かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

南佳孝

メイン・テーマ / 薬師丸ひろ子

1984_07_メイン・テーマ_薬師丸ひろ子

今回の1曲セレクトは、「メイン・テーマ」薬師丸ひろ子です。

まずはデータです。

・タイトル    メイン・テーマ
・アーティスト  薬師丸ひろ子
・作詞      松本隆
・作曲      南佳孝
・編曲      大村雅朗
・リリース日   1984年5月16日
・発売元     東芝EMI
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数  51.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1984年5月28日〜8月13日付
・タイアップ:映画「メイン・テーマ」主題歌

あぢぃ・・・っす。。。。とろけそうな気温ですな。。。これでもまだ梅雨明けじゃないんですねぇ。
これ梅雨が明けて「本格的」なナッツ〜になったら、どうなるんでしょうねぇ・・・。

さてさて、今回の1曲セレクトは、久々に薬師丸ひろ子さんですわ。
どうも、角川映画も、今年で40周年らしいですねぇ。そそそ角川映画第一弾「犬神家の一族」の公開が1976年だったから、それから今年で40周年・・・と言う訳ですわ。
 最近は、それほど派手にCMを打つって事はしなくなったけど、それこそ、当初は毎回、めちゃくちゃスポットを打ってましたもんね、角川映画って。

で、そんな角川映画の80年代と言ったら、薬師丸ひろ子、原田知世という2大スターが華やかなりしころですわ。

・・・となると、やっぱし、このタイミングで、このヒト達の曲を持ってこなくては・・・ということで、今回は1984年の「メイン・テーマ」を引っ張ってきたわけですわ。

ただね、個人的に言えば、当時の薬師丸の曲を心の底から受け入れていたか・・・というと、そうじゃなかったんだよね。
むしろ、それほど好きじゃなかった。 この曲の前曲の「探偵物語」は、カップリングの「すこしだけやさしく」が良かったんで、唯一受け入れられたけどねぇ・・・。 
全体的に言えば、いつもなんかはっきりしないでしょ、このヒトの曲って。どこか靄ってる・・っていうか霞がかってる・・っていうか。。。

この曲に至っては、そんな霞の中から、なんか( 妖怪?)が出てきそうなイメージだったし。。。。

とは言うモノの、このヒトの曲が無いと時代を語れない・・・というかね。

うん、タイトルは「メイン・テーマ」となっているけどバイブイヤー的な存在と言うかね、絶対に「メイン」ストリームを行くような曲じゃない。
でも、少なくとも1984年の今頃を語る上では、無いとなんか落ち着かない・・・そんな存在なんだよな。

そもそも、この曲、売り上げ50万枚強もあるんだけども、当時の印象からしても、そんなに売れていたような印象が無いもの。なんか、ぬるっとチャートに入ってきて、気が付けば50万枚も売れてた・・・って感じなんだよな。

いや、それ以上に3カ月近くもベストテン内に居た・・・って言う印象も薄い。

それは、きっと、当時、個人的にこの曲があんまり好きじゃなかったんで、例えばラジオのベストテン番組でかかっても、それほど真剣に聴いてなかったからかもしれないし、それにテレビもこの曲ではあんまりでなかったしね。 だからね印象に薄いのかもしれないな。

ただ、サビの最後の ♪20年も生きてきたのにね〜 ♪ って言う歌詞は、なんか意味もなく気持ち悪くて印象に残るんだよな。


ちなみに、この曲、作曲者の南佳孝氏が歌った「スタンダード・ナンバー」とは歌詞違いの同じ曲って事は、ここ読んでくださってる方は、みなさんご存知ですよねぇ。

↓ コレ


まあパターンとしては、「セーラー服と機関銃」のオリジナルは、来生たかお氏の「夢の途中」だった・・っことと全く同じ訳ですな。
 「セーラー服と機関銃」の時は、当初は来生氏の「夢の途中」が主題歌として決まっていたところ、途中から薬師丸が得たぇことに変更になったけど、この曲の場合、当初から南佳孝氏の「スタンダードナンバー」は別曲とし存在した事が違うかな。
 それと、「夢の途中」は、ご存じのように大ヒットとなったけど、この「スタンダードナンバー」は、それほどの大ヒットにはならなかった事も違うかな。






よろしかった、ポチッと押してね
にほんブログ村

モンローウォーク / 南佳孝

1979_06_モンローウォーク_南佳孝






今回の1曲セレクトは、「モンローウォーク」南佳孝です。

 まずはデータです。

・タイトル    モンローウォーク
・アーティスト  南佳孝
・作詞      来生えつこ
・作曲      南佳孝
・編曲      坂本龍一
・リリース日   1979年4月21日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 38位
・売上げ枚数   12.2万枚

 すっかり夏だね。今日のような天気だと。梅雨とは思えないような日差しだったものねぇ。
 今年も「猛暑」なんですかねぇ。今日のの天気は、まだまだその序の口って感じなのかなぁ? 6月でこれだからねぇ、8月になったらどうなるか分らんですゾ。

 でも、こういう日差しの日には、やっぱり、それらしい曲が聴きたくなるもんだよねぇ。やっぱり、海で聴きたくなるような曲。うーん、サザンとかチューブもいいけど、もうちょっとオシャレな曲がいいな・・・。

・・・ということで、南佳孝の「モンローウォーク」なぞをひとつ。

 なに? こんな曲知らないですと?

うーん、まあ、リリースが今から36年前、しかもオリコンで38位までしかいなかったからなぁ・・。

 でも、郷ひろみの「セクシーユー」って曲なら知ってるヒト、多いんじゃない?  

そそそ 2月に「セクシーユー」の方は書いたんだけどね。

 ♪ つまさき立てて海へ モンローウォークしてゆーくー♪

っていうノリノリな曲っすよ。

 はい、この曲は、その「オリジナル」です。

・・・・っていうか、郷ひろみが後から「カバー」したんだよね。

 で、まあ、タイトルもオリジナルの南佳孝が「モンローウォーク」に対して、郷ひろみは「セクシーユー」・・・・と。

 タイトルが違うっちゅうことは、中身も違う?  っていのうは半分当たってる・・・うん、歌詞が若干違うんだよね。

 たとえば、一番の歌詞の最後

郷ひろみが ♪ 口説き落としたい君 素知らぬ素振りもセクシー ♪

に対して

南佳孝 ♪ 口説き落としたいのに スキもないね君は ♪

だったりしてね。

 全編にわたって、最後の1行だけが異なってるんだよね。

 これは、81年の薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」と来生たかお「夢の途中」の違いと全く同じっ訳ね。

 まあ、作詞が同じ、来生えつこ っていうところがミソなんだけどさ。

 サウンドは全く違うんだけどね。郷ひろみと南佳孝では。

 郷ひろみはカリブっぽいノリがありながらも、もっとポップスよりな味付けだけど、南佳孝は、音が重くて分厚んだよね。ただ、16ビートの強烈なビートは、郷ひろみよりも全然利いてる。なんていったら言いのかなぁ・・南佳孝氏らしい、独特なクセのあるノリが存在するんだよね。

 うーん、このクセのあるノリのアレンジってだれやってたんだ? と思って調べてみたら、なんと、坂本龍一氏ぢゃないの!!

 うーん、これは、今の今まで全く気が付かなかったですぞ!

・・・というか、この曲全てが生楽器でシンセが全く入ってないんだけどね。だから、坂本氏とは全く想像もしてなかったんだよなぁ。

 坂本氏が16ビートですか? ってところも想像が行かないしさ。 でも、実際はそうなんだよね。

 確かに、ストリングス、ブラスの使い方なんかは、この年(79年)に大ヒットした、サーカスの「アメリカンフィーリング」にも似たところがあるかなぁ。言われて見れば。

 でもさ、この曲リリースは、1979年の4月なんだけど、実際ヒットしたのは、郷ひろみの「セクシーユー」の後・・。
 1980年の3月〜4月にかけてなんだよね。だから、実際はちょっと「夏の・・・・」っていうイメージはなかったんだけどさ。
・・・っていうか、郷ひろみの「セクシーユー」が1980年の2月だもんなぁ。真冬に♪つま先立てて海へ〜 ♪って言う方がちょっと季節外れだったんだよね。

 だから、本来は79年の「夏」のイメージなんだろうけどさ、個人的には1980年の夏っていうイメージが強いな。

 ただ、残念ながら1980年の夏は「天候不順」で記録的な冷夏だったのよ・・・ この曲、いまひとつ盛り上がらなかったのは、そういうこともあったんでないかなぁ。。。




よろしかったらポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

スローなブギにしてくれ / 南佳孝

1981_04_スローなブギにしてくれ_南佳孝







今回の1曲セレクトは、「スローなブギにしてくれ」南佳孝です。

まずは、データでーす。

・タイトル     スローなブギにしてくれ
・アーティスト   南佳孝
・作詞        松本隆
・作曲        南佳孝
・編曲        後藤次利
・リリース日    1981年1月21日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位  6位
・売上げ枚数    28.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1981年3月9日〜4月13日付
・タイアップ:映画「スローなブギにしてくれ」主題歌

今回の1曲セレクトは、ちょっと目先を変えて南佳孝の「スローなブギにしてくれ」でいきます。

 この曲は、例の「角川映画」であった、同名の「スローなブギにしてくれ」の主題歌だったわけだけど、最近でこそ角川映画ってCMスポットをあんまり打たなくなったけど、あの当時はすごかったよね。CMスポット。
 まあいちばん有名だったのは、例の「母さん、僕の麦藁帽子どうなったんでしょうね・・・」の「人間の証明」・・。あのあたりから大量スポットを打つようになったわけですね。
 この映画もご多分に漏れずで、いや、随分CMスポット見た記憶が未だにありますねぇ。

 映画の方は片岡義男原作の同名小説の映画化。片岡義男っていうヒトも70年代、80年代は随分、名前聞いたよなぁ。丁度、赤川次郎の一世代前って感じですよね。
 で、映画の主演は浅野温子。このとき若干20才。「あぶない刑事」の5年前。W浅野でトレンディ女優ともてはやされる10年前ですな。

 それにもまして、この曲、「スローなブギにしてくれ」の存在感ですよね。
 CMスポットでも流れいた 出だしの部分

♪(ジャーン コードE+5) Want you〜 俺〜の肩を抱きし〜めてくれ〜♪

の、なんともネチッコイうたは、めっちゃ耳に残りましたよね。
 いや、その上で、あれだけスポット打たれたら、耳から離れないわけがないですよ。。。

 もちろん、ワタシもその一人なんですけど、そのまえに本格的な3連のロッカー(ミディアム)バラードの曲を目の当たりにするのは、この曲が最初だったと思う。
 プラスして付け加えると、3連独特の「クセ」のあるメロディラインを体験するのは・・・っていうのかなぁ。
 兎に角、南佳孝独特のクセのあるメロディラインでしたよね。
 メロディラインだけでなく、バックのリズム体も3連ならではの変化に飛ぶリズム体でしたよね。特にこの曲のベースラインの変化には随分おどろいたなぁ・・・

 ・・・とおもったら、この曲のアレンジは、後のゴッキーこと、後藤次利氏なんだよね。さすがにベースシストだけあって、ベースラインの動きには、気を配っているよね。

 それと、やっぱりコード進行だろうなぁ。これは、南佳孝氏の独特の感性がつまっているって言うのかなぁ、あのゾクッと来るようなコード進行は、このヒトならではって感じですよね。
 何分出だしの E+5のコードの響きと、そのあとの♪Want You〜♪って部分一言だけの独特のメロディラインがこの曲の命だよね。それがすごき決まっているし、だから、曲全体通して聴いた時もカッコよさが伝わってくるんだよね。

 うーん、オリジナリティって、この曲のような事を言う・・って感じですね。

 しかし、この「オトナ」っぽい雰囲気って言うのは、まだ小6だった、ガキのワタシの憧れだったなぁ。
・・・っていうか、あの時期、クソガキだったけど、オトナの世界を体験したって感じでしたね。音楽で。
 丁度、寺尾聰も大ヒットしてたし、とかく、「演歌」とは別の次元でオトナっぽさをみせてくれる曲が流行ってたんだよね。あの時期。

 そんな曲でしたけど、ランク的には、リリースされたのがこの年の1月21日だったけど、ベストテンまで到達のしたのは2ヶ月もかかっているんだよね。
 ・・で、映画の公開は、この年の4月7日。映画の公開にあわせて大量スポットが打たれてから、大ヒットしたって形ですね。それを見ても、CMスポットを使ったメディタイアップが功を奏したっていうかたちの曲ですよねぇ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

セクシー・ユー〜モンローウォーク〜 / 郷ひろみ

1980_02_セクシー・ユー_郷ひろみ











今回の1曲セレクトは、「セクシー・ユー〜モンローウォーク〜」郷ひろみです。


まずはデータです。


・タイトル   セクシー・ユー〜モンローウォーク〜
・アーティスト 郷ひろみ
・作詞     来生えつこ
・作曲     南佳孝
・編曲     萩田光雄
・リリース日  1980年1月21日
・発売元    CBSソニー
・オリコン最高位 11位
・売り上げ枚数  20.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1980年2月25日付〜3月10日付


 郷ひろみの曲も、1月〜2月のヒット曲は大分書いてきたと思うんだけど、探してみれば、まだあったりするんだよね。

 ま。リアルタイムで聴いてなかった頃の曲は、まだまだ抜けていると思うんだけど、リアルタイムで聴いてた頃の曲でも、書いてない曲があるなぁ。

 その1曲が、今回セレクトしてきた、「セクシー・ユー」だったりして。

 
いや、正直言うと、当時、郷ひろみって、個人的にあんまり好きじゃなかったんだよね。当時、「ザ・ベストテン」で、新曲がランクインしてくると、曲をカセットに録音して、曲を覚えてまして、そのカセットが今でも、家に残ってんだけど、聴き返してみると、郷ひろみの曲は1曲も録音されていない。。。。それだけ好きじゃなかったんだろうね。新御三家の中では、西城秀樹派だったんだよねぇ。

 
ただね、「好きじゃなかった」だけで、決して「キライ」というわけでは無かったんだよねぇ・・。 
その辺が「天邪鬼」な性格なんだけどさ。

 好きじゃないんだけど、でも、ココロの底では「キニなって」たりしてね。素直じゃなかったんだよな。

だから、今になって失敗したなぁ・・・って思う曲が意外と多いんだよなぁ、郷ひろみの曲は。


今回セレクトしてきた「セクシー・ユー」もそんな1曲だったなぁ。
表向きは、今日もないようなそぶりを見せてたんだけど、それでも、気になる1曲だったんだよなぁ。


 この曲、それまでの郷ひろみには、無かったような1曲だったし。リズム的にも、メロディ的にも。
 うん、リズム的には、今でいう「サルサ」に近いのかなぁ。強烈な16ビートで。
その16ビートに合わせた、細かく、それでいて軽快なメロディが乗っかってて。


多分、後日、書くことになる「スローなブギにしてくれ」もそうなんたけど、南佳孝氏の曲、特にメロディラインっていうのは、このヒト独特の「臭み」があるんだよなぁ。
 コトバではなかなか表現できないんだけど、兎に角独特なんですよ。

 
 それを初めて感じたのは、この曲でしたね。だから、余計にキニなったりしてね。


まあ、この曲は、もともとは、南佳孝氏自身のシングル「モンローウォーク」のカバーなんだけどさ。
 歌詞の変えたのが、この「セクシー・ユー」っていう郷ひろみバージョンのシングルとしてリリースされたんだよね。


ま、言ってみれば、「異名同曲」っていうパターンの曲だよね。

「同名異曲」っていうパターンは、数えきれないくらいあるけど、「異名同曲」っていうのは、意外と珍しいんじゃないのかなぁ。 探せば出てくるのかもしれないけどさ。
 ぱっと思いつくのは、この曲と、来生たかお「夢の途中」、薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」の「異名同曲」パターンでよね。


 しかも、どちらの曲の作詞は、来生えつこ女史っていうのもミソ。


しかもしかも、オリジナルの歌詞の一部を、ちょこっと変えているのも、同じパターン。


うーむ、来生女史は、こういう「異名同曲」を作るのが好きだったのかなぁ。


個人的には、南佳孝氏のオリジナル「モンローウォーク」も好きなんだよね。
オリジナルは、もっとネチッこいんだけどさ。なによりも南佳孝氏の歌い方がネチッこいんだよね。
 
でも、インパクトという点では、オリジナルの「モンローウォーク」の方が強い。
カリブの海のような海の匂いも感じるしね。

それに比べると、この郷ひろみバージョンの「セクシー・ユー」は、アレンジからして薄味って感じだよね。

まあ、どっちが好みっていうのは、ヒトそれぞれで異なるところだろうから、どっちがいい悪いとは言えないんだけどさ。


いずれにしても、この「セクシー・ユー」がヒットしたことに引っ張られて、オリジナルの「モンローウォーク」もチャートを上げてきた・・・っていう感じだったよなぁ。

オリジナルの「モンローウォーク」は、「セクシー・ユー」よりも半年も前にリリースされてたんだけどね。
 逆に引っ張られて、ヒットしてきたっていう感じだったんだよね。
そういう意味では、南佳孝氏にとってもラッキーだったんだろうな。


それにしても、郷ひろみの動画っていうのは、落ちてないなぁ・・・。
この曲も探してみたんだけど、You Tubeの国内サーバーにはオリジナルモノは無し。。 見たくもない「カバー」物・・は腐るほどあるのになぁ・・・。

 ただ、海外のサーバーには、落ちてるみたいなんで、一応、そこをリンク。

http://v.youku.com/v_show/id_XNjEzNTk2Mzg0.html

見たい方はどうぞ。


よろしかったらポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード