かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

亜蘭知子

Beach Time / TUBE

1988_06_BEACH TIME_チューブ


今回の1曲セレクトは、「Beach Time」TUBEです。

まずはデータです。

・タイトル     Beach Time
・アーティスト   TUBE
・作詞       亜蘭知子
・作曲       織田哲郎
・編曲       織田哲郎
・リリース日    1988年4月30日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位 4位
・売上げ枚数   17.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1988年5月23日~6月27日付
・タイアップ:キリン「キリンレモン'88イメージソング」

えー、先週書いた「サマードリーム」に引き続いてTUBEです。
この間も書いたけど、「夏はTUBE」ってことで、暫くは集中的に書いていこうかな・・・と思っておりまして、なんか頻繁だなぁ・・・とは分かっているんだけど、引っ張って来ちゃいました。

今回は、前回の87年「サマードリーム」の翌年88年の今頃のヒットだった「Beach Time」。

・・・・と言うモノの、もしかすると今となっては「忘れられてる」ような1曲かもしれないなぁ。
「夏はTUBE」ということで、当時、毎年のこの時期に新曲リリースしていたTUBEだけど、この曲は、あんまり派手には売れなかったからなぁ。
前年までは20万枚を上回っていたレコード売り上げも、この曲では20万枚割れだったしね。

まあ、曲調が曲調だったからねぇ。。。正直言って、前年の「サマードリーム」とどう違うの? って言うくらいイメージが似てたからなぁ。さすがに3年連続で、亜蘭知子 織田哲郎ペアの作品ともなると、飽きられてきていたっていうのは隠せなかったよね。

ただね、一番致命的だったのが、この年1988年っていうのが、記録的な「冷夏」だったんだよね。その影響が一番大きかったろうねぇ。
前回、大黒摩季の「夏が来る」で書いたのとは「真逆」な展開(気候)だった訳ですね。

そそそ、「夏が来る」の94年は、曲のイメージ通りの「暑い夏」だったために、ヒットが加速した訳なんだけど、逆に88年は、記録的な「冷夏」だったために、「夏の曲」と言われても、全くピンと来なかった訳なんだよね。
 
あの年は、夏の間中ずっと天候不順な日が続いて、夏らしくない涼しい日が続いたんですよ。真夏日も数えるほどしかなかったと思う。

そんな影響は大きかっただろうな。仮に、1988年が1994年のように「暑い夏」だったととしたら、同じような曲調が続いて飽きられてきたように思えても、もっと売れてただろうね。 少なくとも20万枚割れって事はなかったんじゃないかなぁ。ま、あくまでも「推測」の範疇ですけどね。
 でも、楽曲イメージと実際の気候っていのうは密接に関係していると思うなぁ。
最近は、夏場だから「夏っぽい曲」。秋だから「飽きっぽい曲」・・・って感じで季節を感じる曲って少なくなってきたからねぇ、こんなこともあんまり感じ無くなってきたように思えるけどさ。



個人的には、この年は大学受験の「浪人」生活を送っていたんでねぇ、この曲なんか聴くと、あの暗黒な状態を思い出すな。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

サマードリーム / TUBE

1987_05_サマードリーム_TUBE








今回の1曲セレクトは「サマードリーム」TUBEです。

まずはデータです。

・タイトル    サマードリーム
・アーティスト  TUBE
・作詞      亜蘭知子
・作曲      織田哲郎
・編曲      織田哲郎
・リリース日   1987年4月10日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数  21.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1987年4月27日~6月29日付
・タイアップ:キリン「キリンレモン'87イメージソング」

なんか毎回書いてるようだけど・・・・「暑ちぃ」1日だったわい。 東京も30℃を越え、真夏日だったぞい。 え? 真夏日 本当に5月 って言いたくなるよなぁ。

こりは、今回は「ナッツ~」な曲を持って来たいですな。

うーん、そう言えば夏といえば「TUBE」・・・なんて言われてたのに、今まで「TUBE」の曲ってあんまり書いてなかったような・・・気がするな。。。
 こりは、春先にアルフィーを「集中的」書いたように、これから夏にかけてTUBEを集中的に書くしかないかなぁ・・・。 なんて思ったりして。

でぇ、今回は87年の「サマードリーム」。 

え? 「シーズン・イン・ザ・サン」ぢゃないのかって? うーむ、残念ながら「シーズン・イン・ザ・サン」だけは、すでに書いちゃったんですねぇ。 なので、今回は86年の「シーズン・イン・ザ・サン」に続き、87年の「サマードリーム」・・・とな。

夏はTUBEと大団的に言い切ってしまったワタシなんだけど、じつは、この曲リリースは「4月10日」なんだよね。
まだ、「春」サクラが咲いてる頃のリリースだったんだよなぁ。

いつかも書いたように80年代って季節先取りな傾向が強くて、4月なのにタイトルに「夏」がつく曲リリース、結構多いんだよね。
 まあ80年代も最初の頃は、リリースされてからヒットのピークまで、ある程度の時間を要していたんで、ヒットのピークを迎えた頃、「夏の匂い」を感じることが多かった訳でさ。だから、4月リリースでも納得できた。

でも、80年代も中盤を過ぎると、初登場=ヒットのピーク・・・なんて今と変わらないチャートアクションの傾向がアイドルを中心に起こってきた訳でさ。
 そうすると、4月、リリース時点で「夏」を感じなくちゃならない。  ・・・・なんてそんなこと出来る訳ないじゃん。
4月なんてさあ、まだ寒いですよ~。 だから、タイトルに「夏」がついてもピンボケな曲が多くなってきてたんだよなぁ。

うむ、この曲も本来ならそんな「ピンボケ」な曲になってしまいそうなんだけど・・・。

でも、この曲、4月中はそれほど大きなヒットじゃなかったんだよね。5月には入ってジワリとチャートを上げてきたって感じのヒットだったわけですわ。
まあ、さすがに、アイドルとは違って、季節を感じるごとにヒットしたって訳ですね。

 曲的には、基本、前年の「シーズン・イン・ザ・サン」と変わらない色合い。まさに「ナッツ~」っていう温度感の曲なんだけど、でも、「シーズン・イン・ザ・サン」に比べると、若干大人し目だったかなぁ。
 うん、ワイルド感は少なかったよね、「シーズン・イン・ザ・サン」に比べると。 その分インパクトも少なかったんだよね。
 なんていうのかねぇ、ちょっと品行方正な感じに落ち着いちゃった・・・っていうかねぇ。 まあ大ヒットの後の第2弾なんてのは、こんなもんなんだけどね。

ただ、この曲の頃は、ワタシもTUBEって割と好きで、この曲もリリースしてすぐにレコードを買ったような気がするなぁ。
ただねぇ、この年、余りにも聴きすぎて、いい加減に食傷気味になってのを覚えてるなぁ。
 いや、それは今でも続いていて、正直言うと、この曲には飽きちゃってるワタシがいたりしてね。 うん、なんかさ、あんまり聴きすぎて、新鮮さを全く感じなくなっちゃったんだよなぁ。。。残念ながら。。。



あ、この動画、曲が途中で切れてる。。。。
「フル」バージョンぢゃなくてスミマセン。。。でも、意外とこの曲の動画って上がってないんだな。。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

シーズン・イン・ザ・サン / チューブ

1986_06_シーズン・イン・ザ・サン_チューブ






今回の1曲セレクトは、「シーズン・イン・ザ・サン」チューブです。

 まずは、データでーす。

・タイトル     シーズン・イン・ザ・サン
・アーティスト   チューブ
・作詞       亜蘭知子
・作曲       織田哲郎
・編曲       織田哲郎
・リリース日    1986年4月21日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位  6位
・売上げ枚数    31.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1986年6月2日〜8月18日付
・タイアップ:キリン「ビン生」CM曲

日本の夏の風物詩、TUBE登場!!   

ま、ようやっと・・・・と言ってもいいのかなぁ。今まで、1曲も書いてなかったんだよね。

「夏」といったらTUBE。TUBEといったら「夏」という具合に、日本の夏とTUBEは切り離せませんな・・・と書くのは、まあ、大げさなんだけど、やっぱし、こう、蒸し蒸し暑くなってくると、TUBEの季節と無意識になってしまうわけで・・
やっぱし、この曲しかありません、「シーズン・イン・ザ・サン」


 そのまえに、「TUBE」っていうアーティスト名になったのって、この曲からなんだよね。
 って、あれ? 意外と知られていないかなぁ?

 TUBEは、1985年6月デビューなんだけど、それまでは、「THE TUBE」と頭に冠の「THE」が付いていたんだよね。
 で、見てくれも、ブルーと白のストライプのジャケットなんか着たりして、いかにも、お仕着せだろ? っていう格好で、一世代前も二世代も前のGSのようなガレージっぽい音楽やってたんだよね。

 そう、「夏」! とはほとんど、関係ない音楽だったのですよ。
 そうさねぇ、当時のウレセンだった、チェッカーズとか、SALLYの2番煎じと言うか、3番煎じというか・・。
そんな感じだったんだよね。
 その印象からして、まさか、30年も続くバンドとは、全く思っても見てなかったな。
 
 それでもデビュー曲の「ベストセラー ザ サマー」はやっぱり、キリンビールのCMタイアップが付いてたんで、そこそこ売れた。
 BUT、第2弾の「センチメンタルに首ったけ」はノンタイアップで全く売れず・・・。

 これに懲りた、メンバーが、とにかく「お仕着せ」から脱却して、Tシャツとジーンズのラフな格好で、ラフに音楽をやっていく、ついでに、アーティスト名も「THE」をとって、ラフにやっていく・・・・・という意気込みで、再起をかけてリリースしたのが、この曲、「シーズン・イン・ザ・サン」というわけだよね。

 それが功を奏したのか、大ブレイクを果たしたわけだ。

 たださ、個人的に書くと、今になって思うと、なんで、こんなに売れたんべか・・・と頭をひねっちゃうんだよね。

 まあ、あの当時、とにかく聴きすぎて、いい加減食傷になっているってのも大きいんだけどさ。自分で引っ張ってきてなんだけど、ここだ! っていう部分がよくわかんないんだよね。

 強いて言えば、この曲の仕掛けかなぁ。のっけから、♪wow wow wow〜♪というコーラル風ハミングのイントロで、涼しい風なイメージが流れたと思ったら、いきなし、

 ♪ STOP THE SEASON IN THE SUN〜 ♪

と、暑苦しい・・・・  もとい、夏のギラギラした太陽の下というイメージにガラリと変化する。

 この「温度差」がいかにも夏っぽいんだよね。

 そうそう、やっぱし、「夏」なんですよ。この曲の主題は。逆に言うとそのキーワードだけで充分な曲なんだよね。

 このあいだも、85年の夏は天候不順で冷夏と書いたことがあったけど、これは、80年代後半にずっといえたことで、今思うと86年もそれほど夏らしい夏ではなかったんですよ。

 だから、余計、いかにも「夏」って曲に飢えてたんぢゃないかなぁ・・・・と、思ったりして。。ま、無理やりって気もするけど、得てして、間違いでもないような気もする。

 とにかく、あの時代、「おニャン子」の天下でして、季節感溢れるロックテイストの曲は少なかったですからねぇ。

 なんでもいいから、「夏」っぽい曲にすがりたい・・・ってところもあったのかなぁ・・・。
 あ、これは、、ワタシのことですが。。。

 ともあれ、この曲が、夏=TUBE と印象付けた曲であることは間違いないところ。

・・とともに、この曲をもってはじまったんですねぇ。ビーイング系の逆襲が。。。。

 はい、TUBEはもともとビーイング系でございます。。。ま、作詞、作曲者名をみれば、すぐ分かることなんですけどね。

 だから、メロディラインがキャッチーなのも、頷けちゃうわけなのです。

 ジャケ写も言うことなしのリゾート気分ですな。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード