かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

松岡直也

太陽がくれた季節 / 青い三角定規

  1972_05_太陽がくれた季節_青い三角定規


今回の1曲セレクトは、「太陽がくれた季節」青い三角定規です。

まずはデータ です。

・タイトル    太陽がくれた季節
・アーティスト  青い三角定規
・作詞      山川啓介
・作曲      いずみたく
・編曲      松岡直也
・リリース日   1972年2月25日
・発売元     コロムビア
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数 50.2万枚
・ベストテンランクイン期間:1972年4月10日〜6月26日付
・タイアップ:日本テレビ系ドラマ「飛び出せ!青春」主題歌

最近はあまり効果も無くなってきたけど、一時期は「ドラマ主題歌」と言えば無条件で大ヒットしていた時期がありましたよねぇ。
特に80年代後半から90年代にかけては「ドラマの時代」と言えるほど、各ドラマから大ヒット曲が誕生したもんなぁ。
 今回は、そんなドラマの主題歌から誕生した大ヒット曲をひとつ。

青い三角定規「太陽がくれた季節」。

はいはいはいはい、今の50代以上の方には懐っかしい曲じゃないですかねぇ

そうです、「Let's Begin!」の村野武範氏主演の「飛び出せ!青春」の主題歌ですね。 このドラマは、この「太陽がくれた季節」がリリースされた1972年2月から1年間放送されたドラマですが、日本テレビお得意の「青春ドラマ」ですわ。
日曜20時〜21時・・・ていうNHK大河ドラマの「裏」っていう不利な条件ながら、大人気を博していた一連の青春物の1つですね。
 ちなみに、この一連の青春物・・・・というか日曜20時〜のドラマは、この後、脈々と10年にわたって続くことになるんだよね。その中には「西遊記」もあったりしたけどね。

ところで、この「太陽にくれた季節」はドラマ主題歌というタイアップがついた作品だけど、ドラマ主題歌でオリコン1位を獲得した最初の曲なんだよね。

 この曲を発端として、この後何十年にわたって続く、ドラマ主題歌オリコン1位獲得曲の先駆けとなった、歴史的1曲と言っても過言ではないんじゃないかなぁ。

まあ、だからこそ、未だに小学校・中学校の音楽の教科書にも取り上げられ、幅広いヒトに知られている1曲になっているとも言えるんだろうけどなぁ。

ちなみに当時は、ドラマ主題歌としては日テレのドラマが強くて、この曲のすぐ後に、ドラマ「2丁目3番地」の主題歌だったビリーバンバンの「さよならをするために」もオリコン1位を獲得している。
 
ドラマと言うと、昔はTBSって言うイメージが強いけど、ドラマといえど音楽については日テレが強かったんだよね昔は。流石は在京局の中で音楽班が一番強かった日テレだけのことはあるか。

ところで、72年と言うと、ワタクシは2才〜3才だったわけで、まだ物心もろくについていない頃だけど、この曲は、その後、物心ついたあとに改めて聴いた時も、覚えてましたねぇ。
 物心はついてなかったけど、どっかでちゃんと聴いてたんだろうね。その辺の詳細は全然覚えてないんだけどさ。

作曲は、いずみたく氏。
いずみたく氏のメロディって独特なんだよなぁ。独特の引っ掛かりって言うのかなぁ、カラーがあるんだよね。
例えば、この曲だったAメロの

♪ 君は何を今 見つめているの〜 ♪ の♪見つめているの♪ ってフラットがかかったメロディ展開になる部分とかさ。
 コトバでは、ウマく説明できないんだけど、少なくとも「あれっ?」って思わせるフックになる部分があるんですよね。 
 それは、例えば筒美京平氏だったらバタ臭さがきわだってる匂いがしたりするんだけど、いずみたく氏はバタ臭さの中に日本的な匂いもミックスされているっていかさあ、なんか独特の匂いがするんだよな。
例えば、パスタに明太子ソースを絡ませてたっていう和洋折衷っていう独特のセンスっていうのかなぁ。
それは、この曲でも、生かさせているよね。 まあ、オリコン1位を取るくらいだから、プラス大衆性っていうのも充分にあるんだけど。

それと、この曲のアレンジャーって、松岡直也氏だったんだってねぇ。
実は、これは私も今知った  うん、これ書くにあたって、ちょこっとネットで資料を探してたら出てきたんだよね。
 松岡直也氏といったら、中森明菜の「ミ・アモーレ」の作曲・編曲者って事は有名だけど、まさかこの曲も手掛けていたとはねぇ。てっきり、ずっとラテン系なジャズピアニストだと思ってたですわ。
 でも、もともとは、いずみたく氏直系のヒトだったんだらしいですね。

まあ、たしかに言われてみれば、イントロのプラスの使い方とか、「ミ・アモーレ」のイントロのプラスの使い方に似てるかな・・・・って感じはするけどさ。
でも、曲本編からは、全然、想像がっ無かったな。

いやいや、いまでも知らない事っていろいろあるわなぁ。1曲セレクト書いてると改めて勉強になることも多いわぁ。

件の青い三角定規は、ボーカルの西口久美子さん、ギターの高田真理氏、岩下茂氏の今で言えば3人ユニット。そそそ、今の「いきものがかり」と全く同じ編成ですわね。
松岡直也氏と同じく、いずみたく氏人脈のヒト達だったんだけど、いわいるヒットチャート系の大ヒット曲は、この曲、1曲のみ。
いわいる「ワンヒットアーティスト」⇒「一発屋」ってわけで、この曲で各音楽祭の新人賞を受賞するも、僅か3年で解散してるんですよね。





それにしても今の曲に比べると短い曲だよね。フルサイズで2分30秒ほどしかない。
当時、ウタは3分間の旅って言った人がいたけど、まさにそうだったよなぁ。
ちなみに1曲3分っていうのは、昔々、レコードが78回転のSP盤が主流だった頃、片面3分程度しか録音できなかったんでそうなったらしいですね。
でも、尺は2分30秒でもメロディも歌詞も余分な贅肉が無く、焦点がはっきりしてるんでがちっと引っかかるんだよね。
最近の曲は余分な部分が多いし、歌詞も説明的。だから曲の焦点がはっきりしないんだよね。
その辺りを見直した方がいい様な気がするな、今の曲は。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

赤い鳥逃げた / 中森明菜

1985_05_赤い鳥逃げた_中森明菜






今回の1曲セレクトは、「赤い鳥逃げた」中森明菜です。

 まずはデータです。

・タイトル   赤い鳥逃げた
・アーティスト 中森明菜
・作詞     康珍化
・作曲     松岡直也
・編曲     松岡直也
・リリース日  1985年5月1日
・発売元    ワーナーパイオニア
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数  35.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1985年5月20日〜7月1日付

 12インチシングル。。前々からここでは名称だけは書いてきてたんだけど、12インチシングル曲そのものを書いたことは、今まであんまりなかったかなぁ。

 かなり前に佐野元春の「CHRISTMASTIME IN BLUE」を書いて以来・・・のような気がする。

 当然ながら、今ではそういった呼び名の「メディア」はない。
 うーむ、今の20代後半〜30代前半の音楽ファンだったら、10年位前に、8cmシングルに対しての、12cmの「マキシシングル」と思ってもらってもいいのかなぁ。

 うむ、こちらはCDに対して、「アナログレコード」、いわいる「黒盤」なんだけどね。

 アナログレコードの場合、通常シングルは「7インチ」と呼ばれる、いわいる「ドーナツ盤」・・・真ん中がドーナツのように穴が開いているレコードだったんだけど、それに対して、この12インチシングルは、文字通り「12インチ」盤、そうね。当時の「LP」と同じ大きさのレコードだったのよ。

 たしか日本で最初の12インチ盤と呼ばれるシングルは、さだまさしの「親父のいちばん長い日」だったと思う。

 ただ、この曲は、「尺」が長すぎて、7インチに入りきれないんで、しょうがなく12インチにしたっていう感じであり、最初から12インチという形にこだわったわけでもないんだよね。

 ちなみに、7インチの場合は最大片面10分だったっけな・・・。「親父のいちばん〜」は13分もあったからねぇ。なんで、7インチじゃ入らないのよ。

 それと違うのは、このころの12インチは、きちんと「12インチ」としてリリースされていたからねぇ。

 ただ、いわいるアイドルポップス系の場合、通常のシングルに対して、それの「ロングバージョン」で「12インチ」を作る場合が多く、だから、かなり強引な作り、つまりさ、「別に12インチ」ぢやなくてもいいじゃん・・・って物が多かったのも確かなのよ。


 そこから見れば、この「赤い鳥逃げた」っていうのは、もとから「12インチ」を意識した、数少ないアイドルポップス系「12インチ盤」といってもいいんじゃないですかねぇ。

・・・・といっても、メロディそのものは、この曲の2ヶ月前にリリースした、「ミ・アモーレ」そのまんまであり、「ミ・アモーレ」のロングバージョンであることは確かなんだけども、詞まったくちがった、この曲独自のオリジナルだったからねぇ。

 それだけでも、「ミ・アモーレ」とは違った印象な曲に仕上がって入るんだよね。

 中森明菜のボーカルにしても、この曲のボーカルトラックは、「ミ・アモーレ」に比べても伸びやかだし、余裕を感じだりしてさ。

 音もね、「ミ・アモーレ」に比べてもクリアに感じる。

 ま、これについては、やっぱり、12インチならではではあったんだろうな。何分、「アルバム」サイズの「盤」にシングルに若干色をつけただけの「尺」の曲しかないわけなんで、盤自体の収録サイズには余裕が出来る。その分、サウンドクオリティは上げられる・・・つまりさ、今のCDで言えば、それだけデータ量を多く詰め込める・・・ってわけで、やっぱ、音のクオリティにつながってきているんだよね。

 ちなみに、この曲の場合は、曲の長さは5分強。それを片面30分は入る盤に入れるわけだから、それだけ余裕があるってわけよ。


 ま、本来は、その辺も12インチシングルの売りにはなっていたんだろうけどさ、何分、大きさがでかいだけに場所をとる。

・・・・っつうわけで、通常のシングルほどは大きなセールスには繋げられにくい状況ではあったんだよね。

 この「赤い鳥逃げた」が35.4万枚セールスだったんだけど、たしか、これが12インチシングルとしては、最高売上げぢゃなかったかなぁ。

 同じ年、85年リリースのチェッカーズ「ハート・オブ・レインボー」が29.5万枚だったからさ。

 その人気も伺えるってやつだよな、この曲の。


 あ、いや、さだまさし「親父のいちばん長い日」は66.8万枚も売れてたんだっけ。。。これはどうとるべか。。。ふらふらふらふら


 ちなみに、ワタシのチャートでは3位まであがってるけど、これも12インチシングルとしては、破格の上がり方・・・っつうか、いままで、すっかり忘れてたんだけどさ。。。
 「ザ・ベストテン」では最高6位。ただし、この曲での出演はなかったんだけどね。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ミ・アモーレ / 中森明菜

1985_03_ミ・アモーレ_中森明菜






今回の1曲セレクトは、「ミ・アモーレ」中森明菜です。

 まずはデータです。

・タイトル    ミ・アモーレ
・アーティスト  中森明菜
・作詞      康珍化
・作曲      松岡直也
・編曲      松岡直也
・リリース日   1985年3月8日
・発売元     ワーナーパイオニア
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   63.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1985年3月18日〜6月10日付

 過去の1曲セレクト見てたら・・・あ、この曲まだ書いてなかったんだねぇ。

 ミ アモーレ  /中森明菜

 これは不覚。。。・・って言うのも、個人的には、この曲が中森明菜の最高傑作だと思ってるからなんたけどね。

 うん、まあ、あくまで個人的になんだけどさ。歌詞についてはなんともいえないんだけど、曲、サウンドもさることながら、中森明菜の歌唱が一番ノッてたよな、力はいっているよな、一番キレがあるよな・・・って思ってるんですよね。

 まあ、この曲にいたるまでの何曲か・・・・特に84年以降の曲から、第2ダッシュをかけてきたというのは、これまでの1曲セレクトにも書いてきた通りなんだけど、その成果がこの曲で極限に達したな・・・っていう感じなんだよね。いま思うと・・・。

 兎に角さ、この曲メロディラインが至極難しいんですよ。特に出だしの

 ♪ あなたを探して のばした 指先が 〜 ♪

のところ。そのなかでも特に♪ あなたを〜 ♪ のいきなりの3連譜での下りの見事さ。

 入りが難しいだけでなく、何分音が低い・・というのに、中森明菜じゃなきゃ出ない「味」を出してると思うんだよね。

 冗談じゃなく、この部分で、ワタシゃノックアウトでしたねぇ。

 サウンドも好き。基本、サンバなイメージでしょ。主題が「リオのカーニバル」だからさ。サンバというかラテン。

 でも、実際は、イントロ最初のストリングスの動きに続いてのブラスセクションの動き。

 こうなると、本来なら、ダサイ歌謡サンバになっちゃうんだけど、そうなってない。ストレートなラテンというより、うまく「無国籍」サウンド的な味付けに仕上がってるし・・。

 うん、特に、この曲のブラスの動きがすきなんですよ。ワタシ。
 中森明菜の独特の歌唱と声質、プラス バックのブラスの動き・・というダブルなの効果でワタシゅこの曲に「天晴れ」をやりたい気分でしたね・・・。


 逆を言えば、焦点が、はっきり定まっている曲・・・っていうか、まともな感じがしたのは、この曲までだったかなぁ・・という気もするなぁ。

 この後はなんとなく、迷走する中森明菜・・・っていうイメージなんだよねぇ。
 まあ、よく言えば「実験的」な時期ともいえるんだけどさ。


それと、この曲で第27回レコード大賞受賞。これは当時の中森明菜が「レコード業界」っちゅうワクの中でも期待されていたっていう証なんだろうねぇ。
 80年代女性アイドルの「雄」であった松田聖子は、レコード大賞とってないからさ。
 本来だったら大賞も狙えたはずの83年、84年続けて金賞止まりだった松田聖子と85年の大賞を取ってしまった中森明菜。

 その差は、そのままレコード業界での期待の差だったんだろうなぁと思うんだよねぇ。

 まあ、その分、中森明菜にとっては重荷だったんだろうけどさ・・・。 その傾向は、次の1986年あたりからジワリと出てきましたね。


あ、蛇足だけど、この曲の歌詞違い+ロングバージョン(12インチ盤)だった「赤い鳥逃げた」っちゅうのもオリコン1位獲得でしたわな。
 
 12インチ盤っていうのが、一番重宝がられていた時期も、丁度この時期でしたね。
 まあ、アイドルの12インチ盤は、ほとんど「無理やり」感がいっぱいだったんだけど、「赤い鳥逃げた」は、曲のコンセプトからして、12インチも納得できたなぁ。



この動画、恐ろしく音がいいな。これは、削除対象として狙い落とされる危険がありそうだな・・・。
見たい方は早めの閲覧をお勧めします。
 それにしても、やっぱり、この曲の時が、声の伸びも含めて、明菜は声が一番出てた気がするな。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード