かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

フットルース

NEVER / MIE

1984_07_NEVER_MIE






今回の1曲セレクトは、「NEVER」MIEです。

 まずはデータです。

・タイトル    NEVER
・アーティスト  MIE
・作詞      MICHAEL GORE
・作曲      DEAN PITCHFORD
・日本語詞    松井五郎
・編曲      戸塚修
・リリース日   1984年6月1日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 4位
・売上げ枚数   27.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1984年7月24日〜9月3日付
・タイアップ:TBS系ドラマ「不良少女と呼ばれて」主題歌


 いゃ〜〜〜〜〜、暑いexclamation ×2  今日の日中は、ワタシの部屋は、35℃を記録しとりました。。。
 だけども、クーラーは付けず。。。 ふふん、半ば「低音サウナ」状態で過ごしとりましたわ。
 夏はやっぱり、暑くなきゃ・・・・というのは、やせがまんexclamation & question

 まあ、この間から何回も書いてるようにクーラーの冷却ガスが抜けてるワタシの部屋はクーラーが使えない・・・というのが、本音だったりして。。。あせあせ

 まあ、ウチくらいだけどね・・・クーラーも付けずに、窓全開にしてる家なんて・・・。周りのウチは、今日くらいになると、みなさんクーラーをつけているようで・・・。


 さてさて、暑い日には、わざとらしく、「暑い曲」を・・・っちゅうことで、この間は、安西マリアの「涙の太陽」なんぞを引っ張ってきましたが、今回も「暑い曲」を引っ張ってきましょうや。

 MIEの「NEVER」なんてどぉ?

 うぉー、暑いぞぉ〜


 ♪ ネバネバネバネバネバネバネバ〜 ♪ ですからふらふら


 ご存じない方が↑をみたら・・・「納豆の唄」か? とか、思ったりします? 別にユルキャラの「ねばーる君」の歌じゃないかんね。(←お決まりのギャグだわね。 さむすぎる。。。)


 この曲自体、暑く感じるのは、MIEの熱唱もさることながら、ヒットしたときが、1984年の夏・・・、今年のように「熱波」続きの猛暑だった夏だったからたなぁ・・・。

 イントロが始まるだけで、汗がジトーと出てくるのは、ほとんど「パブロフの犬」状態ですわ。

 
 ところでさ、この曲っていったら、やっぱし、大映ドラマの「不良少女とよばれて」だよねぇ。
見てたなぁ、このドラマ。 このドラマの前が堀ちえみの「スチュワーデス物語」でその流れで見てたんだよな。
火曜日夜8時〜は、大映ドラマって感じで、その2年前の「積木くずし」からずっと見てたんだよね。

 そのなかでもこの「不良少女と呼ばれて」はハマッてたよなぁ。
 半分実話で、半分おちゃらけ・・・っやつの、当時、大映が最も得意にしてた「不良モノ」ですよ。

 最近は、地元、名古屋で主に活動している、いとうまいこ が主演で。

 極めつけは、対立する、女番長の、伊藤かずえ でしょ。 切れ味鋭い「二枚刃」は、当時、流行ったなぁ、少なくとも、ワタシの周辺では。。。ふらふら

 毒舌鋭い、「ウラ番」と密かに呼ばれてた、女の子の渾名は「二枚刃」だったもんふらふらふらふら

 まあ、当時、中学3年っていう、一番多感な頃にやってたドラマだったんで、単純に、のめりこんでた・・・って感じもするけど。。。

 今だったら、完全に冷めて見るんだろうな・・・。「・・・んなのあるわけねーじゃん」とか。。。あせあせ



 ・・・とと、話がずれたね。

 この曲、「NEVER」は、アチラの曲のカバーだね。 
 84年ってさ、むこうの曲のカバー曲が、結構、流行ってたんだよね。同時期では、小林麻美の「雨音はショパンの調べ」とか。。

 この曲は、もともとは、ムービング・ピクチャーっちゅう、オーストラリア出身のアーティストが歌ってたやつね。

 ・・・というか、映画「フットルース」のサントラに収録されてた・・・っ書いた方が、有名か。。。

 ちなみに、大映ドラマは、「フットルース」大好きで、この後の例の「スクールウォーズ」も、同サントラから、ボニータイラーの「Holding out of the hiro」だったりするし。。。 担当者の趣味だったんでしょうかねぇ〜ふらふら

 まあ、それだけこの年は「フットルース」流行ってたからなぁ。映画自体と言うよりかは、映画の「サントラ」が。日本でもそうだったけど、ビルボードでも一時期、イギリス勢に押されてたアメリカ勢が、このサントラのお陰で俄かに元気になった1984年だったもんね。




これって、プロモーションビデオですかい?  

 日本では、まだまだ、初期のころのプロモーションビデオってことだねぇ。兎に角、まだ、「流す場」がほとんどなかった・・・っていう。。ふらふら

 ・・・というか、この曲にプロモーションビデオが存在してたなんて、初めてしったですわ。。。あせあせ

 まあ、邦楽として、初期のPVってことで、今のPVより、ぜんぜんちゃちいけどねぇ・・。
 ほとんど、カラオケ用の画像と、クオリティ的には、変わらなかったりして。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ヒーロー / 麻倉未稀

1984_ヒーロー_麻倉未稀






今日の1曲セレクトは、「ヒーロー」麻倉未稀です。

まずはデータです。

・タイトル    ヒーロー
・アーティスト  麻倉未稀
・作詞      J.スタインマン D.ピッチフォード
・作曲      J.スタインマン D.ピッチフォード
・編曲      渡辺博也
・日本語詞    売野雅勇
・リリース日   1984年11月5日
・発売元     キング
・オリコン最高位 19位
・売上げ枚数   18.1万枚
・タイアップ  TBS系ドラマ「スクールウォーズ」主題歌


 たまに、ルーチン的な仕事とは別な仕事すると、結構意外な発見ってするもんですよねぇ。
 ・・・っていつもながら、とーとつな入り方なんですが、今日は、仕事で近日公開予定の「映画」について調べてたんだけどね。
 来週10日公開予定の「スクールデイズ」っていう映画について調べてたら、キャスト陣を見て、思わず「おーー」っと唸ってしまいましたわ。
 ・・主人公、もちろん居ますわね。 その主人公の両親役が鶴見辰吾 と いとうまいこ だってさ。。。

 ・・・と書いて、ピンと来た方、結構な「大映ドラマ」通でございます。・・・でもないかな。

 そうですぅ、いまから22年前、1983年4月〜放送の大映ドラマ「高校聖夫婦」で、夫婦役だったんだよね。この2人。 覚えてる方っているかなぁ。
 高校生で結婚しちゃうの。で、周りには、ひたかしくにするんだよね。たしか。・・で、そこで、いろいろ起きちゃうってドラマですよ〜。 

 で〜今回、この映画で、また夫婦役だって。。。 うーん、でも、かんがえるに、あれから、幾年たって、成れの果ては、この主人公って言えないこともない(ムリヤリ)。

 もしかして、そこまで、考えてたか? この映画の監督さん、俺とより1つ上の同世代だから、もしかしたら、「高校聖夫婦」見てたんぢゃない? 
 だしとたら、わざと、狙ってた? もしかして・・。


 え? それと、今日、紹介する「ヒーロー」とどういう関係かって?

 はいっ、 関係ありましぇん! ではなくて、大映ドラマつながりなんだよね。

 そう、この曲は、かの大映ドラマの名作(迷作?)「スクールウォーズ」の主題歌ですね。
 
 その前に、本来は、この曲、映画「フットルース」の中の1曲でボニータイラーが歌ってたんだよね。
 「フットルース」のサントラは、この84年夏に大ヒットしたよね。 洋楽を、よう聴かない、私でさえ、このアルバムは聴いたなぁ・・というか、友だちに無理やり聴かされたな。

 でも、この曲、ボニータイラーのオリジナルの方は、あんまり印象になかったんだよね。 今は、音源あるけど。。

 この曲っていったら、どーしても「スクールウォーズ」の主題歌の「麻倉未稀」バージョンってほうが、完全に頭にインプットされてるもんなぁ。

 イントロ聴いただけで、ドラマのタイトルバックの映像が浮かんでくるもんね。

 このドラマはかなり、はまったもんなぁ。 
 毎週土曜日21時〜22時って、辺鄙な時間に放送してたんだよ。そうそう、「8時だよ!全員集合」のあとだったんだよね。いまは、「世界不思議発見」になっちゃってるけど、この番組が始まる前は、この時間は、ずっとドラマ枠だったんだよね。でも、大映ドラマになったのは、「スクールウォーズ」からじゃなかったかなぁ? その前は「Gメン」とかやってたし・・。

 このころは、大映ドラマ、大人気だったもんねぇ。本来は、火曜20時〜が、ながらく、大映ドラマ枠だったんだけど、それでは、足りなくなって、土曜21時に進出してきたんだよね。・・で、この枠でも大ヒット・・と。視聴率20%超えてたもんなぁ。 っていうか、火曜日の大映ドラマもそうだったけど、見てなかったら、ガッコで話題に入れなかったもんねぇ。

 いま、スカパーのファミリー劇場で、大映ドラマの再放送やってて、よくも見てるけど、いまみると、鼻血でるほど、「笑え」ますよ。ほんとに。あの、ワザトラシサがさー。(^^;;;

いや、あれで感動してたんだから、いやはや平和な時代だったんだなぁってつくづく感じちゃいますね。


 しかし、この曲、この年、84年では随分パクられてたなぁ。
メロディ的にってことではなく、音の使い方とかね。 特にイントロのコーラスの部分とか、ラッパの使い方は、このころよく聴いたなぁ。
 堀ちえみの「クレイジーラブ」なんか、そうでないの?
あと、河合奈保子の「唇のプライバシー」とか。これ、ドナサマーの「情熱物語」っていう説が一番有力なんだけど、個人的には、この曲っぽいなぁって思うんだよね。

 あんまり、派手にヒットはしなかったけど、当時、影響力は大きかった1曲ですねぇ。


 うーん、ジャケ写ですが、これまた、インパクトあるねぇ。
この女のヒト、「フィリピーナ」でないかんね。あくまで、麻倉未稀、本人でございます。




※2005年12月に書いたものの再掲載です。
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード