かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて40数年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

江崎グリコ

秋からもそばにいて / 南野陽子

1988_11_秋からもそばにいて_南野陽子






今回の1曲セレクトは、「秋からも、そばにいて」南野陽子です。

 まずはデータです。

・タイトル      秋からも、そばにいて
・アーティスト    南野陽子
・作詞        小倉めぐみ
・作曲        伊藤玉城
・編曲        荻田光雄
・リリース日     1988年10月8日
・発売元       CBSソニー
・オリコン最高位   1位
・売上げ枚数     27.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1988年10月17日〜11月21日付
・タイアップ:江崎グリコ「ポッキー」「アーモンドチョコレート」CM曲

 最近はウタ番組の生放送って少なくなったからねぇ、放送中のハプニングって、ほとんど見なくなったよね。
 え? NG大賞? ちげーよ。マジのハプニング。。

 ・・・なんて、当時を知っているヒトには、ハイハイハイ・・・っていうフリを書いて見る。。あせあせ

 ハイ、今回、引っ張って来た、曲は、南野陽子の「秋からも、そばにいて」だからして。。。

 うーん、この曲って言ったら、どーしても、「ザ・ベストテン」での思いっきり「歌詞忘れ」事件・・・っていうのは、外して語れないっていうイメージが強いんだよなぁ。

 そそそ、あれは、丁度27年前、1988年11月3日放送分、第3位時ですよ。

 あん時は大変だったよね。1番のAメロから、全然歌詞が出てこなくなっちゃってねぇ、マジメなナンノちゃんだったんで、途中でガクガク震えだしちゃったり見てて痛いしかったもんなぁ。。。


 いや、大体において、この曲は難しいんだよねぇ、メロディラインもなんとなしに覚えにくいし。。。

 でもって、アレンジもめっちゃ、大げさ・・・っちゃ失礼だけど、ちょっと力入れすぎ・・・ってくらい、もろ賛美歌・・・なアレンジに施してたりして。。。
 バックの音聴いてたら、つい、歌詞も出てこなくなっちゃいますよ。。


 ・・・なんて、ナンノをフォローしたりして。。。


 いや、でも、マジで、この曲は、アイドルポップスとしては、かなり複雑な曲になっちゃってるよなぁ・・・っていうのは、否めないですよ。

パイプオルガンから始まる荘厳なイントロ。そこから展開される、ポップスとクラシックを融合させたかのようなサウンド。
 このポップスとクラシックの融合的な展開は、後年、浜崎あゆみでも見られるんだけどね。そそそ、例えば2002年の「Free&Easy」とか「Voyage」なんかはそんな感じだったしな。

 もちろん、これで、きちんと歌いこなさせれば、それなりに高クオリティの曲になる仕掛けだけど、如何せん、当時のナンノには、荷が重すぎたんじゃないですかねぇ。

 この「歌詞忘れ」の時は特別としても、そのほかの時も、歌いずらそうだったもんな。。キーも高いしさ、落ち着けないんだよ。
 これは、完全に作り手の方が、力入れすぎたよなぁ・・・。


 まあ、だけんども、この曲の反省からか、この曲の次の「涙はどこへ行ったの」は、めっちゃ簡単なシンプルな曲になり変わったんだけど。。。ふらふら

 とは言うものの、この曲で、売上げの方は、再度、伸びてるんだよね。
 たしかに曲自体は悪くないからなぁ。曲のクオリティは高いと思うし。 ただ、逆に、ハードルを高くしすぎた・・・ってことで。。
 だから、まあ、この売上げについては、一応、納得の範囲だったかなぁ。。。


ちなみに、この間から何曲も書いてるけど、この曲もグリコ「ポッキー」のCM曲だったんだよね

↓ コレ


抽選で「オレンジカード」プレゼントってあるけど、時代ですねぇ。いいですねぇ。 今では「Suica」などにとって代わったんで、発売中止になっちゃったものね。
 このナンノのオリジナルオレンジカードってどのくらいのプレミアムになってるんですかねぇ。






ベストテンでの「歌詞忘れ」事件の時の映像は、昔あったんだけどね、今は消されちゃったようだ。
なので、「カンパケ」の動画にて。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

恋人達のペイヴメント / アルフィー

1984_10_恋人達のペイヴメント_アルフィー






今回の1曲セレクトは、「恋人達のペイヴメント」アルフィーです。

 まずはデータです。

・タイトル     恋人達のペイヴメント
・アーティスト   アルフィー
・作詞       高見沢俊彦 高橋研
・作曲       高見沢俊彦
・編曲       ALFEE
・リリース日    1984年10月17日
・発売元      キャニオン
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    33.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1984年10月29日〜12月24日付
・タイアップ:グリコ「アーモンドチョコレート」CM曲

 昔っから10月って、ワタシにとっちゃ「鬼門」の月なんだよなぁ。あ、すでに今日から11月か。。
でも、どうも、精神的に落ち込むって言うのかなぁ、毎年、バイオリズムが下がるんだよね。
例の細井数子の「六星占星術」によると、ワタクシは、10〜12月が「殺界月」だそうで。。。

 でも、考えてみると、必ずしも間違っていないような気もするんだよな。。。。まあ、信じる信じないは人それぞれだけど。。。

 振り返ってみると、高校受験と大学受験の時も、10月って決まって、落ち込んじゃってさぁ、模擬試験の結果が悪くて、焦りに焦ったのを昨日のように覚えてるねぇ。
 で、決まって、ノイローゼ〜ふらふらよ。昔のサザンの桑田氏じゃないけどふらふら

 うん、だけど、これがあって、かえって吹っ切れるって言うか・・、シャニムになれるっていうか・・、エンジンがかかるっていうか・・・、高校受験の時は11月になると、「目覚め」たのよ。

 さてさて、今回の1曲セレクトは、そんな、高校受験で成績落ち込んで、ノイローゼ〜ふらふら 気味だった、1984年の今頃の曲を。


 アルフィーの「恋人達のペイヴメント」なぞ、ひとつ。。


 いや、この曲聴くと、マジで焦ってた、あの頃を思い出すわ〜、走馬灯のように・・・ イントロ聴いただけで、ダメだね〜。
 ヒット曲って、そういうところがあるからさあ、いいところでもあり、悪いところでもあり。。ふらふら

 ま、逆に言うと、エンジンがかかった頃にも、まだ、ヒットしてたんだけどさ。。


 それにしても、アルフィーの曲って、今まで結構、書いてたつもりなんだけど、意外と書いてなかったんだな。この曲も、もうとっくに書いてたと、思い込んでたわ。
 
 うん、この曲の前年の83年に「メリーアン」でブレイクしてから、初のバラード曲がこれだったね。
 まあ、いつかは、このテの曲が来るとは思ってたけど、やっぱり、秋から冬へ・・・っていう、この年のタイミングで持ってきたってわけで、まあ、ある程度は想定してた感じだったかなぁ。

 ただ、それでも、やっぱ、最初は違和感があったけどね。 それまでのロックなアルフィーに慣れきってたころのことだから。
 
 ま、ブレイク後、初めての高見沢氏のリードボーカルっていうのも、違和感に拍車をかけてたんだけどさぁ。それまではリードボーカルは桜井氏だったから。
 なにぶん、あのスットンキョウな高音だからさぁ・・。

 でも、まあ、この曲のようにバラードでは、まだ、嵌っているかな・・とは思えるけどさぁ。

 それより、今聴くと、まだ、3人のコーラスは合ってたんだよな。うん、まだ、コーラスもキレイだったですよ。
 ただ、この頃から、若干ズレて来てたようなところもあるけどさ。。
 どーも、アルフィーってコーラスが崩れてきたと同時に、曲自体も崩れてきてたような気もするんだよね。その魁になって曲のような・・・。

 それでも、当時の人気は最高潮だったね。なにせ、この曲でオリコンでは初の1位獲得と・・・さ。

 それまで、「アルフィーランク」なんていう、シグサグ、上下動をしながらもロングヒットに持ち込んできていた、アルフィーもこの曲から、初動型に変化・・って感じだったね。



 それと、この曲、グリコ「アーモンドチョコレート」のCM曲だったんだよね。
 あ、こっちの方は、すっかり忘れてた。 
ちなみに、当時、グリコの「アーモンドチョコレート」のCM曲になると、ヒットするっていうジンクスもあったりしてさ。
 
 そそそ、出演してた、女の子と男の子の組み合わせが話題になったりもして、それで曲もヒットしてた・・・っていう図式でさぁ。

 この時は、沢口靖子と石黒賢だって。。 あ〜、完璧に忘れてる。。

↓ コレ


 ちなみに、これの前が、渡辺徹と小泉今日子で、曲が渡辺徹の「約束」、その前が田原俊彦と松田聖子で、曲が田原俊彦の「ハッとして!Good」だったよね。そっちのCMは覚えてるんだけどなぁ。。。話題になったもんね。

あー、そーいえば、この「恋人達のペイヴメント」って言えば、あれだよね、例のザ・ベストテンでの「犬山事件」ふらふらふらふらふらふら

 そそそ、アルフィーの大ファンなんだけど、なかなかコンサートに行けないので、そのコの家に直接行って、そのコのためにアルフィーが歌っちゃうっていう突撃中継企画。。

 で、名古屋でのコンサートの合間に、愛知県の犬山のファンの家に突撃で訪ねたら、「留守」で、誰もいなくて・・・。
 しょうがなく、演奏始めたら、電源車の電源が落ちーの、音がロレロレになりーの・・・。
 あげくの果てに、その家の「犬」に吼えられーの・・・

・・・っていう、メンバーいわく「サイテー」の中継だったのですよね〜。

↓ コレ


やっぱ、この曲っていったら、このときのインパクトが一番強かったかな、考えて見れば。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード