かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

石川優子

シンデレラサマー / 石川優子

1981_06_シンデレラサマー_石川優子







今回の1曲セレクトは、「シンデレラサマー」石川優子です。

まずはデータでーす。

・タイトル     シンデレラサマー
・アーティスト   石川優子
・作詞       石川優子
・作曲       石川優子
・編曲       淡野保昌
・リリース日    1981年3月5日
・発売元      ラジオシティー
・オリコン最高位  10位
・売上げ枚数    33.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1981年6月29日、7月27日付
・タイアップ:JAL 81年沖縄キャンペーンソング

 関東地方も昨日梅雨入りして、早速ユウウツな雨ですねぇ。
だけどまぁ、気分だけでもサッパリしたいので、この曲を引っ張ってきましたわ。

 シンデレラサマー    石川優子

 はい、お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、一昨日紹介した、「ふたりの愛ランド」同様、JALの沖縄キャンペーンソングなんですねぇ・・・。

・・・・って、年代を3年前後して、同じく石川優子さんがキャンペーンゾングのタイアップだったんだよね。

ま、それだけJALさんは気に入っていたんでしょうね。それは、このヒトの声はきめ細かくて、ソフィケートされてて、リゾートミュージックには最適な声質ってのもあったからかなぁ。

 イメージは怖いもんで、やっぱり、石川優子っていうと、いまだに「沖縄」っていうイメージが未だにあるもんね。

 だけど、それと、ヒットするか否かというのは、また、別の次元でして、この曲、ベストテンにたどり着くまで、リリースから約4ヵ月もかかっているんだよね。

 かなり苦労した上でのベストテン到達。まあ、この曲リリースが3月5日でしょ。。。
 当然、まだ、リゾートっていう気分な季節ではないですわな。だから、これだけ苦労した末のベストテン到達って言うのもよくわかる。

 それだけに、この曲が「ザ・ベストテン」で初登場したときに、感極まって、涙して歌えなくなっちゃったのもよくわかるんだよね。

 
 曲は、ここまで書いてきたから、充分分かるように、ストレートでポップなリゾートミュージックですね。
 リゾートミュージックっていっても、まだ、時代が時代で、ちょっとあとのオメガトライブのような洗練されたシティミュージック感覚ではない。
 言ってみれば、夏向けのポップスですね。 ただ、夏向けのポップスと言っても、60年代のような湘南サウンドではない。

 時代は、80年代でしたからねぇ、「nonno」とか「anan」世代でも充分対応できるくらいの垢抜けさはもった、ポップスですよね。

 そう、どこか屈折した感のある「湘南サウンド」ではなく、一点の曇もない、真っ青な空の下をイメージさせるような透明感いっぱいの曲でしたよね。

 最初にも書いたように、このヒトのきめ細やかな声質もあいまって、イメージは、やっぱり、「透明」なんだよねぇ。どうしても。

 メロディラインは、とても素直。このヒトの人柄がそのまま出ているような感じですね。

♪誘われてTropical Dreamin' はじけるのTropical Dreamin' ♪

 なんて、めっちゃ素直なメロディラインだもんね。いまでは、ここまで素直な曲は、ついぞ見かけなくなりましたねぇ。

 ただ、インパクトという点では今一歩、絞りきれてなかったのかなぁ。
 これだ! っていう見せ場が少なかったのも事実かもなぁ。

 個人的には、この曲のベースラインが大好きだったりします。なんかウキウキしちゃうんだよね。

 
 このヒトは、YAMAHAのヒトだったけど、これだけ、「色」がない「透明」なイメージのヒトもあの当時のYAMAHAでは珍しかったんで無いのかなぁ。
 どこかしら「アク」のあるアーティストが集っているっていうイメージがあるんだけどねぇ、当時のYAMAHAには。
 だから、余計貴重だったんだけどね。

 ただ、ルックスもあいまって、当時、立ち居地は、若干苦労したんではないかなぁ。一見するとアイドルみたいだもんね。

 実際は、作詞、作曲ともに自分でやっちゃう、シンガーソングライターだったんだけども。。


 しかしなから、既に引退してしまったのは、惜しいことです。 
 また、暑い夏の日に、清涼剤的なウタを聴かせてほしかったのにねぇ。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ

1984_06_ふたりの愛ランド_石川優子とチャゲ







今回の1曲セレクトは、「ふたりの愛ランド」石川優子とチャゲです。

 まずはデータでーす。

・タイトル      ふたりの愛ランド
・アーティスト    石川優子とチャゲ
・作詞        チャゲ  松井五郎
・作曲        チャゲ
・編曲        平野孝幸
・リリース日     1984年4月21日
・発売元       ラジオシティ
・オリコン最高位   3位
・売上げ枚数     43.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1984年6月11日〜8月20日付
・タイアップ:JAL 84年沖縄キャンペーンソング

 いやいや、今日は異様に蒸し暑いなぁ。そろそろクーラーが欲しい季節。。。。といっても電気代がかかるから、自宅ではもうちょい我慢かなぁ


午前中はASKAを書いた。・・・・とくれば、やはりもう片割れのチャゲの曲も書かないわけには行かないよね。

 ・・で、この時期のチャゲの曲って行ったら、やっぱりこの曲しかないですよ!

  ふたりの愛ランド   石川優子とチャゲ


 ま、厳密には、石川優子とのデュエット曲なんで、ソロではないんだけど、CHAGE&ASKAでのソロ活動の一環として・・といことでね。

 いやはや、この曲を聴くと、どうしても「夏本番」を連想しちゃう。かーーーーーっと照らす太陽と青い空と青い海 やっぱりこれだよね。この曲のイメージは。

 おりしも、この1984年って言うのは、史上まれに見る「猛暑」の夏でさあ、この曲っていうと、あの暑い夏の日を連想せずにはいられない気分になるんですよねぇ。

 曲を聴くだけで、汗がタラーと滴り落ちてきたりして・・。うんにゃ、ダイエットには最適な曲かも。。。

 とにかく、元気いっぱい、イントロの最初の音から、最後までインパクトだらけの曲ですよね。

 サウンドは、何サウンドっていうんだろうなぁ。ちょっと厚めのシンセと、シモンズのビシバシサウンドが全面にときおり湘南サウンドっぽいエレクトーンが入ってくる・・・というようないかにも「夏」のリゾート色が強い曲だよなぁ。

 極めつけは、サビのおなじみの

 ♪ ナツ ナツ ナツ ナツ ココナツ アイ アイ アイ アイ 愛ランド〜 ♪ の超キャッチーなメロディ。

 考えてみれば、ここのサビって歌詞には、ほとんど意味ないんだよね。だけど、それを補って余りある、キャッチーさだよねぇ。

 プラス、そのあとの間奏部分のエレクトーンのいかにも「湘南サウンド」っていう大胆さもよかったしね。

 ま、とにかく、最後まで聴き手を掴んで離さないって言うような曲の作りですよね。



 だけど、この曲が売れてきたのは、リリースから2ヶ月経ってから。
 ま、CMが浸透してきたというのもあるけど、やっぱり、暑さが本番になってきて、一気にヒットして来たって言う印象が強いなぁ。

 しかし、このヒットで、チャゲは俄然忙しくなったよね。「ザ・ベストテン」では、石川優子と別々の場所で2元生中継でで歌ったり、いろいろやってたよなぁ。
 
 ただ、ヒットさせるつもりはあまり無かったようで、戸惑ったのは、チャゲ自身だったようですよ。
 このヒットで、このじき飛鳥とはすれ違いがあったようだし、なによりチャゲアスのツアーとの掛け合いの中でのソロ活動だったようですからね。

 そういう辛さもあってか、この曲は、その後ずっと、封印されたままであるようですね。
 すでに石川優子も引退しているわけだし、永遠にこのコンビでは「生」では歌われない曲になってしまいましたねぇ。

 でも、個人的な記憶ではこの曲を聴くと、あの暑い、かんかんでりの太陽とまっ青な空の景色が浮かんでくるんですよねぇ。

 その風景、イメージ、大胆な音使いは、その後のマルチマックスにもいかされているような気がするなぁ。




音量が小さいんで、ボリュームを上げて聴いてね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード