かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

渡辺徹

約束 / 渡辺徹

1982_12_約束_渡辺徹






今回の1曲セレクトは、「約束」渡辺徹です。

 まずはデータです。

・タイトル    約束
・アーティスト  渡辺徹
・作詞      大津あきら
・作曲      鈴木キサブロー
・編曲      大村雅朗
・リリース日   1982年8月25日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   54.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1982年10月18日〜1983年1月10日付
・タイアップ:グリコ「アーモンドチョコレート」CM曲


 今となっては、全く想像もつかない曲があったりする。まあ、全ては月日の流れで、ずっかり忘れられちゃったりしている曲だったするんだけどさ。
 意外と、今回引っ張ってきた、渡辺徹の「約束」なんかもそうなんぢゃないかなぁ。

 いや、たしかに、あの時代、リアルタイムで聴いてたヒトにとっては「当然」のことかもしれないけどさあ、あの一時期、「肥満体」でバラエティにでてた渡辺徹が、「アイドル」だったなんでさあ、後年しか知らないヒトにとっては信じられないことかもしれんよなぁ。

 ところが、それがマジだったりするのよ。1982年の後半は、なんせ、あの当時、人気最高潮だった、「まっち」と、この「約束」でベストテン「1位」を争った・・・なんて、いまぢゃ信じられないよなぁ。でも、これが事実なんだよねぇ。
 ほんと、時の流れは怖いもんですわ。。。


 ところで、この「約束」って曲、ロングヒットだったよなぁ。リリースは、1982年の8月25日。まだ、「夏休み」だった頃よ。それが、ヒットのピークだったのが、1982年の今ごろ。12月だったよなぁ。そそそ、あの「E.T」が上映を開始してたころだ。
 そう考えると、随分長い間、ベストテン入りしてたよな・・・っつうか、この曲、当時、耳腐るくらい聴いてたもの。あの当時のラジオのベストテン番組は、ほとんど聴いてたから、都合何回聴いたろうかねぇ・・・っつうくらい。最後は、ヘドが出るくらい聴いてた記憶があるなぁ。さすがに「もういいよ・・・」って思ったもん、ヒットの最後の頃はふらふら

 でもねえ、初めて聴いたときは、「あ、これ売れる」って思ったな。うん、今でもよく覚えてる。たしか、日本テレビの「スタ誕」のゲストで出たときに初めて聴いたんだ。たしか、レコードがリリースされる直前だったと思うから、1982年の8月の中旬頃だったと思う。

 あのころは、ワタシ、結構、「勘」が冴えてたんだよなぁ。ここでは何回か書いたけど、あみんの「待つわ」もリリース前に聴いてね「これ当たる」って思ったし、ジャンルは違うけど、大川栄策の「さざんかの宿」も「当たる」って思ってたし・・・。

 ま、それだけ、ラジオで流れてたってことなんだけどさあ。つまり、それだけ金かけてたってことか、よくよく考えてみれば。

 ただ、ここまでのロングヒットになるとは思っても見なかったけどさあ。
 やっぱ、人気あったんだよね、当時の渡辺徹って。「太陽にほえろ!」でも走りまくってたし・・・。(痩せてたからあせあせ

 それと、やっぱ、「グリコアーモンドチョコレート」のCM効果も大きかったろうなぁ。

↓ コレ


そそそ、デビューしたばっかりの「きょんきょん」とコンビを組んで、随分話題になったよな、これ。
 なんせ、当時の「グリコアーモンドチョコレート」のCMってさあ、「話題のカップル」がずっとやってきてたからさあ。山口百恵&三浦友和、松田聖子&田原俊彦ってさあ。

 それを考えると、やっぱ、話題性大だったよなぁ。

 うん、それを裏付けるかのように、このCMが放送開始したあとからだもんね、この曲が、急激にランク上げてきたのって。

 
 まあ、曲的にも、わかりやすかったしなぁ。今考えれば、充分にウレセンを踏んでたわけだけど、当時としても、わかりやすいし、受け入れやすい曲だな・・って思ってたもんねぇ。
 個人的にはイントロが好きだったな、この曲の。 サビは、ちょっとクサイなぁ・・・とか思ってたけど。ま、それだけ素直で覚えやすい曲だったわけですわ。


しかしだ、ようつべに適当な動画が無いのね。 しょうがないんで、他のサイトにリンク

http://www.dailymotion.com/video/x2uewmk




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

愛の中へ

1983_01_愛の中へ_渡辺徹






今回の1曲セレクトは、「愛の中へ」渡辺徹です。

 まずはデータです。

・タイトル    愛の中へ
・アーティスト  渡辺徹
・作詞      大津あきら
・作曲      木森敏之
・編曲      木森敏之
・リリース日   1982年12月10日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数   21.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1983年1月17日〜2月7日付
・タイアップ:グリコ「アーモンドチョコレート」CM曲

昨日からずっと、「1月1日」リリース曲を書いてきたけど、そろそろ「通常」のセレクトに戻しますわ。

 今回セレクトしてきた曲は、渡辺徹の「愛の中へ」なんだけど、出足をどお書くべなぁ。。。悩む。。

 考えて見れば、渡辺徹の曲って書くの初めてなんだわ。この曲の前の「約束」なんて、あれだけ大ヒットだったのに、まだ、引っ張ってきてない・・・ってことは、結局、書き出しをどーすべか・・・って迷っちゃうことが大きいような気がするなぁ・・。

 ・・・ってか、渡辺徹が、ウタ歌ってた・・・なんて、もしかすると、信じられないヒトもいたりしてふらふら

 うむ、榊原郁恵のダンナの渡辺徹っすよ。いまやブクブク太っちゃった・・ふらふら・・・・ってか、この頃は、また、少し痩せたみたいだけどね。

 33年前は、人気絶頂期のマッチと張り合うくらいの「アイドル」だったのよ・・なんて書いても、今となっては、誰も信じないよなぁ。 でも、これホントなんですよ〜。


 それにしても、このヒトの曲は、ワンパターンで知られまして。。ふらふら
 そそそ、いっつも同じような感じの曲でして・・・。最後は「またかよ」・・・って感じで、飽きられたっていう印象が強いんだよなぁ。

 でも、今、それぞれの曲の作詞、作曲者を見てみると、それぞれの曲で作詞、作曲者が違うんだよな。

 それでいて、なんで、どの曲も同じに聴こえるねん・・・っていうのが、逆に不思議だったりして。。ふらふら

 まあ、この「愛の中へ」は、大ヒットの「約束」を受けての曲だから、「約束」をもう一度・・・ってことで、似たような感じの曲にしちゃったことは、よくあることよ、音楽業界としては。

 うん、個人的にも、この曲までは納得してたんだよねぇ。 だけんどね、この後もずっと、同じような曲が続くんだよなぁ。。
 いや、この曲は、随分早く、レコード買った記憶があるんだどね。 そそそ、丁度、お正月だったんだ。1983年の・・。
 当時、なんとなく、この曲のサビの仕掛けが面白くてねぇ、それで買ったんだと思う。

 ま、サビの仕掛けって言っても、コード進行なんだけどね。

♪あーいーのー なーかーへー かーけーてー おいでー (C B♭ A A♭)〜 ♪

の 「C B♭ A A♭」と落ちてくコード進行が良くてねふらふら ふらふら ふらふら

今から考えると、至極、単純な動機なんだけどさ。なんか、当時は、こんな単純なコード進行でも、素直に「反応」して、自分がいたりしてね。

 ま、それだけ、まだまだ、純粋だったってわけだよなぁ、ワタシも。

まあ、今だったら、まず、ダメだろうね。騒いじゃうよ〜、保守的だってさぁ。


 ところで、この曲のジャケ写みると、この曲、グリコ「アーモンドチョコレート」のイメージソングになってるけど、どーも、その記憶がないなぁ。
 この前の「約束」は、有名だったじゃん、キョンキョンとのCM。だからよく覚えてるんだけど、この曲も使われてたっけなぁ。。。。

・・・・と書きつつ、当時の「オリコンウイークリー」を引っ張ってきて見たりして・・・

フォト


↑1983年1月24日付 オリコンチャート(オリコンウイークリー1983年1月28日号 通巻177号)


うー、たしかに、「CM」マーク付いてるな。。。(見づらいけど。。。)
だけど、完璧に忘れてる。。。

(注 無断拝借っす よいコのみなさんは、マネをしないように)





よかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード