かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

ツッパリ

ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校篇)

1981_02_ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編)






今回の1曲セレクトは、「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校篇)」横浜銀蝿です。

 まずはデータです。

・タイトル    ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校篇)
・アーティスト  横浜銀蝿
・作詞      タミヤヨシユキ
・作曲      タミヤヨシユキ
・編曲      タミヤヨシユキ
・リリース日   1981年1月12日
・発売元     キング
・オリコン最高位 3位
・売上げ枚数   56.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1981年2月23日〜5月18日付 

 最近は、男はすっかり「草食化」してしまって、「昭和」の時代には普通に居た肉食系男子なんて、ほとんど絶滅しちゃいましたね。
 ましてや「ツッパリ」 「(暴走)族」なんてのは、ほとんど死語だよなぁ。

 うーん、そうだよなぁ、「族」なんていうのは、70年代がピークだったわけで、たしかにうちらがガキ〜10代の80年代も多かったもんね。これ読んでくださっている同年代の方(アラフィフです)、関わってた方多いんでないかな?    若気の至りってやつで。。

 ワタシ? ワタシは気が小さいから、全く縁がなかった世界です、ハイ。


 だけど、今日ひっぱってきた、横浜銀蝿がヒットしてたころってさ、一時期、族=横浜銀蝿 っていう図式になってた頃が合ったよなぁ。

 あのころは、横浜銀蝿のロックンロールって単純に、族で入っているようで気持ちいいって感じだったんだよね。
 いえもそういう図式になってたきがするなぁ。

 ま、確かに、なんのクセも飾りもないめっちゃくっちゃ単純なスリーコードのロックンロールなのよ。

 うん、なーんもかんがえないで聴いてると、今でも気持ち良いよ、確かに。


 でもさ、あのとうじは「ツッパリ」の代名詞だったこのヒトたちも、25年経った今にして思えば笑えるよなぁ。

 今のコからしてみればさ、男なら頭ギンギンのリーゼントにして、特攻服かボンタン&長ラン、女なら蜂の巣パーマに長いスカート引きずってる図 なんてみたら、どんなもんでしょうね?

 単純に笑えたりして・・・。

 だからさ、あの当時は、時代の先端だったものも、25年経てばアナクロすぎて笑いの対象になっちゃうことってあるよねぇ。


 でさ、この「ツッパリHigh School Rock'n Roll」歌詞の意味、もしかして、今となっては、よくわかんないっていうヒト、きっと居るんでない?



♪ 今日も元気にドカンを決めたら ヨーラン背負ってリーゼント ♪


・・・・・・・なんのこっちゃ?・・・・・

と思いません?  日本語じゃねぇよなぁ・・・今となっては


♪ 今日も元気に土管を決めたら 洋蘭背負ってリーゼント ♪ ・・・・なんのこっちゃ??

おもわず直に変換してしまった・・・・。(爆)


ははは、全然ちがうかんね〜

ドカン ⇒ ニッカポッカみたいなダボダボのズホンね。当時のツッパリルックの定番よ。

ヨーラン ⇒マア、長ランのことね・・・って、最近じゃ長ランもわかんないか。。 要するに長ーい学ランよ。裏地に竜とか虎の刺繍が入ってたりするやつ・・・。


 だからして・・・直訳すると「今日も元気にドカンに長ランちゅうツッパリルックにリーゼントでバリバリよ」ってところですか?

 うーみゅ、34年も経てば日本語も日本語でなくなるのねぇ。

 今の流行ってる言葉も30年経てば「翻訳」が必要よ・・きっと。「今」の時代を知っているヒトの。。

 この曲聴いてたら、おもわず、そんなこと感じたりして・・。



「ザ・ベストテン」より。
翔さん、歌詞間違えないでぇ〜。  それにしても随分ゆっくりな「ツッパリ〜」だな。


 いいね の場合はポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

なめんなよ

1982_01_なめんなよ_又吉&なめんなよ






今回の1曲セレクトは、「なめんなよ」又吉&なめんなよ

まずは、この曲のデータから

・タイトル    なめんなよ
・アーティスト  又吉&なめんなよ
・作詞      又吉
・作曲      又吉
・編曲      PELORAIN
・リリース日   1981年11月21日
・発売元     フィリップス
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   25.5万枚
THE HITCHART HOT30最高位 11位

世の中、なんでこれが流行ってたの? って後々になってみたら理解不能なブームってあったりするんだよね。
例えば70年代の「紅茶キノコ」とか、「口裂け女」なんてのもそうかな?
 もしかしたら、去年の「妖怪ウォッチ」なんかも、あと30年もすれば、そんな存在になるかもしれないな。

で、そんな「理解不能」なブーム、80年代では「なめんなよ」だよね。

 今となっちゃ、遠い昔だけど、33年前のちょうど今頃、突如として一大ブームになっちゃったんだよね。この「なめねこ」。普通の子猫ちゃんに学ランとか、セーラー服着せただけなんですけどね・・。

 たしかに、この年って、横浜銀蝿を中心として、世間はねツッパリブームだったけどさぁ。
 あー、いまとなっちゃ信じらんないけどさ、「ツッパリ」っちゅうのも、一種のファションだった訳ね。
 ・・で、ファションが過熱して、一種の「ファンシー」化しちゃったのが、「なめねこ」ってわけですねー。
 要するにぃ、あの時代、ツッパリもキティちゃんも次元は同じだったんですよ。・・・って書いても、今となっちゃ、実感わかねーだろうなぁ。タイムリーで経験していないと・・。

 そんでもって、そのブームのさなか、ワルノリしてリリースしたのが、この曲って訳ね。

 でもさー、セールス25.5万枚よ。。一体、だれがこんなに買ったんだよって感じだよねー。
 曲は、イタリアンツイストっぽいロックンロールかなぁ。銀蝿とはちょっと、ノリが違ったよね。
 うーん、今で言えば、クレイジーケンバンドあたりが好きそうな、ちょっとダサめのロックンロールって感じかなぁ。
 もちろん、ネコちゃんが歌える訳ねーから、ちゃんと「人間」が歌ってんだけどさ・・。
 又吉&なめんなよ なんて、完璧になめきってるよね、このアーティスト名。

 ちなみに、歌っているバンドの正体は「Mバンド」といいまして、正真正銘のプロアーティストなんですよね。

 私は、「なめんなよ」の心得が好きでした。

一つ 人間からエサをもらうべからず
一つ またたびの吸いすぎに気をつけるべし
一つ ワン公のようにやたらしっぽを振るべからず
一つ 「二ャーゴ」となくな「ニャン」となけ
一つ なめられたらなめかえすべし

・・・あ、受けねー。 いまとなっちゃアナクロすぎて、笑えねーか。。。。。。




よかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あせかきべそかきRock'n Roll run / 横浜銀蠅

1982_11_あせかきべそかきRock'nRoolRun







今日の1曲セレクトは、「あせかきべそかきRock'n Roll run」横浜銀蝿です。

まずはデータ

・タイトル    あせかきべそかきRock'n Roll run
・アーティスト 横浜銀蝿
・作詞      翔
・作曲      翔
・編曲      T.C.R.横浜銀蠅.R.S
・リリース日  1982年10月19日
・発売元     キング
・オリコン最高位 4位
・売上げ枚数   21.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 14位


さっき、帰宅する時のカーステ、丁度81年夏ごろの曲が入ってたの。
 でさ、横浜銀蝿の「かっとびロックンロール」が流れてきたんだけど、どうも、懐かしいんだけど、新鮮なんだよね。横浜銀蝿って・・・。

 たぶん、当時は、よく聴いてなかったからだろうな。「ツッパリ」「ぼんたん」「リーゼント」「ソリ」・・・っつうキーワードからして、「内気でマジメ」な私(⇒うーん。。。ウラでは・・・)としては、あんまり関わりたくないキーワードでしたねぇ。当時は。。。。
 聴いてたら、不良グループに引っ張られそうだったもん。
 特に、俺が行ってた中学校はひどかったからねぇ。「校内暴力」が・・・。

 ・・というわけで、内気なマジメ生徒だった私からは、「疎遠」だったわけですよ。

 でも、内心は、聴きたがってたりして・・・。

 しかしねぇ、今思うと、なんて、「牧歌的」だったんだろうねぇ。
 いやはや、いまや、かわいいもんですよ、このテの音楽は。
うーん、完全にパロディだよね。 内容が。

 確かに、グルーヴ的には、スピード感があって、聴きながら車「転がしてる」と、ついつい、スピード出しちゃいたくなるもんねぇ。

 35歳のオッサンがそんな感じなんだから、当時16、17才のティーン達にとっては、「麻薬」みたいなもんでしょ。

 しかし、「ツッパリ・・・」の頃は、ストレートなロックンロール、内容も無いような感じだったけど、この「あせかきべきかき・・・・」の頃になると、内容が道徳的になってくるんだよね。 大体において、ツッパリ、不良と「汗」っていうのがどうも結びつかないよなぁ。 「汗」っつったら「さわやかな青春」だよね。
 うーん、そのへんのミスマッチを狙ったのか、たんにネタ切れだったのかは、よくわかんないですけどね。

 この曲、正直、特徴っていう特徴はなく、いつもの銀蝿としか言いようがないんだけど、最後に、転調、転調・・で、徐々にKeyが4つ上がるじゃん。
 あれは、面白かったな。うーん、苦し紛れだったのかもしれないけど・・・。

 ♪Hey Rock'n Roll Come On Rock'n Roll Funky Rock'n Roll いつまでも〜 ♪

のところですね。

 でも、コノ部分も、内容的には「青春」してるよなぁ。
 なんか、ちょっと違和感があるよね。内容からして・・。

 うーん、一般リスナーに擦り寄ってたのかなぁ。
ちょっと、銀蝿にしては、弱気な一面が見えた1曲だったね。


 ちなみに、この曲、「ミュージックラボ」では1位取ってました。。。 オリコンでは最高4位だったんだけどね。
 
 まあ、ミュージックラボのランキングのつけ方は凄まじかったようだからねぇ。あんまり言及しないけど・・・。




※2005年11月に書いたものの再掲載です。


記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード