かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

伊藤薫

ラヴ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲

1983_12_ラブ・イズ・オーヴァー_欧陽非非






今回の1曲セレクトは、「ラヴ・イズ・オーヴァー」欧陽菲菲です。

 まずはデータです。

・タイトル   ラヴ・イズ・オーヴァー
・アーティスト 欧陽菲菲
・作詞      伊藤薫
・作曲      伊藤薫
・編曲      若草恵
・リリース日   1982年9月1日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   52.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1983年12月5日〜1984年2月6日付

 今日はストレートに書き出しますぞ。
 最近、よく聴く曲があるんだよなぁ。うん、それが、今回引っ張ってきた欧陽菲菲の「ラヴ・イズ・オーヴァー」なんだけどさあ。
 そうでなくても、この季節になると、どこからともなく聴こえてくるような気がするねぇ。この曲。
 やっぱ、曲想から言って、この「時期」の曲っていうイメージが強いのかねぇ。

 ま、たしかに、ヒット時期は、ちょうど今ごろだったしね。個人的にも、この曲っていったら、12月の寒い中聴いてたっていう印象が強いし。

 ただ、リリースは、必ずしも「冬の寒い日」ではないわけで。うむ、「ヒット前年」の9月だったりするからねぇ。
 あ、いや、厳密に言うと、ヒットの「3年前」の1979年7月が最初のリリースだ。
 「最初の」っていうのは、この曲、もともとB面なんだよね。そそそ「うわさのディスコクイーン」って曲のB面だったのよ。

 でも、「うわさの〜」は全くうれず、いわんや、この「ラヴ・イズ・オーヴァー」なんてのは、日の目が当たるわけもなく・・・。

  ただ、あの頃は「有線」って言うメディアがまだまだ力を発揮してたのが幸いだったよねぇ。
 そそそ、この曲も81年の暮れ頃から有線で静かな話題を得てきていて、翌82年9月に再リリースされたわけだ。

 まあ、それでも、ベストテン入りまでは、それから1年3ヶ月もかかったわけだから、超ロングヒットもいいところですわな。

 あの時代、こういう、ジワリヒットって、まだ結構あったからねぇ、それほど奇異な動きには感じなかったよなぁ。
 82年〜83年にかけて、一時的な演歌、歌謡曲の復活があったからさあ。

 この年は、佳山明生の「氷雨」が、リリースから数年越しのヒットとかあったしさ、そういうジワリ型ヒットっていうもののインパクトは、それほどでもなかった気がする。
 話題的には、オリコンで言えば、71年の「雨の御堂筋」以来、12年ぶり1位獲得。なんていう、1位獲得間隔更新って言うほうが、当時としてはインパクトがあったのかなぁ。
 

 しかしながら、ジワリヒットは、ヒトのこころに曲が深く浸透するわけで、だから、いまだにエバーグリーンな曲になりえているわけで、これまでに何人もカバーしているわけなんだよね。


 でも、あの時代、ワタシ的にはこの曲は大人過ぎたな。いい曲だとは生理的には思っていたけど、まだまだ受け付けるまでには至らなかったっていうかさあ。ただ、残っているのよ曲は。
 この曲、聴くと、ああ、83年の12月だよなぁ〜、あの頃は〜っていう絵が即座に浮かんできたりするし。

 うん、今聴くと、ちょうどいいのよ、この曲くらいの幅の曲が。

 まあ、それだけワタシも年取ったってことですかねぇ。このテの曲が最近ないのが、淋しいわけなんだけどさあ。

それにしても作詞。作曲者の伊藤薫ってヒトは、いい曲持ってるんだよね。以前、香坂みゆきの「レイラ」を書いた時も少しふれたんだけど、グッと心に染みいるようなメロディアスな曲が多いのよ。
最近は、千葉テレビの「カラオケ大賞」の審査員やってるけど。。。



最近このヒトがこの曲を歌う時、完全に歌い方を崩しちゃってるじゃん。あれが、どうも、個人的にはねぇ・・・。って感じなんだよね。

 やっぱ、オリジナルな歌い方が個人的には「○」。

 しかし、この手の正統派なエンターテイメントソングは、最近じゃ和田アキ子ぐらいしか歌わないよねぇ、きっと。
 うん、このテの曲を歌えるヒトが少ないんですよ。やっぱ、それは寂しいよなぁ。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

レイラ / 香坂みゆき

1982_09_レイラ_香坂みゆき







今回の1曲セレクトは「レイラ」香坂みゆきです。

まずは、データです。

・タイトル     レイラ
・アーティスト   香坂みゆき
・作詞       伊藤薫
・作曲       伊藤薫
・編曲       藤田大士
・リリース日    1982年8月25日
・発売元      ポリドール
・オリコン最高位  80位
・売上げ枚数    1.9万枚

えー、のっけからですが、「レイラ」っていうタイトルだと、ディレク アンド ドミノスの「レイラ」とは同名異曲なんで〜。。 (←定番ですね、このいいわけ)

 このところ、マニアックとまでは行かないけど、時々ヒット的にはマイナー曲をセレクトしてきてるんだけど、、なぜか、夏の終わりから秋口にかけてって、昔は、必ずしもチャートの上位に進出してはいない、マイナーな曲まで聴いてた時期ってあるんだよね。

 もちろん、毎年ではなく、ほんと局所、局所なんだけどさ。。振り合えって見ると1982年と1992年は、そんな感じだった気がするなぁ。奇しくも丁度10年飛んでるんだけどね。

 うーん、太陽の黒点の活動の活発化、不活発化と同じで大体10年サイクルで、無性に音楽が聴きたい時期と、そうでない次期ってあるんかいなぁ。。。?

 ぢゃ、2002年はどうだったか・・・。うーん、たしかに結構聴いてた気がする。ま、その頃は、仕事として音楽に接しちゃってましたけどね。

 ・・・で、最初の1982年。今思うと、この時が一番、聴いてたんぢゃないかなぁ・・と思いますね。
 まだ、音楽そのものの、経験とか頭の中のキャパシティがない頃だから、なんか、聴く曲聴く曲が、みんな新鮮に見えたんだよねぇ。
 だから、ラジオなんかでかかってて、引っかかる曲も多くてさ。


 今回、引っ張ってきた「レイラ」もそのなかの1曲だったと思うなぁ。

 なんかさ、曲のインパクトがすごいぢゃん。この曲。
ちょっと聴きでは、「ハードロック」か? って思っちゃうくらい。。。

 ま、実際は、とてもハードロックではないんだけどさ、当時の感覚からすると、そう聴こえたんだよね。それだけヘビーだった曲なんだけどさ。

 ヘビーといっても、本来のハードロックとか、ヘビーメタルっていう、ギターサウンドギンギンのハードさではないんだよね。たしかにハードなギターサウンドを全面に出した曲ではあるけど、曲の内容からして、「レイラ」っていう女の子が「身投げ」する曲でしょ。 曲のシチュエーションからしてヘビーなんですよね。

 そういうシチュエーションって一歩間違ったら「演歌」の世界になっちゃいそうな感じもするんだけど、ギリギリのところで「歌謡ポップス」に留まっているというかね。

 作詞、作曲の伊藤薫氏って、少し前に書いた、水越けいこの「ほほにキスして」の作者でもあるんだけど、「ほほにキスして」のメジャーなポップスというよりは、この曲のような重ーーい、一歩まちがったら「演歌」になっちゃうところをギリギリで「歌謡曲」に留まっているような曲っていうほうが、このヒトの持ち味っていう気もするんだよね。

 だから、この曲なんかは、本領発揮ってところなんぢゃないかなぁ。。。

 香坂みゆきっていうヒト、今ではタレントの清水圭氏の奥方となられて、いまでも活動中なんだけど、もともとは、アイドルなんですよね。
 でも、単なるアイドルポップス路線から、ハードなよりロック路線に変えてきたのが、前年の81年の「気分をかえて」って曲から。
 この曲が割りと受けがよかったんで、そのまま引き継いだのが、この「レイラ」ですね。

 この時19才。同い年の河合奈保子が、まだアイドルだった事を考えると、かなり大人っぽい曲を歌ってたよなぁ・・。

でさあ、歌が異様にうまいんだよねぇ、このヒト。とても、河合奈保子とおなじ19才とは思えなかったもん。

出だしの

♪レイラ〜 悲しいよ〜 カモメになって空を飛んだー〜 ♪

のサビの部分の迫力とインパクトと訴求力は、これはすごいよねぇ。迫力からいうと、後年の浜田麻里にちょっと似たような感覚があるなぁ。

 それと対照的なAメロの優しい部分の歌い方も見事。優しい部分、ハードな部分と心の動きが入り乱れている、この難しい曲を自然な流れで歌いきってるのがすごいんだよね。


 もちろん、存在自体が全然マイナーだったから、売上げは全然だったけどねぇ。
 オリコン最高80位・・・。もしかして、これまで紹介してきた曲の中でも最低ラインかもしれないな。

 でも、曲自体はそんなことないんですよ。隠れた名曲とでもいいましょうかねぇ。
 なんか、日の目に当たらないのがもったいないくらい。。

 一方で、このままいつまでもひっそりとした存在であってほしいなぁ・・とも思ったりして・・。その辺は複雑なんだよね。






よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ほほにキスして / 水越けいこ

1979_09_ほほにキスして_水越けい子






今回の1曲セレクトは、「ほほにキスして」水越けいこです。

まずはデータです!

・タイトル     ほほにキスして
・アーティスト   水越けいこ
・作詞       伊藤薫
・作曲       伊藤薫
・編曲       佐藤準
・リリース日    1979年7月1日
・発売元      ポリドール
・オリコン最高位  33位
・売上げ枚数    9.5万枚

 アイドル? それともニューミュージック? っていうジャンル分けをしたとき、どちらに入れたらいいのかちょっと困ってしまう曲って言うのが、70年代末期にはありましたねぇ。

 結局、従来の70年代型アイドルの力が弱くなり、逆にニューミュージック勢全盛となったときに、ニューミュージックの中でももっともゲーノーよりというかね、「作られたニューミュージック」風なアーティストも出てきたんだよね。

 特徴としては、従来のアイドルよりは対象年齢が高目。ターゲットは大学生が中心って感じかな? それと押しなべてウタはうまい。そこそこ美人が多い。。。。ってところでしょうかねぇ?

 よく、竹内まりやは、そんな感じに捉えられていましたよね。本人はこの当時の活動は、嫌がっていたみたいだけど・・。(新人だったからしょうがなく・・という感じ?)


今回引っ張ってきた、水越けいこさんもそんな中の一人でしょうかねぇ。
 存在としては、ニューミュージックに捉えられるのか、ゲーノーよりの歌謡ポップスに入れるのか・・・ちょっと判断に困るんですよね。
 結局は大学生のアイドルって感じだったのかなぁ。。その辺は定かではないんだけど、当時NHKの「レッツゴーヤング」にも出てたですしね。

 ただ、個人的にはやっぱり、田中星児さんとのコンビで出演してたTBS系「8時の空」でのキレイなおねえさんってのが一番印象が強いかなぁ、このヒトの場合。
 密かにファンだったんですよ。たしか小学2、3年の頃だったと思うけど。。。

あ、えーと「8時の空」って言う番組は、毎朝月〜金の8時〜8時10分で放送してた帯番組で、ま、言ってみれば「お天気」番組にハガキ紹介などちょっとした情報を入れたような情報番組の走りのような番組でしたよね。
 ワタシもうる覚えなんだけど、田中星児さん、水越けいこさんともにギターをもってウタ歌ってた時期もあった気がするんだけど、記憶ちがいだったかな?

 ともあれ、7時〜8時の「おはよう7:00」と8時10分〜の「ポーラテレビ小説」の間で、結構人気があった番組のような感覚があるなぁ。


で、この「ほほにキスして」は、その後のほうの曲って感じなのかな。
「〜なのかな」って、正直に書くと、この曲も当時は知らなかったんですよ、ワタシ

オリコンで最高33位でしょ。。。まだ、そこまではちゃんと聴いてなかったですからねぇ。
 だから、大人になってからちゃんと聴いたっていう曲なんだけど、たださ、一聴すると、どっかうる覚えな感じはしたんだよね。だから、どっかで聴いていたとは思うけど。。。


 兎に角さ、この曲は、夏向けの気持ちのよい、なんのいやみも臭みもない「ポップス」ですよね。ま、その一言で集約できちゃう曲なんだけどさ。
 きいててウキウキしちゃうんだよね。

♪ほほにキスして そしてサヨナラ〜 ♪ではじまるサビは、やっぱり、キャッチーですよね。おもわず、続けて聴きたくなっちゃう。

いや、どうして、この曲、もっと当時聴いてなかったんだろ? っていのうがちょっと口惜しくなったりして。
 この温度感、匂い、色合いっていうのは、やっぱり、1979年って言う感じなんだよね。
 
 最初に書いたようにニューミュージックなのか歌謡ポップスなのか・・・どっちとも付かず独特なブレンド感があるっていうのが1979年独特の色合いな曲だと思うんだけど、この曲はそんんな感じなんだよね。

 ちなみに、1980年になるとこの色合いはまた、別個な感じに変わってくる。アイドルとニューミュージックは完全に分離しましたからね。


 この曲の作詞、作曲は伊藤薫氏。 伊藤薫氏っていうと、なんとなく、バラード系のもっと「重い」歌謡ポップスを手がけていたっていうイメージが強いんだけどさ。個人的には。
欧陽菲菲の「ラヴ イズ オーヴァー」とか香坂みゆきの「レイラ」とかさ。

 こういう、メジャーな軽いポップスも手がけていたんですねぇ。。 ま、もっともこの曲の場合、佐藤準氏のアレンジの力っていうのも十二分にあったでしょうけどね。

ちなみに、伊藤薫氏は、男性です。

それにしても、この曲も、もっとカバーされてしかりな曲だと思うなぁ。
個人的にはエバーグリーンとして、残したい1曲です!




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード