かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

カメリアダイヤモンド

Easy Come Easy Go! / B'z

1990_10_Easy Come Easy Go!_B'z






今回の1曲セレクトは、「Easy Come Easy Go!」B'zです。

 まずはデータです。

・タイトル    Easy Come Easy Go!
・アーティスト  B'z
・作詞      稲葉浩志
・作曲      松本孝弘
・編曲      松本孝弘 明石昌夫
・リリース日   1990年10月5日
・発売元     BMGビクター
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   47.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1990年10月22日〜11月26日付
・タイアップ:「カメリアダイアモンド」CM曲

 B'zのオリコン連続1位記録は、一体いつまで続くんだろう・・・・。なんて、一時期は思ったもんだけど、最近は話題にも上がんなくなってきたよな。
 まあ、最近はオリコンチャートの信ぴょう性も大分落ちてきたし、そもそもB'z自体、あんまりシングルをリリースしなくなったしな。

 しかし、振り返ってみれば初めて1位取ったのが、1990年6月25日付の「太陽のKomachi Angel」だから、あのとき、生まれた赤ちゃんが、今年25歳になってる。。。っていう勘定よ。当時、ワタクシは21才だったわけで、あの時のワタシの年齢よりも上なんだよな。そう考えると、なげーあいだ1位取り続けてるよな。
 ちなみに、初めて1位を取った時の売上げ枚数は、52,080枚。もちろん、初登場1位なんだけど、今のB'zの初登場レベルからしたら、かなり低レベルだわね。 

 ・・・ということで、初めて1位を取った90年の今ごろの曲を持ってきましたぞ。

 Easy Come Easy Go!


この曲は、「太陽のKomachi Angel」の次の曲だから、B'zにとっては2曲目の1位獲得曲。
 この当時、まさか、将来にわたって、こんなことになるなんて、夢にも思ってなかった時代だな。

 なんせ、あのころのB'zは、TM NETWORKの2番煎じに過ぎない・・・って思ってたから。
感覚的に言うと、その後のaccessとかSURFACEとか、そんな感じだったんだよね。存在自体が。

 最近、初期のB'zを知っている方も、だんだんと少なくなってきているから、書いとくけど、ホントに、TM NETWORKのコピーみたいだったのよ。

 今のB'zからすると、まーったく曲想は違いますね。

 まー、その辺はさすがにビーイング、ヒトのおいしいところを持ってくるのは、得意中の得意。。。
 ・・・っていうか、それがビーイングのお家芸でしたからね。

 今聴くと、笑っちゃうくらい、TM NETWORKなB'zですよ。

 例えば、「太陽のKomachi Angel」だったら「DIVE INTO YOUR BODY」(89年)あたりを下敷きにしてるんじゃない?

 それと、「BAD COMMUNICATION」は、「COME ON EVERYBODY」(88年)。

 ♪ Hey hey say you love it〜 ♪ のサビの部分、そのまま
 ♪ Come on everybody  〜 ♪ と歌えますぞあせあせ

 まー、かなり確信的にコピーしてたような感じがしますね。

 結局さ、あの時代・・・89年〜90年あたりって何だかんだいって、TM NETWORKなサウンドが、最新でもっとも受け入れらてたってことなんですよね。

 まあ、それでもそのままコピーしても、すぐ見破られちゃうわけで、TMに比べたら、音圧を厚くして、やや、松本氏のギターを前面に押し出した形になっているけど、でも、かなり研究した後は感じられるなぁ。コード進行とか。
 今のB'zとは全然違いますよ。むしろ小室に近い。
 
 現在のギンギンギターサウンドとは程遠いし、稲葉氏のボーカルもかなり抑えてるよね。シャウトは一切なしで。。。
 何分、宇都宮氏は、シャウトしないヒトだったんで、あえてその辺を、考慮してかなり抑えてたんだろう。


 
 で、この「Easy Come Easy Go!」もその延長線上にあるような曲ですね。
 この曲は、TMのどの曲を下敷きにしているのかは、ちょっと不明なんだけど、シンコペーションを多用したメロディラインは、小室氏のメロディラインを彷彿させるよなぁ。
 B'zがシンコペーションなんて、いまでは考えられないもんなぁ。

 ただ、メロディのアクの強さ、いい意味でのキャッチーさは、この曲あたりから出始めている。まあ、この辺は、ビーイングお得意のメロディパターンね。

 お客さんをぐぐっ・・・と掴んで離さない様なメロディライン。

 そんなメロディが、深夜を中心に、まあ、何度も何度もテレビから流れてくるんだものね。

 そう、ここでも今まで何回も書いてきたけど、この曲も「カメリアダイヤモンド」のCM曲だったんだよね。

 兎に角、あの頃の「カメリアダイヤモンド」のCMは、ゲリラ的だったもんなぁ。
 ゴールデンタイムにはあんまり流れないものの、深夜帯には、どこの局でも、かなりの頻度で流れてたぢゃん。

 タイアップ曲にとっては、ほんとにおいしいCMでしたよね。しかも、メロディラインが、これでもか! って言うくらいの強烈にキャッチーな曲ばかりだったから、余計目立つんだよね。

 一種の魔法をかけられちゃう・・・・って感じで。。。

 あ、正直言って、私も、そんな魔法をかけられた一人デス。


 この曲は、すぐ気に入っちゃったもの。 まだ、あんまり、B'zを知らない頃で、どこの「あんちゃん」たちが歌ってんだろ?

 って、初めは思ったもんだよ。

 だから、B'zとの。正式な初めての出会いは、この曲からってことになるのかな。(「太陽のkomachi Angel」はあまりにTMすぎて、まともに聴いてなかった)

 そんなB'zが、TM NETWORKの「仮面」をはずすのが、翌91年の「ALONE」あたりからかなぁ。現在のようなハードロックなB'zになったのは、この間も書いたけど、92年の「ZERO」からですねシングルでは。

 この頃になると、ミリオンセラー連発するくらいビッグな存在になり、完全にTM NETWORKより自分たちのほうが上だ・・・っていう自信も感じたんでしょうな。

 そして、そんなB'zにワタシも肯定的だったんだよね、あのころは。 否定的になったのは、レイト90'Sに入ってから・・・。 で、完全否定になったが2000年でしたね。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

男 / 久宝留理子

1993_10_男_久宝留理子






今回の1曲セレクトは、「男」久宝留理子です。

まずはデータでーす。

・タイトル    男
・アーティスト  久宝留理子
・作詞      久宝留理子
・作曲      伊秩弘将
・編曲      是永巧一
・リリース日   1993年9月22日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 8位
・売上げ枚数   51.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 6位
・ベストテンランクイン期間:1993年11月1日〜11月15日付
・タイアップ:カメリアダイヤモンドCM曲

 すでに就職したり、就職してなくてもバイトなどで働いている方だったら、実感あるかもしれないけど、男と女って、根本的に性格が違うって思ったことありません?

 うーん、ワタシが長年、「たたかれ役」っていう、世間一般で言う「中間管理職」っちゅうポジションをやってるかなぁ。
 どうもね、そんな実感があるんだよねぇ。
 女の人は、現実的で能率、効率重視ってところが強いし、男ってのは、どちらかといえば「夢を追いかける」ってところが強くて「自分主義」、まあ、仕事上で言えば非効率的な側面が強い。

 まあ、たまたま、そういうヒトがいままで回りに多かっただけなのかもしれないけど、大雑把にみるとそんな感じがするんだよね。

 個人的でも自分勝手で非効率的でいて非現実的、夢を追いかけてる・・・っていう側面がつよいからねぇ、だから、正直言うと、女のヒトと一緒に仕事するのって、どこかウマが合いきれない部分があるんだよね。
 うん、まあ、結果的に同じものを作るんでも、そこまでにたどり着くプロセス、方法論が合わないんですよ。

 だから、ちょっとイライライラ・・・としちゃったりして、相手は相手でイライライラ・・としちゃったりして・・・。

 まあ、そこをうまくコントロールして、何事もないように仕事をするのが大人ってもんなんでしょうけど、何分、根が子供な物でして。。。orz


 さてさて、今回引っ張ってきた「男」って曲は、そんな、「男と女の性分の違い」って言うのを、女の人の側面から端的にみて、ズバズバ言っちゃっている曲ですわな。

 なんかねー、この曲って、ワタシのこと言われているみたいで、正直、こちらとしては赤面的な曲ですよ。ハッキリ言って。
 
うーん、うまいところ付いてきよるなぁ、このヒトは。なんて当時は思ったものですが、この久宝留理子って言うヒト、実はワタシと同い年なんですよね。
 ・・ということは、当時24歳。

うーん、大人だよなぁ。ワタシとしいえば、当時、そんなこと全く考えてなかったぞよ。
 世の中、どうやったら「楽」して生きていけるか・・・なんて考えて、競馬にはまったりしてたころだし・・・(爆)

 まあ、そんなところからも、男のヒトと女のヒトの差なんだろうなぁ。


 曲は、まあ、めちゃくちゃ、キャッチーでしたよね。

サビの

♪Oh 愛 愛 愛 愛 愛してると〜・・・♪

からのキャッチーなこと! もう、いただきっ!・・と思わせるくらいガバッ、とお客さんわしづかみ・・・っていう感じのキャッチーさ(←んー、なんか、ヘンな表現だな。。)だったですわね。

時代が時代で、世は丁度、ビーイング系の全盛期。石を投げれば、どこもかしこもキャッチーなウレセンメロっていう感じの時代でしたから、当時の時代性を考えるとオーソドックスな作りっていう曲だったんだよね。


 それに加えて、例の銀座「じゅわいよ・おくちゅうるマキ」の「カメリアダイヤモンド」のCM曲で、当時、夜中テレビみてると、まあ、これでもかーっ ってくらい、頻繁に流れてたもんなぁCM。

 曲がキャッチー! CMは頻繁・・っていうダブル構造なわけで、いやでも覚えちゃったもんね。
ま、これで、売れなかったら「へん」だよね・・って・・、誰でも思ってんではないかなぁ。


でも、濃厚すぎる牛乳はすぐ飽きられる・・ちゅう、例えの通り、この曲、あのCMでの、超インパクト〜意外と長い間放映されていた〜っていう印象とはウラハラに、ベストテンキープは、意外と短いんだよね。
 まあ、たしかに、ベストテンに入って来るまでは、やや時間がかかった曲ではあったけど。


件の「カメリアダイヤモンド」は、それでも、次から次へと「超」濃厚な牛乳(超キャッチーインパクトが強い曲)を送り込んでいたわけで、あのころは、まさに「黄金時代」だったよなぁ。
 
 世はバブルがはじけてヒーヒー言ってたのに、ここの界隈(ビーイングを含めて)だけはなんか、別次元な世界・・そんな印象があるねぇ。


動画、You TUBEにある動画にリンクしようと思ったら、他のサイトからでははじかれちゃうんで、You Tubeへ直接リンク。

https://www.youtube.com/watch?v=Hgj4k6OLEMo




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード