1984_ヒーロー_麻倉未稀






今日の1曲セレクトは、「ヒーロー」麻倉未稀です。

まずはデータです。

・タイトル    ヒーロー
・アーティスト  麻倉未稀
・作詞      J.スタインマン D.ピッチフォード
・作曲      J.スタインマン D.ピッチフォード
・編曲      渡辺博也
・日本語詞    売野雅勇
・リリース日   1984年11月5日
・発売元     キング
・オリコン最高位 19位
・売上げ枚数   18.1万枚
・タイアップ  TBS系ドラマ「スクールウォーズ」主題歌


 たまに、ルーチン的な仕事とは別な仕事すると、結構意外な発見ってするもんですよねぇ。
 ・・・っていつもながら、とーとつな入り方なんですが、今日は、仕事で近日公開予定の「映画」について調べてたんだけどね。
 来週10日公開予定の「スクールデイズ」っていう映画について調べてたら、キャスト陣を見て、思わず「おーー」っと唸ってしまいましたわ。
 ・・主人公、もちろん居ますわね。 その主人公の両親役が鶴見辰吾 と いとうまいこ だってさ。。。

 ・・・と書いて、ピンと来た方、結構な「大映ドラマ」通でございます。・・・でもないかな。

 そうですぅ、いまから22年前、1983年4月〜放送の大映ドラマ「高校聖夫婦」で、夫婦役だったんだよね。この2人。 覚えてる方っているかなぁ。
 高校生で結婚しちゃうの。で、周りには、ひたかしくにするんだよね。たしか。・・で、そこで、いろいろ起きちゃうってドラマですよ〜。 

 で〜今回、この映画で、また夫婦役だって。。。 うーん、でも、かんがえるに、あれから、幾年たって、成れの果ては、この主人公って言えないこともない(ムリヤリ)。

 もしかして、そこまで、考えてたか? この映画の監督さん、俺とより1つ上の同世代だから、もしかしたら、「高校聖夫婦」見てたんぢゃない? 
 だしとたら、わざと、狙ってた? もしかして・・。


 え? それと、今日、紹介する「ヒーロー」とどういう関係かって?

 はいっ、 関係ありましぇん! ではなくて、大映ドラマつながりなんだよね。

 そう、この曲は、かの大映ドラマの名作(迷作?)「スクールウォーズ」の主題歌ですね。
 
 その前に、本来は、この曲、映画「フットルース」の中の1曲でボニータイラーが歌ってたんだよね。
 「フットルース」のサントラは、この84年夏に大ヒットしたよね。 洋楽を、よう聴かない、私でさえ、このアルバムは聴いたなぁ・・というか、友だちに無理やり聴かされたな。

 でも、この曲、ボニータイラーのオリジナルの方は、あんまり印象になかったんだよね。 今は、音源あるけど。。

 この曲っていったら、どーしても「スクールウォーズ」の主題歌の「麻倉未稀」バージョンってほうが、完全に頭にインプットされてるもんなぁ。

 イントロ聴いただけで、ドラマのタイトルバックの映像が浮かんでくるもんね。

 このドラマはかなり、はまったもんなぁ。 
 毎週土曜日21時〜22時って、辺鄙な時間に放送してたんだよ。そうそう、「8時だよ!全員集合」のあとだったんだよね。いまは、「世界不思議発見」になっちゃってるけど、この番組が始まる前は、この時間は、ずっとドラマ枠だったんだよね。でも、大映ドラマになったのは、「スクールウォーズ」からじゃなかったかなぁ? その前は「Gメン」とかやってたし・・。

 このころは、大映ドラマ、大人気だったもんねぇ。本来は、火曜20時〜が、ながらく、大映ドラマ枠だったんだけど、それでは、足りなくなって、土曜21時に進出してきたんだよね。・・で、この枠でも大ヒット・・と。視聴率20%超えてたもんなぁ。 っていうか、火曜日の大映ドラマもそうだったけど、見てなかったら、ガッコで話題に入れなかったもんねぇ。

 いま、スカパーのファミリー劇場で、大映ドラマの再放送やってて、よくも見てるけど、いまみると、鼻血でるほど、「笑え」ますよ。ほんとに。あの、ワザトラシサがさー。(^^;;;

いや、あれで感動してたんだから、いやはや平和な時代だったんだなぁってつくづく感じちゃいますね。


 しかし、この曲、この年、84年では随分パクられてたなぁ。
メロディ的にってことではなく、音の使い方とかね。 特にイントロのコーラスの部分とか、ラッパの使い方は、このころよく聴いたなぁ。
 堀ちえみの「クレイジーラブ」なんか、そうでないの?
あと、河合奈保子の「唇のプライバシー」とか。これ、ドナサマーの「情熱物語」っていう説が一番有力なんだけど、個人的には、この曲っぽいなぁって思うんだよね。

 あんまり、派手にヒットはしなかったけど、当時、影響力は大きかった1曲ですねぇ。


 うーん、ジャケ写ですが、これまた、インパクトあるねぇ。
この女のヒト、「フィリピーナ」でないかんね。あくまで、麻倉未稀、本人でございます。




※2005年12月に書いたものの再掲載です。