かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

カフェゼリー

Summer Beach / 岡田有希子

1985_05_Summer Beach_岡田有希子






今回の1曲セレクトは、「Summer Beach」岡田有希子です。

 まずはデータです。

・タイトル     Summer Beach
・アーティスト  岡田有希子
・作詞       尾崎亜美
・作曲      尾崎亜美
・編曲      松任谷正隆
・リリース日   1985年4月17日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   13.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 8位
・ベストテンランクイン期間:1985年4月29日〜5月13日付
・タイアップ:グリコ「カフェゼリー」CM曲 
 

 今回の1曲セレクトは、岡田有希子さんの「Summer Beach」

 いや、結構、盲点だった、この曲をまだ、書いてなかったとは。。。っか、いままで、岡田有希子の曲って、あんまりし書いてなかったんだな、ワタシ。
 結構、引き合いに出してはいたものの、実際に「1曲セレクト」として、もって来てたかって言えば、そうでもなかった・・・んだよね。


 たださ、実際、この曲、当時の「今ごろ」・・・5月末だね・・・の時点では、すでにヒットのピークは過ぎて、下降線だったのよ。

 タイトルが「Summer Beach」ってついてるから、本当なら、これからのシーズンにもっと盛り上がらなきゃいけないはずだったんだけどねぇ・・・。

 まあ、ただ、曲がねぇ・・・、今ひとつ、盛り上がらなかったからなぁ、タイトル負け・・・というか。
 いや、曲自体はよかったんですよ。というか、さすがにこの年、ノリにのってた、尾崎亜美女史が書いただけあって、アイドルの曲としては、一部の隙もなかったと思う。

 たださー、どーしても、タイトルとは裏腹に「悲しいね・・・ざびしいね・・・」っていってる様な岡田有希子の「歌唱」があってさぁ、今ひとつ、盛り上がりに欠けるんだよなぁ・・・。

 それと、前々から書いているように、この年の今ごろの天候よ。82年同様、85年の初夏から夏にかけては天候不順が続いてたからなぁ。
 覚えてるけど、曇天で肌寒い日がずっと続いてたんだよ、この年も。
だから、タイトルに「Summer」ってついてても、今ひとつピンと来なかったのもある。

 いつかも書いたことあるけど、この辺って、結構ギャンブルだったんだよね。曲を作っている時点では、リリースしたあとの天候なんてわかんないからねぇ。

 しかも、この頃になると、季節先取りでリリースしちゃってたからさあ。4月に「Summer Beach」っていわれても、これは、普通はピンとこないよなぁ。。
 まあ、昨今の「温暖化」の世の中では、ある程度は理解できそうだけど、時代は30年前だからねえ。。。



だけんど、このヒトは、難しい曲、歌ってたよねぇ。今からして思うと。まあ、確かに尾崎亜美の曲は、もともと難しい曲が多いけど、この曲はその中でも富に難しいと思う。コード進行も結構、ひねくれてるし。そんな中を、すんなり歌ってしまってる岡田有希子って、ウタうまかったんだな・・・なんて、改めて思っちゃいましたわ。

 特に、Cメロの

 ♪ Loving Loving me〜 ♪

のところなんてのは、堂々としてたね。 

それにしても・・・うーん、やっぱり、この曲、今聴いても13万枚ぐらいで終わる曲じゃなかったと思うよなぁ。
正直、最初聴いた時は、「あ、この曲はホームランになるかも・・・」っなんてビビビっと来たんだけどなぁ。。。
それもこれも、この年の天候不順が悪いwwww




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

ファーストデイト / 岡田有希子

1984_04_ファーストデイト_岡田有希子 






今回の1曲セレクトは、「ファーストデイト」岡田有希子です。

 まずはデータです。

・タイトル    ファーストデイト
・アーティスト  岡田有希子
・作詞      竹内まりや
・作曲      竹内まりや
・編曲      萩田光雄
・リリース日   1984年4月21日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 20位
・売上げ枚数   10.6万枚
・TRHE HITCHART HOT30最高位 25位
・タイアップ:グリコ「カフェゼリー」CM曲

 これまでも、何曲か故 岡田有希子さんの曲を書いてきたんだけど、いつも、どうも湿っぽい雰囲気になっちゃうんですよね。4月と岡田有希子さんっていうと、どうしても「あの日」を思い出しちゃうから・・・っていうところがあるからかもしれないけど・・・・。でも、今日は明るく行きますよ。

 そう、今回はデビュー曲の「ファーストデイト」を引っ張ってきましたから。

 最初、このヒトを見たのはいつだったろう? うーん、忘れたなぁ。

 でも、はじめてみた時から、あーかわいいコが出てきたなって思ったのは覚えてるな。もしかして、同い年くらい? って最初思ったんだけど、実際は、ワタシより2つ上だったんだよね。だけど、ホンとにかわいかったんだから!

 もーね、このヒトのファンに決めたって思ったもん。

 曲も良かったしね。竹内まりやの作品。あの同時、ちょうど竹内まりや自身も復帰したころで、「もう一度」とダブルでランクインしてましたよね。
 
 ちょっと他の典型的なアイドルの曲調とは一線を画してたよな。やっぱりアメリカンナイズされた匂いなんだよね。カラッとした空気感のある。

 それでいて、きっちり気持ちを捉えるようなインパクトのあるサビですもんね。

 たしか、グリコの「カフェゼリー」のCMに使われてなかったけな・・・? 
 当時、よくCMで聴いた覚えがあるぞ。

↓ あ、これだ





 しかし、最初に見たときは、2年後あんな悲劇が起こるとは全く予想も付かなかったな、このころは。

 このまままちがいなくトップアイドルになるんだろうな・・・っていう予感だけはしてたけど。

 でも、実際は、あの当時感じてたくらいのトップアイドルって言うところまでは至ってなかったんですよね。

 確かに可愛らしかったけど、だからと言ってカリスマのアイドル性って言うのは、もしかするとちょっと欠けてたのかもしれないよね。なんとなく、陰がある・・・っていうかどことなく淋しげに見えるところがあったりする。
 そこがカリスマアイドルになりきれなかった一つの要因だったかもなぁ。

 そんな彼女も、もし、生きていれば、今年48歳ですよ。。。 なんか信じらんない・・・。
どんな大人の女性なっていたことでしょうねぇ?





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード