かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

武部聡史

土曜日のタマネギ / 斉藤由貴

1986_05_土曜日のタマネギ_斉藤由貴






今回の1曲セレクトは、「土曜日のタマネギ」斉藤由貴です。

 まずはデータです。

・タイトル    土曜日のタマネギ
・アーティスト  斉藤由貴
・作詞      谷川浩子
・作曲      亀井登志夫
・編曲      武部聡史
・リリース日   1986年5月21日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数   8.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 18位
・タイアップ:フジフィルム「AXIA」CM曲


・・・ということで、斉藤由貴さんの「土曜日のタマネギ」・・・。

 12インチシングル・・・。この間、中森明菜「赤い鳥逃げた」で詳しくは書いたんだけど、「CD」に成り代わった今では、絶対に出来なくなった「仕様」ですな。

 普通、レコード盤のシングルって、7インチだったんだよね。・・・で、たしか、最長収録時間が、「片面」8分か9分だったよなぁ・・・。

 で、もともとの起源は、この時間内に収まりきれない・・・ってことで、作られた規格ですよ。

 さだまさしの「親父のいちばん長い日」。これが12分もあったもんだから・・・ふらふら 
 日本で最初の12インチシングルだったわけなんだけど・・・。

 ただ、80年代も中盤になると、「海の向こう」で12インチシングルが「流行」になったんで、物まねが好きな日本人の「性」で、日本でも流行ったんだよなぁ。


 でもさ、正直言って、ほとんどは「12インチ」にするほど、中身がつまっている・・・かというと、さにあらず・・・。

 なんか無理やり「12インチ」にした・・・って感じの曲が多かったりして・・・。特にアイドル系は・・・。


 さてさて、この曲はどうか・・・。全体で7分23秒のこの曲なわけで、正直、絶対に12インチする必要性は感じなかったりして・・・。

 で、その半分は、曲じゃなくて、「効果音」なんだよね。曲は、後半の3分半ほどなのですよふらふら


 これは、85年の小泉今日子の「ハートブレイカー」もそうだったんだけどね。(前半はカセットで録音した何気ない音・・・遠くで「メガネスーパー」ってCMが流れているのが笑える。。。)

 まあ、そういうことで、ほとんど「話題づくりのため」の12インチシングルだったんだろうな。


 ただ、曲自体は、割と凝ってたな。通常の斉藤由貴のシングルでは、まず、見られない、アカペラ「ドゥワップ」調。

 えーとね、サザンファンにはお馴染みだけど「忘れられたBig wave」っぽい感じ。


 とてもシンプルであり、一言で言ってしまえば、とても可愛らしい曲。
 でも、バックのアカペラと、斉藤由貴のボーカルが不思議なハーモニーを奏でてる。。。って感じなんだよね。


 ちなみに、この曲は、斉藤由貴がメインキャラクターだった、フジフィルムのカセットテープ「AXIA」のCM曲だったね。

 ♪ さよならニンジン ポッテト〜 ♪

・・・なんて、フレーズを当時はどれだけ、聴いたことかあせあせ



この曲、さんまとしのぶの「男女7人夏物語」の例の定食屋のシーンでBGMでかかってたのを、未だに鮮明に脳裏に残ってるな



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

MAY

1987_01_May_斉藤由貴






今回の1曲セレクトは、「MAY」斉藤由貴です。

 まずはデータです。

・タイトル    MAY
・アーティスト  斉藤由貴
・作詞      谷山浩子
・作曲      MAYUMI
・編曲      武部聡志
・リリース日   1986年11月19日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   17.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 6位
・ベストテンランクイン期間:1986年12月1日〜12月22日付
・タイアップ:映画「恋する女たち」主題歌

 今回引っ張ってきたのは、斉藤由貴の「MAY」って曲。実際は、12月がヒットのピークで、すでに「今の時期」は、すでにヒットも下降線で、ベストテンからは落ちちゃっていたんだけど、さっき、電車の中でこの曲聴いてたら、なーんか書きたくなって引っ張ってきちゃいましたあせあせ

 なんでだろうねぇ、この曲聴くと、いつも暖っかい気持ちになるのよ。で、なぜか涙がでてくる。

45才のオッサンがよ。。。 まあ、ほんとに涙がこぼれるわけぢゃないけど、でも、いつもウルウルしちゃうのよね。

 やっぱ、優しい曲だからだろうなぁ。

 たしかに、最近も、このテに似たような「恋愛ソング」はたくさんあるけど、でも、どっか違う。
 どこが、とえば、やっぱ、このほんわかした温度感だろうな。曲の暖か味っていうのかなぁ。あたたかいストーブの前で語られているような。。。。やっぱエアコンじゃだめなのよ。その違いなんじゃないかなぁ。 

 そーいえば、この曲、テレビバージョンだと、「2番」から歌い始めるんだよね。もともとの「1番」の歌詞はまるまる飛ばしなの。
だから、テレビで唄っているあとにレコードを聴くと、戸惑うのよ。あれ? この曲こんな歌詞だったっけ? ってさ。
 
 それにしても、斉藤由貴っていうヒトは、わざとらしいくらいに感情が入った歌い方をするよねぇ。まあ、それがこのヒトの持ち味なんだけどね。この曲では、それがウマイ具合に曲とマッチしていると思う。

 ただ、当時はどことなく、鼻についたんだよなぁ個人的には。なので、当時はあんまり好きぢゃなかった、この曲。

 でも、今聴くといいんだよね。最初に書いたように、涙が出てくるもの。涙もろくなったのかなぁ。。。。
 やっぱ、「あの当時」が脳裏に浮かんでくるな。。。そういえば、このころ斉藤由貴似のコが好きだったんだよなぁ・・・とかふらふら衝撃衝撃
 今は人妻になっちゃったけど。。。




よかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード