいますか、ちょっと大人っぽく見られたい時期じゃん、この位の年代って。 だからね、一時アイドル・・・特に男性アイドルからは距離を置いてたんだよね。

大人になってたらよ、この曲の音源を購入したのは。年を取って来るとだんだんそんな「恥じらい」も無くなってくるしさ、なにより、チャートマニアの方たちと交流を持つようになると、意外と、みんないい年してアイドル聴いてたりするんで、ワタシもなんか心を許したっていうか。。。。

この曲は、マーチというか、行進曲っぽい曲調だったよな。間奏部分には、手旗信号の振りもあったし。

そうそう、その手旗信号の振りの時、バックにジャニーズジュニアが大勢出てきて、全員で手旗信号の振りをやったこともあったよな。

 後年、その中にSMAPのメンバーが居たかどうか・・・なんて、聞かれた事があったっけ。
うん、2002年のベストテン特番の時だわ。 実は前年の2001年のベストテン特番の時も、番組制作からいくつも質問が来て回答してやったんだよな。で、そんときの視聴率が良かったからかなんかしらないけど、次の年にも質問が来たのよ、しかも、前年に比べてかなりエスカレートした質問が。。。

で、上の質問も中にあったんだけど、分かる訳ねーよなぁ。 個人的に録画してたベストテンのVHSビデオも全部処分しちゃってた後だし。。。。(あ、でも今、ネットで探してみると実際に居たらしいね。。。)

この曲って言うと、なんか、そんなことがまずは頭に浮かんできたりして。。。。

ところで、ジャニーズと「地球〜」ってくると、なぜかフォーリーブスの「地球はひとつ」が頭に浮かんできちゃったりするワタシなんだけども、この曲はそのフォロワーって感じなんでしょうかねぇ。
 曲調は、フォーリーブスというよりかは、西城秀樹の「ホップ・ステップ・ジャンプ」の焼き直しって言うイメージなんだけども。。。

それと、前曲の「剣の舞」に引き続きいて、この曲もテレビバージョンと、レコードバージョンじゃ、曲の構成が違うんだよねぇ。
 
 ワタシは、テレビでこの曲を覚えた後、レコード音源を聴いたんで、この曲も最初戸惑うんだよな。なんか全然聴いたこともない歌詞で始まるぞ・・・とかさ。。。

「剣の舞」の時も書いたことなんだけど、やっぱし、この頃になると、レコードというよりもテレビ優先だったんでしょうかねぇ。 だからか、この曲あたりからレコード売り上げも下がってきた訳でね。流石に光GENJIもピークを過ぎたか・・・っていうイメージを感じたな、この曲では。
 ただ、ジャケ写を1週間ごとに替えて発売なんていう、今のAKBに通じるような「商法」でレコード売り上げを稼いだのは、この曲の次の「太陽がいっぱい」だったりするんだけどさ。。。
 


この時は、完全にバックがSMAPだったな。。。
・・・っつうか、ウタの前に「SMAP」紹介されてるし。。。
中居も木村も、ただのガキじゃんか。。。
いまじゃ、「ずぇったい」、見られない光景ですわな。。。。
(注、こんな事書いてたら、すぐに消されるかもしれないけど・・・この動画)


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

Jokeにもならない恋 / 三浦理恵子

1992_03_Jokeにもならない恋_三浦理恵子











今回の1曲セレクトは、「Jokeにもならない恋」三浦理恵子です。

まずはデータでーす。

・タイトル     Jokeにもならない恋
・アーティスト   三浦理恵子
・作詞       及川眠子
・作曲       都志見隆
・編曲       中村哲
・リリース日    1992年2月26日
・発売元      ポニーキャニオン
・オリコン最高位 10位
・売上げ枚数   4.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位

 昨日は1曲セレクトを書かずに、ゆっくり休ませていただきましたわ。やっぱねぇ、毎日書いてると煮詰まってくるんだよね。「あー、書かなきゃな」なんつう強迫観念のような。。。
「テキトー」にやれればいいんだけど、どうもキニナル性分で。。。 
でも、これからは週に何度か、お休みをいただこうと思っております。 うん、まだ書いてない曲も大分絞られてきましたしね。。。

しかし、寒いですね。ネットニュースの天気予報では「雪」マークが出てる千葉地方どぇす。 一昨日の暖かさは一体何だったんだ? って感じで。。。春は三寒四温でだんだんと暖かくなるわけだけど、まだ、さしづめ四寒三温って感じだよなぁ。。。。


・・・なんて、無駄にマクラを書いてるワタシですが。。。。

最近、某FM局を聴いてると、やたらとかかる曲があるんだよな。
Sirent Sirenってコたちの「チェリボム」って曲。 
まあ、知ってるヒトは知ってるっ感じの、ガールズバンドなんだけど。。 ボーカルのコが、まあ、めちゃくちゃ「ベイビーボイス」なんだよな。 しかも鼻から抜けるベイビーボイスなのよ。

最初は、「ナメてんのか〜、おんどりゃ〜」と、思わず叫びたくなったりしたんだけど、1日に何回もかかると、これがいつの間にか、聴き耳立ててしまっているワタシがいたりして。。。。 
いかん、戦略に引っかかってしまった。。。。。

ところで、ベイビーボイスのヒトたちって、最近は「アニメ・声優」系のヒトタチがやたらと多くなり、珍しくもなくなったけど、振り返ってみたら、このヒト辺りが「元祖」ですかね・・・ってヒトの曲を、今回はセレクトして来ましたわ。

三浦理恵子「Jokeにもならない恋」。

92年の今頃のヒットな訳だけど、、まあね、この位のアイドルの曲となると、「知ってるヒトしか知らないよね」っていう世界ですよね、きっと。

いや、ワタシも当時、好んでは、この手の曲を聴いてた方じゃないんで、それほど詳しい訳ではないんですけどね。。。
でも、当時、毎週聴いてた、bay FMの「パワーカウントダウンHO30」がいけなかった。。。。

現在も続いている、このプログラム。今は、11〜30位は、その中からセレクトして曲を流してるんだけど、1992年当時は11〜20位も、1曲ずつ曲を流していたんだよね。
 
で、この曲を聴いてしまった訳ですよ。

最初は、「アホらし・・・」なんて半分、流しで聴いてたんだけど、なんか引っかかっちゃったんだよな。
まるでミイラ捕りがミイラになっちまったような。。。。

その点は、今回の「Sirent Siren」と同じなんだよな。

結局は、なんだぁ、かんだぁ言っても好きなんだろうね、この手のベイビーボイスが。


まあ、その前に、曲的にも結構、凝ってたりするんだよな、この曲。 声を別にしたらアイドルの曲にしておくのは勿体ないかも。
 イントロからして、緊張感があってカッチョイイ。 加えて、あんまり古さを感じさせないんだよな、この曲。いまでもアイドル曲としては充分通用しますよ、この位のクオリティなら。


許して・・・ / 大野幹代

1992_07_許して・・・_大野幹代






今回の1曲セレクトは、「許して・・・」大野幹代です。

 まずはデータです。

・タイトル    許して・・・
・アーティスト  大野幹代
・作詞      松井五郎
・作曲      都志見隆
・編曲      船山基紀
・リリース日   1992年7月1日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 15位
・売上げ枚数   4.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 23位

 過去に書いた1曲セレクトの「7月ヒット」分のストックを整理してたら、うわっ、ワタシこんな曲書いてたの? って思うようなマイナーなアイドル曲が出てきた。

大野幹代「許して・・・」

うーん、リリースから23年経った今じゃ、完全に知ってる人しかしらねーよな・・・と思いつつ、まあ、とりあえず、過去に書いてたんで、引っ張って来ました。

・ このヒト自体は、COCOのメンバーだったりしたから、必ずしもB級ではないんだろうけど、曲がな。。。 B級だよね、今になってしまえば。。
 出来、云々というよりも「知名度」・・・って言う点で。

いや、曲も、正直言って、想いっきりアナクロでございます。

 まいどまいど、書いてるようにも思うけど、アイドルの曲って、現在に至るまで、基本的には、なんら変わってないのよね。あたりのいいメロディラインといい、サウンドといい。
 たとえばさ、この曲なんか、23年前の曲どえす・・・なんて、言わないで、今週の新曲どえーす・・・なんて言っても、たぶん、誰も疑わねーだろうな・・・ってことですわ。

 うん、これは、当時も、そー思ってたんだよね。

 これは、おもっきり「80年代」だよなー、どう聴いても。

 細かく言えば、86年くらいの・・・ってやつなんだよね、曲全体のイメージが。。曲の暗さといい、温度感といい・・。・・・なんて、当時も同じことを思ってたりしたんだけどさ。
 ま、そういうことで、永遠のアナクロってやつなのよね、アイドルポップスってやつは。

 なんて軽く貶しながら書いてたりするんだけど、必ずしも、この曲キライぢゃない、ワタシだったりします。

 うーん、なんでなんだろうね。 きっと、この曲、今リリースされてたら、思いっきり貶してたと思う。でも、当時は許せたんだよね。

 やっぱ、時代背景・・・ちゅうか、他のヒット曲との兼ね合いなんだろうな。
 あの頃はさ、まだ「ヒットチャート」っていうバックボーンがとりあえずあったし、ヒット曲事態、結構、いろんなタイプがあったからな。
 全体的に見ると、いわいる「ニューミュージック」が第2の全盛期だったんだろうけど、それでも、ビーイング系がでてきてたり、平松愛理とかGAOとか、新たな色合いの曲も出始めてて、結構、混沌としてたじゃん。その中の1曲として、この曲もあったから許せたんだと思う。

 やっぱさあ、こういう曲ばっかになっちゃうと、許せなくなるよ〜、うん。


ま、興味がある方だけ聴いてちょうだい




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード