かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

佐橋佳幸

HELLO / 福山雅治

1995_03_HELLO_福山雅治











今回の1曲セレクトは、「HELLO」福山雅治です。

まずはデータです。

・タイトル   HELLO
・作詞     福山雅治
・作曲     福山雅治
・編曲     佐橋佳幸
・リリース日  1995年2月6日
・発売元    BMGビクター
・オリコン最高位 1位
・売り上げ枚数  187.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1995年2月20日〜4月24日付
・タイアップ:フジテレビ系ドラマ「最高の片想い」主題歌

 昨日寝がけにTwitter見てたら、某佐橋氏のComing"暴露"Outなツイートに思わずのけぞってしまったんだけど。。。
 え? どんなツイートかって?  ま、著作権がらみの暴露っすよね。「実名」で書いてあったんだけどデリケートな部分でもあるんで、ここでは詳細は書かないけどさ。
 
でも、冷静に考えてみれば著作権がらみ「暴露」話は業界全体的にいっぱいあるんだろうな。大体において、佐村河内氏「事件」のような例もあるんで。 うむ、これはゴーストライターっていうある種の著作権事件だけどさ。

・・・・ということで、今回は、そんな著作権的に「怪しい(?)」方の曲をセレクトして来ましょうか。

福山雅治「HELLO」

・・・・と書くと、はて、なんで福山が著作権的に怪しいの? なんて言われちゃいますかね。。。
まあ、その辺はちょっと前にウワサになったってことで「アワワワワ」と言葉を濁しておいて・・・と(爆)

あ、偶然だけど、この「HELLO」のアレンジャーは、↑で書いた佐橋氏なんだよな。
まあ、なんて偶然
昨日のツイッターでは、某曲のアレンジャークレジットについて暴露してたけど、この曲では、ちゃんとクレジットされていますね。

さて、今回セレクトしてきた「HELLO」って曲。個人的にも好きだったなぁ。
いや、94年頃からの福山の曲って良かったんだよね。シンプルでさ分かりやすかったし。 94年の「IT'S ONLY LOVE」なんぞ、未だに「十八番」ですよ、ワタシの。 まあ、カラオケで何回歌ったことか。

シンプルだし、キャッチーだし、歌いやすいし、声がまだよく出ない、カラオケの1曲にはもってこいの曲ですわ。
それは、この「HELLO」もそうですね。 「HELLO」は、加えて「ノリ」がいいからなぁ。

やっぱり、ヒット曲はシンプル・イズ・ベストだと思うわ。聴いてすぐ分かる曲が一番、余計な考えを持たなくていいじゃん。
 ヒット曲って、結局は「快感」なんだよね。 聴いて如何に快感になれるか。 その点この「HELLO」は全部クリアしているような曲だと思うわ。

まあだから、爆発的に売れたんだろうね。 前曲の「IT'S ONLY LOVE」で初めてミリオンセラーを記録したんだけど、続くこの曲では、一気に187万枚強まで売り上げを伸ばした訳だから。

福山の中で一番売れた曲・・・・なんて思わず書きそうになっちゃいますよ。。。 

うんにゃ、福山で一番売れた曲は「桜坂」ですよな。(229.9万枚)

でも、感覚としては、この曲が一番売れた・・・ような感じがするんだよね。 それは、やっぱりミディアムバラードで一聴、ジミな「桜坂」よりも、 アッパーで派手な感じの「HELLO」っていうイメージになっちゃうんだろうね。


最近の福山は、凝りすぎなんだよな曲。正直、分かりにくいんですわ。
最近の一連の曲、悪い曲じゃないとは思うけれど、かといって逆に絶賛するほどでもない。
 まあ、年相応の曲と言えば、そうなのかもしれないけど、たまには原点に戻って、この曲のようなシンプルな曲をやって欲しいわな。



あわわ、若いねぇ。今の若手イケメンミュージシャンみたいだな。
21年前だもんな。26才の頃か。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

TRUE LOVE / 藤井フミヤ

1993_12_TRUE LOVE_藤井フミヤ






今回の1曲セレクトは「TRUE LOVE」藤井フミヤです。

まずはデータです。

・タイトル     TRUE LOVE
・アーティスト   藤井フミヤ
・作詞       藤井フミヤ
・作曲       藤井フミヤ
・編曲       佐橋佳幸
・リリース日    1993年11月10日
・発売元      ポニーキャニオン
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    202.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年11月22日〜1994年2月7日付
・タイアップ:フジテレビ系ドラマ「あすなろ白書」主題歌

 長くヒット曲を聴いてるとさ、何年か周期で、ヒットパターンって巡ってくるように感じるんだよね。
 でもまあ、めぐってくるって言っても全く同じパターンというわけではなくて、「根」の部分が同じということで、表面上は変わってくるんだけどね。それは、今までは音質の進歩などの違いなんだけど、だから、よく、らせん状にヒットパターンが巡ってくるって言うんだけどさ。

 いちじきは、完全にリズム主体な曲がヒットしてた傾向が強いけど、最近はそうでもないですよね。逆にメロディアスな曲がロングヒットするような傾向が強いわけで・・・。

 でさ、ちょっと過去を振り返ると、今回引っ張ってきた、「TRUE LOVE」の頃のようなパターン傾向ではないかねぇ・・と思ってたりするんですよね。

 ただ、違うのは、93年の曲の方が「芯」が通ってたような気がするなぁ。キャッチーでメロディアスな曲が受けるっていうのは変わらないんだけど。


 この「TRUE LOVE」は、ま、いまの30代より上の人は見てた人も随分いるだろうけど、月9の「あすなろ白書」の主題歌ですわね。

 藤井フミヤもチェッカーズを解散して、ほぼ1年間、全く音沙汰も見せなかったわけだけど、この曲から本格的にソロとして復帰してきたわけだ。

 しかし、その第1弾が、こんなにシンプル、かつメロディアスなミディアムバラードになるとは、全く予想外だったけどさ。 しかもいきなりオリコンで5週連続1位だもんね。

 でも、まず、シンプルながらキャッチーなメロディラインにがっつりもってかれたなぁ、当時は。
 1回で好きになったし、覚えちゃったもんね。

 うん、ドラマは全く見てなかったんですよ、ワタシ。それでもこの曲だけは外せなかったもんなぁ。


 プラス、この独特の静寂感、哀愁感が、この季節の午後のアンニュイさ、温度感にマッチするんだよね。


 まあ、そこまで、計算して作ったのかはよくわからないけど、当時のフミヤの素直な感情が曲いっぱいに表れていて、シンプルだけど、おもわず聴ているほうも吸い寄せらるような感じがする曲なんだよね。

 ホント、この曲きいてると、メロディを複雑に、音数、音圧を増やせばよいのか・・ということを全て否定しているような感じにも取れるなぁ。
 そのときの感情をストレートに素直に表現できれば、サウンドはシンプルでも充分、ヒトの心に響くんですよね。

 最終的にダブルミリオンになったこの曲だけど、まあ、これが当時の「月9」の力とも言えるかも知れないけど、それでも、この「曲」としてのパワーも充分にあったからの結果だったんではないかなぁ・・・・と素直に思いますねぇ。



先日、別に書いたんだけど、イントロ冒頭の佐橋佳幸氏のアコギのカッティッング。これに尽きると思うんだよね。派手さは全くないんだけど、思わず曲に引き込まれるっちゅうかさ。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード