かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

一発屋

サマータイムグラフティ / TOM CAT

1985_06_サマータイムグラフティー_TOMCAT


今回の1曲セレクトは、「サマータイムグラフティ」TOMCATです。

まずはデータですら。

・タイトル    サマータイムグラフティ
・アーティスト   TOMCAT
・作詞      TOM
・作曲      TOM
・編曲      Light house
・リリース 日  1985年4月5日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 13位
・売上げ枚数  13.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 11位
・タイアップ:JAL沖縄キャンペーンソング

一発屋、最近では殆ど聴かなくなった「呼び名」ですわなぁ。そそそ、大ヒットと呼べる曲が1曲しか持っていないアーティストですわ。

ヒット曲のデータも、オリコンだけでも今年で50年、半世紀分溜まれば、さすがに各レコード会社も一発屋対策っていうのは、過去のデータから考えるよなぁ。
 最近は過去の例から「一発屋」で終わりそうな匂いのするアーティストは、端からデビューさせないっということ、あるいは持ち出し覚悟で一発屋にならないよう無理やりにでも他の曲をヒットさせ、アーティスト寿命を延命させたりするんで、昔のような一発屋は最近は出ないような流れになってきているっいうのが大きいんだよね。

昔はいっぱい居ましたよねぇ、「一発屋」と呼ばれるアーティストが。

これまでも「一発屋」のアーティストの曲をかなり書いてきたんだけどね。
特にヤマハ「ポプコン」系のアーティストには、一発屋が多かったですよねぇ。

なぜか? 

まあ、答えは明確。通常は「ポプコン」でグランプリを獲得した曲がそのままデビュー曲となって、それが大ヒットとなるケースが多いんだけど、グランプリ獲得っていうのが、そのアーティストにとっての「ピーク」だったってこと。それだけ一世一代って感じで作った曲だったんでしょうね。 曲を作るって上で、それを超える曲が出来ないって事。 それが、続けてヒット出来なかった一番大きな理由ですね。

特にポプコンも後半になると、グランプリ獲得曲は、ある意味「奇抜」という意味で強烈なインパクトの曲が多かったですからねぇ。それを超えるような曲って通常は、難しいですわなぁ。

まあ「ポプコン」って、正式名称「ポピュラーミュージックコンテスト」の略。つまりはコンテストな訳ですわ。コンテストでグランプリを取る事と、曲をヒットさせる事って言うのは、そもそも根本的に違うからさ。
たまたま、ポプコンでグランプリを取った曲で大ヒットになった曲が多く出るような流れが存在していたわけでさ。第2弾からは、否が応でも端から「ヒット」させる曲作りとなる訳で、考え方が変わりますからねぇ。


今回は、そんな「ポプコン」グランプリ獲得アーティストの大ヒットの次の曲を一つ。

TOMCAT 「サマータイムグラフティ」。

TOMCAT・・・と聞いて、すぐにハイハイハイ・・・って思う方、同世代ですよねぇ

1984年10月 第28回ポプコンで、「ふられ気分でROCK'N ROLL」でグランプリ。翌月11月に同曲で早くもデビューした人たちですね。

そそそ、連射砲のような早口極まりないAメロ とサビで「たかがロックンロール、されどロックンロール」いいきっちゃったのが受けて()、いきなり37万枚の大ヒットとなったあの曲ですわ。

あの連射砲のようなAメロのインパクトが強烈だったことが大ヒットの大きな要因だった訳だけども、逆に言うと引っかかる部分って言うのは、「そこ」だけとも言えたんだよね。

つまりは、これまた「一発屋」の匂いがプンプンしたわけなんだけども。。。

今回引っ張ってきた「サマータイムグラフティ」は、それを受けてのデビュー第2弾シングル。

うむ、いやがおうにも「注目」してしまう・・・、いやメディア的に注目されちゃう曲でしたわね。

結果から言うと・・・、オリコン最高13位とベストテン入りならず、売り上げもデビュー曲の1/3以下程度の13万枚・・・・やっぱりね・・・っていうところだった訳だけども。

ただね、個人的には、もうちょっと行ってもおかしくなかったかな・・とは思ったんだよね、当時。

というのも、JALの「沖縄キャンペーン」のCMに使われたからなぁ、この曲。 

 ♪ シャララルンララ 光る朝 シャララルンララ ハレーション〜♪ っていうファルセットでかけあがるサビの部分がテレビから、かなり頻繁に流れてたしねぇ。

強烈なインパクトなデビュー曲に比べると、流石に弱い者の、この曲のサビの部分もそれなりのインパクトはあったからなぁ。 ファルセットっていうのは、全くの予想外の展開だったし。

当時、この時期の航空会社のキャンペーンソングって、毎年ヒットしてたったのも追い風に感じたしな。
(83年 山下達郎「高気圧ガール」、84年 石川優子&チャゲ「ふたりの愛ランド」)

たださ、デビュー曲と毛色が変わったね・・・って思えるのは、そんなサビのファルセットの駆け上がりの部分だけなんだよな。
他、全般的には「ふられ気分で〜」の焼き直しだよね・・・って言うイメージが先に立っちゃったりして。

まあ、これでは「ふられ気分で〜」を上回るのは難しいわなぁ・・・・。



なんと、この曲には「PV」があったんだな。これは初めてみましたぞ。
やっぱり1曲大ヒットを飛ばすと、PV作ってもらえたんだな。  
まあ、今となっては「ベストテンのセットか」って思えるようなチープな映像だけどさ。

しかしさ、この鋭角でエッジが立ったような硬質感、YAMAHA「DX7」の独特のサウンドは如何にも「1985年」って言う時代の音だよね。なんて言うのかなぁセラミックのような音っちゅうのかなぁ。硬質だけども軽いんだよ。

知らない曲でも、こんなサウンドな曲であれば、すぐに時代が分かるもんね。 「あ、84年〜85年の曲だ」っちゅうのがさ。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

メモリーグラス / 堀江淳

1981_07_メモリーグラス_堀江淳







今回の1曲セレクトは、「メモリーグラス」堀江淳です。

 まずはデータです。

・タイトル    メモリーグラス
・アーティスト  堀江淳
・作詞      堀江淳
・作曲      堀江淳
・編曲      船山基紀
・リリース日   1981年4月21日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数   53.5万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1981年7月20日〜10月5日付

 男のくせに女っぽい女々しい曲を歌う。一時、そう言う曲は少なくなってきてたんだけど、最近、また増えてきたような気がするな。
 ま、いまは、「草食系」ってことで、存在自体「女々しい」男子が多くなってきてるからなぁ。逆に女子のほうが男勝りの「肉食系」が増えてきてるし。。。。
 昔と比べて見れば、男女逆転現象気味だよね。

 今回持ってきた、堀江淳の「メモリーグラス」なんかは、そんな草食系な女々しい曲の発症的な曲なんぢゃないかなぁ。

・・・・いやいや、名前からして、堀江淳って女みたいな名前だったじゃん。だから、最初はホントに女の人かと思ったもん。見た目もちょっとオカマっぽかったじゃん。
 なんでも、一部ではホントにオカマだったなんて週刊誌もあったようだけどさ。

 内容的にも、今じゃ、こういう内容のポップスはほとんど絶滅したって感じだよね。
 フラレた女の人が、スナックで水割りを飲んでる図・・・。

 ♪水割りをくださ〜い 涙の数だ〜け 今夜は思い切り酔ってみたいのよ 〜 ♪

 え〜、あくまでも演歌ぢゃないですからね〜。れっきとしたポップスなんですよ〜。この曲。

 ても、歌詞だけ見ると、これは今だったら完全に演歌のカテゴリーに入れられちゃうような内容だよね。

 当時はまだ、横文字が入った曲って、ロックでもニューミュージックでも少なかったからなぁ。
 今からしたら、演歌じゃんって言うような曲も多かったのよ。ニューミュージックでは。

 う〜ん、でも、今聴くと、ニューミュージックっていうカテゴリーにはちょっといれずらいかなぁ・・とも思えるんだけど、当時は作詞、作曲を自分でやってるってだけで、充分ニューミュージックにカテゴライズされてたから、そういう意味では充分ニューミュージックなんだよね。

 でも、まあ、よくよく聴いてみると「歌謡曲」って言ってもいいかもしれない。曲に関しても。あんまり、「ニュー」なところも感じないしね。

 どっちかというと、「ザ・ベストテン」で毎回毎回、

♪あいつなんか あいつなんか あいつなんか 飲み干してやるわ〜 ♪

の最後の部分で声がひっくり返って「あわれ」・・・っていうイメージが強いんだけどさ。

 ちなみに、この曲が、このヒトのデビュー曲なんだよね。だから、デビュー曲からいきなり大ヒットを飛ばしたことになる。
 そういう意味では凄いんだけど、この曲しかヒットしなかった・・・・っていうのは、歴史が証明してますよね。

 はい、、巷で言う「一発屋」っていうやつです。一発屋特集では必ず顔を見せてしまう曲です。。。

 でもさ、あのころって考えてみると一発屋って多かったんですよ。それだけ曲重視の傾向が強かったんだろうね。


 蛇足だけど・・・・この曲でダブルシャープなるものがある事を始めて知りました。。。
 あ、譜面のことですヨ。この曲、Key=C#mなんだけど、イントロの部分でダブルシャープが多用されてます。

 ダブルシャープがあるってことは、ダブルフラットもあるんだけど、これは、寺尾聰の「シャドーシティ」で使われてましたね。

 81年の曲では随分、譜面の勉強になりましたねぇ〜。今考えると。。。

 テンション系の結構複雑なコード使ってた曲も意外と多かったんですよね。この年。

 いや、だから、曲的にかっこいい曲が多かったのかもしれない。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード