かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

日産

空の下で / MY LITTLE LOVER

1998_02_空の下で_MY LITTLE LOVER


今回の1曲セレクトは、「空の下で」MY LITTLE LOVERです。

まずはデータですよ〜。

・タイトル    空の下で
・アーティスト  MY LITTLE LOVER
・作詞      小林武史
・作曲      小林武史
・編曲      小林武史
・リリース日   1998年1月21日
・発売元     トイズファクトリー
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数  11.9万枚
・THE HITCHRT HOT30最高位 11位
・タイアップ:日産「ウイングロード」CM曲

今日は1日天気がぐずついていたけど、昨日は雲ひとつない綺麗な晴天でしたな。ここの所、北風が冷たい日が続いていたけど、昨日はそんな風もおさまって小春日和だったし。

こういう日は外に出たい。

・・・というかね、ここの所、「遅ればせ」ながら、「ポケモンGO」に嵌まってまして 。。。

昨日のような天気がいい休日は、「ポケストップ」が多く存在する、千葉市の公園に毎週通ってたりするんだよね

もちろん、昨日も行ってたんだけどさ。  まあ、半分は「健康」のためって言うのもあるんだけどさ。公園って言っても割とでかくて1週4〜5kmあるからさ。ポケモンGoやりながらと言っても、結構いい運動になるんですよ。

でぇ、今回の1曲セレクトは、昨日のように、気持ちのいい小春日和の晴天な日に聴きたい1曲をひとつ。

MY LITTLE LOVER 「空の下で」。

この曲、去年もそうだったけど、今頃書こう書こうと思ってて、いつも時期を逸しちゃうんだよな。なので、今のうちに書いておこう・・と思っていたんだけど。。。

で、まあ、本来なら、天気の良かった当日だった、昨日書けばよかったんだけどね。 運動したおかげか、夜、ついつい、ウトウトと寝ちゃったんだよな。。。

なので、1日遅れで。。。

いつも書く時期を逸しちゃう・・・って事なんだけども、この曲、ヒット時期が短かったんだよな。
売り上げが11万枚そこそこだったでしょ。 ま、数字だけみれば、そこそこな売り上げとも思えるんだけども、マイラバの中では、それほどの大ヒットでは無かったし、なにより、メガヒットな時代のピーク時だったかんね。この曲がリリースされた1998年は。11万枚そこそこのヒットは、珍しくもなんともなかったんだよね。
 
まあ、そんな訳で、ヒット期間もきわめて短かった訳で、いつも、気がついたらヒット時期が過ぎてたんだよな。

それ以前に、この曲が1月21日リリースで、2月の今頃がヒットのピークだったってことからして忘れてる事が多かったんだけどさ。

この曲、気持ちいい晴天の日に聴きたくなるような曲ということからも、ホント気持ちいい曲なんだよね。

Aメロ出だしの ♪ 自転車が回転する〜 坂道を登りきると視界が開けてく〜 ♪ ってところからも、本当に自転車をこいで坂道を登りきると、青空の下に視界が広がって行くような光景が浮かんできたりしてさ。

そうだな、この曲はドライブをしながら聴きたい・・・というよりも、自転車を漕ぎながら聴きたい1曲だよなぁ。

遠い昔、ワタシが小学生の頃は、自転車小僧でさあ、学校から「子供だけで学区内から出てはいけません」ってキツク言われてたんだけども、そんなもん全く眼中になくてさ、一人で、自転車でよく遠乗りしてたんだよね。

うん、あの頃から、天邪鬼だったんだよ、ワタシ。 ヒトに言われた事に従うのがやなんだよな、ワタシはワタシの判断で行く・・・っちゅうかね、カッコよく言えば。 まあ、サラリーマンには向いてない性格ですよ。

あ、また話がずれた。。。

そそそ、そんな子供の頃、自電車で遠乗りしてた頃、坂道を上切りきって、一気に視界が広がった時に見えた光景が、広がるんだよね、この曲を聴くと。
そうだ、この時も、昨日のように気持ちのいい晴天だったんだ。

だからなのかなぁ、この曲を聴くと、いつも懐かしい気分になるんだよな。

ま、上で書いたAメロの部分からして、優しい旋律でどことなく懐かしい気分にさせられてしまうんだけどね。90年代後半というよりも70年代後半から80年代初め頃に感じた、あの優しくて懐かしい感覚っていうのかなぁ。

いや、小林武史氏の書く曲って、同じように遠い昔感じたような懐かしい気分にさせらけるって言うところがあるんだけどね。 例えば、キョンキョンの「My Sweet Home」だったら、70年代前半、まだ幼稚園に上がるか上がらないかってころ、夕方、茜空の下、公園のラッパスピーカーから流れてきた「夕焼け小焼け」を感じたりね。
 この曲は、そこまでは古さは感じないんだけども、それでも、やっぱり、子供の頃に感じたようなノスタルジックな光景なんだよね、根本は。

小林武史氏が「受けた」っていうのは、そこなんだろうねきっと。ワタシだけではなく、多くのヒトがそんなノスタルジーを感じたからじゃないのかなぁ。


ただ、そうは言っても、この曲、売れなかったからなぁ。 そこが残念でね。
日産自動車の「ウィングロード」のCMで相当かかってた訳で、大体が方が聴けば分かると思うし、個人的にもCMの時から、この曲気に行ってたんだけどもねぇ。。。




いま、改めて歌詞を見ながら聴くと、この曲、「恋の終わり」の時の曲だったんだな。。。。
今まで、まったく意識して聴いてなかったワ。
いや、曲を聴いてる限りでは、ここまで書いてきたように、気持ちいい曲なんでさ。。。


よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村

Movin'on without you / 宇多田ヒカル

1999_03_Movin'on without you_宇多田ヒカル










今回の1曲セレクトは、「Movin'on without you」宇多田ヒカルです。

まずはデータです。

・タイトル     Movin'on without you
・アーティスト   宇多田ヒカル
・作詞       宇多田ヒカル
・作曲       宇多田ヒカル
・編曲       西平彰 河野圭 Taka&Speedy
・リリース日    1999年2月17日
・発売元      東芝EMI
・オリコン最高位 1位(12cm盤)
                            5位(8cm盤)
・売り上げ枚数  88.0万枚(12cm盤)
                           34.7万枚(8cm盤)
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1999年3月1日〜4月12日付
・タイアップ:日産「テラノ」CM曲

 宇多田はこの間書いたばっかなんだけどさ、まだ書いてない曲がいっぱいあるんでね、宇多田は。
またまた持った来ちゃいました。

Movin'on without you

この時期の宇多田と言ったら、やっぱこの曲でしょ ってことでさ。 ワタシだけかもしれないけど。。。。

ま、今さら書くことでもないかもしれないけど、「Automatic」に続く、デビュー第2弾シングルということで。
個人的には、この曲の方が衝撃度は大きかったかもしれない。

 うん、確かに、以前「Automatic」を書いた時に、初めて聴いた時、

不意に「ガーン」とアッパーパンチを食らったような衝撃が脳天を走った

なんて、いかにもめちゃくちゃ衝撃があったように書いた。

ま、これはこれで事実だったんだけども、「Automatic」の時は、全く予期しない所で、あまりにも「不意」を撃たれたんだよね。
 でも、この「Movin'on without you」 の時は、「Automatic」っていう前例を知った上で曲を聴いたんだよね。 だけど、やっぱりショックだった。

「Automatic」は、最初聴いた時は衝撃を受けたけど、何回か聴いてるうちにあんまり「感じ」無くなったんだよね。 この曲がミディアムで、大きなインパクトを感じるところも少なかったからかもしれない。 それにリズム体がR&Bっぽかったでしょ。
 あの当時、R&Bっていうのがヒット曲のトレンドになっていて、多かったもんなR&B系の曲が。 だからねぇ、正直、飽きてた部分があったんですよR&B系の曲に。もともと個人的にR&Bっぽい曲にはあんまり刺さらなかったし。

でも、この、「Movin'on without you」は、前曲のミディアムテンポから一転してアッパーチューンだったでしょ。
イントロからしてインパクトがあったもんなぁ。リズム的には若干クセはあるもののストレートだったしさ。
なにより、何回聴いても飽きが来ないんだよな、この曲。何回聴いても同じようなショックを受ける。刺さったんだよね曲に。
 
だからね、本当はこの曲こそ売れて欲しかった。ま、確かに、8cmCD、12cmCD合算して122万枚のミリオンになったけど、前曲の「Automatic」に比べると100万枚近く売り上げが下がったからねぇ。個人的にはちょっと悔しかったんだよな。

ま、「Automatic」が世に出てきた時の衝撃は測り知らなかったからな。ダブルミリオンってのも納得できるんだけど、この曲も、それに匹敵するくらいの売り上げはあると思ったんだけどなぁ。。。


それにしても、当時のオリコンの集計方法もめんどくさかったよね。8cmシングルと、12cnシングルを分けて集計してたもんだから。。。

 ・・・と書いて、8cmシングルと12cmシングルってなに? って方は居ませんよね。。。

うむ、8cmシングルっていうのは、シングルCDが出てきた時からお馴染みの、あの小さいCDですね。最大で20分程度しか収録できない、細長い短冊形のパッケージだったやつ。
 対して、12cmシングルは、現在お馴染みのアルバムと同じ形のパッケージですね。当時はマキシシングルって言われてたやつよ。 アルバムと同じ仕様なんで収録時間は最大74分出来た・・けど、シングルなんで、そんなに収録してなかったわけでね。

「1998年の宇多田ヒカル」って本が、今、結構人気出てますよね。まあ、ワタシも途中まで読んだんだけど、そこにもこのCDパッケージ仕様については言及されてますね。
 ちなみに、この本では、CDが一番売れた1998年って言う時代をメインに、1998年の音楽はいかに素晴らしかったかってことも述べられてますが、すでにこの時代大人(当時29才)だったワタシからしてみれば、1998年ってこの本で称賛されているほど素晴らしい音楽が溢れていたとは思えなかったけどね。
 個人的には、1998年がCDが一番売れたのは、この年の音楽が素晴らしかったからじゃなくて、90年代以降の流れの結果だと思ってるから。つまりは音楽の本質云々じゃなくて、「バブル」だったんですよ。ただ、それだけのことだったと思うな。

ちょっと話がずれたけど、ま、興味がある方は読んでみてくだされ。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

ケンとメリー〜愛と風のように〜 / BUZZ

1972_11_ケンとメリー_BUZZ






今回の1曲セレクトは、「ケンとメリー〜愛と風のように〜」BUZZです。

 まずはデータです。

・タイトル     ケンとメリー〜愛と風のように〜
・アーティスト   BUZZ
・作詞       山中弘光
・作曲       高橋信之
・編曲       高橋信之
・リリース日    1972年11月25日
・発売元      キング
・オリコン最高位  19位
・売上げ枚数    14.6万枚
・タイアップ:日産「スカイラインGT」CM曲

 いまや、CMタイアップとヒット曲っていうのは、切っても切れない関係になっちゃったけど、そんな流れが本格的になってきたは、例の資生堂とカネボウのキャンペーンソングが流行りだした、70年代後半からなんだよね。

 その昔は、CMに使われる曲は、CMオリジナルって言うのが「普通」だったわけで・・・。

 その流れに風穴を開けたのが、今回引っ張ってきた、「ケンとメリー」、略して「ケンメリ」だね。
 BoAの「メリクリ」と同じね。。。ふらふら

 うん、当時、青春時代をすごされていた方には、懐かしいんじゃないですか〜 日産「スカイラインGT」のCM曲で、当時、大ヒットした曲ですね。

スカイラインGT、、かっけよかったなぁ。。。
 ワタシ、車の免許とったら、最初はスカG乗りたかったんんだよねぇ。ホントは。

 やっぱ、若い時って、ちょっとかっとんで見たい衝動に囚われるじゃん。でも、値段的に手が届かなかった。

 そいと、オヤジがTOYOTA派だったから・・・ふらふら 「日産? ケッぷっくっくな顔」とか言われて、カローラ兇茵C羝鼎妊櫂鵐灰張泪縫絅▲襪痢
 それでも、このポンコツ、カローラ兇癲10万キロ以上走ったよな。


  話もどるけど・・・、フィルムCMっていうのも、いまじゃ考えられないし、それよか「1分CM」っていうのも、今ぢゃなくなったよね。通常15秒か30秒で。
 
 でも、当時は1社提供の番組とか、結構あったから、独自の1分CMっていうのも出来たんだよね。おそらく、そういうときに、このバージョンは流されていたんでしょう。。(すいません、詳細はよく知りませんふらふら

 ところで、曲のほうも、時代を感じるかなぁ。

 72年っていったら、メジャーところでは「歌謡曲」が中心。で、ちょっとアングラな部分にフォークがあったんだけど、それとは、また亜流な流れがあったんだよね。

 ソフトロック路線。
 当時ロックって言ったら、ギンギンのギター中心、「不良の音楽の代名詞」見たいな位置にあり、決してメジャーな音楽ではなかったんだけど、それとはちょっとかけ離れたところで、ソフトでおとなしめなロックって言うのが登場し始めたんだよね。それが丁度、72年ごろなのかなぁ。
 どの水脈由来の音楽なのか・・・っていうのは、ワタシもやや不明な部分があるんだけど、そういう音楽の流れがあったことは、すくなくとも間違いない。

 それの代名詞のような曲が、今日引っ張ってきた「ケンとメリー」でもあるんだよね。

 ↑の動画聴いてもらえれば、分ると思うんだけど、ヘビーなギンギンなロックではない。

 ちょっと南部っぽい匂いもしつつ、カントリーな匂いもしつつ、スローなロックっぽいナンバーっていうの?
 加えて、後ろでストリングスもなっちゃってるような・・・。

 ただし、歌謡曲ほどダサくなく、AORほど洗練されてなく、適当に垢抜けている。


 うーん、言葉では表しにくいんだけど、そんな感じ。 それまでのフォークとも違うし、かといってロックでもない。カテゴライズしにくい曲。まぁ、とってもビミョーな路線の曲ね。


 一時は、これらをまとめて「ネオGS」とも呼ばれていたようだけど、そんな総称は、一般に広がる前に廃れてしまう。

・・・・かといってニューミュージックっていう言葉は、まだ一般的ではなく、その中間地点で「ソフトロック」っていうジャンルがあったようなんだよね。

 うん、この曲のような曲。後は、初期の頃紹介した、猫っていうグループとか、メジャーなところではガロなんかもそうですね。

  チューリップは、よりバンドサウンドに近かったから、ネオGSって呼ばれていたようたけど、曲調的には、ソフトロックにカテゴライズされてもいい感じもするな、個人的には。

 ちなみに、「ソフトロック」っていうジャンルは、正式な音楽ジャンルには認められていない。うん、総称だね。


 今だったらなんだろうなぁ・・・・、オルタナっぽい音楽は、これに近いかもしれない。

 あとは、日本で言ったら、山崎まさよし とか・・・あんな感じの音楽。


 だからさ、何年か前に山崎まさよしが、カバーアルバム「COVER ALL HO!」で、この「ケンとメリー」カバーしたじゃん。

 これはビンゴ!とおもったなぁ。 さっき試聴してみたんだけど、このアルバムの中では、やっぱり、一番、山崎まさよしにあってると思う。絶対、これはオススメexclamation ×2

 オリジナルと瓜二つですよ、ウン。雰囲気、イメージ、全て含めて。


 でもさ、時代は繰り返すではないけど、最近、ヒットチャート全体的に見渡して、こんな様なソフトロック路線な曲が、流行っているような感じがするんだよね。

 家でスカパーのスターデジオ聴いてるじゃん。そうすると、よくわかるんですわ。

 一時は、猫も杓子もHIPHOPかR&Bだったけど、すでにほぼなり潜めたねぇ。

 それに変わって、ソフトロックに類似するような、全体的にソフトな曲が大勢を占めてきてるようなきがする。

 まあ、いいか悪いかはよくわかんないんだけどね・・・。ただ、誰かが右を向くと、一斉に右を向くような、今の業界スタイルは考えもんだよね。


・・・・という訳で、やっぱり、この曲を語るには、スカGのCMじゃなきゃね。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

Shangli-La / 電気グルーヴ

1997_05_Shangli-La_電気グルーヴ






今回の1曲セレクトは、「Shangli-La」電気グルーヴです。

まずはデータでーす。

・タイトル      Shangli-La
・アーティスト    電気グルーヴ
・作詞        電気グルーヴ
・作曲        電気グルーヴ
・編曲       (クレジットなし)
・リリース日     1997年3月21日
・発売元       キューン
・オリコン最高位   10位
・売上げ枚数     44.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 12位
・タイアップ:日産「テラノ」CM曲


 今回は、ぐーっと時代を下りまして。。。。といっても、今から18年前の曲なんだけど。。
 
 Shangli-La /電気グルーヴ

 ハハ、ワタシがこの手の曲を持ってくるのも、結構珍しいか。何分、ヒット曲といっても、そのなかでも、いわいるクラブ系といわれる曲はほっとんど聴いていないので・・。このジャンルもかなり弱いんだよね。ワタシ。

 でも、たまーに、何かの拍子で耳にする機会があったりして、気に入る場合もあるわけです。

 この曲なんかは、その典型ですね。なんともマヌケな話なんですけど、この曲を初めて聴いたのは、今の家に引っ越してきた時の引越し整理中に流してたFMから、たまたま流れてきたのを聴いたのが最初なんだよね。今でも覚えてる1997年4月1日ですわ。

 ひとこと、グループ名ぢゃないけど、「電気」が走りましたねぇ。だってさ、イントロ聴いただけでは電気グルーヴの曲だとは全く思わなかったもの。
 まさか、サンプリングだとは思わなかったからさ。どうしても頭の中をかき回されそうなシンセでくる・・っていう頭があったからさ。
 そのサンプリングだって、こっちが頭に描いているようなものとは全く違ったイメージの曲だもんね。
 もろヨーロッパ系のストリングス系。はっきりいって、全く考えもしてなかった。正直「ヤラレタ」とおもったなぁ。

 まあ、今となっては超有名だけど、サンプリングした曲は、Bebu SilvettiIの「Spring Rain」っていう、1976年の曲なんだけどさ。

 ↓  コレ


とにかく、このストリングスの部分が、聴いたあとに頭に残像のように残って消えない・・・。

 なるほど、これが電気グルーヴらしさだ・・・。そう、100%シンセでなくても、頭の中に音を残す・・・、これが電気グルーヴの音楽なんだよね。

 この曲の前に個人的に電気グルーヴの曲に印象に残ったのは、95年の「虹」なんだけど、これも聴いたあとに頭から音が消えないんだよね。簡単なフレーズのくり返しなんだけど、そのくり返しがサブミナル効果となって、頭から離れない。

 これが、タイプはちがっても、「Shangli-La」にも感じるんだよね。

 1回聴いたら抜けられなくなる・・・・・そういう不思議な力を持った曲・・・ということで、いまだに頭の中のどこかでなり続けている・・って言う曲だよなぁ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村

ベイビィ・ポータブル・ロック / ピチカート・ファイヴ

1996_04_ベイビィ・ポータブルロック_ピチカートファイブ






今回の1曲セレクトは、「ベイビィ・ポータブル・ロック」ピチカート・ファイヴです。

 まずはデータです。

・タイトル    ベイビィ・ポータブル・ロック
・アーティスト  ピチカート・ファイヴ
・作詞      小西康陽
・作曲      小西康陽
・編曲      小西康陽
・リリース日   1996年3月20日
・発売元     コロムビア
・オリコン最高位 19位
・売上げ枚数   12.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位
・タイアップ:日産「ミストラル」CM曲

 いつかは書かなきゃいけないと思ってた「シブヤ系」。
・・・といっても、厳密に言って、音楽のジャンルではないんだよね。要は、90年代の初めに渋谷のイケてるボーイズ&ガールズがよく聴いてた音楽のことでしょ?

 なので、本当は、「コレ」っていう音楽はないはずなんだけど、どうも、概して言うと、ちょっとオシャレな、今で言えばカフェミュージックというか、ヨーロピアンポップスの匂いのする音楽の事を指しているようだね。

 でも、これ、起源を辿っていくと、90年代初頭に突然出てきた音楽ではない。
 70年代前半のソフトロック路線も元はといえば、渋谷の公園通りや代々木公園周辺で流行っていたわけだしね。
 それ以前にも60年代のヨーロピアンポップス(主にフレンチポップスだね)も日本では受け入れられていたわけだし。。
 もともと日本人の感性と相性がいい音楽なんだよね。

 うーん、もっと言ってしまえば、アメリカ発のジャズやロカビリーの影響を受けたあとのヨーロピアンスタイルの「歌謡曲」って言ってしまうと、シブヤ系を敬愛していた方には、ちょっち抵抗があるかなぁ。

 でも、現実的にそうなんだから。。。ふらふら

 ということで、

 ピチカート・ファイヴの「ベイビィ・ポータブル・ロック」

 あの当時は、ピチカート・ファイヴもシブヤ系って言われていたよね。本人たちは「否定」していたけど。。。

 まあ、たしかにホントに「シブヤ」歩いてるヒトたちが、みんなピチカートファイブ聴いてたか・・・っつうと、これも疑問だし、地域に限定されたくはないわな。

 でも、オシャレなんですよ。一言で言うと。商業ロックやポップスのような泥臭さはないし、貧疎な言葉で書けば「素敵な音楽」

 なんつうのかな・・60年代〜70年代にかけて「魅惑の●×」とかタイトルのアルバムがよく出てたじゃん。
 オシャレなラウンジとかカフェでかかっているような、ヨーロッパスタイルのポップス。

 そこなんだよね。

 で・・・、このころの向こうの音楽を一生懸命取り入れようとしていた方たちが、60年代後半からでてきた、フリーの作曲家たちであり、それ以前から活躍されていた宮川泰氏や中村八大氏のような巨匠の作曲家の方々なんだよね。

 そういうエッセンスをとりいれられた1曲が、この曲であり、ピチカート・ファイヴの音楽なんだよね。

 まあ、個人的にも、このテの音楽はやっぱり、キライじゃないな。子ども頃・・・っていっても、まだ、物心がつくかつかないか・・・のころだけど、よく、このテの音楽が周辺でかかっていたような記憶があるんだよねぇ。
 ウチのオヤジが好きだったのかもしれない。このテの音楽が。
 少なくとも、ヨーロッパ系の音楽はよく流れてたな。

 だから、個人的にも音楽の起源の起源なのかなぁ。このテの曲は。

 まあ、自分でも物心がついた頃には「ポールモーリア」なんいてう、ヨーロピアンスタイルのイージーリスニングらのめり込んでいたわけだから。。あせあせ


 ところで、安室のニューシングル「60s 70s 80s」に収録されている「NEW LOOK」。
 さっき聴いたら、なんとなく、そんな「ヨーロッパ」的な匂いがした。シブヤ系とは言わないけど。少なくとも、最近密かなブームの「ラウンジ系」っぽい匂いがするな。
 
 まあ、歌詞に「ツィギーのミニスカート」とか「パリコレ」とかはいってるしね。もろヨーロピアンじゃん。

 さすがに安室、流行には敏感なようで・・・と感心した次第だったりして。あせあせ これは、ヒットしないわけないわ。。。


 ここで、「ベイビィ・ポータブル・ロック」のメロディで

 ♪ 春なのに お鼻がムズムズ ベイビィ 花粉症 〜
  ベイビィ ベイビィ ベイビィ 今すぐ ベイビィ ベイビィ ベイビィ 鼻かみたい〜 ♪

 お粗末・・・。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード