かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

槇原敬之

冬がはじまるよ / 槇原敬之

1991_12_冬がはじまるよ_槇原敬之






今回の1曲セレクトは、「冬がはじまるよ」槇原敬之です。

 まずはデータです。

・タイトル    冬がはじまるよ
・アーティスト  槇原敬之
・作詞      槇原敬之
・作曲      槇原敬之
・編曲      槇原敬之
・リリース日   1991年11月10日
・発売元     ワーナーミュージック
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   76.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1991年11月25日〜1992年2月10日付
・タイアップ:サッポロ「冬物語」CM曲

 すでに1週間過ぎちゃったけど、12月ですねぇ。 
 今年は早い。。。去年の年末年始がついこの間のようですわ。そして、また冬がやってきましたなぁ。  
 ま、この間も書いたように、今年は、今のところ、とりあえず、風邪もひかずに調子もええし、ひさびさにええ12月の入りですねぇ。 このまま年末を迎えたい、ワタシですが・・・。

・・・つうことで、とりあえず、無事に冬がはじまったようなので、今回の1曲セレクトし、ちと能天気な、槇原敬之の「冬がはじまるよ」・・・・、そのまんまやんけふらふら

 この曲、メガヒットの「どんなときも」の次の曲なんだけど、やっぱ、「曲」っていうより、サッポロ「冬物語」のCMっていうイメージが強いわな。

 もともと

 ♪ ふゆがはじまるよ ホラ僕のそばで すごくうれしそうに ビールを飲む 横顔がいいね ♪

の部分だけだよね、あったのは。

 ・・・っていうか、ここだけだもんなぁ、CMで使われてたのは。

 他の部分は、後から、つぎはぎで足したっていうのが、みえみえだったりして。
 だってさ、特に詞の流れがないんだよね。ワタシがよくつかう表現だと「とっ散らかってる」んですわ、詞の内容が・・・。

 というか、↑のサビの部分だけあれば、充分、曲として完成しちゃっているんだもの。
 他の部分は、あってもなくてもいいような気がするんだよなぁ。個人的には。

ま、そんなような曲なんだよね。個人的な印象としては・・・。

・・・っつうか、やっぱ「どんなときも」が良く出来すぎてたんですよ〜。 だから・・っつうか、どうしても、それは越えられないよな。

 とは分かっているものの、なんか、ぎこちなさを感じちゃうんだよねぇ、この曲を聴くと。

 そういえば、この曲で ♪ 去年のクリスマスはケーキを売ってたけど〜 ♪ なんて、バイトの歌詞が出てくるけど、ワタシもこの曲がヒットして頃はバイトしてたよなぁ。夜間の郵便物の仕分けのバイト。
 現場にかけてあった簡易ラジオから、この曲、よく流れてたっけ。 だから、この曲と言えば、ワタシャ、あの頃のバイトの事とか、しょっちゅうやってたボーリングの事なんかを思い出すんだよな。


うーーーん、今日の文章、30点やね。 どーも、うまくまとまらないわ〜。。。






よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

SPY / 槇原敬之

1994_09_SPY_槇原敬之






今回の1曲セレクトは、「SPY」槇原敬之です。

 まずはデータです。

・タイトル    SPY
・アーティスト  槇原敬之
・作詞      槇原敬之
・作曲      槇原敬之
・編曲      槇原敬之
・リリース日   1994年8月25日
・発売元     ダブリュー・イー・エーレコード
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   86.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1994年9月5日〜10月24日付
・タイアップ:TBS系ドラマ「男嫌い」主題歌

 うーん、あんまりいいことではないんだけど、最近、どーも、周り動きがキニナル。。
 何気なく書いた事が、いろいろとパクられているような・・・・。
まあ、被害妄想な部分なんだろうけどね。

 それと、時々、質問されるんだよね。仕事なにやってんだとか・・。
いや、ま、これが、前々から心許せる付き合いをしてるヒトならいざ知らず、ネット上だけで知り合った方に聞かれるとね。。
 まあ、言い方悪いけど、「大きなお世話」・・・なんて、ホンネの部分で思ったりして。。ふらふら

 キミはなんかの「SPY」かい? とか、思わず、思っちゃうわけですよ。



・・なーんて、ちょっと思ってたもんですから、今日の1曲セレクトも、マッキーの「SPY」なんぞ、引っ張ってきたりして。。ふらふら

 またもや、めっちゃ安易。。ふらふら

 槇原敬之の曲は、サウンドを聴くもんじゃなく、詞のストーリーを追うもんだわな。。
 
 まあ、この曲に限らず、だいたい、どの曲もそうなんだけど・・。

 詞を追って行って、面白いと思えるか、思えないか・・・って、このヒトの曲の好き嫌いが決まるんじゃないの?

 ・・・とか思ったりして・・。

 うん、このヒトほど、重箱の隅をつついたような、些細な出来事を、超大きく、「ウタ」の世界まで昇華できる才能に関しては、天才的なヒトは、居ないんじゃないか・・・と思うもの。

 いや、この「誇大広告」的な、うん、ホントの広告ならJAROに訴えられるような内容の詞を、面白いと感じるかどうか・・・なのよ。

 個人的には・・・。うーん、そうだな、やっぱり、曲によるな。


 でも、ヒットした曲・・・とっても、大体、ヒットしてるけど・・・うん、50万枚以上の大ヒットの曲だね・・・に関しては、総じて、面白いと思う。このヒトの曲の詞の内容は。

 うん、このヒトほど、売上げ枚数と、曲の内容の面白さが相関関係になっているヒトってあんまりいないんじゃないかしらね。

 そういう意味では、このヒトには、ウレてるヒトには、本来付いている、熱狂的な「固定ファン」って言うのは、あんまりいないんじゃないか・・・とか、思いたくなるね。
 
 いや、個人的には、いい傾向だと思うけどさ。 だけど、それにしては、このヒトも息が長いわな。そういう、固定ファンがあんまり付かないヒトっていうのは、総じて、ピークの息が短いもんなんだけど・・・。

 まあ、そういう意味では、根っからの音楽屋なんだろうな。


 さてさて、今回引っ張って来た「SPY」ですよ。 この曲は売上げ枚数86万枚もあったわけで、槇原としては、「売れた」部類の曲ですよ。

 まあ、ドラマの主題歌っていうタイアップもあったから・・・って所も強かったんだろうけどさ、でも、やっぱり、売れただけあって、詞の内容的には、まずまず、面白かったんでないのかな。

 彼女に男の気配があるんで、尾行したら、男と車の中でキスしてた・・。シャレになんないぜ、ベイベー

っていう内容なんだけどさ。簡単に書いちゃえば・・。 でも、まあ、日常的によくありそで、なさそな内容をいちいち、ウンウンと頷きながら、想像しちゃうところが、現実的で・・、だからいいんじゃない?

 まあ、今の時代、やっぱ、「等身大」を求められているからなぁ・・
・・ってか、もう21年前の曲か。。。

 サウンド的には、やっぱり、それほど目新しさはないんだけど、「二胡」をサンプリングしてるところが、なんとなく、違和感があって、面白い。

 なんで、「中国風」と「SPY」が結びつくんだか、よく、わかんないけどさ、凡人には。。。

 でも、そんな、意外性なところがいいんじゃない? 温度感的にも、今の時期らしい、雰囲気はあるし。

 まあ、このヒトの場合、詞、曲、アレンジと、トライアスロン的な事を、全部一人やっちゃうところがすごいんだけど・・・。
 





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

どんなときも。 / 槇原敬之

1991_09_どんなときも_槇原敬之



今回の1曲セレクトは、「どんなときも。」槇原敬之です。

 まずはデータです。

・タイトル     どんなときも。
・アーティスト   槇原敬之
・作詞       槇原敬之
・作曲       槇原敬之
・編曲       槇原敬之
・リリース日    1991年6月10日
・発売元      ワーナー
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    170.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1991年7月21日〜11月4日付
・タイアップ:映画「就職戦線異状なし」主題歌

 ここ暫く90年代の曲を書く頻度が少なくなっているかなぁ。 まあ、個人的に思い入れのある曲が80年代に多いんで、必然的に80年の曲が多くなっちゃっているってのは拭えないんだけど、ここいらで90年代のビッグヒットを持ってきましょうかね。

 どんなときも。  /槇原敬之

 このヒトの出現は、ほんと突然でしたね。何の前触れもなく、いつの間にか現れ、いつの間にか、この曲「どんなときも。」が大ヒットしてた・・・っていう印象が強い。

 もちろん、音楽業界内では、早くから槇原の才能を認め、ブレイクを予期してたヒトはたくさんいたんだけど、当時、完全な、ユーザー側でしかなかったワタシたちにとっては、ほんとに、いつの間にか現れた才能って感じでしたね。

 個人的にも、最初聴いた時から、これは「すごい」と思ったのを覚えてるなぁ。
 あのさ、「売れる」って確信に近い予感・・・勘・・・みたいなもんかなぁ。

 同じ感覚は、あみん「待つわ」の時もそうだったし、後年、宇多田ヒカルの「Automatic」の時もそうだった。

 言葉ではなんて表したらいいのかよくわかんないんだけど、一瞬、頭の中を走る電流のようなゾクゾク感っていうのかな・・・うん、悪い意味でなくて、いい意味でのゾクゾク感。

 それが、この「どんなときも。」を初めて聴いた時の感想だなぁ。

 大衆心をくすぐるような完璧なメロディライン。一見シロートっぽいんだけど独特の甘い声。

 いったいどんなヒトなんだろう? ・・・っていうのが当時、まず考えたことだったな。

 兎に角、作詞、作曲、アレンジ うた・・・全て自分ひとりでやってしまう上に、こんなメロディアスな曲を書いてしまう、トライアスロン的にヒット曲を生み出す才能は、大したものだよね。正直、槇原と同い年のワタシは、昭和44年生まれとしてリスペクトを感じたりするんだよな。

 蛇足だけど、槇原と同じ大阪出身で、同じ昭和44年生まれなのが、橋下徹氏なんだけど、彼にも、違う意味でリスペクトを感じるんだけどさ。。。


 当時、槇原のCDジャケットは、この曲のようにイラストが使われていて、このヒトの顔を出してない。

 だから、初めて、このヒトの顔をTVで拝んだときは、正直、ビックリした。
 まあ、多くのヒトはそうだったろうけど、あの甘い声からは想像してなかった、「普通」のにいちゃんだったから・・・。

 天は二物を与える

って言葉があるけど、なかなか、そうそうはうまく行かないものだよな

・・・・ってその時思ったねぇ。

 まあ、それは、出してのワーナー側も重々承知だったんだろうね。だから、ワザワザ、ジャケットにイラストを使ってたわけだ。

 それと、槇原が幸運だったのは、この1991年は、「応援ソング」が一つのヒットパターンになってたこと。

 なにせ、KANの「愛は勝つ」という、応援ソングで年が明け、大事MANブラザーズバンドの「それが大事」という、究極の応援ソングでくれていった1991年という時代だったから・・・。

 そのちょうど中間期にあたるのが、この「どんなときも。」だったわけだ。


 それと、もう一つ幸運だったのは、ヒット曲のメロディ、リズムパターンがナチュラルだったこと。

 これは、よく、当時の世相から、カラオケブームで、カラオケで歌いやすいように作られていたから・・・という意味も含まれているけど、90年代の中では、唯一「空白」の時代だったということも言えるんだよね、1991年って。

 1989年ごろから始まったバンドブームは、1990年「イカ天」の終了とともに、まるで潮が引くようにさーっと廃れていった。

でも、1992年から攻勢が始まるビーイング系はまだ、大人しかった(B・Bクイーンズ、MI-KEを使ってしきりに実験はしていたが)

・・・という時代の空白域。それが1991年。

 個人的にはそんな印象もあるんだよね。

 時代がナチュラルだったからこそ、KANの素朴な応援ソングがヒットし、CHAGE&ASKAの「SAY YES」やASKAの「はじまりはいつも雨」のようなメロディアスな曲が流行ったんじゃないかな。

 しかも、流行がいろいろと平行していなかった・・・・。

 上記のようにイカ天寄りのロックバンドは弱体化し、アイドルは完全に、ニッチな世界の「オタク」の物になった。

 つまり、大衆はナチュラルだけを追いかけていたんだよね。
だから、そういう傾向の曲は大ヒットをし、プラス、巨大な浮動票はロングヒットを多く生んだ・・・。

 1991年2月、バブル突然の崩壊。。

 そんな世相が、応援ソングを支持し、目を覚ました多くのヒトたちが、それまでのバカ騒ぎを反省し、より自然体を求め始めた時代だったからかもしれない。

 歌は世につれ、世は歌につれ

って言葉があるけど、それが当てはまった最後の年。。それが1991年だったのかもな。

 そういう、時代に、まさにグッドタイミングで現れたのが槙原敬之だったんだろう。


 ただ、世の中はバブルが弾けたけど、この年のメガヒット続出のおかげで、逆に音楽界は、空前のバブルが始まった。
遅れて始まったバブル。それが音楽界だったんだよね。

 その影響で、1991年の暮れから、新たなムーブメントが現れ始め、多様化の時代の芽が出始める。
その芽が大きくなってくるのが翌年1992年だね。

 
ところで、チャートマニア的にみると、この曲は、兎に角「粘り」な曲だったよねぇ
オリコンチャートでは、1週、1位を獲得した後、7週連続2位。 1週おいてまたまた、3週連続2位。
計10週も2位を獲得なんて、凄いチャートアクション。
 これだけ2位が続いたんで、最高位は2位だろ・・・なんて錯覚しちゃったりするんだけど、上記のように1週だけ1位取ってたりするんで、りっぱな1位獲得曲ではあるんだよね。
 ちなみに7週連続2位の時の1位は、ずっとチャゲアスの「SAY YES」なんだけどさ。。。 なにせ、この曲13週連続1位なんて記録を作っちまったからな。
 つまり「どんなときも。」がずっと2位だった間7週連続で、チャート上、1位 2位はずっと不動だったと・・・今じゃ、逆立ちしても絶対にあり得ないチャートアクションだったよな。 これこそがザ・ヒットチャート。 だれが、この一角を崩すかってところが見物だったわけよ。

ちなみにちなみに、もしかして、これって連続2位のオリコン記録? と、お思いの御仁。上には上が居るんだよね。
 ちあきなおみ「喝采」が1972年11月20日〜1973年2月5日付まで11週連続2位。 いや、1973年1月8日付は2週合算集計なので、正確には12週連続2位・・・なんていうとんでもない記録を打ち立ててたりする。
 まあ、この時の1位が、件のぴんからトリオ「女のみち」で、これが16週連続1位なんてとんでもない記録を立てちゃってたからなぁ。
 
ヒットチャートの世界は奥深いわけなんだよね。 また、そういう記録が出るような時代になってほしいもんだけどねぇ。





よろしかったら、ポチッと押してね。
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

北風〜君に届きますように〜 / 槇原敬之

1991_12_北風_槇原敬之






今日の1曲セレクトは、「北風〜君に届きますように〜」槇原敬之です。

まずは、データでーす。

・タイトル    北風
・アーティスト  槇原敬之
・作詞      槇原敬之
・作曲      槇原敬之
・編曲       槇原敬之
・リリース日   1992年10月25日
・発売元     WEAミュージック
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数   62.7万枚
・THE HIT CHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1992年11月9日〜1993年1月25日付


今年は、本当に寒い! 今日、普段、雪なんて滅多に降らないウチの方(千葉)でも、雪がチラついたですわ。
 12月に雪なんて、こっち住んで、もう23年になるけど、あんまり記憶にないんだよなぁ。

 ワタシは、風邪でダウンしとりましたが、医者行って、1日寝てたんで、だいぶ楽になりましたわ。
 皆様にご迷惑おかけしまして、失礼いたしました。

 昨夜がヤマでしたねぇ。今年の風邪は、鼻に来る・・って昨日もトピ立てたんだけど、その通りで、鼻づまりと、なにより、「タン」がひどくてねぇ。夜中にタンが絡んで、息苦しいし、のどは不快だし、それに伴う咳で、何度も目が覚めましたわ。
 今日、医者に行って、抗生物質とタン切りの薬もらって、のんだら、今になって、随分、楽になってきましたわ。

 などと、ワタシの風邪の報告の場ではない! わけで、ちやんと書きますね。

 えー、最初に戻って、今年の冬は寒い!!

・・・というこで、浮かんで引っ張ってきたのが、槙原敬之の「北風〜君に届きますように〜」というわけですわ。

 まあ、かなり、ベタっちゃ、ベタなセレクトなんだけど、やっと、このじきに、この曲のシチュエーションに合うような「冬」が来たなぁ。。。っていう事も同時に感じたんだよね。


 この曲のシチュエーションっていうか、風景は、最初の

♪ 小さなストーブじゃ、窓も曇らないような夜 毛布を鼻まであげて君の事考えるよ ♪


って部分に凝縮されていると思うんだよね。

 まあ、兎に角、寒い冬の夜 ってイメージでしょ。

 それが、このところずっと暖冬だったかんね〜。こんなシチュエーションの冬なんて、ずっとなかった気がするんだよね。
 この曲、がリリースされたのは1992年だけど、たしか、この年も冬は、そんなに強烈に寒いって訳ではなかったってきがするなぁ。
 少なくとも、この曲のシチュエーションとは、実際は、随分ズレてるなっていうのは、覚えてるんだよね。

 あとは、果たして、この曲のサビのように

♪ 北風がこの街に雪を降らす〜 ♪

になるかなぁ。なんか、今年は、東京でもそんな感じになりそうな気がするわ。
 京都とか、名古屋は、今日もこんな感じだった見たいだしね。

 ・・ってかんがえると、この曲、今年プッシュしたほうがよかったんとちゃうかなぁ・・とか思ったりしてね。

 だから、というわけではないかもしれないけど、この曲、当時のデータを見ると、オリコンで最高6位までしか行ってないのよ。

 この曲の前の「もう恋なんてしない」は、最高2位、セールスも140万枚近く行ってるのに比べたら、随分違うんだよね。
 どうも、槇原っていうヒトは、当時は、冬場には、パッとしないところがあって、この前の年の「冬がはじまるよ」もサッポロの「冬物語」のCMに使われながら、最高5位までしか行かなかったり、次の年の「雪に願いを」に至っては、ベストテンにも入らなかったり、ワタシと同じく、どうも、このヒトも「冬」って、「鬼門」のようだねぇ。

 年も同じだし、なんか、変なところにシンパシイを感じたりして・・・・(爆)


 しかし、槇原っていうヒトは、「ふられた方」とか「思いが伝わらない」って曲を書かせると右に出るもんないねぇ。
 結局、この曲もそういう曲な訳だわね。

 うーん、同じく昭和44年うまれ・・・。だから、昭和44年うまれって、今一つ、印象がジミなのかなぁ。。。とか、思ったりして・・・。

 でも、生まれたこの方、思ってるのは、昭和44年生まれって「おっとり系 ジミ系」なヒトが多い気がするのね。
 小学校〜高校まで、1つ上と、1つ下は、結構、活発で、頭切れる奴が多かったけど、ワタシの同級生には、ワタシ含めて、活発なヒトってあんまり、いないもんねぇ。

 おっとりしたヒトが多いって言うかね。


 やっぱし、生まれた年で、ヒトの性格性ってある程度、まとまったところってあるのかねぇ。。。。


 なんか、槙原氏の曲を聴くたび、いつも、そんな事を感じてしまう、ワタシですわ。


 最後に、気がつけば、もう、クリスマスシーズン真っ盛りなんだよねぇ。。。
 ・・ということで、明日から暫く、「クリスマスウイーク」っていうことで、私なりのクリスマス関係の曲をセレクトして行こうと思っています。

ワタシなりってところがミソね。
 えー、だから、ワタシの性格から言って、B'z「いつかのメリークリスマス」とか、ワムの「ラストクリスマス」とか、「現状」手垢がいっぱいな曲は、まず、とりあげない。。と思ってくだされ。

 ・・といいつつ、そういう気分になっている皆様、山下達郎の「クリスマスイブ」・・・・・これだけは、勘弁。




※2005年12月に書いたものの再掲載です。


記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード