かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

ゴダイゴ

性(さが) / ツイスト

1979_02_性(さが)_ツイスト


今回の1曲セレクトは、「性(さが)」ツイストです。

まずはデータです。


・タイトル     性(さが)
・アーティスト   ツイスト
・作詞       世良公則
・作曲       世良公則
・編曲       ツイスト
・リリース日        1978年12月21日
・発売元      キャニオン
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   31.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1979年1月15日〜2月26日付

えー、今回もマクラ無しで、いきなり本題に行っちゃいますぞ。

今回セレクトしてきた曲は、ツイストの「性(さが)」どぇす

えー、長い事この「1曲セレクト」を読んでくださってる方は気がついてると思うんだけど、今回ひっぱってきた、「性(さが)」、 過去に一度書いちゃってるんですねぇ

↓ コレ 
http://livedoor.blogcms.jp/blog/kajiyan0777/article/edit?id=52012973

今はブログの底〜にひっそりと眠っちゃってるんで、気がつかない方も多いかもしれないけど。。。


でもねどうも、頭ん中がここのところ1979年になっちゃってさ。。 しょうがないんで、79年の今頃ヒットしていた、この曲を、再度持ってきちゃいました。

あ、でも一度書いた・・・と言っても、前回書いたのは、今から10年前なんだよな。。そそ、上のリンク先のトピックスは元々は、10年前にmixiに「友達向け」に書いたもんなんだよね。
でも、友達向けって限定にしておくのは勿体ないんで、一昨年から、このブログにmixiから移植してきて公開したもんなんだけどさ。
 流石に文章、若いな。 いまねぇ、こういう新鮮な文章書けないのよ、ワタシ。。。 まだ30代でしたからねぇ、書いた時は。
まあ、よろしかったら併せて読んでいただけるとありがたいかなぁ


・・・・と取りとめもない事を書いてもしょうがないんだけど。。。

↑で、この頃頭が79年になってる・・・っちゅうのは、ついこの間、ヤフオクで79年〜80年の「月刊・明星」の付録の歌本・・通称「Youn Song」を大量に落札しまして。。。
今ねぇ、毎晩寝る前に1冊ずつ読んでるんですわ〜

わあ、悪趣味〜  ・・・って言われてもしょうがないんだけどさあ、でもね、やっぱ気分はあの時代に戻りますね。

当時、ワタシは9才。小学3年生。

流石に月刊明星を買うには、ほんの少しガキだったからねぇ。 うん、実際に買い始めたのは小学5年だった1981年3月号からだからさ。 そこからは、当時買ったものを「後生大事」に取ってあるんだけどね。

ワタシが買い始めた頃は、既に80年代アイドルの時代に入ってた訳で、ヤンソンもトシちゃん、まっち先生、聖子ちゃん、奈保子ちゃん・・といった、80年デビュー組が中心、うん、アイドルが中心だったんだけども、今回購入した79年〜80年頃は、ニューミュージックが中心。

うん、時代はニューミュージックブームでしたからねぇ。 で、そのブームの頂点だったのが79年ってわけでね。

何せ、ヤンソン恒例のハガキリクエスト「あなたが選ぶ今月のベスト20」も、ツイストとゴダイゴで、1位、2位を争っている時代。ちょっと前までは郷ひろみだったんだけどね。このハガキリクエストコーナーも。

ニューミュージックがアイドルだった・・・そんな時代なんだよね、79年は。

ちなみに、当時ロックBIG3と言われた、ツイスト、ゴダイゴ、サザンオールスターズの中で、リクエスト票数が一番低かったのが、サザン。

これ、今からしてみれば意外かもなぁ。

結局さ、ルックスのツイスト、演奏(技術)力のゴダイゴ、に対して、「お笑い」のサザンだったからさ、当時は。。  アイドルというよりも「イロモノ」だっんだよねぇ。 
そこが、リクエスト票数が伸びなかった所以だよね。 なにせ「明星」は、今も昔も変わらず、小中高生向けのバイブルだからさあ。


ま、そんなことで、昨今、頭ん中が79年になっているワタシな訳だけど、今回、この「性(さが)」を引っ張ってきたのは、それだけじゃないかもなぁ。
 うん、さっき気がついたんだけども、今年のカレンダー、79年と同じ並びなんだよね。 2月9日が木曜日になってる。。。

え? なんで、それで79年とカレンダー並びが同じって分かるの?  って事なんだけど・・・。

実は、初めて「ベストテン」をカセットテープに録音したのが、1979年2月9日なんですねぇ。。。

・・・っつうことは、1979年2月9日は「木曜日」だったはずで、今年と一緒なわけなんだよね。

あの時、「ベストテン」のベスト3は、1位アリス「チャンピオン」、2位ゴダイゴ「ガンダーラ」、3位が、今回のツイスト「性(さが)」って言うランナップ。
 当時、欠席がちだったアリスも、この時初めての1位獲得と言う事もあって出演して大熱演したのを覚えてるワ。

でもね、それよりなにより、個人的に一番すきだったが、このツイスト「性(さが)」だったんだよなぁ。
アリスも大熱演だったけど、この「性(さが)」もそれに負けないくらいの大熱演でさあ、 めちゃくちゃカッコ良かったんですよ。

ツイストっていえば、ベストテンで10週連続1位をとった「銃爪」であり、「燃えろいい女」であり、「宿無し」であり・・・他にも数々の大ヒットがあるんだけども、個人的にはこの「性(さが)」なんだよなぁ、誰がなんと言おうともさ。

兎に角、当時の大熱演の印象が、頭にこびりついちゃってるからさ。

あれから40年近く経っちゃったわけだけど、未だに、テレビの歌番組であそこまで熱く、大熱唱した歌唱って、ほとんど聴いた事がない。

 高々、3分程度の歌唱時間、考えようによっては単なる曲のプロモーションとも捉えられるわけだし、だから、昨今ではテレビの歌番組で「本気」で歌うアーティストも少なくなったしな。ましてや口パクだったもするしさ。

でも、当時は、テレビの歌番組でも、「マジ(本気)」で歌うアーティストもいたんだよね。 
聴いてるこっち側も、こういうところって敏感に分かるじゃん。 ましてや、当時、小学3年だったクソガキでさえ、「マジ」さを感じて、感動しちゃう訳だからさ。

まあ、すべての歌番組で「本気」を出しているかどうかは別なんだけどさ、 事、ベストテンの「スタジオ」で歌う時には、本気で歌唱していたヒトが多かったよなぁ、当時は。
ま、それほど、ベストテンって言う番組のスタジオの雰囲気が、それぞれのアーティストにとって、「本気」を出したくなるような熱気に包まれていたんだろうけどね。

だからなんだろうね、あの時代の歌が「いい」って感じるのは。 それにリンクして「ベストテン」ガ面白かったのは。

行きつきところは、「情熱」なんだろうなぁ。 いかに「ユーザー」に本気で伝える情熱を燃やせられるか。この1点に尽きるんだよね。


あー、また説教じみた事を熱く書いてしまったワイ。。。  最近、年取ったせいか説教臭くなってしまって如何ねぇ。
うーん、79年の曲になると、こうなっちゃうんだよなぁ、それだけあの頃の曲が好きなんだけどさぁ




これは、87年に「再結成」した時のベストテンのスポットライトなんだけどさ、この時も相変わらず「大熱唱」でしたねぇ。他のアーティストたちとの温度差が凄ごかったの、よく覚えてるわ。。。
87年と言ったら、すでにアイドル全盛期だったわけで、この手の曲はベストテンでは聴きたくても聴けなくなっちゃてましたからね。

世良氏の大熱唱のボーカルもそうだけども、世良氏のボーカルに絡んでくる、神本氏のエレピと、エレクトーンの音色が大好物なんだよな、ワタシ。
このグルーヴ感、泥臭さこそ、70年代ジャパニーズロックだったと思う。 

あの時代のグルーヴ感をもう一度っていうアーティストが、もう一度出てくれば、個人的には手放しで応援するんだけども、もう出てこないんだろうねぇ。 時代が違うもんな。。。 

これは、やっぱり今年5月の「僕らのポプコンエイジ」で味わってくるしかないか。。。

↓ コレ
http://entameclip.com/news/44692


こんな感じで、今回は1曲書いた曲を、再セレクトしてきたけども、この先は、時々こんな感じで「再セレクト」しようかなぁ。
以前書いた時とは、ちょっと違う視点から書けそうだしね。。(単純に「キラー」コンテンツとなりそうな大ヒット曲が枯渇してきた・・・ってのもあるけど)

ちなみに、以前書いた時と、今回書いたものでは、「データ」に書いた、「ベストテンランクイン」の期間が違っていたりするけど、前回のベストテン入りデータは「ザ・ベストテン」でのベストテン入り期間。今回のは、僭越ながら、ワタクシのチャートでのベストテンいり期間どえす。




よろしかったら、ポチッ通してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

銀河鉄道999 / ゴダイゴ

1979_09_銀河鉄道999_ゴダイゴ








今回の1曲セレクトは、「銀河鉄道999」ゴダイゴです。

ますは、データです。
 
・タイトル    銀河鉄道999
・アーティスト  ゴダイゴ
・作詞      奈良橋陽子
・作曲      タケカワユキヒデ
・編曲      ミッキー吉野
・リリース日   1979年7月1日
・発売元     コロムビア
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   66.6万枚
・ザ゜・ベストテン最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1979年7月26日〜11月1日
・タイアップ  映画「銀河鉄道999」主題歌

 この時期といって、まだ出してない曲、あるよねぇ・・・って思ってる方もいらっしゃるかなぁ。
今回は、そんな曲を持ってきました。

ゴダイゴ 「銀河鉄道999」 

・・・ってか、実はいままでも昔かいてたのを出してたんだけどね、ヒット時期とは関係なく出しちゃったんで、もう一度、表に表に引っ張って来ちゃいました。


 「銀河鉄道999」ブームを引き起こしたのはもちろんのこと、にわかに鉄道ブーム、とりわけブルートレインなんか、すごい人気だったもんねぇ。
今じゃ、全く考えられない・・・というか、先日、件のブルートレイン自体、無くなっちゃいましたけど、この年の東京駅の長距離列車専用ホーム(当時の11 12番線ホーム 今は東北上越新幹線ホームになっちゃってます)は、ブルートレインを写真に撮ろうっつう、小中学生でいっぱいだったんだよね。 これも、一つは銀河鉄道999の影響もあったわけでね。

 もう一つは、この当時の天体ブームね。惑星探査機「ボイジャー」が木星に最接近したのが、この曲のヒットの直後で、その影響もあって 、当時、俄かに天体ブームだったんだよなぁ。
 かく言うワタシも、この曲をきっかけに一時、天体観測にのめりこんだよなぁ。
 銀河鉄道999の終着駅はアンドロダ星雲・・・っつう実際の具体的な天体を指してたしねぇ ちなみに、アンドロメダ星雲は、今頃の季節が一番観測しやすい位置に来るんだよね。めちゃくちゃタイムリーなんだよね。

 まさか、そういうところまで、計算にいれたのかなぁ。


 最初に戻るけど、アニメに「ニューミュージック」が使われること。これは、かなりの冒険だったと思う。
確かに前の年、1978年夏公開の「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、沢田研二の「ヤマトより愛をこめて」っつう、いわば、一般のヒット曲を主題歌としてタイアップにつけたんんで、「一般のヒット曲」っていう意味では、初めてではないんだけどね。まあ、この分野は、角川映画がパイオニアで、「人間の証明」(ジョー山中 1977年)がオリコン2位まで行く実績を残していますしね。

 ただ、アニメでは、この松本零士組作品が、パイオニアになるわけだよね。でも、これって、この映画はあくまで「子供映画」ではないってことのメッセージだよね。


 つまいりぃ、それまでのアニメ映画って、完全に子供向けだったぢゃない? まあよくて中学生までとか、
それを一気に高校生を含めたティーンエイジャー全体、はたまた、20代まで見てくださいよ、アニメは子供だけのものぢゃないよ・・っていうメッセージが込められてるんだよね。
 どうじにニューミュージックっていうジャンル、とりわけロックっていうジャンルが完全に「お茶の間」に浸透した瞬間だったんじゃないかなぁ。

 もちろん、商業的に完全にのっかっちったっていう部分で反発的な方もいらっしゃったと思うけどね。日本のロック界の歴史って「反体制」がキーワードだから・・・。

 でも、曲がいい⇒まずは曲ありき、みんなで共有できる っていう曲ならどんどん売り出すべきなんだよね。 
それが商業主義であってもさ。



あー、話が堅くなった。肝心な曲なんだけど、これは、もう絶賛だったなあ。ミッキー吉野の自由奔放なキーボード&シンセとトミーシュナイダーのドラムがカッコよくってねー。

 当時は、断然 レコードよりTVの方がカッコよかったんだよねぇ。今じゃ、考えられないけどさ。 例えば「ベストテン」なんて、当時は「生」ジャン。演奏も「生」が多かったのよ。もちろん、カラオケっつうのは昔からあったけど、まだ、一般的ではなかったからね。

 で、きまって、レコードより派手なんだ。アレンジが、それがきまっててかっこいいのよ。
 この曲なんかも、レコードでは、ミッキー吉野のキーボードは押さえ気味、変にまとまっちゃった感じで、ちょっとガッカリなんだけど、ベストテンの時の演奏は、ブットンでたもんなぁ。

 あ、これは、ツイストの「燃えろいい女」もそう。正直、これも、あとでレコード聴いたんだけど、ガッカリだったもん。ベストテンのときのあのカッコよさはどこ? って感じだったな。
 まだ、レコーディング技術が生の迫力を伝えることが出来なかったんだと思うけど、当時はレコードは小さくまとまっちゃうって感じなのよね。
 
 しかし、当時は、御三家になぞられて、ロックBIG3なんていわれ方してましたよね。実力のゴダイゴ、ワイルドなツイスト、コミックのサザンオールスターズ・・・そんな感じだったよね。

 今じゃ、信じられないけど、サザンって、当時はまだ、コミックバンドの印象が残ってた頃なんだよね。
「いとしのエリー」はすでに出てたけどさ。本当の実力が開花してきたのは、ニューミュージックブームが去り、ゴダイゴ、ツイストが相次いで解散した頃だよね。 そういう意味では、あの頃のサザンは「能あるタカ爪を隠す」だっのかなぁ。コミック的なポジションで居ることで、一番、周りが見えたのかもしれない。

 「実力」とか言われちゃうと、その時はいいけど、それを維持していくって言うのは、本当の能力がないと難しいもんね。結果的にだんだん視野が狭くなるっていうかさ。
 そういう意味で「バカ」でいたほうが周りが見えやすかったのかもしれない。1979年末からサザンってしばらく休みに入っちゃうのよ。レコーディング以外は一切の活動せずって感じでさ。それは、周りが見えた証拠かもしれない。あのあと、同じスタンスでつづけたゴダイゴ、ツイストが下降気味になっちゃったのを考えるとサザンの動きって今考えると冷静だったなと思いますよ。


 ちなみに、上でサザンのことが出てきたからランキング的なことも書いておこうと思うんですが、ゴダイゴってオリコン史上でも、「悲劇」なアーティストによく出されるよねぇ。
 えーと、なぜかっつうと、2位まで行った曲が4曲も出しながら、オリコンでは1位を1回も取れなかったってことですね。特に79年は、悲惨・・・というかね。

 ・ガンダーラ(78年10月1日リリース) 
 2位 ⇒ 78年12月25日 79年1月1日 1月8日
    (1位阻止 カメレオンアーミー ピンクレディ)
     79年1月29日 2月5日 2月12日
    (1位阻止 チャンピオン アリス)

 ・モンキーマジック(78年12月25日リリース)   
 2位 ⇒ 79年2月19日 
 (1位阻止 チャンピオン アリス)
     79年3月5日  
(1位阻止 HERO〜ヒーローになる時それは今 
 甲斐バンド)

 ・ビューティフルネーム(79年4月1日リリース)
  2位 ⇒ 79年5月14日 5月21日 5月28日 
     (1位阻止 魅せられて ジュディオング)

 ・銀河鉄道999(79年7月1日リリース) 
2位 ⇒ 79年8月20日 8月27日 9月3日 9月10日
      (1位阻止 関白宣言 さだまさし)                 


 兎に角、2位が多かったのよね。79年だけで14週も2位を獲得しながら、1回も1位獲得ならず。。。
まあ、それだけ、当時のヒットチャートっていうのは、層が厚かったわけで、1位獲得っいうのは、大変なことだったんですよね。まあ、曲見ても分かるように、1位獲得曲はいずれも、今でもエバーグリーン、だけでも知ってる曲ばっかりですけどね。
 
当然、最近のように、1位譲り合いなんてなし!! みんな真剣勝負の世界だったわけです。
こういう時代に戻したいですねぇ〜。 って書くと、必ず、ムリって答えが返ってくるんだけど、何とかしたいです。

 ちなみにちなみに、「ガンダーラ」最高2位にもかかわらず、1位阻止された、「カメレオンアーミー」、「チャンピオン」いずれよりもセールスは上です。


 「ガンダーラ」⇒88.8万枚
 「チャンピオン」⇒78.0万枚
 「カメレオンアーミー」⇒70.8万枚


 チャートの「あや」でもあるんですが、ヒット規模は、ランキングの上下だけでは、必ずしも決まらないって事ですね。ロングセラーっていうのも一つの指標になる・・そのことを端的に表した結果ですね


https://www.youtube.com/watch?v=un7e9_Ogl-A

実は、今回再度、表にこの曲を引っ張ってきた理由は、この動画があったから。
これですよ、このグルーヴ。当時ベストテンで聴いてたアレンジとほぼいっしょ。
懐かしくて、思わずセレクト。 お尻の部分がちょっと削れてるのはアレだけど。。。。


よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ハピネス / タケカワユキヒデ

1979_05_ハピネス_タケカワユキヒデ






今回の1曲セレクトは、「ハピネス」タケカワユキヒデです。

 まずはデータです。

・タイトル    ハピネス
・アーティスト  タケカワユキヒデ
・作詞      奈良橋陽子
・作曲      タケカワユキヒデ
・編曲      ミッキー吉野
・リリース日   1979年5月1日
・発売元     コロムビア
・オリコン最高位 11位
・売上げ枚数   20.1万枚
・タイアップ:サントリー「純生」CM曲

 えー、どうしよう、今回は、どういうマクラで入ろうかな。。。う〜む。。。


 えー、今回引っ張ってきた、曲は、ゴダイゴのボーカル、タケカワユキヒデ氏のソロ名義の曲、「ハピネス」なんだけど、特に、理由もなく引っ張ってきたんだよね。

 ・・・なんで、マクラに困る。。。こう言うときは、とーとつに入るに限る・・・か。

 この曲さ、ゴダイゴ好きだった、ワタシも当時は、ほとんど聴いた記憶がないんだよねぇ・・・。

・・・というか、「ザ・ベストテン」にランクされていたことも、最終回の「さよならザ・ベストテン」で紹介されるまで、記憶になかったから、よっぽど印象に薄かったんだろうなぁ。

 サビの部分なんかは聴けば、あー、はいはい・・・って思い出したりするんだけど。。。

 サビは、ほとんど全部「英語」詞だったじゃん。

 ♪ ●×▼$#☆◇ ハピネス ハピネス〜 ♪

って感じでふらふら、「ハピネス」の部分だけ、分かったりしてふらふらふらふら


(ちなみに正しい歌詞は・・・
 ♪ We are hoping for peace and freedom Hapiness Hapiness〜 ♪)



 どーもね、この曲、「邦楽」っていうよりも、「洋楽」なイメージが強かったんだよね、当時は。

 だから、個人的にはあんまり引っかからなかったのかもしれない。

 もちろん、洋楽ではなく、れっきとした「邦楽」なんだけどさ、パッと聴き、イントロから全般にわたって、邦楽っぽくないんだよね。

 まあ、ゴダイゴってもともと、「邦楽」というより、当時としては、かなり「洋楽」よりに影響が強かったアーティストだったけど、それでもシングルヒットについては、キャッチーでありフックが強い曲を出してたからなぁ。

 でも、この曲は、「ソロ名義」ということもあってか、あくまでゴダイゴとは別路線で、もともとの洋楽色を強く押し出したってところもあったんでしょう。

 ・・・というところもあって、長い間、個人的には、引っかからなかったんだろうね。


 うん、レコード買ったの、つい最近ですよふらふらふらふら

 36年前のレコードを最近買うっていうのも、珍しいだろうけど・・・。

 あ、もちろん中古屋で・・・。

 なんか、突然、無性に気になってねぇ〜。。。 実際、今聴くと、すんなり聴けるんだよなぁ。

 ま、それなりにオトナになったのと、やっぱ、それだけ、J-POPも洋楽に近づいたって事でしょう。ほとんどコトバの違いだけで、「壁」はなくなった感じるするしなぁ。

 コトバにしたって、タイトルから詞にいたるまで、ほとんど横文字が並んでる世界なわけだし、もう、洋楽との違いなんて微々たるもんだよね。

 だけど、36年前は、まだ、邦楽と洋楽には、完全な見えない壁があったわけですよ。

 この曲なんかを聴くと、当時の、その見えない壁を感じたりするんだよねぇ。


あ、、たぶん、今の若いコが聴いても、その壁は、よく理解できないかも知れないけど・・・。
 何分、、小さい頃から、「壁」はなくなってたりするしなぁ。



ちなみに、この曲、当時のサントリー「純生」のCM曲だったんだねぇ・・・。今、知ったっす。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ビューティフルネーム / ゴダイゴ

1979_04_ビューティフルネーム_ゴダイゴ






今回の1曲セレクトは、「ビューティフルネーム」ゴダイゴです。

 まずはデータでーす。

・タイトル      ビューティフルネーム
・アーティスト    ゴダイゴ
・作詞        奈良橋陽子
・作曲        タケカワユキヒデ
・編曲        ミッキー吉野
・リリース日     1979年4月1日
・発売元       コロムビア
・オリコン最高位   2位
・売上げ枚数     53.8万枚
・タイアップ:国際児童年キャンペーンソング

 まだ、1曲も書いてないアーティストもあまたいるのに、ゴダイゴは随分書いてきたきがするなぁ。
 ま、個人的なことになるんだけど、それだけ、当時のゴダイゴって好きだったんだよなぁ。完全にこの道⇒ヒット曲 ってやつに引きずり込まれたアーティストだもんなぁ。ワタシにとっては。

 そういうことで、この曲も書かずにはいられないってところかなぁ。
 何年に一度「国際○○年」とかいうのが、ユニセフによって制定されているらしいんですが、この1979年っていのうは、「国際児童年」に当たっていたんですよね。
 で、当時、トップバンドだった、ゴダイゴにキャンペーンソングを・・ということで、白羽の矢が立ってできたのが、この曲なわけですね。

 だから、というわけでもないんだろうけど、この曲は、「平和」なゴダイゴの曲の中でも、すこぶる「平和」さが漂う曲でしたよね。

 それまでのゴダイゴの曲には無かったようなホーンセクションを導入したりして、かなりロック色は薄れ、聴きやすさ重視っていう感じでね。

 当時、ワタシはこの曲が大のお気に入りで、よく歌ってたなぁ。ベストテンなんかでは、1番を日本語で、2番は英語で歌ってたんだよね。この曲。
 あ、この曲に限らず、次の「銀河鉄道999」もそうだった。
 それが、カッコよくてねぇ。意味もわかんなく、よく歌ってましたよ。

サビの

♪ Every Child has a beautiful name a beautiful name 〜♪

ってとこ、♪エビチャヘド ビュティフォネーム ♪
とかうたっちゃってさ・・・。
 
 なんだ、その「エビチャ」ってのは・・・・? とか、ずっと思ってたりしたな(^^;;;;;;
 「エビチャ」⇒「海老茶」 海老色のお茶か・・・とか、勝手に解釈してたりして・・(^^;;;;;;;;;(爆)

 人前で歌ったのも、この曲が初めてだったよなぁ。
小学校のときのレクレーションで、「校内のど自慢大会」が年1回あって、わたしゃ、4年〜6年まで毎年引っ張り出されてまして・・・・(爆)
 4年の時に歌ったのがこの曲ですよ ちょっと書くのも恥ずかしいけどね。

 まあ、それだけ、この曲、当時は好きだったんだなぁ。
でも、まあ、たぶん、この曲がヒットしてたころに「のど自慢大会」があったから、この曲になっただけで、もう少しあとだったら「銀河鉄道999」になっていたかもしれない。。。
 単純にゴダイゴが好きだったんだよね。

 でも未だに定期的にライブを開いているよなぁ。ワタシも、何年か前の渋谷公会堂とCOUNTDOWN JAPAN FESのライブを見ましたわ。
 まさかなぁ、36年前では想像もつかなかったけどね、ゴダイゴのライブを見ることが出来るなんてのは。



これ、1979年の紅白歌合戦のときのだけど、原曲からすると、かなり歌の構成がバラバラになってたな。
まあ、割り当て時間に収めるにはしょうがなかったんですかねぇ。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ガンダーラ / ゴダイゴ

1979_02_ガンダーラ_ゴダイゴ







今日の1曲セレクトは、「ガンダーラ」ゴダイゴです。

まずは、データです

・タイトル     ガンダーラ
・アーティスト   ゴダイゴ
・作詞       奈良橋陽子
・作曲       タケカワユキヒデ
・編曲       ミッキー吉野
・リリース日    1978年10月1日
・発売元      コロムビア
・オリコン最高位  2位
・売上げ枚数    88.8万枚
・ザ・ベストテン最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1978年12月21日〜1979年4月5日放送分
・タイアップ    日本テレビ系ドラマ「西遊記」主題歌


 えー、1曲セレクトを始めて半年・・・ようやっと、「ガンダーラ」まで、たどり着いたかってかんじですねぇ。
道のりは険しい。。。
 なんて、わざとらしく書きましたが、この曲はそうです、日本テレビ系で78年〜79年に放送された、「堺正章」主演の
「西遊記」の主題歌ですねぇ。

 ようやっと〜たどりついたってわざとらしく書いたのは、

♪ 誰も皆 行きたがるが 遥かな世界 〜 ♪ 

を言いたかったからですねぇ〜。。。

 
 さっきは、ツイストの「性(さが)」を紹介したわけですが、このころの売れっ子バンドの頂点、ゴダイゴ、ツイスト、
サザンオールスターズ、まとめてBIG3って言われてたなぁ。なんだ、そのままやんけ・・・・って感じなんだけど・・。

 で、そのBIG3バンド

 「実力」の ゴダイゴ
 「ルックス」の ツイスト
 「笑い」の サザンオールスターズ

 なんて、キャッチフレーズまであったりしてね。
 つまりぃ、さっき、「性(さが)」を書いた時にも含んだけど、ツイストの世良氏はカッコよかったのよぉ。ルックスもワイルドかつ甘いマスクだったし・・(⇒どんな顔?)
サザンは、サザンで、あのころは、ほとんど「コミックバンド」ののりだったかんねぇ。まだ、「いとしのエリー」をリリースする前で、とかく「勝手にシンドバッド」の「ハチャメチャ」さが、一般的印象だったし、それと、このころはベストテンでは、画面に向かって「ノイローゼ ノイローゼ」って叫んでましたかんね。桑田氏。
 
そんななか、一番、まともでテクニックが一番あったのがゴダイゴだったわけね。ルックスが言い訳でもない、キャラクターが濃いわけでもないっていう部分を演奏テクニックでカバーしたって言うかね。

 そんな感じで、どのバンドも「個性」は強かったな。

 で、当のワタシも、この3つのバンドの中で当時はというと、「ゴダイゴ」が一番のお気に入りだったんですよねぇ。
一番まともだったって言うの強いかなぁ・・・・。一番歌いやすかったってのもあるかもしれない。

 あのころは、兎に角、歌覚えるのに夢中だったかんね。 もちろん、英語の部分はテキトーに・・・。
なんせ、ゴダイゴは、あの当時としては珍しく、英語詞が多かったかんね。


♪ In Gandhara Gandhara They say it was India 〜 ♪

 え?  敵性言語ですよ。。。。ってそんなに古くないッて。。。

もうね、聴こえたままうたってな。。。


 それともうひとつ、これらのバンドの中で、「ガンダーラ」が一番、素朴だったっていうのもあるかも知れないかなぁ。
うーん、田舎臭いっていうかね。
 あー、いや、正直言うと、BIG3の曲って今考えると、都会っぽくないんだけど、そのなかでも、さらに、ダサイのが、
「ガンダーラ」かもしれないなぁ。

 「西遊記」のテーマ曲だったからねぇ。。西遊記って、要は中国の「田舎」を旅していくようなもんでしょ・・。そのイメージとこの曲が、ベリーマッチなのね。 だからかんも知れないけど、曲調が田舎っぽいのね。

 で、この当時、福島の「いなかー」で、ワルガキしてた私には、ベリーマッチョな曲だったわけですねぇ。
イメージ的にどうしても、山とか、川が浮かんでくるしね。

 うん、だから、必ずしも演奏が「うまかったから」では、最初はなかったんだよね。

 ただ、そうは言っても一番、バタ臭かったのは、ゴダイゴだったかもしれないなぁ。このころ同時に出た「西遊記」のサントラを聴くと、これが「アメリカンロック」なんですわ。 
 メンバーもドラムのトミー、ベースのスティーブは、向こうのヒトだったしね。
 
 バタ臭いけど、この曲とか、「モンキーマジック」なんかの「西遊記」物は、妙に中国っぽい・・・。これも不思議な取り合わせだったよね。
 だから・・というわけでもないかもしれないけど、ベストテンで、「ヨコハマ」からの中継で「ガンダーラ」歌ったときが、なんか、一番キマってた気がするな。
 たしか、「氷川丸」か「山下公園」からの中継の時。



 でさー、「今」の月9の「西遊記」の主題歌を歌っているのは「Monkey Majik」。 このバンド、妙にゴダイゴっぽいよなぁ・
その辺に関しては、またのちのち「モンキーマジック」を書くときにでも。。



※2006年2月に書いたものの再掲載です。

ホーリー&ブライト / ゴダイゴ

1979_11_ホーリー&ブライト_ゴダイゴ






今日の1曲セレクトは、「ホーリー&ブライト」ゴダイゴです。

まずは、データです。

・タイトル    ホーリー&ブライト
・アーティスト ゴダイゴ
・作詞      奈良橋陽子
・作曲      タケカワユキヒデ
・編曲      ミッキー吉野
・リリース日   1979年10月1日
・発売元     コロムビア
・オリコン最高位 17位
・売上げ枚数   25.8万枚
・タイアップ   日本テレビ系ドラマ「西遊記供彈臑蟆

 昨日まで、3日連続でキョンキヨンについて、書いてきましたが、うーん、やっぱり、最後は、ちょっと息切れだったかな? それとも、ちょっとまとも過ぎましたかねぇ・・、思ったより反響がすくなかったなぁ。
 でも、勉強になりますねぇ。やっぱり、いまでもみんな知っている(と思われる)曲っていうのは、あんまり反響が少ないのね。。やっぱり、狙い過ぎってのは、どんなことでも共通してダメのようで・・・・。

・・で、今日は、ちょっとまた時代を遡りまして、ゴダイゴの「ホーリー&ブライト」を引っ張ってきたりしました。
 あの名作ドラマとして、いまでも名高い、堺正章主演、「西遊記」の第2弾の主題歌として起用された曲です。

・・・といっても、やっぱり、「続編」の悲しさかな、この曲、ご存知の方ってもしかすると少ないんぢゃないかなぁ。

 やっぱし、「西遊記」=「ゴダイゴ」っていったら、「モンキーマジック」とか「ガンダーラ」のパート気諒がメジャーですもんねぇ。

 ちなみに、パート兇諒は、猪八戒が西田敏行から左とん平に変わったんだよね。
 
 といっても、わが家では、この時間、大河ドラマ何ぞ見てたんで、「本放送」では、私も見てなんですわ。
 昔は・・って当時、わが家では、テレビは1台しかなかったかんね。

 ・・ということで、この「ホーリー&ブライト」が「西遊記」の主題歌だったってこと、あんまり印象には残っていないんですよね。私も。
 もちろん、知ってはいますけど。

 で、やっぱり、この曲はベストテンで聴いてたって印象が強いなぁ。
 この曲ってタイトル通り「星」について歌っているでしょ?

 前にも書いたけど、当時、「天体」に興味持ち出して、毎晩のように星空を眺めてたガキだったんで、そういう印象がこの曲にはつよいなぁ。
 丁度、今頃は冬の星座がきれいなんだよね。南の空にはオリオン座とか、おおいぬ座とかね。
 それらを見ると、この曲を思い浮かべるって感じだなぁ。私は。

 曲は、ゴダイゴにしては、あまり、大きな特徴がないって言うのかなぁ・・、仕掛けがあんまりないんだよね。そろそろ、バンドとしても落ち着いてきちゃってた時期ですよね。
 これの前の曲が「銀河鉄道999」で、正直、この曲でヒットとしてはやりつくしたって感も、今となっては感じるし、だから、なんとなく、喪失感も感じる曲だなぁ。

 面白いなぁとおもったのは、Aメロの部分のベースラインかな。なんてことない、ドラムのバスドラのリズムそのまま刻んでるだけなんですけど、なんとなく、ユーモラスなんですよね。
 あとは、なんだろうなぁ? うーん、、、と考えちゃうなぁ。
 ホント、あんまり特徴ないんですよねぇ。

 西遊記のタイアップがなかったら、「ザ・ベストテン」のベストテン入りも危なかっただろうね。
 現に、この曲から、オリコンではベストテン入りしなくなっちゃったんだよね。

 前の曲「銀河鉄道999」では最高2位まで行ったのに、いきなりだもんね。

 まあ、それだけ、当時のリスナーはあきっぽかったのか、曲に対して厳しかったのか・・。俺は後者を取りたいんだけど、ちょっと曲のデキが前の曲を下回っていると、すぐ売れなくなってしまう傾向があったよねぇ。
 それだけアーティストも大変だったでしょうけど・・。

 でも、ゴダイゴの場合、1979年の活躍が異常でしたからね。この曲以降は、マイペース路線をとっていくことになったわけです。


 ところで、来年の1月から今度はフジの月9で香取慎吾主演で、西遊記をやるそうな。
 12年前にも一度、日テレでリメイクされて、今ときの主題歌はB'zの「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」だったわけだけど、そうしてみると、西遊記の主題歌って、どうも、「大ヒット」のイメージが強いんだよね。
 今度のは、主題歌まだ、わかんないけど、まだ、大ヒットなんですかねぇ・・。
 まあ、月9は大抵ヒットしちゃうから、効果はよくわかんないですが・・。



※2005年11月に書いたものの再掲載です。

記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード