かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

桜田淳子

わたしの青い鳥 / 桜田淳子

1973_09_わたしの青い鳥_桜田淳子


今回の1曲セレクトは「わたしの青い鳥」桜田淳子です。

まずはデータです。

・タイトル     わたしの青い鳥
・アーティスト   桜田淳子
・作詞       阿久悠
・作曲       中村泰士
・編曲       高田弘
・リリース日    1973年8月25日
・発売元      ビクター
・オリコン最高位 18位
・売上げ枚数   15.9万枚

えー、前回は山口百恵さんの「最初期」のヒットということで、デビュー第2弾の「青い果実」を持ってきたんだけど、そこでも「対比」として桜田淳子さんを書いたんで、今回の1曲セレクトは、そこをちゃんと書かないと行けないよなぁ・・・。

・・・っちゅうことで、またまた1973年(昭和48年)の今頃のヒットです。 

曲はモチロン、桜田淳子さんの「わたしの青い鳥」ですね。 そそそ、先週書いた「青い果実」とこの曲は、「同時期」だったんですよね、ヒットしたのが。

個人的には、この「わたしの青い鳥」の方が先・・・だとばっか思っていたんですよねぇ。 ・・・というか、この曲がデビュー曲だと思ってたもの、昔は。

実際は、デビュー第3弾シングルなんですよねぇ、この曲は。

やっぱり、最初期の桜田淳子さんといえば、この曲だったんですよね、イメージが。

だってさ、当時4才だったワタシでさえ、この曲は知ってたもの。 うん山口百恵さんの「青い果実」はずっと後だったけどさ、知ったのは。

そのくらい、当時、テレビで流れてたのかしらん  うーむ、その辺、確実に分からないのがちょっと悔しいところなんだけど。

個人的に、この曲を知ったは、恐らく・・・だけど、日本テレビの「おはようこどもショー」だった・・・・んじゃないかなぁ。

今の40代後半、50代の方には懐かしいですよねぇ、ロバくんが出てた(着ぐるみの「中身」は愛川欽也さんでしたよね)、こども番組。 
そそそ、ウラのフジテレビでは「ピンポンパン」をやってたっけ。 こども番組多かったんだよね当時は。
まあ、それだけ、こどもの数が多かったって事なんだろうけど・・・。

あの番組、こども番組だったけど、週末は、「こどものどじまん」とかやってましたよね

あれで、この曲、よく歌われてたのを覚えてるんだよなぁ。 それで覚えちゃったんですよ、この曲。
この曲とか、伊藤咲子さんの「ひまわり娘」とか、小坂明子さんの「あなた」。 この3曲は、よく歌われていたのが、なんか妙に記憶に残ってたりするんだよね。

まあ、それだけ、ちびっこにも人気だったんでしょうね、デビュー当時の桜田淳子さんは。

先週も書いたけど、正統派中の正統派でしたもんね。70年代アイドルの最優等生にも言われてたもんなぁ。

そう事もありーの、この年1973年の各音楽祭の最優秀新人賞は、当然のごとく、桜田淳子さんの一人勝ちって感じだったもんなぁ。

かく音楽祭でもこの「わたしの青い鳥」が歌われていたし・・・、だからね、当然のようにこの曲、ベストテン入りのそれなりの大ヒットだったんだろうな・・・・。

なんて思ってたんだけどさぁ・・・。 オリコンで「チャートブック」が発売されるまでは。。

でも、実際は、この曲ベストテン入りしてないんだよね。 最高18位。
初めて、この事実を知った時は、「えっ」って言う感じだったなぁ。 しかも、売り上げも16万枚弱でしょ。 これも意外だったんだよね。

当時、テレビから頻繁に流れていたっていう感覚から、それなりの大ヒットだった・・・っていう印象があったからさあ。

まあ、当時の感覚・・・と言っても、まだ物心が付き切っていない頃の感覚だからさあ、あてにならないっちゃ当てにならないんだけど。。。




曲については、何も言う事はないんだよなぁ・・・。
まあ、当時を知ってる方だったら、みなさん知ってるだろうしなぁ、この曲は・・・っちゅうくらい有名な曲だもんね。

ただね、今聴くと、やっぱオーソドックスだったかなぁ・・・とも思えるんだよね。

いや、あの当時は、このオーソドックスさが良かったんだけどさ、でもちょっと当たり前だったかなぁ・・って事は今聴くと感じたりするんだよな。

例えば、先週書いた、山口百恵さんの「青い果実」は、刺激的だったわけじゃん歌詞がさ。 そこが良かったんだよね。 革新的というかさ、それまでのタブーを破った曲だった訳だから。

そこから比べると、この曲は平和なんだよね。保守的・・・って言っちゃ言いすぎかもしれないけど、めちゃくちゃ安心感があるじゃん。

蛇足だけど、この曲の作曲は、中村泰士氏なんだよねぇ。 あのひげ面の中村氏が、この曲を書いたっていうのも、ちょっと想像もつかないんだけどさ 

まあ、そんな曲調の違いはあったかなぁ。 その辺は、老舗のビクターに対して、後発のCBSソニーって言う違い、それぞれのレコード会社の考え方の違いもあったんだろうね。

ただ、その後、革新路線を行った、百恵さんが時代の寵児となり、保守路線だった淳子さんが、意外と伸び悩んだっていうのは、この曲の時点からすると時代のいたずらって感じだったのかな。

でも、兎に角、明るさが売りだった淳子さんは、この路線で行くしかなかったんだろうな。


どーでもいいことだけど、ジャケ写に描いてある「青い鳥」は、「twitter」のマークにも通じるところがあったりして。。。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

黄色いリボン / 桜田淳子

1974_06_黄色いリボン_桜田淳子


今回の1曲セレクトは、「黄色いリボン」桜田淳子です。

まずはデータです。

・タイトル    黄色いリボン
・アーティスト  桜田淳子
・作詞      阿久悠
・作曲      森田公一
・編曲      森田公一
・リリース日   1974年5月25日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 10位
・売上げ枚数 16.5万枚
・ベストテンランクイン期間:1974年6月17日〜6月24日付

今年の梅雨は、ここまで「空梅雨」気味な関東地方でしたが、今日は一転、昼過ぎからシトシト雨な日曜日でしたわ。
そんな天気なんで、本来なら「雨」な曲を持ってきた方が良かったかもしれないけど、昨日、気持ちいい休みの日を考えて、曲を決めちゃってたんで、この曲をそのまま持ってきちゃいます。

桜田淳子「黄色いリボン」。

この曲、気持ちいいんだよなぁ。初期の桜田淳子さんの曲の中では、個人的には一番好きかな。
もちろん、超有名な「わたしの青い鳥」もいいんだけど、何分「手垢」がかなり付いてるからなぁ。それに比べて、この曲は、今となっては「死角」に入っている感じもするからさあ。

本来なら、この年初めての紅白出演で歌ったこの曲なんで、広がりを見せていてもいいんだろうけどさ。

今となっては死角に入ったような印象を受けるのは、この曲の売り上げに関係しているのかもな。
オリコンではベストテン入りしたものの10位ギリギリ。 売り上げも16万枚強でしたからねぇ。

80年代アイドルだったら、堀ちえみ、石川秀美クラスのヒット・・・と言う訳ですわ。
B級とは言えないでも、必ずしもA級とも言えない・・・その程度のヒット規模ですわな。
・・とすれば、今となっては死角に入ってしまっていてもしょうがないか・・・っていう気分にもなってきたりするんだけど。。

でもね、桜田淳子さんのこの頃までの初期の売り上げ推移をみると、こんな感じが続いていたんだよね。
10万枚後半程度。
前年73年の新人賞を悉く受賞し、新人女王って言うイメージ、プラスして例の、山口百恵さん、森昌子さんとの「中3トリオ」っていうネーミングまであった訳だから、さぞかし売り上げも高かったんだろう・・・っていうイメージもあるんだけどさ。実際的には、そんな状況だったんですわ。

そんな状況に風穴を開けたのが、この曲がリリースされたちょっと後にリリースされた、百恵さんの「ひと夏の経験」であり、淳子さんとしては、この半年後の「はじめての出来事」で初のオリコン1位を獲得となったことで、両者とも事実上の「本格ブレイク」となってからですよね。本当の意味でのスターダムを駆け上がったのは。

そんなこともありーの、この「黄色いリボン」って曲は、まだ本格ブレイク前の「純粋」な淳子さんが見れる最後の方の1曲なんじゃないのかなぁ。

ま、兎も角、曲は一片の曇りもない、本当に純粋かつポップな1曲だよなぁ。 本当なら、昨日までのようなカラッとした晴天下で聴くと気持ちいい曲なんだけどね。
個人的には、後年で言う「ハネ」系なイントロと、Aメロのメロディラインにはちょっと驚いたんだけどさ。
それにしても底抜けに明るいキャラクターを売りにしていた初期の淳子さんにはピッタリの曲だったと思うわな。
 今聴くと70年代でもちょっと古臭い、70年代前半の象徴のような曲が多い森田公一氏の作曲、アレンジにしては、他には見られない「新鮮さ」を感じたりしてね。 いや、だからこそ、この曲に引っかかったんだろうな。

この曲がリリースされた74年、ヒット曲界を見ると超大ヒットな演歌・歌謡曲が多かった年でもあり、歌謡曲全盛期と言える訳だけど、70年代も中盤に差し掛かり、ポップスに関しては少しずつ新たな試みが始まって来ていたんだよな。

ただ、Bメロ以降は、やっぱりちょっと古臭いよなぁ。この曲がリリースされた74年って言う時代にしても、それよりも1〜2年前のような・・・。お馴染みの安心感といえばそうかもしれないけど、Aメロほどの新鮮さは感じないんだよな。 そこがちょっと惜しいっちゃ、惜しいんだけどさ。




たださ、タイトルの「黄色いリボン」っちゅうのは、ドーンの「幸せの黄色いリボン」(Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree)のパクリだよね、ちゅうのはあからさまだよな・・・って感じもするけどさ
ちょっとハネ系で無条件に明るい曲想も、「幸せの黄色いリボン」に似てるっちゃ似てるしな。

まあ、穿った考えをせずに、もっと素直に聴けばいいんだけどさ。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

追いかけてヨコハマ / 桜田淳子

  1978_03_追いかけてヨコハマ_桜田淳子


今回の1曲セレクトは、「追いかけてヨコハマ」桜田淳子です。

まずはデータです。

・タイトル     追いかけてヨコハマ
・アーティスト   桜田淳子
・作詞       中島みゆき
・作曲       中島みゆき
・編曲       船山基紀
・リリース日    1978年2月25日
・発売元      ビクター
・オリコン最高位 11位
・売上げ枚数   16.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 8位
・ベストテンランクイン期間:1978年3月20日〜4月3日付

それぞれのアーティストにはターニングポイントってあるんだよなぁ。
特にビックヒットを連発していた、いわいるトップアーティストになればなるほど、そのターニングポイントっていうのは顕著になってくるんじゃないかなぁ。
あれがあったからトップアーティストにブレイクした。逆に、あれを境にヒットから遠ざかった・・って言う境ですね。

要因としては、特によく見られるのが時代との折り合いですよね。 楽曲が時代と折り合わなくなったとかさ。それと、単純にアーティストパワーが弱くなってきたっていうのかな。 まあ、この2点が複合的に絡み合うっていところが一番多いかもしれない。

ヒット曲クロニクルの時代的なターニングポイントとして、振り返ってみると、その一つとして1978年って言うのがある。
 70年代アイドル時代の終焉と、反面、ニューミュージックの台頭って言う時代の流れですね。 その中間的な役割として「ザ・ベストテン」があったもするんだけどさ。

今回は、そんな1978年がターニングポイントとなった方の曲をひとつ。

桜田淳子「追いかけてヨコハマ」。

この曲覚えてる方、いらっしゃいますかぁ〜。 いや、あの時代を知ってる方は、まだ、知ってらっしゃる方も多いかな。

この曲の前が、「しあわせ芝居」っていう中島みゆき、作詞作曲で話題になった曲。 それまで暫く「中だるみ」的な売り上げとなっていた、桜田淳子さんだけど、この「しあわせ芝居」で、再び息を吹き返した・・・という。

で、今回の「追いかけてヨコハマ」それにつづく、中島みゆきさん作詞作曲の第二弾シングルですね。

でもですね、約36.5万枚の売り上げを記録し、オリコンで3位まで行った「しあわせ芝居」に対して、この「追いかけてヨコハマ」は、売り上げ16.4万枚。オリコンではベストテン入りも逃す・・・という、トップアイドルの座について以後、初めてと言ってもいいほどの低レベルの売り上げに終わってしまう。

まあ、要するに「柳の下にドジョウは2匹」居なかった・・・って事になる訳なんだけどもね。

だけんども、なぜに、急にこれだけ売り上げが下がったのか・・・って言うのもあるんだよね。

なにせ、前作からいきなり半分以下の売り上げ。 それだけでなく、オリコンではベストテン入りも出来なかった・・・と。

ま、そこが最初に書いたような時代の流れ、時代のターニングポイントだったんじゃないか・・・そんな風に感じる訳なんだよね。

同じような傾向にあったトップアイドルが、もう一人。 そそそ野口五郎氏もそうなんだよな。

まあ、桜田淳子さんも、野口五郎氏も、オリコンは別として、「ザ・ベストテン」では、78年中はベストテン入りしてたし、野口五郎氏なんかは、78年秋に「グッドラック」のヒットで息を吹き返したように思えたんで、あの時点では、それほどのダメージは感じなかったかもしれない。

でもさ、今振り返ってみると、それ以前、数年の「全盛期」に比べると、確実に売り上げは下がってきてたからなぁ。
その傾向が富に現れたのが78年なんだよね。

特に桜田淳子さんは、この「追いかけてヨコハマ」を皮切りに、次の「リップスティスック」でぎりぎり、オリコン10位に食い込んだものの、それが「最後」のベストテン入りとなってしまう。
明らかなアーティストパワーダウン・・・そう言う傾向の時期だったんですよね。


まあ、上で再三書いたように時代の流れとアーティストパワーというのは大きな要因ではあるんだけども、曲調の変化っていうのも大きかったんじゃないかなぁ。

この「追いかけてヨコハマ」って曲。 今聴くと、ほぼ「歌謡曲」なんだよね。前年まで見られた「ポップス」的な曲調とは明らかに違う。

ま、その過渡期となった、前曲の「しあわせ芝居」もそれまでの曲調とは違った。 けど、この曲はそれまでのアイドルには無かったような曲調が新鮮だったんだよね。
 メロディラインがクラシック的でさ。 いや伝統的なクラシックというよりは、イージーリスニング的というかね。そんなメロディラインが新鮮だった。それに加えて中島みゆきさんがアイドルに曲提供したっていう話題性も加わったしね。 

でも、この「追いかけてヨコハマ」って言う曲は、おなじ中島みゆきさんの曲でも、それほど新鮮味がないんだよね。もろ歌謡曲的。
 時代は歌謡曲からニューミュージックへ・・・っていう曲調の変革期。いかにそれまで無かったような新しい楽曲が出てくるか・・・って言う期待があった中、時代を逆行して行ったかのような感じが強いんだよな、今聴いても。
そそそ、78年の曲と言うよりは、75年くらいの匂いがするんだよね。

当時、桜田淳子さんはまだ19才だったはずなんだけど、それにしては大人びた・・・いや、老けた感じの曲だよな・・・って言う印象も拭えなかったりもしてさ。

まあ、それらの要因が色々と絡み合っての売り上げだったんだろうな。

ただね、色々と書いたけど、個人的には、意外とこの曲印象に残ってたりするんだよね。 
当時、まだ、ヒット曲の世界には足を踏み入れてなかったワタシだけど、この曲は覚えてたりしたもんな。
むしろ、この曲の次の最後のオリコンベストテン入りとなった「リップスティック」の方が印象に無い。

本来なら、松本隆−筒美京平っていう、個人的に大好物路線である「リップスティック」の方が印象に残りやすそうに思えるんだけどね。

やっぱ、中島みゆきさんの曲っていうのは、時代性を超えたアクの強さっていうのがあるんだろうな。 だから、それが洋楽的だろうと、歌謡曲的だろうとアクの強さで印象に残ってしまう・・・と。

そんな所を感じさせる1曲だったりしてね。



ちなみに、この曲と全く同時期にヒットしていたのが、木之内みどりさんの「横浜いれぶん」。
奇しくも、同じ「横浜」を舞台にしたヒット曲だったしたけど、印象としては、やっぱこの「追いかけてヨコハマ」がひとつ上だったかな。

それにしても、この後も「横浜」を舞台にしたヒット曲って多いよね。
「歌謡曲」っていう音楽のイメージが、横浜と合うんだろうねぇ。
どこか異国情緒を感じる趣と、日本的な趣が交差する街って言う雰囲気が差。 
歌謡曲も、向こうの音楽の官能的な部分と、日本情緒が交差した音楽だからさ。そんな異種交流的な雰囲気がシンクロするんだろうな。


よろしかったらポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

はじめての出来事 / 桜田淳子

1975_01_はじめての出来事_桜田淳子 








今回の1曲セレクトは、「はじめての出来事」桜田淳子です。

まずはデータです。

・タイトル     はじめての出来事
・アーティスト   桜田淳子
・作詞       阿久悠
・作曲       森田公一
・編曲       竜崎孝路
・リリース日    1974年12月5日
・発売元      ビクター
・オリコン最高位 1位
・売り上げ枚数   52.7万枚
・ベストテンランクイン期間:1974年12月16日〜2月24日付

 アイドルにはライバルが付き物ですよねぇ。 ワタシらの世代だと、松田聖子vs河合奈保子、田原俊彦vs近藤真彦 etc、当時の月刊「明星」とかでライバル企画、あったじゃん。
 それが、もうちょっと時代を遡ると、山口百恵vs桜田淳子 etcだった訳ですよね。

たださ、実際のヒット曲と言うところで、ランキング的にはどうだったかと言うと、こんな感じでライバルって言われる関係では、片方は「強力」な売り上げだったのに対して、片方は、ライバルと言われるほど売れてなかったりするんだよなぁ。 まあ「実売」というデータ上に於いては・・・って言うところだけど。

 松田聖子vs河合奈保子ってところでは、かなりハッキリしてたじゃん。レコードの売り上げでは。オリコンで連続1位記録を打ち立ててた松田聖子に対して、河合奈保子は1曲しかないしね、オリコン1位は。

アイドルの世界だけでなく、相撲の世界でも全く同じで、ことライバルと言われた力士同士は、片方がべらぼうに優勝回数が多くて、片方はそうでもない・・・って事が多いからなぁ。

まあ、同じ時代にお互いに「人気を二分した」っていう意味でのライバルな訳なんだよね。


・・・・ということで、今回は、70年代、そんな感じで、山口百恵と人気を二分した、よきライバルでもあった桜田淳子さんでも持って来ましょうかね。

75年のオリコン1位獲得曲 「はじめての出来事」。

↑で、松田聖子vs河合奈保子 っていうところで、オリコン1位獲得曲数対決を挙げたんだけど、実は、山口百恵vs桜田淳子 って言うところで見ると、これが全く同じような傾向で、山口百恵は複数曲(4曲)、1位を獲得していたのに対して、桜田淳子さんは、今回セレクトしてきた「はじめての出来事」ただ1曲なんだよねぇ。

つまりさ、80年代の河合奈保子さんと同じなんですよ〜。 まあ、偶然だろうし、70年代と80年代でのオリコン1位の価値っていうのも全然違うんで、一概には比べられないんだけどさ、なんか因縁というか、偶然を感じるんだよなぁ。

 しかもライバル対決を制しているのが、松田聖子と山口百恵っていう同じCBSソニーっていうのもなんかの因縁でしょうかねぇ。


たださ、この「はじめての出来事」では、ヒットチャート上でも、山口百恵さんと、1位獲得争いの激闘( うわっ大げさ)、まさに真の頂上争いを繰り広げられていたのを知っているのは、かなりオールドなヒットチャートファンですよねぇ
 
 そそそ、山口百恵さんは、丁度同じ頃、自身初めての1位獲得曲となった「冬の色」が大ヒット。この2曲で、1位獲得争いを演じていたんですよ〜。

当時の古〜いオリコンチャートを見てみると、1974年12月23日付で、「冬の色」が早くも1位を獲得。そこから5週連続1位を獲得。
 遅れて、1975年1月13日付で、「はじめての出来事」が2位まで上昇。

1位 冬の色         山口百恵
2位 はじめての出来事  桜田淳子

なんていう、ゴールデンコンビのランクを形成。 ここから3週間、このランキングでくんずほぐれずを繰り広げ、
ついに 2月3日付で、「冬の色」がパワーダウン。

1位 はじめての出来事  桜田淳子
2位 冬の色         山口百恵

・・・と「はじめての出来事」が逆転1位を獲得・・・・。
なんていう、チャートアクション記録が残ってたりするんだよね。

まさにライバル盟友決するようなチャートアクションを繰り広げていた期間だけど、結局、こんな激闘なチャートアクションを見せたのは、この時1回だけなんだよなぁ。

ちなみに、最終的な売り上げ枚数は、「冬の色」も「はめての出来事」も、どちらも52万枚と「痛み分け」的な感じかなぁ。

でも、当時、アイドルは50万枚が一つの「壁」になっていて、70年代アイドルで50万枚を上回った曲は数えるほどしかないんだよね。
 それを考えると、両者とも50万枚を突破した訳なんで、かなりの大ヒット曲だったことは間違いないよね。


ところで肝心な曲の方なんだけど、これはかなり対照的だったと言ってもいいだろうなぁ。
「冬の色」については、以前1曲セレクトですでに書いたんで、詳細はそちらに譲るけど、かなり大人っぽいんだよね。
 陽の淳子、陰の百恵なんて、当時は言われてたけど、それを完全に印象付ける様なそれぞれの曲調だったんじゃないかなぁ。

 そそそ「はじめての出来事」は、能天気なほど明るい曲調だったしね。

ただ、今聴くと、流石に曲調は古いなぁ。シンコペーションを多用し、1,3拍目強、いわいる前打ち強調なリズム。それと、4、7抜きっぽいメロディ。 これを聴くと70年代だよなぁ・・・っていう気分になっちゃうんだよね。
・・・っつうか、作曲者の森田公一氏の特徴だよなぁ。

まあ、その前に、竜崎孝路氏のアレンジが「70年代」って感じなんだよねぇ。
うーん、コトバにするのは難しいんだけど、如何にも狭いスタジオで録音しました・・・って言う様なリバーブの少ない籠った音っちゅうのかなぁ。録音チャンネルが当時から見て一昔前っていうか(当時、主流は16チャンネルになっていたと思う)、ちょっとチープなんだよね。


なんて、曲の事を考えると、よく1位取れたなぁ・・・なんて思っちゃったりしてね。
まあ、それだけ淳子さんの人気も絶頂期だった・・・って事なんでしょうね。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

十七の夏 / 桜田淳子

1975_08_十七の夏_桜田淳子






今回の1曲セレクトは、「十七の夏」桜田淳子です。

 まずはデータです。

・タイトル    十七の夏
・アーティスト  桜田淳子
・作詞      阿久悠
・作曲      森田公一
・編曲      竜崎孝路
・リリース日   1975年6月5日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   40.4万枚
・オリコンベストテンランクイン期間:1975年6月16日〜8月25日付


 なぜか、今になって阿久悠氏の著書「夢を食った男たち」というノンフィクションの文庫本を読み漁ってる。
まあ、半分は「スター誕生物語」って言ってもいいような内容なんだけどねふらふら

 でも、当時の「スター誕生」の内情等の裏側が事細かく書かれてて興味は尽きないですね。
 
 実はですねぇ、「スター誕生」については、2000年に、当時放送していた、「情報最前線」っちゅう番組で、一応の一通りの流れは放送してたんだよねふらふら

 それをさらに掘り下げて・・・って言う感じなのかなぁ。でも、興味がある方は読んで見てくだされ。

・・・・だからして、やっぱり、今日は阿久悠氏の曲だよね。

 なんせ、膨大な作品の数だからねぇ、今ごろヒットしてた曲っていうのも、数多くあるんだけど、あんまりマニアックにしてもねぇ・・・ってのもあるから、素直に行きますか。


 桜田淳子。。。 いいじゃん。

 桜田淳子で、今ごろの季節のヒット・・・っつったら、76年の「夏にご用心」かなぁ。。

 ♪ 夏は心のかぎを 甘くするわ ご用心〜 ♪

 うむ、桜田淳子のモノマネっったら、この曲・・・みたいなところがあるから、当時を知らない方でも、知っているでしょ・・・。

 だけどね、もう、この曲、この間書いたばっかなんだよなふらふら


 ・・・なので、時代を1年前に戻して、75年の今ごろのヒットをば。。

 「十七の夏」でどうだ!


 実際的に、売上げ枚数的には、「夏にご用心」よりも、こっちの曲の方が売れてたんだよね。
 なにせ、売上げ枚数40.4万枚は、74年12月リリースの「はじめての出来事」の52.7万枚に次ぐ売上げ枚数だったりするからさ。

 まあ、流れからすると、このころが桜田淳子の「全盛期」とも言えるな。

 よく、山口百恵と比較されるけど、山口百恵は、この辺の時代から、逆にでかくなってったんだよね。

 だから、「人気」という点では、丁度、肩を並べてた時期だとおもう。


 うーん、でも、ドラマでも、若干、言及してたけど、陽の淳子、陰の百恵っていうイメージがあったわけで、イメージ的には、まだ、淳子の方が上だったからも知れない。。

 「知れない」なんて、あいまいなコトバ使っちゃったけど、いや、なんせ、まだ、ワタシもタイムリーにヒット曲聴いてた時代じゃないんでねぇ・・・ふらふら  あくまで、推測の域なんだけどさ。

 
 うん、新御三家もそうなんだけど、中三トリオについても、ワタシ位の年代のもってるイメージと、ちょっと違うかもしれない・・・って、おもうんだよねぇ。

 いや、推測だけじゃなく、実際にランキングを見てても、75年位の時期って、例えば、新御三家では、野口五郎が一番動きがよかったんだよね。
 これって、ワタシのイメージからすると、若干、イメージ違うんだけどさ。 やっぱ、ワタシら・・・っつうか、ワタシ的には、やっぱ、西城秀樹っていうイメージが強いからさあ。

 それと同じで、中三トリオも、個人的には山口百恵っていう、イメージが強いんだけど、75年位までは、桜田淳子が一番、動きはよかった・・・と。

 結局、人気って、早熟型と、大器晩成型ってあるからねぇ。。
それからすると、山口百恵は大器晩成型、桜田淳子は早熟型っていうタイプだったんだろうな。


 もちろん、曲については、全くタイプが違ったけどね。
 桜田淳子の曲って、モロ、スタンダードなんだよね。70年型アイドルの典型的な曲調が多いのよ。

 この間、榊原郁恵の「夏のお嬢さん」でも書いたように、前強、後弱型。 つまりさ、小節の1拍目と3拍目が強、2拍目、4拍目が弱っていうリズムパターンなんだよね。

 80年代に入ると、これが、逆になる。つまり、前弱、後強っていうリズムパターンね。

 ここが、70年代と80年代ポップスの一番の違いかなぁ。

 今日引っ張って来た、「十七の夏」も、その典型な曲だよなぁ。

・・・っつうか、作曲の森田公一氏って、このパターンの曲が特徴的だったから。。。

 いや、だから、森田氏の作曲の曲を聴くと、「うわっ、モロ70年代」って思えるし、それいえに今聴くと、「古いなぁ〜」って言う印象が強いんだよな。このパターンは80年代に入ると急に、売れなくなっちゃったんだよね。 
 うーん、時代の変化ってコワイねぇ。

 それと、森田氏のメロディラインの特徴は、シンコペーションだろうな。

 前強、後弱 プラス、シンコペーションがかった、メロディラインだったら、ほとんど、森田公一氏・・・って思っても、しかり・・・って感じだもんなぁ。


 ところで、小泉今日子の87年夏のヒットの「スマイルアゲイン」って、この曲へのオマージュが含まれているっていうのは、有名な話かな。

 うん、「スマインアゲイン」の間奏のオカリナの部分は、この曲のメロディなんだよね。

 「十七の夏」の出だしのAメロ

 ♪ 特別に愛してよ 十七の夏だから〜 ♪

の部分なんだよね。

 ワタシとしては、そっちの方が先立ったりして、この曲を意識して、そんでもって、実際に聴いたのは。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

夏にご用心 / 桜田淳子

1976_07_夏にご用心_桜田淳子







今回の1曲セレクトは、「夏にご用心」桜田淳子です。

 まずはデータでーす。

・タイトル      夏にご用心
・アーティスト    桜田淳子
・作詞        阿久悠
・作曲        森田公一
・編曲        高田弘
・リリース日     1976年5月21日
・発売元       ビクター
・オリコン最高位   2位
・売上げ枚数     36.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1976年6月7日〜8月16日付

 ながーい間ヒット曲を聴き続けてきて、ふと振り返ってみると、さっすがに、いまとなっては「古い曲」だよなぁ・・と思う曲があったりするんだよね。
 
 ワタシの場合、今からすると、70年代中盤くらいまでのアイドルヒットでは、うわー、古いなぁと思える曲があったりしますねぇ。

 特に、森田公一氏作曲の曲って、なぜか古さを感じちゃうんだよねぇ。
よく、森田氏の曲は1拍め「強拍」、2拍目「弱拍」の逆シンコペーションな曲がおおくて、これが70年代アイドルポップスの王道だとか言われたりするんだけど、「いま」っていうところからみると、どうも、これにふるさを感じちゃんだろうねぇ。

 それと、音の使い方とかね。いかにもチープなストリングスな曲が、まだ、あのころは多かったですからね。

 ただ、サウンドに関しては、レコード会社によって、随分差があったと思うな。70年代は。
 今からすると、CBSソニーは、アイドルポップスでもサウンドがいいんですよ。天地真理の「恋する夏の日」なんて、1973年の曲だけど、ちょっと聴くと、とても1973年のアイドルポップスの曲に聴こえない。音の広がりと低音の重さかしっかりとあるんですよね。

 逆に、ビクターの音は、古臭いんだよなぁ。十年前そのままって言うサウンドは、逆にとても70年代とは思えないサウンドだったりして。。。。。

 ・・ということで、森田公一氏 プラス ビクターの曲・・・・うーん、まさに今日引っ張ってきた、桜田淳子の「夏にご用心」は、いや、ほんとに「古さ」を感じちゃうんだよね。

 うーん、たしかに、1976年当時、タイムリーでこの曲のレコードを聴いていたわけではないから、もし、タイムリーで聴いていたらどんな感想を持ったのかっていのうは、分からないんだけど、少なくとも今聴いてみると、そういう感じなんだよなぁ。


 いや、上で、当時タイムリーで聴いてなかった・・って書いたけど、厳密に言うとウソで、テレビではよく聴いてたもんね。
 で、逆にテレビでは、そんな古さは感じなかったんだよね。

 うーん、録音技術の差って言うのもあるだろうけど、得てして、当時はレコードで聴くよりかはテレビの方がよく聴こえる曲が結構ありましたよね。

 個人的には、この曲がその典型ですねぇ。


 曲そのものは、インパクトがありましたよね。

 まあ、だいたい40年たったいまでも、この曲モノマネする人が多い・・・・

 うーん、「桜田淳子」っていったら、この曲のモノマネする人が多いのかなぁ。

 例の

♪ ぬぁつーは心のかぎーを あまーくするわ ごようじん ♪ 

 っていうアノ曲ですね。

 曲構成は、↑のAメロ Bメロ サビ っていう典型的な曲ですけど、サビが異様に簡単なんだよね。

♪ 白い 水着のあとが まぶしく 見える夏の午後 ♪

・・・詞にするとこれだけ。 メロディ的には8小節だよね。

 でもさ、たとえこれだけの詞でも、充分伝わってくるんだよね。いや、少なくとも情景は浮かぶでしょ。

 あのさ、最近おもうんだけど、曲ってこれでいいんぢゃないかなって思うんですよね。

 よく行間を読ませる・・っていうんだけど、それが音楽なんぢゃないかなぁ・・と。

 さいきんの曲は、詞が「説明文」的で長いんですよね。内容が細かすぎる。 たしかに親切ではあるけど、あまりに説明されすぎてて、逆にうっとうしい。
 まあ、そうじゃなきゃ曲が作れなくなってきているのかも知れないけど、特にHIP HOPなんかはさ。

 でも、シンプル イズ ベスト。そういう行間を読ませる曲も必要なんではないかと。それがシングルなんぢゃないかなぁ・・と。


 曲は古いかもしれないけど、このころの曲を聴くと、そういうことを感じますねぇ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

サンタモニカの風 / 桜田淳子

1979_05_サンタモニカの風_桜田淳子






今回の1曲セレクトは、「サンタモニカの風」桜田淳子です。

 まずはデータです。

・タイトル     サンタモニカの風
・アーティスト   桜田淳子
・作詞       阿久悠
・作曲       萩田光雄
・編曲       萩田光雄
・リリース日    1979年2月25日
・発売元      ビクター
・オリコン最高位  24位
・売上げ枚数    12.3万枚
・タイアップ:ナショナルエアコンCM曲

 1曲セレクトって、基本、昔を振り返って「書いている今」と同じ時期にヒットした曲を引っ張ってきて書く・・・ってようにしてるんだけど、それでもどうしても、若干、ヒットしていた時期とズレちゃう事もあるんだよね。

 じつは、今回引っ張ってきた曲、実際、一番のヒットのピークは4月だったの。 だから、5月の今の時期はすでにランクダウンしかかってたんだけどね、まあ、ご勘弁あれ。

 その曲とは、

 サンタモニカの風   /桜田淳子

どえす。 知ってる人にとっては「なんだ、あの曲ね」、しらない人にとっては「全く知らん」って言う曲かなぁ。

 うん、79年当時を知っている人にとっては、すっかりおなじみな曲だもんね。

 エアコンのCMで、当時ガンガン流れてたし、桜田淳子のモノマネっつったら、この曲でモノマネすることも多いもんね。

 はい、「ナショナル」のエアコンですね。うーん、珍しいっちゃ、珍しいのかなぁ、ナショナルのエアコンのCM曲って。後は、徳永英明の「風のエオリア」くらい?


 桜田淳子、後期の代表作といっても過言ぢゃないでしょう。

みんな

♪きてー きてー きてー きてー サンタモニクァ〜 ♪

って歌ってぢゃん。

BUT! ですよ・・・。それにしては、オリコン最高位24位っっうのは、淋しいんでないの?

 ベストテンしか見てなかったワタシでさえ、この曲はばっちし覚えてたんだけどねぇ、当時から。

 まあ、当時は、ニューミュージック全盛期。アイドルは軒並み「苦戦」の時代。

 プラスして「70年代型アイドル」っていうのも完全にアナクロな時期に入っていたこともあって、アイドルは全体的に低迷⇒消滅 な時期だったんだよね。

 そういう中での、このテの曲での最高24位っていうのは、当時とあってはかなりがんばってたほうな訳です。

 ♪来て 来て 来て 来て サンタモニカ〜 ♪

のメロディは、当時は、わあー、垢抜けてるぅ〜 ・・と思ったもんだけどね。いかにもカリフォルニアの青い空、カラッとした空気・・が浮かんできそうなイメージだったんだよね。

 でもさ、実際、今聴いてみると、なんとなく、違うんだよなぁ。あの当時聴いた、あの華やかな空気、カラッとしたカリフォルニアの匂いはどこへ行ったの?

・・・っていうかんじ。うん、なんとなく寂しげなんだよね。

 うーん、一番の原因は音数の少なさなのかなぁ。79年当時はこれでも、充分華やかだったんですよ。
 
 でも、今は「音の洪水」の中で暮らしてるから、どうしてもスカスカに聴こえちゃうんだよね。

 まあ、昔は頭の中で、今の曲と同じようなボリューム感を空想していたわけだから、そう感じたのかもしれないけどさ。

 それはそうと、この曲、作曲も萩田光雄氏なんだよね。いつもはアレンジ専門の萩田氏が作曲も手がけられたっていうのも、めずらしいですわね。

 ま、もともと林哲司氏と同じヤマハ系の作曲講座出身の方なので、作曲もいけるんだけど、それでもアレンジャーっていうのが絶対的な方ですからね。

 まあ、そのほかにもあることはあるんだけど、ヒットしたって言うところだったら、南野陽子の「秋のIndication」ってところか。
 いずれにしても、メロディラインはオシャレな曲が多いいんですよね。
 アレンジの大胆さとはウラハラに、意外とおとなしい曲がおおいっていう印象はあるね。
 
 ジャケ写・・うーん、やっぱり、古い感じがするよね。今見ると。。




よろしかったら、ポチッと押してね。
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード