かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

上杉昇

このまま君だけを奪い去りたい / DEEN

1993_05_このまま君だけを奪い去りたい_DEEN

今回の1曲セレクトは、「このまま君だけを奪い去りたい」DEENです。

まずはデータなのだ。

・タイトル    このまま君だけを奪い去りたい
・アーティスト  DEEN
・作詞      上杉昇
・作曲      織田哲郎
・編曲      葉山たけし
・リリース日   1993年3月10日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数  129.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年4月5日〜6月14日付
・タイアップ:NTTドコモ「ポケットベル」CM曲

えー、久々に「土日」以外、平日に書いてる1曲セレクトどぇす。
本当は、仕事で疲れてるし、また週末に書こうかなぁ・・・なんて思ったりしてたんだけども、なんか、落ち着かなくてPCに向かってたりします。
実は、昨日書こうと思ってたんだよね。今回の曲。

DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」

いや、昨日、いつものごとく会社から「持ち帰り」の仕事を、東京FMでやってた「DEEN」特集を聴きながらやってた訳よ。
まあ、当然のごとく、この「このまま君だけを奪い去りたい」が流れたんだけどさ、ふと、「この曲書いたよなぁ」・・ってのが浮かんできて、おもむろに過去のアーカイブスを調べたら・・・

むむむむ、まだ、書いてないではないか

流石にねぇ、「ミリオンセラー」の曲を書いてないのは、マズイよね・・・って訳でさ、書こうと思ったんだけども、昨日は「持ち帰り」の仕事が終わんなくてねぇ・・・。今書いてる訳なんですわ。

本当は、別に書こうと思ってた曲があったんだけど、こっちの方が先かなぁ・・・なんても思った訳で。。。


この曲、DEENのデビュー曲なんだよな。デビュー曲にしていきなり130万枚近くのミリオンセラー。

うーん、これも当時の「ビーイング」ブームの恩恵の賜物って奴なんだろうなぁ。

そそそ、作家陣を見れば、一目瞭然な訳なんだけども、当時はビーイング系だったのよねDEENって。

93年の今頃、ビーイング系がもっとも勢いがあった頃だ。

そして、ワタシはと言うと、ビーイング系に最も「飽き飽き」としていた頃だ。  うむ、いつもながら「天邪鬼」なワタシだ。

たってさあ、ヒットチャート聴いてると、あれもこれもビーイン系一色でさあ・・・。 1位は週替わりでとっかえひっかえビーイング系だったし、流石に飽きるってもんですよ。

まあ、後年のエイベックス系、いや、最近のAKBグループを思っていただければいいか、当時を知らない方は。

プロデューサーの時代。

90年代を称してそんな風に言われるけどさ。 90年代後半は、小室やつんく♂がそうだったじゃん。 それに先立って、90年代前半はビーイング系だったわけだ。そそそ中心人物は総帥の長戸大幸氏。

あざとい売り方ではあったけどさ、曲はキャッチーだったんだよな、ビーイング系のどのアーティストも。
当時一大ブームだった「カラオケ」で歌える事っていうのが大前提にあったからねぇ。
ビーイング系の曲は、カラオケ受けが良かったからなぁ。

だから・・という訳でもないんだけども、前年の92年頃までは、個人的にもキライじゃ無かったんだよねビーイング系も。。。

でも濃い牛乳を毎日飲むと飽きる・・・っていうのと同じように毎週毎週、キャッチーで「濃ーい」サウンドの曲を聴いてるとさ、飽きる訳さ。

そそそ、ビーイング系の曲って一様に「濃い」サウンドだったからなぁ。

まあ、 当時ティーンエイジャーであれば、そんな「濃い」味付けの曲を、いくら聴いても「胃もたれ」しなかったんだろうけどさ、なんせ、当時既に23才にもなってたからさあ、 濃い味付けのモノを食べ過ぎると胃もたれをするようになってきていた訳さ。

そんな最中のDEENのデビュー曲ということもあって、正直言うと、ヒットの真っただ中の頃は、この曲、あんまり触手が伸びなかったんだよな。 今まで1曲セレクトで書いてなかったのは、そんな記憶が残っているからなんだろうなぁ。

もちろん、当時、全く聴いてなかった訳ではなく、例えばbay fmの「パワーカウントダウン」からエアチェックした音源を「たしなみ」程度は聴いてたんだけどね。 でもCDは手元に置いてなかったな、当時は。

だけんども、結構なロングヒットだったんだよね、この曲は。
リリースはこの年1993年の3月だったんだけども、最初はそれほどのヒットじゃ無かったんだよ。 
ドコモのCMで浸透してからじゃ無かったかなぁ。 そそそ「ポケベル」のCM。

うーむ、時代を感じますねぇ「ポケベル」よ。 いまや知ってる人しか知らない・・ようなアイテムだけど。。。
考えてみれば、あれから「四半世紀」だもんね。

・・・おっと話が脱線した。 ま、そんな訳で、この曲については、下位からジワリとランクアップするようなチャートアクション、いわいる「丘型」のチャートアクションを見せた訳だ。
ヒットのピークは、 リリースから2カ月が過ぎようとしていた、5月、ゴールデンウイークの頃だったもんね。 そそ、ちょうど25年前の今頃ですわ。
まあ、ロングヒットの典型といいましょうか、デビュー曲ならではのチャートアクションとも言えるんだけどさ。

そんなロングヒットが功を奏したと言いますかね、デビュー曲にしてDEEN最大のヒットとなった訳なんだよね。

余談だけども、この曲を皮切りにビーイングってやたらと長げぇ曲タイトルばっかになったんだよな。
まあ今にすれば、あれも一つの時代だったのかもしれないけどさ。



↑で書いたようにヒット当時、積極的にこの曲に触手が伸びなかったのは、ボーカルの池森氏への嫉妬心って言うのもあったのかもなぁ。
うん、同じ昭和44年生まれって言うのがあってさ。 このヒトの歌の「巧さ」に妬いてたっ中かねぇ。まあ、青かったのよ、当時のワタシは。

今聴くと、やっぱ良い曲なんだよな、この曲。


よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村

Secret Night〜It's My Treat〜 / WANDS

1995_03_Secret Night_WANDS







今回の1曲セレクトは、「Secret Night〜It's My Treat〜」WANDSです。

まずはデータです。

・タイトル     Secret Night〜It's My Treat〜
・アーティスト   WANDS
・作詞       上杉昇
・作曲       栗林誠一郎  
・編曲       池田大介
・リリース日    1995年2月13日
・発売元      ビーグラム
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   63.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1995年2月27日〜3月13日付
・タイアップ:TBS系「CDTV」1995年1〜2月オープニングテーマ

前回書いた、安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE ?」のアクセス人数は最悪でしたねぇ。
うーむ、なんでですかねぇ、これだけ「有名」な曲なのにねぇ。 やっぱ、逆に有名すぎて、みんな知ってるから、こういうネットのページには立ち止りにくいんでしょうかね。
その辺に90年代の曲の難しさがあるんだよなぁ。でも、めげないで、今回も90年代の曲をセレクト。

当初は、また70年代に戻ろうかと思ってたんだけど、書こうと思ってた曲が、丁度、「今」頃ヒットのピークだったんで、急遽、引っ張って来ましたわ。

WANDS 「Secret Night〜It's My Treat〜」

92年の「もっと強く抱きしめたなら」以来、ミリオンセラー4枚。その他の2枚も80万枚オーバーと、例の「ビーイング系」の旗手だった、WANDSも流石に人気に陰りが見えてきた・・・かな? と思えた時期にリリースされたこの曲。
 ま、実際に、ブレイク以後、最低の売り上げとなってしまったわけで、ピークは過ぎたなっていうのは事実になってしまった1枚ですね。

でもねぇ、個人的には、この曲好きなんですわ。

ブレイク以後、それまでのWANDSって、一応「ロックバンド」ではあったけども、やっぱり「ウレセン」だっんだよね。ロックではあるけどもポップスの要素も強い・・・という。

 それが事務所の方針だったんだろうけど、やっぱり本人たちは大分、ストレスが溜まっていたんだろうね。 この曲は、それまでの「ポップ」な部分はかなり排除され、ダークな雰囲気のギンギンのロックでしたね。
 まあ、その辺りからも、少しウレセンは外れたような雰囲気だったし、だから、それまでよりは売り上げが下がっても当たり前かなとは思えたんだけどさ。

 でも、この曲から随分、自分たちがやりたかった事に近付けてきたんじゃないのかなぁ・・・。そんな気はする。

それより、この曲の詞だよね。 人気バンドたる禁を破ったというか、もろ「性行為」的描写な歌詞。

♪ Secret Night 服を脱ぎすて  癒えるはずのない 傷をさらして
  Secret Night  そこに触れたら とめどなく滴が落ちた〜 ♪

ってサビの歌詞は、かなり刺激だったな。 

いや、でもねぇ個人的にはいいと思うんだよね。
もともと流行歌なんちゅうもんは、男女の色恋を歌うモノが普通だったわけでさ。

最近は、こういう「直接的」な歌詞の曲って少ないでしょ。なんで何でしょうかねぇ。 最近の曲が刺激が少ないのは、きっと、そういう性的な部分が少ないからなんだろうね。もっと直接的でいいと思うんだけどなぁ。

あ、話がずれた。。。

それと、この曲での上杉のボーカルだよね。なんかね、それまでのどこか縛られたようなボーカルではなく、のびのびとしてるんだよな。 それがいい。
 だからね。個人的には、逆に言えばWANDSの新たな部分が見えたりして新鮮だったんだよな、この曲。

でも、結局は、この曲から先、人気の下降線は止められませんでしたねぇ。 
自分たちがやりたい事と人気っていうのを両立されるって言うのは難しい事なんだよね。


ちなみに、この曲、もともとは、作曲の栗林誠一郎の「It's My Treat」って曲が原曲で、それの半ばカバーなんだよね。

↓ コレ


その辺は有名なのかな? 
で、全編が英語詞なんだけど、だから、オリコンの作詞・作曲者クレジットを見ると、英語詞・栗林誠一郎になってるし、JASRACのデータベースでも、 この「Secret Night〜It's My Treat〜」の作詞は、上杉昇と併記して栗林誠一郎になってるけど、ここでは、あくまでWANDSの「Secret Night」にスポットを当てたかったんで、敢えて、作詞から栗林誠一郎氏は外させていただきました。




よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村

世界中の誰よりきっと / 中山美穂&WANDS

1992_12_世界中の誰よりきっと_中山美穂&WANDS



今回の1曲セレクトは、「世界中の誰よりきっと」中山美穂&WANDSです。

 まずはデータです。

・タイトル    世界中の誰よりきっと
・アーティスト  中山美穂&WANDS
・作詞      上杉昇 中山美穂
・作曲      織田哲郎
・編曲      葉山たけし
・リリース日   1992年10月28日
・発売元     キング
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   183.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1992年11月9日〜1993年2月15日付
・タイアップ:フジテレビ系ドラマ「誰かが彼女を愛してる」主題歌

 今回の1曲セレクトは、超ド級ヒットとなった、この曲です。

中山美穂&WANDS 「世界中の誰よりきっと」。

何も言わなくても、みなさんよーく御存じですよね。
メロディラインはキャッチーだし、それに、なんせオリジナルが183万枚もの、超ド級ヒットだったしねぇ、だれでもなじみがある曲っていうのもデカイかな。
 それと、当時のヒットの中心のユーザー層の年齢が、ちょうど、この曲がヒットの中心層だったってこともあるだろうな。

・・・まあ、簡単に言えば、ワタシらの年齢層がまさに、そのターゲットになってるってことかな。 第2次ベビーブーム世代。この世代の市場は本当にデカイんよ。だから、当たるとこんな超ド級のヒットも出ちゃうわけさ。
そそそ、某アイドルグループみたいに「大人買い」なんてされなくても、この位の売り上げ枚数になっちゃっていた訳よ。 

 伏線として、あの頃ってばさ、折からの「カラオケブーム」もあって、みんな歌ってたよね。この曲。
 男女グループだったら、絶対歌ってたんじゃない?

 メロディはキャッチーだし、メロディラインも、あのころの曲としては比較的シンプルで簡単だし、なにより、ビーイング系の曲としては、キーが高過ぎないって言うのが便利。

 まさに、カラオケで歌ってください・・・と言わんとしている様な曲というか・・・ふらふら


 ところでさ、この曲って、結局、メインは、中山美穂とWANDSとどっちなんでしょう?

 あのころは、今みたいに「・・・feat.〜」っていう表記がなかったから、どっちがメインなのかよく分かんないまま聴いてたような気がするなぁ。

 でも、発売元はキングだから、やっぱし中山美穂がメインなのかしら? タイアップのドラマも中山美穂だったしね。


 たださ、中山美穂とWANDSっていう「ビーイング」の組み合わせって、全く考えも付かなかった・・・って思いませんでした〜?

 いや〜、ワタシは、どういうつながりなんだろ? って当時から気になってたんだよなぁ。

 なんか、そっちの方が気になって、当時、あんまり真剣にこの曲、聴けなかったような気がする。

 それまで、全くビーイングと中山美穂ってつながりがなかったんだけどねぇ。

 しかもWANDSってところが、また、ミソでさ。 なんでWANDSだったんだろ?

 たしかに同時期に「もっと強く抱きしめたなら」でWANDSがブレイクしているんだけど、どっちかと言うと、この曲に引っ張られるような形で「もっと強く〜」ってランクを上げてるんだよね。

 ・・・と言うことは、この曲を制作している段階では、まだWANDSはブレイクしていなかったはず。

 うーん、ブレイク前の無名アーティストと中山美穂の組み合わせなんて、普通だったら、有り得ないと思うんだけなぁ・・・。



 ちょっと穿った考えではあるけど、WANDSをブレイクさせるために、中山美穂・・・というか、所属事務所のビックアップル⇒バーニングを利用したっていうところはないかしら?

 いやいや、したたかな長戸大幸氏だったら、その位のことは、してもおかしくないはず・・・。

 結果的に、183万枚なんて、中山美穂のソロでは考えられないほどの超ド級ヒットにつながったわけだし、結果的にWANDSも大ブレイクした訳だから、ビーイング、バーニングどちらにとっても「おいしい」選択だったはず。今風に言えば「Win to Win」だよね。

 ただ、その後、ビーイングとバーニングの「蜜月」がなかった事を考えると、これは、やっぱし、ビーイング側から「仕掛けた」と考えたほうがいいだろうなぁ。
 もし、逆にバーニング側から、このころのビーイングのブレイクを見越して仕掛けてきたんだったら、これだけのヒットを飛ばしたわけだから、その後も蜜月を続けたはず・・・。

 いやいや、あの時期では、大手プロでも、ビーイングのこの後の快進撃は、時期的に、まだ見抜けなかったはず。


 そう考えると、ビーイング総帥の長戸大幸氏のシタタカな計算振りには改めて舌を巻く。なりふり構わないというか・・・。
 まあ、正直言ってビーイングのその後のやり方・・・というか、リリースの仕方、曲の作り方には、辟易した部分もあるんだけど、マネージメントの部分で、このシタタカさっていう部分は、「ヒット曲を作るヒト」には、ある種、学ぶべきところはあるだろうな・・・とは思いますよ。シタタカさ+読みの戦略っていうかな。

 まぁ、まるっきりビーイング的なやり方では、ちょっと行きすぎだと思うけど。ちょっと「味付け」がしつこ過ぎるし・・・・ふらふら




・・・・なんて、下手に詮索しちゃうから、落ち着いて曲、聴けないんだろうなふらふら

 もっと素直に聴けばいいんだけどねぇ・・・。

 でも、90年代の曲って、裏になんかあるんだろう? ってつい思っちゃうんだよなぁ・・・。
 何分、プロデューサーの時代って言われてたでしょ? 何かウラにあるんじゃないか・・・って思っちゃうんだよね。
 これが「楽曲の時代」だったら、なんにも気にせず、「曲」に集中して聴けるんだろうけどさ。。。あせあせ



音が悪くてスミマセン。 でも、ミポリンとWANDSがテレビで一緒に歌っているところ初めて見たかも。。。
うーん、当時、Mステでも見たかなぁ。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

もっと強く抱きしめたなら / WANDS

1992_10_もっと強く抱きしめたなら_WANDS






今回の1曲セレクトは、「もっと強く抱きしめたなら」WANDSです。

 まずはデータです。

・タイトル    もっと強く抱きしめたなら
・アーティスト  WANDS
・作詞      魚住勉 上杉昇
・作曲      多々納好夫
・編曲      葉山たけし
・リリース日   1992年7月1日
・発売元     東芝EMI
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   166.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1992年12月14日〜1993年3月1日付
・タイアップ:三井生命CM曲

えー、ここで書いてる曲は、ほとんどが、いわいる「ヒット曲」と言われる曲が大半なんで、書く曲を選ぶのも楽だろうとお思いの方が多いと思うんだけど、意外と大変なんですよね。なんせ「過去」の曲なんで、ヒットといえど数は限られているし、毎日書くとなると意外とプレッシャーがあるんだよねぇ。
 今回も、いつものごとく、「うー、曲がねぇ〜」と、ブツブツ言いながら、過去のオリコンチャートと格闘してたら・・・、あれれれれ、ありましたよ〜・・・

・・・っつうことで、引っ張って来ちゃいました。

 WANDSの「もっと強く抱きしめたなら」

 ・・うっちょexclamation & question この曲、まだ、書いてなかったんだ。。ふらふら
 うーん、いままで、完全に忘れていたのかなぁ・・いたんだろうなぁ。。。
 これだけのロングヒット&メガヒットだったこの曲を。。。

 WANDSっつったら、まあ、いわいる、ひとつのビーイング系の中核を占めたハンドってのは、今となっては、だれでも知ってることだけど、この曲が大ブレイクしたことから、本当の「ビーイング系」が始まったような気がするな。

 いや、この曲の時点では、まだ、「ビーイング系」っていうコトバはなかったような気がする。

 B・Bクイーンズに始まり、B'z、織田哲郎、T-BOLAN、ZARD・・・そして、WANDSと、気がついてみたら、ヒットチャートの上位にビーイングのヒトばっかが固まってるじゃん・・・ってことで、「ビーイング系」ってコトバが出来たような。。 うん、この曲の次の「時の扉」の頃には、しっかり、そうなってた・・って記憶してるんだけどね。

 そそそ、「ビーイング系」ってコトバができる前までは、個人的にも支持してたんだよ、一連のこの人たちのことは。

 やっぱ、なんだかんだいっても、キャッチーじゃん。その一言に尽きるのよ。
 いかにもヒット曲らしいつくりで、おもわず、カラオケで歌いたくなるような。。。

 そして、このヒトたちの曲は、ほとんどが、ロングヒットだったのよ。
 そのへんに、当時のこの人たちの支持の広さが伺えたりするんだけどさ。
 まあ、今考えると、それは、ファン獲得のための拡大のための「仕掛け」だったのかもしれない・・・なんて、穿った感じで見ちゃいたくなるけどさ。

 それでも、最初は、なかなか芽が出なかったんだよね。この曲なんか、リリースが7月1日だったけど、3ヶ月たった、今ごろだったよなぁ、ブレイクの「兆し」が見えてきたのは。

 それは、やっぱり「曲調」によるわな。ちょっとゆったりめのミディアムナンバーなこの曲は、「夏」のギンギンの太陽の下で・・・っていうよりかは、やっぱ、秋の涼しい風の中で・・・っていうイメージだし、それから言うと、今ごろの時期にブレイクの兆しが見えてきたのは、自然の成り行きだったんじゃないかなぁ。

  まあ、メロディライン自体はキャッチーだから、あとは、ブレイクのきっかけがつかめれば・・・って所だったと思うんだよね。
 そのきっかけが、ミポリンとのデュエットになった例の「世界中で誰よりきっと」っ言うのは、「社交辞令」だったのかもしれないけどさ。

 ただ、この曲自体は、それ以前から、きっかけを掴みかけていたしさ、ワタシも、今ごろだもんね、この曲はじめて聴いたのは。

 単純に、いい曲だと思ったよ。で、売れるだろうなとも思った。
 ただ、これだけの大ヒットになる・・・ってのは、正直、思わなかったな。

 ひとつのきっかけを掴めば、でかくなる・・・。あのころの特徴だったよね。まあ、それだけミュージックシーンも活気付いていたし、過渡期ってこともあったんだろうけどさ。
 その「潮目」にうまく乗れたってことだろうな。 で、なきゃ、いくら曲がよくても、ここまでのメガヒットになることは、難しいですわ。
 でもまあ、こればっかはタイミングだからねぇ。。


 考えて見れば、あの頃も、ちょうど、バブルが弾け「不況」に突入した頃よ。でも音楽業界だけは、逆に右肩上がり成長だったのよね。

 時は流れて、今も同じく経済は立ちいかない状況が続いている・・・あの時と状況は似ている・・。んじゃ、また、メガヒットの時代がくる!?
 なんて、甘くはないわなぁ。ちがうのは、音楽業界も同じく「不況」だってことよ、あの時と違うのは。
 
 それでも、時代の「潮目」には来ているとはおもう。 まあ、新たな「ムーブメント」が起きてもいい頃にききているハズ・・・なんだけどね。


記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード