かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

土橋安騎夫

LONELY BUTTERFLY / レベッカ

1986_11_LONELY BUTTERFLY_レベッカ






今回の1曲セレクトは、「LONELY BUTTERFLY」レベッカです。

 まずはデータです。

・タイトル    LONELY BUTTERFLY
・アーティスト  レベッカ
・作詞      NOKKO
・作曲      土橋安騎夫
・編曲      レベッカ
・リリース日   1986年10月15日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 6位
・売上げ枚数   11.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1986年11月3日〜11月10日付

 秋が深まってくると同時に、「切ない曲」も増えてくる・・・っていうのは、昔も今も変わらないかな。。
 うーん、でも、最近は、そんなに曲で季節感を感じなくなったからなぁ。。昔は、結構、この時期の曲には「キュン」と切なくなる曲が多かったもんだけどね。

 今回の1曲セレクトは、そんな曲を一つ。 

 レベッカの「LONELY BUTTERFLY」。

 
 このころのレベッカって、「12インチ」シングルが多かったからなぁ。通常のシングルの印象が薄いんだけど、この曲は、正真正銘、「7インチ」・・・うん、通常のシングル曲なんだよね。

 何分、ノリノリなイメージが強かった、レベッカにとって、この曲は、かなり落ち着いたイメージが強い曲だったな。

 ・・・まあ、よく言えば・・・だけど。

 ただ、他のサイトのこの曲の印象をよむと、どうも、イマイチ、芳しく思ってないヒトが多いようだね。

 うーん、ちょっと、中途ハンパな印象が強いのかもしれない。うん、その前の「シングル」の「ラズベリードリーム」のように、飛び跳ね系でも無し、 逆に「Moon」のように「重いイメージ」の曲でもなし・・。
 曲調的には、どう、表現していいのか、よくわかんない・・・っちゃ、わかんないところもあるかなぁ。

 詞の内容は、切ないんだけどねぇ。 何分「別れの曲」ですよ。


♪ LONELY BUTTERFLY 朝が来るわ LONELY BUTTERFLY もう行かなくちゃ〜 ♪

 ですからねぇ。。。


 あー、また、「ひと夏」の恋が終わる瞬間・・・。

 この間、書いた、石野真子の「失恋記念日」とニュアンス的には同じよ〜。

 一言「恋の終わり」

 やっぱ、秋は、そーいう季節なんですねぇ。

 
 まあ、年がら年中、お祭り気分・・っていうのも、情緒がないしなぁ。 日本人なら、やっぱ、「ワビサビ」は大事でしょ。。

 うん、秋は、そういう「ワビサビ」を噛み締める季節なのかもね〜。だから、そういう曲も多い・・・と。

 
 分かったような、わかんないような・・・まとめになってしもたふらふらふらふら 

さて、11/29日は、レベッカ再結成ライブの追加公演。当然この曲あたりもやるんだろうな。ようく見てきますよ〜。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

SUPER GIRL / レベッカ

1989_11_SUPER GIRL_レベッカ






今回の1曲セレクトは、「SUPER GIRL」レベッカです。

まずはデータです。

・タイトル    SUPER GIRL
・アーティスト  レベッカ
・作詞      NOKKO
・作曲      土橋安騎夫
・編曲      レベッカ
・リリース日   1989年9月15日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 11位
・売上げ枚数   4.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位

 かなり前にチケットを購入してたんで、半ば忘れかけてたんだけど、今月末にレベッカの埼玉スーパーアリーナで再結成ライブの追加公演があったんっだった。
 やべえ、やべえ、自分でチケット購入しておいて、公演日を忘れるところだった。

 ま、そんなことで、そろそろレベッカの曲のおさらいもしておかなきゃな・・・なんて考えてるこの頃だったりして。。。

 ・・というわけで、今回、引っ張ってきた曲はレベッカの「SUPER GIRL」です。

 この曲、リリースが9月15日なんで、実際は、もうちょっと前の「時期」にヒットしてたんだけど、なぜか、個人的に「今ごろ」の感覚があるんだよね。
 だから、「あ、やばいかなぁ」、と思いながら引っ張ってきたのですが・・・。

 いや、この曲、個人的に浪人2年目の今ごろ聴いてたんですよ。あの時期もやっぱり、精神的にキツイ時期でさぁ。なんせ後がなかったもんで・・・。ちょっとノイローゼ気味だったんですよねぇ。 うーん、精神的には、いまよりもよっぽどきつかったかもしれない。

 そんなときに不意にラジオから飛び込んできた、この曲が、どうにも印象的でさあ。

 レベッカにしては、かなりストレートでキャッチーなメロディじゃん。
 うん、サウンド的にはよりニューウェーブっぽい、かなり音の輪郭がハッキリした曲・・・・まあ、89年っぽいといえば、そうなんだけど・・・だったけどさ。

 でも、このメロディラインがどうにも印象的で、一度聴いたあとでも、耳から離れなかったんだよなぁ。

 どうしてだろ? 歌詞的なところはよくわかんないんだけど、兎に角サウンドとメロディラインが印象的なんだよね。

 あ、そうそう、サウンド的には、バンドサウンドっぽくないんだ。この曲。
 少なくとも、いわいるタテノリ系のパンクロックではない、もっとポップなニューウェーブ系のサウンドが心地いいんだよね。


 その割には、売れなかったんだよなぁ。この曲。ブレイク以来の最低セールスですよ。
 うーん、一般的には引きがなかったんだよなぁ。まあ、たしかに、レベッカらしさは、少し足りなかったかもしれない。

 この後の「LITTLE ROCK」の方がよほどレベッカらしかったし。。。 その辺は残念なんだけどさ。

 ジャケットもかなり強烈でしょ。まあ、ちょっとやりすぎって気もするけど。。。。
 
 すでに解散が決まってた時期だし、かなりはめはずしたんかいな?


 でも、それよりも、精神的などん底状態で聴いた曲だから、個人的にはいまでも耳に残っているのかもなぁ。
 音楽って不思議だよね。特にワタシの場合は、幸せな状態の頃より、精神的に辛かったころの曲の方があとあとまで残っているんだよなぁ。

・・・・と言うことは、「今」の曲も、この先自分の中に残るのかなぁ・・・とか思ったりして・・・。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード