かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

時間ですよ

赤い風船 / 浅田美代子

1973_05_赤い風船_浅田美代子








今回の1曲セレクトは、「赤い風船」浅田美代子です。

まずはデータです。

・タイトル    赤い風船
・アーティスト  浅田美代子
・作詞      安井かずみ
・作曲      筒美京平
・編曲      筒美京平
・リリース日   1973年4月21日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数 48.1万枚
・タイアップ:TBS系ドラマ「時間ですよ」劇中歌

今でこそアイドル全盛・・・っちゅうか1億総アイドル時代のような感じになっているけど、その源流を遡って行くと、70年代アイドルに行きつく訳ですわね。
まあ、それ以前にも今でいう「アイドル」に相当する歌手は居た訳だけどさ。
例えば60年代の弘田三枝子とか、当時のローティーン、ミルクティーンな歌い手は、今でいえばアイドルな訳だからさ。
でも、「呼称」として「アイドル」と言われたのが70年代に入ってからなんだよね。 南沙織、天地真理、小柳ルミ子の、いわいる「3人娘」が、その起源中の起源ですかねぇ。これが1971年だけど、本格的に70年代アイドルが花開いたのが1973年頃だろうな。

今回は、そんな1973年の今頃のアイドルヒットをセレクト。

浅田美代子「赤い風船」

歌い手はウタが上手くて当たり前・・・っていう常識を根底から覆して、しかもオリコン1位なんて「大ヒット」を飛ばしてたのが、このヒトのこの曲からだろうなぁ。
 アイドルはウタがヘタでも許される・・・っちゅう不文律がまかり通ったのが。 うん、少なくともそれ以前、小柳ルミ子は別格にしても、南沙織にしても、天地真理にしても、ウタはそれなりに歌えてましたからねぇ。

でも、このヒトは、「おんち」っていうのが、キャラクターになっちゃまして、しかも、それが受け入れけられたわけだからねぇ、これは、今からしてみれば画期的なことだったんだろうね。

画期的といえば、この曲、オリコンでは初登場から3週目で1位を獲得・・・っていうチャートアクションも画期的だったんだよな。

当時のチャートアクションをひも解いてみると 1973年4月30日付 32位初登場⇒2位⇒1位

・・・・と、初登場1位が当たり前の今では、全くなんてこたぁ無いチャートアクションに映るかもしれないけど、当時としてはこれは画期的なチャートアクションだったのですよ。
 
当時はロングヒットが当たり前の時代。チャートは、下の方がジワリと上昇しし、その末に1位になるって言うのがデフォルトなチャートアクションでしたからね。

まあ、物資流通も情報も今のように瞬時に日本全国に行きわたる訳ではなく、東京と地方では時間差があった時代だったわけでさ。これでもかなりのスピード1位獲得だったわけです。

ちなみに、wikipediaにも書いてあるけど、このチャートアクションが、80年12月にまっち先生の「スニーカーぶる~す」が初登場1位を獲得するまで、デビュー曲での最短1位獲得記録だったようですね。
(ただし、wikipediaでは「初登場2位」となっているけどこれは間違い。 初登場は↑で書いたように32位です)

売り上げ枚数の48.1万枚っていうのも、当時のアイドルの売り上げ水準から考えるとマックスに近い数字。
当時のアイドルは、50万枚が一つの「壁」になっていて、50万枚を突破した曲って少ないんだよね。
 それを考えると、この売り上げ枚数は、アイドルとしてはかなりのもんだったんだよね。それを考えると、人気あったんだよなぁ、この曲・・・ってのが良くわかりますねぇ。


ところで、この曲も昨日書いたC-C-B同様、筒美京平氏の作品だけど、今聴くと、アイドル曲っぽくないなぁ・・・っていう感じがするなぁ。
 京平氏の曲ってアイドルも、もっと垢ぬけている感じがするんだけど、この曲はアイドルポップスというよりも歌謡曲に近いイメージなんだよね。めっちゃ素朴だしね。

当時のアイドルの存在は、「アイドルはうんこしない」なんて言う都市伝説があったように、そのネーミングの通り「偶像」であったわけでさ、このヒトからだよね、となりの「○○ちゃん」っていう素朴さがまかり通ったのは。
 それが、そのまま曲にも出てきてる・・・・そんな感じの1曲だったよな。まあ、その辺の素朴さも人気あったんだろうけどね。

その辺はTBS系ドラマ「時間ですよ」っていう当時の国民的ドラマの劇中曲っていうこともあったんでしょうかねぇ。良く分かんないけど。。。

いずれにしても、この曲をきっかけにして、アイドルのイメージってがらっと変わったのは間違いないだろうなぁ。
そそそ、「アイドルは、かわいけりゃ、歌が下手でも許す」・・・っていう今に通じるフォーマットが出来上がったのも、このヒトのこの曲があったからだろうしね。




あー、これは73年の「歌謡大賞」の新人賞のときのだ。
でも、テロップが間違ってんだよね。 このヒトは、「東芝EMI」じゃなくて、「CBSソニー」だっちゅうの。
 
それにしても、このヒト「クリクリッ」とした目が良かったんだろうなぁ。
今の指原にも若干似てるかもしれん・・・・。 まあ、かなり譲歩してだけど。。。

↑でさんざん、ウタがヘタだ・・・って書いちゃったけど、最近はこの程度の歌唱力のヒトがいっぱいいるんで、そんなに違和感感じなかったりして。。。。 




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

昭和枯れすすき / さくらと一郎

1975_05_昭和枯れすすき_さくらと一郎






今回の1曲セレクトは、「昭和枯れすすき」さくらと一郎です。

 まずはデータです。

・タイトル    昭和枯れすすき
・アーティスト  さくらと一郎
・作詞      山田孝雄
・作曲      むつひろし
・編曲      伊部晴美
・リリース日   1974年7月21日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   100.2万枚
・ベストテンランクイン期間:1975年3月3日〜7月14日付
・タイアップ:TBS系ドラマ「時間ですよ〜昭和元年〜」挿入曲

 巷ではアベノミクスとか言われてるけど、本当に景気よくなったんですかねぇ〜。個人的には全然恩恵にあずかってないんですけど。。。
 まあ、景気がよくなった実感があるのは、「大企業」に勤めてるヒトだけらしいとのことで、♪吹けば飛ぶような〜♪、なんて、まるで村田英雄の「王将」のような会社に勤務してるワタシにゃ関係ない世界なんでしょうねぇ。

へーんだ、どうせ、ワタシャ 負組みですよーだ、ってことで、ほんじゃ、ま、今日の1曲セレクトは「負組み」の曲なぞ、ひとつ。。。

 取って置きの「負組み」の曲があるじゃないの

 さくらと一郎 「昭和枯れすすき」 ・・・・ジャジャ〜ンexclamation ×2ダッシュ(走り出す様)衝撃


 いやー、昭和って言う時代は、ほんとになんでもありで、いい時代ですねぇ〜ふらふらダッシュ(走り出す様)衝撃


 ♪ まず〜しさに〜 まけた〜    いいえ 世間にまけた〜 ♪

って聴こえてくると、賭け事に勝ってても、野球に勝ってても、ボーリングに勝ってても、何やってても、負けてる気になるから、これまた不思議なもんですねぇ〜。
 よく、パチンコで、それまで勝ってたヒトが、この曲かかると途端に玉が出なくなる・・・ってボヤいてたよなぁ

 しかし、このクラーーーーーーーーーーーーイ曲が、「ミリオンセラー」になったりしたんだから、1975年(昭和50年)って年は、一体どんな年だったんだ?

 と思いたくなっちゃったりして・・・・。

 1975年(昭和50年)・・・っつたら、あーた、ワタシャ6才ですわ。
うーんとね、巨人が球団史上初めて「最下位」になった年。オイルショック不況、ゼネスト春闘・・・・

 あーーーー、やーっぱし、暗ーーい年だったのよね。

特に、ジャイアンツ最下位・・・なんつっうのは、全国の巨人ファンの皆様にとっては、聞きたくもない年でしょうウッシッシウッシッシウッシッシウッシッシウッシッシ  (幸いにもワタシャ アンチ巨人)

 まだまだ、歌は世につれ、世は歌につれ・・・っていうのが、残っていた時代なんですねぇ。。


ただ、この曲、当時の大人気ドラマ「時間ですよ」の第3弾、「時間ですよ〜昭和元年〜」の挿入曲に使われていたって言うのは、意外とみなさん知らないんじゃないですかねぇ。

 ドラマの方は、1974年10月〜1975年4月の、いわいる2クールだったわけで、ドラマの終盤にしたがって、この曲がジワリとヒットしてきた・・・っていう流れなんだよね。ヒットの流れとしては・・・。


え? ワタシも知ってたかって?

いやいや、ワタシも知りませんでしたふらふら

 今調べて、初めて知ったのですよ・・・。

それにしても、なんてシミる曲なんだぁ。このテの曲が一番落ち着くんだよな、この頃。
子供の頃は聴いてもなんとも思わなかったのにねぇ、やっぱり年取ったんだなぁ〜。 ・・・と思うアラフィフ世代の哀愁を感じるこの頃。。。。。 


 そんじゃ、いつものように動画をどうぞ・・・
まあ、知らないヒトも結構いると思うしね、この曲。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード