かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

吉川晃司

ラ・ヴィアンローズ / 吉川晃司

1984_10_ラ・ヴィアンローズ_吉川晃司


今回の1曲セレクトは、「ラ・ヴィアンローズ」吉川晃司です。

まずはデータです。

・タイトル     ラ・ヴィアンローズ
・アーティスト   吉川晃司
・作詞       売野雅勇
・作曲       大沢誉志幸
・編曲       大村雅朗
・リリース日    1984年9月10日
・発売元      SMS
・オリコン最高位 4位
・売上げ枚数   19.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1984年9月24日〜10月29日付

苦手なタイプ曲がある。 
まあ、ここでもこれまでもチョポチョボと書いてきてるんだけど、少なくとも80年代で最近書いてる曲は「苦手」だった部類の曲って言うのかなぁ。 うん、当時好んで聴いてた80年代の曲はあら方、既に書いちゃったからさあ。
だから、当時苦手、あるいはレビュるのが難しい曲が残っちゃってるんだよな。

・・・と初めに言い訳がましく、書いといて・・・

今回セレクトしてきた曲は

吉川晃司「ラ・ヴィアンローズ」。

吉川、デビュー第3弾シングルですわな。 デビュー時の吉川は、キライじゃ無かったんだよ。ま、確かにフテブテシイ奴だな・・・なんてちょこっと鼻にはついてたけど。 でも、それと曲とは別の話でさ。

この曲の前の「サヨナラは八月のララバイ」なんてのは、好きだった。イントロの出だしのガラスの割れる音が派手だったし、何より無機的なイメージがある84年夏を象徴するような曲に感じてたし。

でも・・・、この曲は、正直言って、良く分かんなかったんだよね。 掴みどころが無いって言うのかなぁ。

ツルンとした抑揚の無いメロディラインっていうのか。 確かにそんな所は無機的な84年らしいメロディラインだったのかもしれない。

それにつけても、この曲は、掴めなかったんだよな。 作曲の大沢誉志幸氏も、非常に日本語が乗りづらいメロディと言っているのが象徴的なんだけど、まあ、それが、聴いてるこちらとしても掴みどころが無いように感じちゃったんだろうな。

まあ、肯定的に言えば洋楽的なメロディって言う事なんだろう。

いや、それが私個人としても、今一つ生理的に引っかかりきれなかったところなのかもしれない。

昨日の「人形の家」でも、洋楽のキャッチーな部分や、官能的な部分が凝縮されたのが歌謡ポップス、でも、それだけじゃ日本人には刺さりきれないわけで、日本人の「感性」をプラスしたメロディが歌謡ポップス・・・

つまりあんまりバタ臭いのではなく、バターに醤油をかけたような・・・そんな音楽が歌謡ポップス・・・って書いたんだけど。

たしかに、80年代初頭までは、その通りだったんだよね。如何に表向き「ロック」だぜ! っていうニューミュージック勢だって、結局のところメロディラインは、日本人好みの「和」の感性が入ったものだったわけで。

いや、それこそがワタシ個人としても「J-POP」の原点だったんだよね。

でもさ、80年代も中盤、事にこの84年くらいになって来ると、「醤油」をたらさずにダイレクトに「洋楽」的なメロディ、サウンドが増えてきたんだよ。

いわいるニューウェーブ系サウンドってやつですね。 硬質、かつ鋭角的無機質なサウンド。余計なリフや音は、極力排除されている。 それいえ、すっきりとした都会的なサウンド。 いわば当時の先鋭的な楽曲ですね。

BUT、いつもここでは書いてるように個人的には、ダサい、もっと土臭いサウンドと、ごちゃっと音で埋め尽くされているような曲が好みだったもんでさ。 そそそ。メロディとメロディに音の隙間があると許せない・・って感じで。

だから、同じ84年でも、大瀧詠一氏の「Each Time」のような、ウォール・オブ・サウンドの方が何倍も安心するし、メロディとメロディの合間を面白い音で埋めると提唱した筒美サウンドの方が、この当時でもしっくり来てたんだよな。

あ、この志向は、今でも基本は変わらない。まあ、当時よりはやっと慣れてきたって言うかねぇ、当時よりも音数が少ない曲が多いからさ今は、強制的にでも慣らされたって感じですわな。

いずれにしろ、だから、この84年当時は、この手のスッキリとした掴みどころのないサウンドには、引っかかりきれなかった訳なんだよね。

まあ、前曲の「サヨナラは八月のララバイ」も、サウンド的にはこの曲と大きな違いがあった訳じゃないんだけど、イントロの出足のガラスの割れる音と、サビの前のコード進行には引っかかったからなぁ。
そんな部分があったのか無かったのかだけの違いっちゃ、そうなんだけど。。。






よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

VENUS〜迷い子の未来〜 / 吉川晃司

1994_01_VENUS_吉川晃司


今回の1曲セレクトは「VENUS〜迷い子の未来〜」吉川晃司です。

まずはデータでする。

・タイトル    VENUS〜迷い子の未来〜
・アーティスト   吉川晃司
・作詞      松井五郎 吉川晃司
・作曲      吉川晃司
・編曲      吉田健 吉川晃司
・リリース日   1993年12月13日
・発売元    東芝EMI
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数  33.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1994年1月10日〜1月17日付

1月も3日ともなると正月気分も大分抜けてきますねぇ。
ワタシは明日まで休みだけど、明日から仕事始めって言う方もいらっしゃるだろうしなぁ。
こんな気分になるのは今に始まった事じゃ無く、かなり前からこんな気分になってたような気がするなぁ。
12月の年末と1月の月初めって、たかだか数日しか違わないのに、なんか大分イメージが変わるんだよね。
個人的な事だけど、12月年末って毎年、どこかワクワク感を感じるんだよな。あー、仕事も休みだぁ〜って言う開放感からなんだと思う。
逆に、年も明けると、たしかにフレッシュになるけど同時に「あー、また仕事かぁ」なんていう暗澹たる気分にもなる。 意外と年明けって複雑な気分なんだよね。

そんな気分に初めてなったのは、やっぱ大学卒業を間近に控えた、1994年の年明けだったような気がするなぁ。
「あー、後数カ月で社会人か」・・・と思うと、この場から逃げたい気分になっちゃったりね。 社会人になれるって事は希望に満ちてたって方もたくさんいらっしゃるんじゃないかとは思うけど、ワタシは嫌で嫌で堪んなかったんだよなぁ。

今回は、そんな暗澹たる気分だった、1994年の今頃の一つ。

吉川晃司「VENUS〜迷い子の未来〜」。

・・というかね、あの「重ーい気分」に支配されていた、1994年の今頃、自分の頭の中でヘビーローテーションで流れていたのが、この曲だったんだよなぁ。

時代的には広瀬香美の「ロマンスの神様」が大ヒットし、巷ではこの「ロマンスの神様」がヘビーローテーションで流れてたけど、個人的にはあんまり影響が無かったんだよな。

うん、気分的に浮かれたい気分ぢゃ無かったし。。。。 

それよりも大きく支配していたのはこの曲だった。 この曲、なんか重たいでしょ。 いや、実際的にはヘビーな曲ではないんだけど、曲調がね。
タイトルの「VENUS」っていうところからか、どこか荘厳なイメージなんだよね。なんていうのかなぁ、サイケデリックではないんだけど、ある意味ドラック的でもあり。いや、サイケのような原色の夢のような感じではない。
うーん、なんて言うのかなぁ、ウマい言葉が見つからないなあ。
そうだ、霊歌、ゴスペル風っていうのかなぁ。 どこかしらキリスト教的な匂いがするんだよね、この曲は。
特にバックのシンセのフレーズがさ。

サウンドがそんな感じだからさ、どこか讃美歌風っていうかね。響きが10ccの「I'm Not In Love」っぽいんだよな。シンセなんだけども、どこか人間のコーラスっぽく聴こえるような。

それが、なんか「観念して社会人になれ」・・・なんて暗黙のうちに言われているような感じがしてねぇ、 どうしても耳から離れなかったんだろうな、この曲。

いや、あれから24年も経つっていうのに、この曲を聴くと、いまだにあの時のような気分になんだよな。 もう24年も社会人やってるっちゅうのにさあ。 まあ、24年社会人やってるっっても、未だに「社会人 あーやだやだ」って言う気分は抜けきれないワタシは、根の部分はあの時と全く変わって無いって言うのもあるんでねぇ、未だにこの曲を聴くと、そんな気分にさせられるんだと思うけどさ。

ちなみに、長いキャリアを誇る吉川だけど、「ウレセン」と言う面では、この曲の前後辺りが一番CD売れてたんだよね。
ま、一番売り上げがあったのはデビュー曲の「モニカ」だけど、この曲の前の「KISSに撃たれて眠りたい」がそれに続く売り上げだったし、この「VENUS」は、その次に売り上げが高かった1曲なんだよね。

まあ、実感的には、それほどの大ヒットって言う感じではなかったんだけどさ。大ヒットって言う感じじゃなかったしね。 そうね、手ごたえて的にはスマッシュヒットって言うイメージでしたよね。この頃の吉川の一連の曲は。

それを裏付けるって言う訳ではないんだけど、ワタシのランキングでは、この曲はベストテン入りギリギリだったし、「KISSに撃たれて眠りたい」は最高11位でベストテン入りしなかったしな。
そこからして、大ヒットって言うイメージでは無かったんだよね。

まあ、それだけ全体的なCDの売り上げが好調だった訳であり、メガヒットの時代だったって事なんだけどさ。



あー、やっぱり、この曲聴くと、気分が重くなるよー。 明後日から仕事だって言うのに。。。



よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村

にくまれそうなNEWフェイス / 吉川晃司

1985_05_にくまれそうなNEWフェイス_吉川晃司






今回の1曲セレクトは、「にくまれそうなNEWフェイス」吉川晃司です。

・タイトル    にくまれそうなNEWフェイス
・アーティスト  吉川晃司
・作詞      安藤秀樹
・作曲      NOBODY
・編曲      後藤次利
・リリース日   1985年4月21日
・発売元     SMS
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   26.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1985年5月6日〜6月17日付
・タイアップ:カネボウ85年夏のキャンペーンソング

 どうもね、このところ「あ、これ、今日書こう」と頭に浮かんできた曲、ヒット期間を調べてみると、微妙にずれてる曲ばっかしなんだなぁ。。。
 じつは、今日書こうと最初から決めてた曲、いまリリース日を改めて見てみたら6月中旬だった。。。

 う〜〜ん、いや今ごろだったと思ったんだけどなぁ。。長い年月のうちに季節感覚がずれてるかなぁ。。。
 どうも、最近、ボケ気味。 あ、もともと天然ボケは入ってるけどね
最近は、その度を越して「痴呆」気味(?)
 一度、「脳トレ」でもやってみようか。きっとワタシの脳年齢80歳くらいよ。。。

 ということで、本当に「急遽」

 にくまれそうなNEWフェイス  吉川晃司

 うーん、この曲、正直言って当時、全くわかんなかったんだよね。一言で言うと、ワタシの「趣味」ではなかったというかね〜。
少し前に、久保田利伸「You Were Mine」の時も書いたんだけど、このテの「ニューウェーブ」系の音は生理的にあんまり受け付けなかったっていうのもあったかなぁ。

 再三書いてるように、何分、「ダサい」音が好みなんでねぇ。

 ま、たしかに、ホンマもんの向こうの「ニューウェーブ系」に比べたら、この曲も充分にダサイんだろうけど、それでも、ワタシの中ノバロメーターでは、それでもイマイかったんだよねぇ。
 ジャケ写からして、ニューウェーブのそれっぽいでしょ。
 ちょっとコワイ。。。。

 だいいち、この曲、吉川晃司何歌ってんだか、さっぱり理解不能だったんだもん。歌詞が聴き取れないのね。
 
・・なんてかくと、んじゃ、サザンの桑田はどうなのよ・・・と言われそうだけど、桑田氏はそれでもフィーリングが伝わってくるから

 吉川の場合はフィーリングが伝わってこなかったのね、当時は。それって、やっぱりフィーリング云々の前に、やっぱ生理的な部分で受け付けなかったっていう部分があったからだろうなぁ。
 なんかね、たんにクスリやってラリッて歌ってるアブナイ兄ちゃんとしか見えなかったんですよ、個人的には。。

でも、それがカッコよかったんだろうなぁ、このころの吉川がひとつの人気のピークだったもんね。


 ・・・と書きつつ、ただ、サビの

♪(コード)C B♭ A♭ 〜 にーくまーれーそうなNEWフェイス〜♪

って言うところだけは引っかかりましたけどねぇ

 なんか、それまで、自分の頭の中にプロットされていなかった流れとフレーズだったんだよなぁ。
 それが新鮮だったのと、なんか、みょーに一度聴いたら忘れられないインパクトがあるんだよね。

 ♪ にーくまれーそーなー ♪ の入り方、譜割にしても、不安定な変な入り方でしょ。

 逆に言うとこれがよかったんだよね。これなかった、本当にただの「駄作」だもん。この曲。
Aメロにしても、Bメロにしてもインパクトなんてなかったわけだからさ。

まあ、この曲も「カネボウ化粧品」のキャンペーンソングだったからね、毎度のごとくだけど、サビは強烈だったんだよね。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

キャンドルの瞳

1986_01_キャンドルの瞳_吉川晃司






今回の1曲セレクトは、「キャンドルの瞳」吉川晃司です。

まずはデータから。

・作詞      安藤秀樹
・作曲      原田真二
・編曲       後藤次利
・リリース日   1986年1月1日
・発売元     SMS
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   20.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1986年1月13日〜2月17日付 

先ほどの「愛の中で」で、通常に戻します・・・なんて書いておきながら、再び「1月1日」リリース曲を持ってきてしまった。。。。
 しかも、同じく、先ほど書いた「冬のオペラグラス」と同じ1986年の1月1日リリース。

ランキング的にいえば、先ほどの「冬のオペラグラス」と、リリース日がバッティングしたことで、オリコン1位は獲得できず2位止まり。
 まあ、吉川は、それほど「ランキング」にはこだわってはいなかったんで、2位止まりだったからと言って、当人にとっては、それほど大きな事ではなかったようですけどね。

しかし、この曲はニューウェーブだったな。・・・いや、吉川は、一応アイドルというポジションではあっても、それまでの曲もニューウェイブ系でしたけどね。
 同じ渡辺事務所の先輩、沢田研二のポジションを継ぐような位置ですね。今、振り返ってみれば・・・。
 
 考えてみれば、この時の、1986年1月1日リリースって、もろアイドルの新田恵利とニューウェイブ系の吉川晃司・・・っていう図式は、昨日書いた、1980年1月1日リリースの、石野真子vs沢田研二っていう図式と同じだったんだよね。
 しかも、同じ渡辺事務所の先輩後輩で。。。。

なるほど〜、そういう図式があったのか・・・。、今、書いててハッとしましたわ。

 でも・・・・この曲「キャンドルの瞳」は、当時、あんまり好きではなかったんだよなぁ。いや、吉川の曲自体、あんまり好みではなかったな。、当時は。
 ただ、好きではないんだけども、気になる曲ってあるでしょ。そんな感じだったな。
 自ら好んで聴きたいとは思わないんだけど、なーんか妙にキニナル曲。

いや、当時は、まだ、このテのニューウェイブ系の曲って、よく分からなかったんだよな。
エッジが鋭く、硬い音の曲って。 今考えてみれば、「THAT'S 80'S」っていうイメージの曲なんだけど。

 この曲で一番、記憶にあるのは、やっぱり、「ベストテン」だよね。スタジオ内の大ブランコ。
 でも、考えてみれば、あの時期は、ベストテンもひどかったな。なんか、みんなやり放題で・・・。
 ホントにあの時期、久米宏が降板した頃、ベストテンって終わっていたほうがよかったのかもな・・・。 


 

よかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード