かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

及川眠子

-3℃ / ゆうゆ

1987_08_-3℃_ゆうゆ


今回の1曲セレクトは、「-3℃」ゆうゆです。

まずはデータです。

・タイトル     -3℃
・アーティスト  ゆうゆ
・作詞       及川眠子
・作曲       後藤次利
・編曲       佐藤準
・リリース日   1987年7月22日
・発売元     ポニーキャニオン
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数  9.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1987年8月10日〜8月17日付

ここ何日か、80年代「女性アイドル」から離れたところで曲を書いてきたけど、結局戻って来るところはここなのね・・・とばかり、またまた80年代アイドルどぇす。。。

・・・と言っても、今回は、ほんの少し変化球で行きますか。

ゆうゆ「-3℃」。

もしかして、「ゆうゆ」なんて書いても、「誰?」なんて言う方もいらっしゃりますかねぇ
まあ、ワタシと同年代で、おニャン子「どストライク」な世代な方は、やもやそう言う方は居ないと思うけど、少し年代が下の方は、知らない方もおおいよね、きっと。

その昔、おニャン子クラブの一員、会員番号19番の岩井由紀子さんのニックネームが、そのままアーティスト名になっちまった・・・って訳ですわね。

で、ソロデビューの前は、現秋元康夫人の高井麻巳子様と、2人ユニット「うしろゆびさされ組」を組んでいたのは、まあ有名すぎるくらい有名な訳で、87年3月にソロデビュー。
今回セレクトしてきた「-3℃」は、そのソロ第2弾と言う訳ですわね。

個人的には、ソロデビュー曲だった、「天使のホディーガード」なんてのは好きだったんだよな。なんかホンワカした曲で。。
 まあ、このヒトのいわいるベビーボイスがホンワカした気分になっちまうんだけどさ。「うしろゆび」での実績もあったし、人気もそこそこあったんで、当然オリコン1位だよな・・と思っていたところ、最高位は2位止まり。
(その時の1位は、菊池桃子「アイドルを探せ」)

それに続く、今回ひっぱってきた「-3℃」もオリコンでは最高位2位止まり。(その時の1位はBOOWY「マリオネット」。アイドルではなくロック系に1位を阻止されたと言うところが時代の流れを感じる。時代はアイドルからロックに移ってきてたんだよね)

そんなわけで、結局、このヒトは、ソロとしてはオリコン1位は獲れなかったんだよね。

まあ、おニャン子としては「最後期」だったし、特に、この「「-3℃」は、夕やけニャンニャンが終了する1か月前ということもあり、「おニャン子」という「印籠」も効果がだいぶ薄くなってた時期だったしな。
 逆に言えば、そう時期に、オリコンではベストテンに「3週」入ったって方が不思議・・・というか、「頑張った」方なんだけどさ。

うん、この頃になると、初登場で1位をとっても、翌週はベストテンから消えていた・・・なんていう、まるで今と同じような「落下傘」チャートアクションのおニャン子の曲も多かったからな。
 つまりは、もう、おニャン子関連の曲も、コアなおニャン子オタクシカレコードを買わなくなっていた訳よ、この頃は。
 そう言う時期に2週ベストテン入りさせた・・・ってことは、少なくともまだ一般のお客さんが付いていたって事でしたからねぇ。


で、肝心の曲の方なんですが・・・。正直言って、タイトルの「-3℃」ってどういう意味ですか? って聴きたくなるくらい、内容が良く分かんないんだよね、個人的に。
まず、もって歌詞カードがないと、歌詞の内容が良く聴き取れなかったんだよな。
だからね、一体何の事を歌ってんだろう・・・っていうのが、よく分かんないまま、ずっと聴いていた・・・って感じなんだよなぁ。
ちなみに、この曲の作詞は、秋元康氏ぢゃなく、及川眠子さん。  

メロディの方も、良くも成し悪くも無し・・・って感じかなぁ。ここって言うポイントのメロディも・・・どうも見当たらないしなぁ。
 とりあえずは、60年代のアメリカンポップス・・・例えば、1910フルーツガムカンパニーの「サイモンセッズ」とか、そのあたりの、当時から言っても「懐かしめ」のサウンドが、逆に新鮮に聴こえたっていうところが、この曲の「肝」の部分なのかなぁ。



ネットの書き込みにも多く書かれてる事だけど、このVTRを見る限りでは、例えば、29年の時を越えて、あの時の、ゆうゆが今現れても、アイドルとして充分やっていけるんじゃないですかねぇ。
今は、「声優系」のお陰で、「ふつう」の声質よりもベビーボイスの方が、業界的な受けもいいからなぁ。
逆に言えば、あの頃から29年も、アイドルって言う本質の部分は、なんにも変ってないって事なんだけどさ。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

Jokeにもならない恋 / 三浦理恵子

1992_03_Jokeにもならない恋_三浦理恵子











今回の1曲セレクトは、「Jokeにもならない恋」三浦理恵子です。

まずはデータでーす。

・タイトル     Jokeにもならない恋
・アーティスト   三浦理恵子
・作詞       及川眠子
・作曲       都志見隆
・編曲       中村哲
・リリース日    1992年2月26日
・発売元      ポニーキャニオン
・オリコン最高位 10位
・売上げ枚数   4.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位

 昨日は1曲セレクトを書かずに、ゆっくり休ませていただきましたわ。やっぱねぇ、毎日書いてると煮詰まってくるんだよね。「あー、書かなきゃな」なんつう強迫観念のような。。。
「テキトー」にやれればいいんだけど、どうもキニナル性分で。。。 
でも、これからは週に何度か、お休みをいただこうと思っております。 うん、まだ書いてない曲も大分絞られてきましたしね。。。

しかし、寒いですね。ネットニュースの天気予報では「雪」マークが出てる千葉地方どぇす。 一昨日の暖かさは一体何だったんだ? って感じで。。。春は三寒四温でだんだんと暖かくなるわけだけど、まだ、さしづめ四寒三温って感じだよなぁ。。。。


・・・なんて、無駄にマクラを書いてるワタシですが。。。。

最近、某FM局を聴いてると、やたらとかかる曲があるんだよな。
Sirent Sirenってコたちの「チェリボム」って曲。 
まあ、知ってるヒトは知ってるっ感じの、ガールズバンドなんだけど。。 ボーカルのコが、まあ、めちゃくちゃ「ベイビーボイス」なんだよな。 しかも鼻から抜けるベイビーボイスなのよ。

最初は、「ナメてんのか〜、おんどりゃ〜」と、思わず叫びたくなったりしたんだけど、1日に何回もかかると、これがいつの間にか、聴き耳立ててしまっているワタシがいたりして。。。。 
いかん、戦略に引っかかってしまった。。。。。

ところで、ベイビーボイスのヒトたちって、最近は「アニメ・声優」系のヒトタチがやたらと多くなり、珍しくもなくなったけど、振り返ってみたら、このヒト辺りが「元祖」ですかね・・・ってヒトの曲を、今回はセレクトして来ましたわ。

三浦理恵子「Jokeにもならない恋」。

92年の今頃のヒットな訳だけど、、まあね、この位のアイドルの曲となると、「知ってるヒトしか知らないよね」っていう世界ですよね、きっと。

いや、ワタシも当時、好んでは、この手の曲を聴いてた方じゃないんで、それほど詳しい訳ではないんですけどね。。。
でも、当時、毎週聴いてた、bay FMの「パワーカウントダウンHO30」がいけなかった。。。。

現在も続いている、このプログラム。今は、11〜30位は、その中からセレクトして曲を流してるんだけど、1992年当時は11〜20位も、1曲ずつ曲を流していたんだよね。
 
で、この曲を聴いてしまった訳ですよ。

最初は、「アホらし・・・」なんて半分、流しで聴いてたんだけど、なんか引っかかっちゃったんだよな。
まるでミイラ捕りがミイラになっちまったような。。。。

その点は、今回の「Sirent Siren」と同じなんだよな。

結局は、なんだぁ、かんだぁ言っても好きなんだろうね、この手のベイビーボイスが。


まあ、その前に、曲的にも結構、凝ってたりするんだよな、この曲。 声を別にしたらアイドルの曲にしておくのは勿体ないかも。
 イントロからして、緊張感があってカッチョイイ。 加えて、あんまり古さを感じさせないんだよな、この曲。いまでもアイドル曲としては充分通用しますよ、この位のクオリティなら。


EQUALロマンス / CoCo

1989_09_EQUALロマンス_CoCo






今回の1曲セレクトは、「EQUALロマンス」CoCoです。

 まずはデータです。

・タイトル   EQUALロマンス
・アーティスト CoCo
・作詞     及川眠子
・作曲     山口美央子
・編曲     中村哲
・リリース日  1989年9月6日
・発売元    ポニーキャニオン
・オリコン最高位 7位
・売上げ枚数  11.9万枚
・タイアップ:フジテレビ系アニメ「らんま1/2」エンディングテーマ曲

 AKB48。。
 いまさらながらだけど、いまや、押しも押されぬトップアイドル集団なわけだけど、「集団」ゆえに、やれ「おニャン子」の再来だぁ、はたまた「モー娘。」の再来だぁ・・・と言われるわけです。

 ま、仕掛け人が秋元康氏ということから、どちらかといえば、おニャン子と比較されることのほうが多いんだけど・・・。


 ただね、そういわれると、なぜか、なんか違うんだよな・・・って思ってたワタシなんだよねぇ。

 こと、「曲」については、おニャン子の再来といわれると、なんか違うんだよなぁ・・・なんて違和感をかんじてるわけですわ。

 おニャン子は、もっとイロモノだった。なにより、曲のタイプが違うんだよな。
 大体、おニャン子関係の大部分をつくってたゴッキーは、もともとシブがき隊とかやってたじゃん。で、自身もベースでは超売れっ子のスタジオミュージシャンだし、それ以前はサディスティックミカバンドだし。。いわいるロック系のヒトなんだよね。だから、おのずから、メロディラインもサウンドも線が太いのよ。
 ただ、根は70年代のヒトだから、サウンドも70年代に近い。音が太いけど、音のエッジ(輪郭)は薄いっやつでさ。


 でも、AKBの曲には、これには当てはまらない。うん、AKBの曲の多くを作ってる、井上ヨシマサ氏は、80年代からのヒトだからねぇ。
 音の線は細いけど、音のエッジは深いってやつでさ、うん、もろ80年代の音よ。

 そういう、違いはあるのよね。


 で、そういう点からしてみれば、AKBの曲ってぇのは、「音」の面から見れば、どちらかといえば、CoCoに近いんぢゃないんかねぇ・・・なんて、さっきちらっと思ったわけですわ。


 え? なんで、そう思ったの?

 っていえば、いや、今、自分のクルマのカーステに「80年代終盤」のアイドルもののmp3が入ってまして、ちょうど「EQUALロマンス」なんてでてきてさあ、ちょこっと思ったわけです。。



・・・・ということで、今回の1曲セレクトは、CoCoの「EQUALロマンス」・・・と。

 あーーーー、いつもながら安易なセレクト。


 ところで、CoCoって、今からすれば、ジミーーな感じのアイドル集団だったなぁ・・・。なんて思ったりして。
 当時からしてみれば、それこそ、おニャン子の再来っていうノリだったんだけどねぇ。
 
 だいたい、89年当時、フジテレビのウイークデーの17時〜18時で放送してた「パラダイスGoGo」って番組からでてきたヒトたちだし。
 それこそ、おニャン子の再来・・・って感じじゃん。

 ただ、この「パラダイスGoGO」って、全国ネットじゃなかったんだよね、たしか。

 ・・・・な、もんで、「パラダイスGoGo」が放送してた地域では、CoCoって人たちの認知度も高くて、CDの売上げもまずまずだったのに対して、放送してなかった地域では、ほとんど知られてなかった・・・という。

 どうも、ジミーな存在感と感じるのは、そんな全国区な人気ではなかったからかもしれない。


 曲にしても、当時は、どうも、いまひとつ垢抜けないよなぁ・・・っていう感じがしたな、ワタシなんかは。
 もうひとつ、イロモノ感は感じないし、なにより、↑で書いたように、音の線が細いのよ、おニャン子のような、図太さに欠ける。 なんか真面目に真面目にっていう感じはしたけどさ。

 まあ、AKBの曲に真面目さを感じるのかどうかは、べつの話だけど、この曲の線の細さっていうのは、共通点を感じるんだよね。

 声質については、このくらいの年のコの集団アイドルは、昔っから似たような声質になるからな。


 でも、仮に、この「EQUALロマンス」をAKBが唄っても、なんら違和感はないと思うわ。 まあ、そんな曲ですわ。。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

淋しい熱帯魚 / Wink

1989_08_淋しい熱帯魚_Wink






今回の1曲セレクトは、「淋しい熱帯魚」Winkです。

 まずはデータです。

・タイトル   淋しい熱帯魚
・アーティスト Wink
・作詞     及川眠子
・作曲     尾関昌也
・編曲     船山基紀
・リリース日  1989年7月5日
・発売元    ポリスター
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数  56.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1989年7月17日〜10月2日付
・タイアップ:パナソニック「ヘッドホンステレオS」CM曲

最近はカレンダーにしても、年号で呼ぶことがめっきり少なくなったよな。 今年って平成何年? 2015年って言うのはすぐ出てくるんだけどね。。。
 って調べたら、平成27年だった。。。 うーみゅ、すぐに出てこない。
考えてみれば、「平成」に入ってから、年号で数えることが少なくなったよなぁ。「昭和」の頃は、逆でしたけどねぇ。

・・・ということで、今回は、そんな「平成」になった頃の曲を一つ。

 Winkの「淋しい熱帯魚」

1989年、「平成元年」の今頃の曲ですよ。 これでも26年前の曲になるんだものなぁ。

この曲、もうとっくに書いたと思ってたんだけどね。 過去のアーカイブスを検索しても出てこないから、まだ書いてなかったんでしょう、きっと。

 ちょうどいいや。 ワタシの人生の〜・・・ってところで区切ってみればキリがいいし、さらに「淋しい〜」っていうイメージが、いまのワタシの気分にもちょうどいいワイ。

 この曲っていうと、89年だよなぁ。
・・・と当時浪人してたよなぁ・・・なんていうのも思い浮かんできたりして。。
 もうね、このセットは切り離せないよなぁ、ワタシの中では。

 とにかくさぁ、この曲聴くと、あの精神的に長くつらかった浪人生活のころが思い浮かぶなぁ。。

 ふむ、歌は世につれ、世は歌につれなのです。 
曲を聴くと、あー、このころはこうだったよな・・・って思う浮かんでくるのも、ヒット曲の役割の一つですな。

 ところで、それまで「カバー」曲で当ててきてたWinkの最初の「オリジナル」ヒットがこの曲ですな。
 うむ、前年の2ndシングルの「アマリリス」もオリジナルだけど、売れなかったから。。ふらふら

 ま、「愛が止まらない」「涙をみせないで」と連続大ヒットを受けてのこの曲となったわけだから、売れないわけないんだけど、売上げ的には、前曲「涙をみせないで」の53万枚から、やや盛り返しての56万枚というわけで、成功だったわけですわな。

 兎に角、このころのWink人気はかなりなもんだったからなぁ。売上げ的にもだったけど、チャートアクションがねぇ、粘りのWinkっていうくらい、ロングヒットが続いてたからなぁ。ちなみにこの曲が12週連続でベストテン入り。そのうち8週がベスト3入りだったりするし。。
 
 その前に前曲の「涙をみせないで」も12週連続ベストテン入り。その前の「ブレイク曲」となった「愛が止まらない」は17週連続1位と、3曲連続で10週以上のベストテン入りを果たしていたわけだから、大変なもんだ。
 
 ちょうど、このころからCDシングルの売上げが急激伸びだしきたっていう環境下にもあったんだけど、それにしても、やっぱ人気があったんだよね。

 いま思うと、どこがそんなに良かったんだろ? なんだけど・・。
 いや、正直言って、当時もそうだったよな。なんかよくわかんないんだけど、すごく人気があるっていう・・。 うん、つかみ所っていうが、手ごたえが感じないんだけど売れてた・・・ってやつだよねぇ。


曲が良かったのかなぁ? 
・・・まあ、それもないでもないけどさ。たしかに、当時の「アイドル」路線からしても、けっこうレベル高い・・というか、ハイパーなポップス路線は付いてたと思う。  
 少なくとも、既存のアイドル路線に比べると、「音楽」を聴いてるように感じたしさあ。

 その辺の複合的に要素で売れたんたろうなぁ、きっと。



安易にPVをリンクしたりして。。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

涙をみせないで〜Boys Don't Cry〜 / Wink

1989_04_涙を見せないで_Wink






今回の1曲セレクトは、「涙をみせないで」Winkです。

まずはデータでーす。

・タイトル       涙をみせないで
・アーティスト     Wink
・作詞         Matjaz Kosi
・作曲         Matjaz Kosi
・日本語詞      及川眠子
・編曲         船山基紀
・リリース日      1989年3月16日
・発売元        ポリスター
・オリコン最高位    1位
・売上げ枚数      52.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1989年3月27日〜6月12日付

 さっきの安室の「TRY ME」もそうだけど、このあいだから、カバー曲を数多く紹介してる気がするなぁ。
 もちろん、意識しているわけではないんだけど、この時期って昔からカバー曲が多い・・・っていう感じが、改めてしますね。
 
・・というか、このころのWink自体が、オリジナル曲で勝負というよりも、カバー専門でやってるっていう印象の方が強かった・・という気もするし、だから、当たり前のように自然に受け止めてたところもあるなぁ。個人的には。

 それにも増して、曲が一つ前の「愛が止まらない」とは対照的に、春らしい「明るい」曲だったで言うことが一番、好印象に残っているなぁ。
 イメージ色としては、メロウイエローって感じかなぁ。別に「飲み物」ぢゃないですよ  ほんわりとした明るいイエローっていうイメージは、今の季節にはピッタリってかんじでしたよね。
それに、メロディも簡単だし、一回聴いたら、そのまま入ってきちゃうって言う感じでね。
 まあ、オリジナルの方を知らないからかもしれないけど、個人的には、Winkのオリジナルなんじゃないかって思うほど、自然な感じはうけましたね。
 かといって、メロディやサウンド的には日本的な匂いもしない。 程よくアメリカナイズされたっていう距離感があの時代にはよかったんだろうなぁ。

 あの時代、ブルハとかBUKUFUとか出てきて、やけに日本的なメロディをもったグループが出てきてかと思えば、より日本的なところから離れていったグループもいたりで、80年代末期の特徴的な時代だったよなぁ。
 世はバブル全盛。そんな中で変な形でより日本的なものがスポイルされてた時代なのかもしれん。 いま思うとだけど。



 そして、私といえば・・・・・浪人2年目の身分として、勉強に邁進する決意を固めた時期でもあったなぁ。(硬い!!)



いやー、このころ、アイドル界はユーロビート全盛期でしたな。
まあ、アイドルに限らず、ユーロビートが「イマイ」時代でしたわ。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード