かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

岡田冨美子

泣き上手 / 野口五郎

1978_06_泣き上手_野口五郎


今回の1曲セレクトは、「泣き上手」野口五郎です。

まずはデータです。

・タイトル     泣き上手
・アーティスト   野口五郎
・作詞       岡田冨美子
・作曲       佐藤寛
・編曲       クニ河内
・リリース日    1978年5月10日
・発売元      ポリドール
・オリコン最高位 9位
・売上げ枚数  17.5万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1978年5月29日〜6月12日付

えー、今回はマクラなしで、のっけから行きますね。

野口五郎 「泣き上手」

先週、秀樹の曲を書いたんで、次も「新・御三家」の曲だよね・・・って、自分の中では決めてたんだよね。なんで、郷ひろみか、野口五郎か・・・ってなる訳だけど、ちょっと前から時期が来たら引っ張って来るか・・・って考えてた曲があったんで・・・・

それが、今回引っ張ってきた「泣き上手」ですわ。

考えてみれば、最近、野口五郎氏の曲、頻繁に書いてるような気がするんだけどさ・・・ このきょくの1曲前の「愛よ甦れ」もちょっと前に書いたしなぁ〜。

いや、逆に言えば、これまで殆ど書いて来なかったんだよな、野口五郎氏の曲は。
新・御三家の中でも、ワタシがまだヒット曲世界にのめりこむ前に、一番早く少し落ち目になっちゃったのが、野口五郎氏で、だから、正直言うと、タイムリーで聴いてた曲ってのが少ない・・・っちゅうこど、これまであんまり書いて来なかった一番の理由なんだけどさ。

ときに、今回引っ張って来た「泣き上手」も、まだ「ヒット曲」の世界に足を踏み入れる前のヒットなんですわ。

うん、ほんのちょっと前なんだけどね。この曲の次の「グッド・ラック」からだからさ、ワタシがタイムリーで聴いた野口五郎氏の曲って。

でもさ、「泣き上手」の頃は、既に「ザ・ベストテン」は始まっていたし。だから、ベストテンの「懐かしの名場面」とかでも、ダイジェストでは見たことはあったし、どんな曲なのか・・・ってのも興味はあった。

ただ、実際に曲を耳にするまでは、大分かかっちゃったんだよなぁ。 ホント最近なんだよね、この曲ちゃんと聴きだしたのは。

個人的に所有している、昔のヒット曲の音源。とりあえず70年代以降のクロニクル的な流れはとりあえず出来ているんだけど、まだまだちょぼちょぼ抜けてる曲があるんですわ。

その一人が野口五郎氏、もう一人が桜田淳子さんだったりするんだよね。 だ、もんで、最近、このお二人の音源を重点的に集めてたりしたわけなんですわ。

で、最近集めた音源の一つが、前回書いた「愛よ甦れ」だったり、今回ひっぱってきた「泣き上手」だったりするんだですわ。

そんな流れでここんところ、頻繁に引っ張ってきてるところが大きいかな。 

でも、とりあえず、「ベストテン」が始まって以来の、音源はこれで一応は集まったんでね、以前ダイジェストでしか聴いてなかった曲もちゃんと聴けるようになったんだけどさ。


そんな中でのこの曲の第一印象・・・・ うーん、「もろ歌謡曲ですねぇ」っちゅう印象。

「愛よ甦れ」の時も書いたような気がするんだけど、これがさ70年代中盤・・・そうだなぁ、75年くらいまでであれば、これはこれで「アリ」だと思うんだけどさ。この曲がリリースされたのは78年だったわけでさぁ。

うん、これも以前書いたんだけども、ヒット曲の曲調って、78年くらいから劇的に変わってくるんだよね。
ヒット曲でも、洋楽的なメロディやサウンド色が俄然強くなってきた訳なのよ。 その中で「歌謡曲」的なサウンドっちゅうのは、ひと時代前の・・・っていうイメージが出てきた頃なんだよね。

保守的、いわいる「アナクロ」的な色合いだよね。  この曲を聴くと、まずはそこに耳が行ってしまう。

つまりは78年っていう時代の色合いに合っているのか・・・っちゅうと、やっぱりズレてるんだよなぁ。
78年のヒット曲の先端は、もっとバタ臭いからさあ。こういう「醤油」系の匂いじゃないんだよね。

だから、うーん、どう考えても「大ヒット」な曲って言う感じではないよね・・・ってなっちゃうんだよね。

まあ、実際、前曲「愛よ甦れ」で落ち込んだ売り上げ枚数が、V字回復にはなっていないし、オリコンでの最高位も前曲同様に「9位」とベストテン入りギリギリのラインで落ち着いてしまってたりする。

だから、全般的にダメな曲なのか・・っちゅうと、正直最初はねそう思ったの。  メロディに字足らずの歌詞があったりして、なんとなしにアンバランスに感じちゃったりもしてさ。

でもさ、何回か聴いてると、どうも引っかかってくるフレーズがあるんだよな。

うん、サビの ♪ そこがいい そこがいい〜 ♪ って部分。

なんちゅうのかなぁ、「そこがいい」っていうコトバが纏わりついて来るんだよねぇ。 

なるほど、この曲の「キモ」はここか・・・・。 なんて、いうのを最近気が付いてきたりしてね。


それとさ、レコード音源で聴くのと、「ようつべ」なんかで動画で見るのと、印象が大分違うんだよな。
動画で見ると、レコード音源で聴くよりも良いんだよ。 音がしっかり1978年のサウンドになってるし。。。

っちゅうか、そりゃ1978年の歌番組の動画なんだから、当時のサウンドであって当たり前なんだけど。。。

なんちゅうのかな、「ウタ番組」ありきで作られた曲っちゅうのかなぁ。 そそそ、テレビの「ウタ番組」で歌われるのを「前提」で作られた曲っちゅうのかなぁ。 そういう印象が強い。

いや、でも、当時のヒット曲ってそう言う曲って多いんだよな。 レコードで聴くとなんかイメージが違う曲って。

うん、テレビの方が断然かっちょいいの。 音が太くて華やかで独特のグルーヴ感があって。。。

そそそ、この「独特のグルーヴ感」、ここにやられちゃったんだよな、当時のワタシは。 それが「ヒット曲の道」に嵌まった最大の要因なんだよなぁ。

いつか、ツイストの「燃えろいい女」を書いた時も同じような事書いたんだけどさ。あの曲もテレビとレコードじゃ、大分イメージが違うんだよな。ワタシは、テレビ、特に「ベストテン」で歌ってた時の「燃えろいい女」が一番好きなんだよな。

もしかすると、この曲もヒット当時例えば「ベストテン」で聴いてたら同じような印象があったんぢゃないか・・・そんな風に思える1曲ですねぇ。




「夜ヒット」、毎度毎度の事ですが、演奏がねぇ・・・やっぱ下手なんだよねぇ。 とりあえずはミストーンをなんとかして欲しい・・・っては、いつも書いてるような気がするんだけど。。。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

来夢来人 / 小柳ルミ子

  1980_03_来夢来人_小柳ルミ子


今回の1曲セレクトは、「来夢来人」小柳ルミ子です。

まずはデータです。

・タイトル    来夢来人
・アーティスト  小柳ルミ子
・作詞      岡田冨美子
・作曲      筒美京平
・編曲      萩田光雄
・リリース日   1980年1月25日
・発売元     SMS
・オリコン最高位 22位
・売上げ枚数 13.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 23位

東京地方も桜の開花宣言がでましたねぇ。とは言うモノの、ここ数日肌寒い日が続いていたりして桜が咲いたなんて実感は無いんですけどね。
実際、ソメイヨシノが咲いてるの、今年はまだ見てないし。。。 ま、ソメイヨシノよりも早く咲く、河津桜とか彼岸桜は、咲いてましたけどねぇ。

ところで、桜の季節になると、卒業とか、そのまま「桜」の唄が、巷には流れだしますな。

いやいや、最近は桜=卒業ってイメージなんだな。 昔・・・っちゅうか、ワタシがガキの頃は、桜っつったら、「入学式」のイメージでしたけどねぇ。
まあ、これに関しては先日、新聞にもここ50年で、桜の開花時期がこれだけ早まった・・・っちゅう特集をやってましたけどね。

だけんど、最近の「桜」の唄って、どうして、同じようなイメージなんでしょうかねぇ。しっとりとしたバラードで・・っていう「相場」がほとんど決まっちゃってるじゃん。

これってどうなのよ? ・・・なんて思ったりしてるわたしなんですが・・・。

昔は、もっとワクワクした曲が多かったような気がするけどなぁ、春って言うキーワードの曲はさあ。


今回は、そんな昔の「桜ソング」をひとつ。

小柳ルミ子 「来夢来人」

え? なんでこの曲が「桜ソング」なのよ? ・・・なんてクレームの一つも来そうな気もしないでもないけど。。。

でも、サビの部分で ♪ 桜の 吹雪を浴びて 汽車ははしる〜 ♪

ってあるじゃん。  桜ソングなのよ、この曲。

ま、リリースからして、1月25日と、これから春に向けて・・・っていう「春」を意識した曲でもあるしね。

しかしねぇ、この曲、オリコンでは22位までしか行かなかった曲なんだけどねぇ。 今から37年も前で、しかもオリコン最高22位の曲なんて、覚えてるヒト少ないよな・・・ なんて、タカをくくっていたりしたんだけども、ネット上みると、結構、この曲レビュってるヒト多いんだなぁ。

いや、誰も書いてないと思ったんで、持ってきちゃったりしたんだけどさ。  

これだけ、レビュってるヒトがいるんだったら、ワタシが書くまでも無いか・・・とかも思ったりもするけど・・・でも、まあいいか。

この曲がリリースされた頃、ワタシゃ10才。小学4年生でしたねぇ。
小学4年生にしては、マセた曲を聴いてたな・・・なんて自分でも思ったりするんだけど。。。

でもね、この曲なぜか、よく記憶に残ってるんだよな。
クイズ「ドレミファドン」でよく聴いたような気がするんだよな。それから、「ドリフ大爆笑」とか。。

ま、ともかく当時の「ナベプロ」制作番組にはよく出てたよね、この曲の頃。

とは言うモノの、いくらマセガキだったとは言っても、やっぱ引っかからなかった曲も多かったのも事実だしね、ひっかかったって言う事は、やっぱ、引っかかった要素があったんだろうな。

まずはイントロからして、よかったもんね。 この曲のアレンジャーは、萩田氏ですが、久保田早紀「異邦人」のすぐ後がこの曲だったりもして、やっぱ脂が乗り切ってる頃だったんだろうな。

ま、それ以上に、この曲、作曲が筒美京平氏なんだよな。 それまでの小柳ルミ子さんといったら、平尾昌晃氏の専売特許的なところがあった訳で、だから、筒美京平氏は、シングルタイトル曲としては、この曲が初めてなんだけど、さすがに筒美氏。
たしかに、ベースは歌謡曲らしく、少し「和」を感じるけど、それだけじゃないんだよな。
いや、小柳ルミ子さんって、デビュー曲の「わたしの城下町」から「和」を感じる「歌手」だったわけじゃん。でも、この曲は、単に「和」を感じるだけじゃないんだよな。
「和」を感じながら、どこかに「洋」を感じるって言うのかなぁ。 
例えば「どら焼き」みたいなさ。あんこが入ってんで和菓子なんだけど、小麦粉の皮で焼いてるのは洋菓子風なわけじゃん。 そんなイメージなんだよな、この曲。

メロディの流れとしては、筒美氏お得意の「Cメロ」入りの展開。 そそそ、曲の最後の方で、それまで出てこなかったメロディ展開

♪ しっかりしているつもりだけれど〜 ♪ っていうところですね。

そんな少し複雑なメロディ展開なんだけれど、そこが逆に印象に残ったりしてね。

いや、でも、これが筒美氏の持ち味なんだよね。 複雑なメロディ展開と言っても、同時期にリリースされた西城秀樹「悲しき友情」の一筆書き的なメロディ展開に比べたら、まだまだましだしね。

それと筒美氏といったら、それまでは「アイドル」中心って言うイメージが強かった訳だけど、この曲、当たり・・・79年〜80年初頭にかけては、この曲のような「アダルト」なヒトへの曲提供にシフトしていた感が強いんだよね。

ま、前年、レコード大賞をとった、ジュディ・オングの「魅せられて」もそうだろうし、この曲の少し前には、梓みちよさんの「よろしかったら」って曲もスマュッシュヒットになってたりする。
 そそそ、梓みちよさんの「よろしかったら」も、この曲同様、和テイストに洋のイメージをミックスしたような新たなイメージの曲に仕上がっていたよなぁ。

それだけ、ヒット曲の主体はアイドルから「自作自演」のニューミュージックへって言う時代だったわけで、職業作家のヒトたちにとっては受難の期間だったのかもしれないけど。。。

それでも、楽曲のクオリティを落とすことなく、きっちりと印象的な曲を残しているって言うのはさすがなんですよね。
それが功を奏した訳で、当時、小柳ルミ子さんってヒット曲がでなくて四苦八苦してたんだけど、約3年ぶりの10万枚オーバーっていスマッシュヒット。
これもやっぱ筒美京平って言う天才的メロディーメーカーの功績なんじゃないのかなぁ・・・なんて思ったりもするんだよね。


・・・などとウダウダ書きましたけど、個人的に一番印象的だったのは、実は「来夢来人」って言うタイトルかなぁ。

サビの ♪ 来る夢 来る人と書いて来夢来人(らいむらいと)〜 ♪ って言う歌詞は、なんとなくわざとらしい気もするんだけど、 「らいむらいと」っていう響きが新鮮だったんだよなぁ。

本来、最初に書いたように「春の唄」ってことで、桜のイメージの曲なんだろうけど、それ以前に「来夢来人(らいむらいと)」っていう響きが印象に残っちゃってねぇ。

らいむらいと って響きから、個人的には「ライム」色って言うかねぇ、淡い黄色のイメージがあったりしてね。

そそそ、丁度同時期に、RCサクセションの「雨上がりの夜空に」で、 ♪ジンライムのように流れる お月さま〜♪ってあったじゃん。 そんな色感のイメージが、この曲にも感じるんだよなぁ。

だから・・・と言う訳でもないんだけど、「春唄」として、桜のイメージをもったのは、極々最近なんだよな、個人的に。ずーっと、長い間、「ライム色」っていうイメージだったんだよね。



恐らく「ドリフ大爆笑」からだと思うんだけど、まだ八重歯がある頃のルミ子さんですな。
うーむ、このころは既に八重歯は無いと思ってたんだけど、意外な発見だったなぁ。
ちなみに、この時、ルミ子さん27歳。

当時の印象からして、めちゃくちゃ「大人」の女に感じたけど、まだ20代だったんだよなぁ。
まあ、今、VTR見ると、「あ、若い」って思うけどさ。 
でも、ウタは、めちゃくちゃしっかりしてますよね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

I THINK SO / 岩崎良美

1981_02_I THINK SO_岩崎良美 








今回の1曲セレクトは、「I THINK SO」岩崎良美です。

まずはデータから

・タイトル     I  THINK SO
・アーティスト   岩崎良美
・作詞       岡田冨美子
・作曲       網倉一也
・編曲       船山基紀
・リリース日   1980年12月21日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 23位
・売上げ枚数   11.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位

80年代の大ヒット曲もほとんど残り少なくなってきたもんで、80年代の曲でセレクトする曲はおのずから、今となっては知ってるヒトも少ないよな・・・なんて曲になってしまうんだけどね。
 今回もそんな曲だったりして。。。。

 岩崎良美の「I  THINK SO」  

うーーむ、このクラスの曲になって来ると、まあ、当時、岩崎良美ファンだった方は別として、一般の方では、ほんと、知ってるヒトしか・・・って感じでしょうかねぇ。

 売り上げは、とりあえず10万枚上を確保したものの、なにせオリコン最高23位でしたからねぇ。

かくゆう、ワタクシも当時は、数えるくらいしか聴いてない。岩崎良美さんの曲は、同じ80年デビューアイドルでも、松田聖子や河合奈保子よりもオトナっぽかったんだよね。
 なんで、どうも、今一つ触手が伸びなかったんだよね・・・・・というのは、まあ、言い訳ですね。

あまり聴いてなかった一番の理由は、やっぱ、ベストテン入りしてなかったからだろうなぁ。
個人的に、当時は、まだラジオでベストテン番組は聴いてなかったし、情報源としては、やっぱり、「ベストテン」一本だったんだよね。
 だから、ベストテン入りしていない曲は、極端に聴いてなかったんですよ。

然るにこの曲も、そんな曲の1曲って訳ですね。

ただ、そうは言っても、「ドレミファドン」とかベストテン以外の歌番組で引っかかった曲もあるわけだからさ、やっぱり、この曲、引っかからなかったんだろうなぁ、個人的には。

 今聴くと、悪い曲ではないんだけどね。今一つ、どこか魅力が足りなったんだろうなぁ・・・。それが何だったのか・・・、今となっては想い出せないんだけどさ。

 やっぱり、このヒト、80年代アイドルの中でもウタはうまかった・・というかソツなく歌っちゃってたのが、逆に言えば行けなかったのかもな。シンガーとして達者すぎたっていのうかなぁ、達者すぎで逆に魅力が半減していたのかもしれない。

そんな岩崎良美を個人的に認めたのは、この曲から1年後の「愛してモナムール」からでしたねぇ。

ちょうど、ラジオでベストテン番組を聴く様になった頃。。。

結局やっぱり、ラジオで聴くようになって、曲の認識の幅が広がったんだよね。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

ファッシネイション / 門あさ美

1979_09_ファッシネイション_門あさ美






今回の1曲セレクトは、「ファッシネイション」門あさ美です。

 まずはデータです。

・タイトル    ファッシネイション
・アーティスト  門あさ美
・作詞      岡田冨美子
・作曲      門あさ美
・編曲      戸塚修
・リリース日   1979年9月5日
・発売元     テイチク
・オリコン最高位 ランクインせず
・売上げ枚数   ---- 枚

 今回セレクトしてきた曲は、めちゃくちゃ変化球の部類に入るのかなぁ

 門あさ美さんの「ファッシネイション」

 いやね、前にもチラッと書いたんだけど、10年くらい前にちょっとした仕事の依頼があって、「今は埋もれてるけど、聴いてみると名曲」っていう曲をいろいろ物色してたんですよ。

・・・といっても、個人的に知ってる曲だけでは限界もあるし、「歌謡曲完全攻略ガイド」とか、その他いろいろ資料集めて、目に付いた曲を片っ端から音源集めて、いろいろ聴いてたわけ。

 でね、「あ、これ」・・・とピンと来たのが、この曲だったの。
 もちろん、「歌謡曲完全攻略ガイド」のレビューでも知ってはいたんだけど。。

 いや、正直言うと、この曲を聴くのその時が初めてではないの。定かではないけど、むかーし、聴いてるんだよね、どっかで。
どこで?・・・と言われると、困っちゃうんだけど、多分、当時、親が行きつけだった喫茶店の有線からだと思う。

 オシャレなんだ、これが、アンニュイな感じでさ。 色気があるんだよね。

 アンニュイなんていう言葉も、いまや「死語」だね。

 そういう雰囲気な女性なんて、最近、ほとんど見かけなくなったもんなぁ。
 少なくとも渋谷、新宿あたりには、もう生息してないでしょう。。。
 ワタシ「都立中央図書館」に良く行くんだけど、図書館がある広尾駅周辺にゃ、場所柄、外人さんがたくさんいるお店がならんでるけど、それでも「アンニュイ」な雰囲気ぢゃないもんなぁ。

 それでも、この時代には、まだ、そういう雰囲気を持った女性がまだ、存在していたのです。

 まあ、今で言えば「ファッション誌」を地で行くような曲ですね。
 うん、兎に角、オシャレなの。

 サビの

♪ 寄せる寄せる 〜  ♪

ってところ。ここ覚えてたんだけど、私、昔聴いた時は、これフランス語だとばっか思ってたの。

 いや、そんな風に聴こえたんだよね。

 今回、きちんと聴いて「寄せる寄せる〜」って単に日本語だと知って、ちょっと「ガクン」とは来たんだけど、それを差し置いても、オシャレでいい曲ですね。

 BUT、こんな良い曲が当時、オリコンのTOP100に入ってないとは・・・・

 初め、「え? なんかの間違いでしょう? 」と思ったんだけどね。
だって、少なくともワタシの周りの、私より4〜5才上、当時の高校生、大学生だった方は、大抵、この曲知ってるんだけどね。。。。
 手元の「オリコンチャートブック」をひっくり返してたんだけど、「門あさ美」さんの文字がどこにも載ってない。。。 マジで? 念のため当時の「オリコン年鑑」をひっくり返してみたんだけど、やっぱしランクインしてない。。。

 う〜ん、これはこれは。

BUT、同タイトルアルバム「ファッシネイション」はランクインしてましたね。

・タイトル    ファッシネイション
・アーティスト  門あさ美
・リリース日   1979年12月5日
・発売元     テイチク
・オリコン最高位 79位
・売上げ枚数   0.5万枚

なるほど、みんなシングルというよりは、アルバムで知ってたんだな、恐らく。
まあ、発売元がテイチクだったからなぁ・・・。オシャレな曲に似合わず。。。。(と書いたら怒られるか。。。)

それでも、80年代初頭には、オシャレなアーティストとして、知る人ぞ知る存在になっていて、ベストテン入りしてるアルバムも5作リリースしているんだよね。

 基本アルバムアーティストだったんですね。

 うん、それと、基本的にメディアには登場しないアーティストでしたからね。
 ラジオにも出ない、もちろんテレビにも出ない。ライヴもほとんど行わない。唯一はレコードリリースのみだったんですよ。
 完全に「口こみ」だけで人気を獲得したアーティストですね。

 普段は実家にこもって、レコーディングの時だけ東京に出てきていた(出身は名古屋)・・・っていう感じだったらしい。

 傍から見ると、一風変わったアーティストですね。


 それにしても、こんな名曲、未だに誰もカバーしてないんですねぇ。
 少なくとも、JASRACの作品データベースで調べた限りでは、門あさ美さんの名前しか出てない。

 うーん、もったいないなぁ。 これ、だれかカバーすべきですよ、絶対exclamation ×2

 いま、このテの曲誰もやってないから、今だったら、絶対に他の曲との差別化になるよ。
まあ、こういう「色気」のある曲を歌ってサマになる様なアーティストが最近、居ないんだけど。。。。



上で、テレビには出ない・・・と書いといて何だけど、デレビで歌ったことあるんですね。。。
いずれにしても殆どテレビに出ていない筈なんで、めちゃくちゃ貴重な映像だと思います。
ビデオ持っていた方に感謝
それにしても、すごい形のマイク。。。時代を感じます


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード