かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

キリン

Beach Time / TUBE

1988_06_BEACH TIME_チューブ


今回の1曲セレクトは、「Beach Time」TUBEです。

まずはデータです。

・タイトル     Beach Time
・アーティスト   TUBE
・作詞       亜蘭知子
・作曲       織田哲郎
・編曲       織田哲郎
・リリース日    1988年4月30日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位 4位
・売上げ枚数   17.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 3位
・ベストテンランクイン期間:1988年5月23日~6月27日付
・タイアップ:キリン「キリンレモン'88イメージソング」

えー、先週書いた「サマードリーム」に引き続いてTUBEです。
この間も書いたけど、「夏はTUBE」ってことで、暫くは集中的に書いていこうかな・・・と思っておりまして、なんか頻繁だなぁ・・・とは分かっているんだけど、引っ張って来ちゃいました。

今回は、前回の87年「サマードリーム」の翌年88年の今頃のヒットだった「Beach Time」。

・・・・と言うモノの、もしかすると今となっては「忘れられてる」ような1曲かもしれないなぁ。
「夏はTUBE」ということで、当時、毎年のこの時期に新曲リリースしていたTUBEだけど、この曲は、あんまり派手には売れなかったからなぁ。
前年までは20万枚を上回っていたレコード売り上げも、この曲では20万枚割れだったしね。

まあ、曲調が曲調だったからねぇ。。。正直言って、前年の「サマードリーム」とどう違うの? って言うくらいイメージが似てたからなぁ。さすがに3年連続で、亜蘭知子 織田哲郎ペアの作品ともなると、飽きられてきていたっていうのは隠せなかったよね。

ただね、一番致命的だったのが、この年1988年っていうのが、記録的な「冷夏」だったんだよね。その影響が一番大きかったろうねぇ。
前回、大黒摩季の「夏が来る」で書いたのとは「真逆」な展開(気候)だった訳ですね。

そそそ、「夏が来る」の94年は、曲のイメージ通りの「暑い夏」だったために、ヒットが加速した訳なんだけど、逆に88年は、記録的な「冷夏」だったために、「夏の曲」と言われても、全くピンと来なかった訳なんだよね。
 
あの年は、夏の間中ずっと天候不順な日が続いて、夏らしくない涼しい日が続いたんですよ。真夏日も数えるほどしかなかったと思う。

そんな影響は大きかっただろうな。仮に、1988年が1994年のように「暑い夏」だったととしたら、同じような曲調が続いて飽きられてきたように思えても、もっと売れてただろうね。 少なくとも20万枚割れって事はなかったんじゃないかなぁ。ま、あくまでも「推測」の範疇ですけどね。
 でも、楽曲イメージと実際の気候っていのうは密接に関係していると思うなぁ。
最近は、夏場だから「夏っぽい曲」。秋だから「飽きっぽい曲」・・・って感じで季節を感じる曲って少なくなってきたからねぇ、こんなこともあんまり感じ無くなってきたように思えるけどさ。



個人的には、この年は大学受験の「浪人」生活を送っていたんでねぇ、この曲なんか聴くと、あの暗黒な状態を思い出すな。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

真夜中のダンディー / 桑田佳佑

1993_11_真夜中のダンディー_桑田佳祐






今回の1曲セレクトは、「真夜中のダンディー」桑田佳祐です。

 まずはデータです。

・タイトル     真夜中のダンディー
・アーティスト   桑田佳祐
・作詞       桑田佳祐
・作曲       桑田佳祐
・編曲       桑田佳祐 片山敦夫
・リリース日    1993年10月6日
・発売元      ビクター
・オリコン最高位  1位
・売り上げ枚数   71.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年10月25日〜11月22日付
・タイアップ:キリン「ジャイブ」CM曲

 昔、「エロ歌謡」の放送自粛についてちょろちょろ書いた事があって、その時は「ヒット曲のほとんどはSEXのこと歌ってんだからして・・・」って書いたんだけど、よくよく、考えて見れば、最近、そこまで描写されている曲さえ、少なくなってるような・・・っていう感じもするんだよね。

 この間、大橋純子さんの「たそがれマイラブ」を書いた時、ヒット曲に必要なのは「色気」って書いたんだけど、なんかさ、最近の曲に物足りなさを感じてきたのは、もしかして、その辺の色気というかヤバさも薄れてきたからじゃないのかな。

 多分、これも「音楽ビジネス」ではなく「ビジネス音楽」に変貌してきた、ある意味、業界の変貌ぢゃないかな・・・って思ったりして。

 つまりさ、「ビジネス」を「音楽」の前に置いた時、「ヤバい」ものっていうのは、ビジネスの妨げになるんですよ。だから、安全な方へ安全な方へ・・・と行ってしまう。

 それが、もともと感じた、ヒット曲へのヤバさが希薄なってきて、曲に訴求感が薄くなってきたんじゃないか・・・・そこが、最近の曲に魅力が薄らいできた、ひとつの要因になってるんじゃないかな・・・って思ったんだよね。


 例えば、コアメロ系のパンク系のロックバンドって多いよね。でもさ、ほんとの意味でのロックやってるヒトってどれだけいるんだ? って思ったんだよね。

 もともとロックの起源は、反体制の音楽だったわけじゃない? 社会に対して、すべてを否定してみせるツッパッた音楽がロックだと思うんだよね。リズムや形式じゃないんですよ。

 果たして、今、そういう、反体制な音楽をやっている奴らってどれだけいるんだろう? 本当の意味でのロックをやっている奴らってどれだけいるんだろう? って思っちゃったりしてさ。

 きっと、そういう意味で、本当のロックをやってる奴らって、ほとんどいないと思う、今の時代。

 形だけのロック? ノレればロック? 踊れればロック?

 どれも本当の意味でのロックではない気がするんだよね。

 そういうことも頭に浮かんで、今回は桑田氏の「真夜中のダンディー」を引っ張ってきてみました。


 
 ワタシ、ソロの桑田氏としては、このころの活動が一番、好きなんだよね。上で書いたような、本当の意味でのロックをしてたような気がする。

 シンプルなギターサウンドを中心にして、反社会的な内容の曲を歌う。

 これこそ、ロックの基本形だと思うんだよね。だから、一番好きなんだと思う、このころの桑田氏が。

 この曲もそうだけど、94年のソロアルバム「孤独な太陽」では「すべての唄に懺悔しな」では、自分を含めて、全てのロックアーティストを否定してしまう。

 まあ、そのおかげで、某長渕氏が激怒して、ぐちゃぐちゃな関係になっちゃったんだけどさ。

 でもロックアーティストたるもの、時にはそうじゃなきゃダメだと思うの。

 あくまで、尖りつづける、ツッパリ続ける、社会を否定し、また人から否定され続ける・・・・それがロックアーティストなんじゃないかな・・・って思うんだよね。


 そういう意味でも、この「真夜中のダンディー」っていう曲を聴いた時は、あるいみ刺激的だったな。

 ♪友は政治と酒に溺れて声を枯らし 俺はしがらみ抱いてあこぎな搾取の中に 生まれた事を悔やんだときにゃ 背広の中に金があふれてた〜 ♪

・・・とかさ。乱暴でも反政治的な内容が・・・。


 どうなのかな? 人生のなかで、一度は、こういう、反社会的な立場に自分を置いてみたくなる時期ってあるんですかねぇ?

 桑田氏、この曲をリリースした頃、37歳。

 そう思うと、なんとなく、理解できるんだよね。ワタシもそう言う時期があったと思うしなぁ。
 それって、この曲を書いた時の桑田氏と同じ心境の中にいる「年代」だからなのかもしれない・・・とも思ったりしてさ。

 兎に角、何かあると、それらの意見に「No」を言いたくなる気分の時ってある訳よ。
 何て言うのかな、反抗期とは、また違うんだけと、今まで積み上げてきたモノを全部一度、乱暴にぶっ壊したいって衝動にかられる・・・そういう時期がさぁ。

 でも、その後の桑田氏の生き方、曲傾向を見たら、ワタシもこれから先、社会に対して、どんどん「丸く」なっていくのかな・・・なんて感じたりして。。。


 でもさ、なんか、それって、嫌なんだよね、今現在は。何処かで尖っていたい・・・っていうかさ。


 逆に、桑田氏にも、いつまでも尖っていてほしいんだけどなぁ。最近の曲を聴くと、たしかに00年代の桑田氏やサザンから比べると、社会性的な内容も出てきているけど、この「真夜中のダンディー」の頃のような、乱暴さは見えない。
 
 また、この「真夜中のダンディー」のようなシンプルかつ、反体制、反政治的な曲を歌って欲しいんだけどなぁ。

 社会が暗い影の部分をますます見せるようになってきた今、いろいろネタは転がっていると思うし・・・。
うん、桑田氏に限らないですよ。ロックをやっていると思っている連中は誰でもいいと思うんだよね。

 でも、そこまで「骨」がある連中は少ないんだろうなぁ。。。でてきたら、手放しで褒めちゃいますよ。ほんとに。



蛇足だけど・・・・。「すべての唄に懺悔しな」で激怒してた、長渕氏も、このころ、同じような反社会的な唄、唄ってじゃん。「RUN」

 ♪ 金 金 金と金追いかけてたら、一夜にして幸せがすり抜けた
追いかけてばかり いるうちに 頭も禿げてきた〜 ♪

 とかさ・・・。

 まあ、どちらもお互い様だとは思うんだけどね。。。

 そういう意味でも、1993年の今ごろって、社会に警鐘をならしてた曲が並んでヒットしてたんだよね。



サザン関係は悉く、YOU TUBE から消されてるんだけど、この曲は公式サイトからのアップがあった。
まあ、ショートバージョンなんだけど。。。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

シーズン・イン・ザ・サン / チューブ

1986_06_シーズン・イン・ザ・サン_チューブ






今回の1曲セレクトは、「シーズン・イン・ザ・サン」チューブです。

 まずは、データでーす。

・タイトル     シーズン・イン・ザ・サン
・アーティスト   チューブ
・作詞       亜蘭知子
・作曲       織田哲郎
・編曲       織田哲郎
・リリース日    1986年4月21日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位  6位
・売上げ枚数    31.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1986年6月2日〜8月18日付
・タイアップ:キリン「ビン生」CM曲

日本の夏の風物詩、TUBE登場!!   

ま、ようやっと・・・・と言ってもいいのかなぁ。今まで、1曲も書いてなかったんだよね。

「夏」といったらTUBE。TUBEといったら「夏」という具合に、日本の夏とTUBEは切り離せませんな・・・と書くのは、まあ、大げさなんだけど、やっぱし、こう、蒸し蒸し暑くなってくると、TUBEの季節と無意識になってしまうわけで・・
やっぱし、この曲しかありません、「シーズン・イン・ザ・サン」


 そのまえに、「TUBE」っていうアーティスト名になったのって、この曲からなんだよね。
 って、あれ? 意外と知られていないかなぁ?

 TUBEは、1985年6月デビューなんだけど、それまでは、「THE TUBE」と頭に冠の「THE」が付いていたんだよね。
 で、見てくれも、ブルーと白のストライプのジャケットなんか着たりして、いかにも、お仕着せだろ? っていう格好で、一世代前も二世代も前のGSのようなガレージっぽい音楽やってたんだよね。

 そう、「夏」! とはほとんど、関係ない音楽だったのですよ。
 そうさねぇ、当時のウレセンだった、チェッカーズとか、SALLYの2番煎じと言うか、3番煎じというか・・。
そんな感じだったんだよね。
 その印象からして、まさか、30年も続くバンドとは、全く思っても見てなかったな。
 
 それでもデビュー曲の「ベストセラー ザ サマー」はやっぱり、キリンビールのCMタイアップが付いてたんで、そこそこ売れた。
 BUT、第2弾の「センチメンタルに首ったけ」はノンタイアップで全く売れず・・・。

 これに懲りた、メンバーが、とにかく「お仕着せ」から脱却して、Tシャツとジーンズのラフな格好で、ラフに音楽をやっていく、ついでに、アーティスト名も「THE」をとって、ラフにやっていく・・・・・という意気込みで、再起をかけてリリースしたのが、この曲、「シーズン・イン・ザ・サン」というわけだよね。

 それが功を奏したのか、大ブレイクを果たしたわけだ。

 たださ、個人的に書くと、今になって思うと、なんで、こんなに売れたんべか・・・と頭をひねっちゃうんだよね。

 まあ、あの当時、とにかく聴きすぎて、いい加減食傷になっているってのも大きいんだけどさ。自分で引っ張ってきてなんだけど、ここだ! っていう部分がよくわかんないんだよね。

 強いて言えば、この曲の仕掛けかなぁ。のっけから、♪wow wow wow〜♪というコーラル風ハミングのイントロで、涼しい風なイメージが流れたと思ったら、いきなし、

 ♪ STOP THE SEASON IN THE SUN〜 ♪

と、暑苦しい・・・・  もとい、夏のギラギラした太陽の下というイメージにガラリと変化する。

 この「温度差」がいかにも夏っぽいんだよね。

 そうそう、やっぱし、「夏」なんですよ。この曲の主題は。逆に言うとそのキーワードだけで充分な曲なんだよね。

 このあいだも、85年の夏は天候不順で冷夏と書いたことがあったけど、これは、80年代後半にずっといえたことで、今思うと86年もそれほど夏らしい夏ではなかったんですよ。

 だから、余計、いかにも「夏」って曲に飢えてたんぢゃないかなぁ・・・・と、思ったりして。。ま、無理やりって気もするけど、得てして、間違いでもないような気もする。

 とにかく、あの時代、「おニャン子」の天下でして、季節感溢れるロックテイストの曲は少なかったですからねぇ。

 なんでもいいから、「夏」っぽい曲にすがりたい・・・ってところもあったのかなぁ・・・。
 あ、これは、、ワタシのことですが。。。

 ともあれ、この曲が、夏=TUBE と印象付けた曲であることは間違いないところ。

・・とともに、この曲をもってはじまったんですねぇ。ビーイング系の逆襲が。。。。

 はい、TUBEはもともとビーイング系でございます。。。ま、作詞、作曲者名をみれば、すぐ分かることなんですけどね。

 だから、メロディラインがキャッチーなのも、頷けちゃうわけなのです。

 ジャケ写も言うことなしのリゾート気分ですな。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード