かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

つのだ☆ひろ

メリー・ジェーン / つのだ☆ひろ

1972_05_メリー・ジェーン_つのだひろ


今回の1曲セレクトは、「メリー・ジェーン」つのだ☆ひろです。

まずはデータです。

・タイトル      メリー・ジェーン
・アーティスト名  つのだ☆ひろ
・作詞        Christpher Lyn
・作曲        つのだひろ
・編曲        成毛シゲル、葵まさひこ
・リリース日     1972年2月25日
・発売元       フィリップス
・オリコン最高位  93位
・売上げ枚数    0.7万枚

えー、今回の1曲セレクトは、マクラ無しでのっけから本題に行きましょうか。
・・・というのも、今回の曲、書いてるワタシも「謎」な部分が多い曲でして・・・。

その曲は、つのだ☆ひろ「メリー・ジェーン」。

うむ、70年代ディスコをご存じの方には、定番中の定番ですね。 そそそ、ディスコの「チークタイム」の曲としての超定番曲ですな。

っつうか、チークタイムっていうのも説明がいるのかしらん  

ディスコ、まあ、今で言うクラブですな・・・は、言うまでも無くアップチューンがメインな訳だけど、1時間に1〜2回、間を挟んでスウィートなバラードになるんですな。 まあ、その時は男女が、文字通り「頬と頬」を寄せ合って踊る・・ってわけで、「チークタイム」。

この、「メリー・ジェーン」は、そんなチークタイムで流れる曲としては超定番だったわけですわ。 まあ、当時、「サタデーナイトフィーバー」ってた、イカしたBOYS&GIRLSで知らないヒトはモグリじゃね? ってくらいの曲ですわ。(っつか死語のオンパレードですな

BUT、なんで、そんな超有名曲() が謎だらけなのか。

っちゅうと。

まずね、この曲のリリースについてなんですねぇ。

wikipediaを見ると、最初のリリースは1971年6月。 当時つのだ氏が所属していたバンド、ストロベリーパスのアルバム「大鳥が地球にやってきた日」に収録されていた「Mary Jane On My Mind」であり、その直後、タイトルを「メリー・ジェーン」に変更後、つのだ☆ひろ名義でシングルリリースとなっている。

まあ、その時は全くヒットもしなかったんでしょうな。オリコンを見ると、その時は100位にもランクインしていない。

でも、その後、数小節、曲を編集し直して1972年に再リリース・・とある。

オリコンチャートブックを見ると、レコード品番から、この再リリース盤が、チャートイン対象となっているものと思われるけど、オリコンでのリリース日と、wikipediaでのリリース日にずれがあるんだよな。

オリコンでは、上のデータに書いたように、1972年2月25日となっているけど、wikipediaでは、1972年7月とある。

ハテ? どっちが正しいんだろ?

当時、ワタシャ3歳だった訳で、どっちが正しいのかなんて分からんし、46年も前の事なんでさあ、どっちが正しいかなんて、今さら・・・な事なんだけど、どうも、気になっちゃったりしてね。


それよか、↑のデータでの、売り上げ枚数だよなぁ。
ディスコのチークタイムの定番、当時のディスコを知ってるヒトなら知らない人なんていないんじゃない? なんて書いた手前、売り上げ「0.7万枚」なんて嘘だろ って感じなんだけど・・・。

BUT BUT、オリコンチャートで、100位内にランクインした時の売り上げは0.7万枚だった・・・ってことですね。
大体においで、こんな、誰でも知ってるような曲の最高位が93位なんてねぇ・・・・、ウソだろ? って感じなんですけど。。。

まあ、だからシングルリリースされたころのこの曲は、それだけ超マイナーな曲だったってわけですわ。

ちなみにネットで調べると、この曲がディスコのチークタイムに使われるようになったのは1974年頃から・・ということで、シングルリリースから2年は経っていたことになる。

もちろん、以後、散発的に知名度が広がって行ったものの、集中的なヒットにはならず、オリコンで100位内に入る事は無かったんで、未だに、売り上げは0.7万枚で止まっている。

ただ、それ以後も現在までもジワリジワリとは売れているってことで、wikipediaでは公称で200万枚ということになっているが・・・。 まあ、かなり眉唾物・・・って感じはするけど・・・。 でも、リリース元のフィリップス、その後、何回も再リリースされてきたし、レコード会社再編で、その後ユニバーサルに吸収されたりして、今までにどの位売れたかは、正確には分からないとのこと。。。

でもまあ、いわいるオリコン発表と、実売数にこれだけギャップがある曲も珍しいんじゃないですかねぇ。 それだけ長期間ジワリジワリと売れ続けて来ている曲であるって事なんだけどさ。

まあ、これだけ長く売れていると、ヒット時期って決めるのも難しいわけで、ここ見たいにヒット時期に合わせて書くってことも、いつ書いていいか分からなくなるってもんよ。
一応、オリコンで表示されている、リリースが1972年2月って方に則って、恐らく今頃がヒットのピークであったろう・・と仮定して、今回引っ張って来たんだけどさ。




しかしさ、You Tubeって凄いよね。 スペースバンド時代のつのだ☆ひろ氏の「メリー・ジェーン」
一体。だれがこんなVTRもってたんだって感じなんですけど・・・。
恐らく1974年くらい・・・だから44年前くらいのVTRなんですけど・・・。
VTRに写ってるテレビカメラが「TVK」ってなってるから、伝説の音楽番組の「ヤング・インパルス」ですかね。
ギター:芳野藤丸、ベース:四方義朗に、キーボードは今井裕って布陣。

通常レコード音源で聴ける初代の「メリー・ジェーン」は、ギター:成毛滋、ベース:江藤勲にコーラス、伊集加代子。それに比べると、この面々だけによりプログレっぽい匂いがする「メリー・ジェーン」ですな。 初代の音源はもっとジャズってるもんね。

あ、つのだ☆ひろ氏って出身、福島の塙町だったんだ 今知った。 ワタシと同じ福島県人だったのかぁ。
それなら、1974年に郡山の開成山球場で行われた「ワンステップ・フェスティバル」に呼ばれて当然か・・・
・・・っつか時代的に必然だったんだろうけど。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

失恋レストラン / 清水健太郎

1977_03_失恋レストラン_清水健太郎






今日の1曲セレクトは、「失恋レストラン」清水健太郎です。

 まずはデータです。

・タイトル       失恋レストラン
・アーティスト   清水健太郎
・作詞        つのだ☆ひろ
・作曲        つのだ☆ひろ
・編曲        つのだ☆ひろ
・リリース日    1976年11月21日
・発売元       CBSソニー
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    62.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1977年1月24日〜4月11日付

 ナゾだらけのゲーノー界・・・といえば、今日引っ張ってきた清水健太郎って言うヒトもナゾだらけのヒトですよ。 
 なんせ、クスリで、4回も逮捕されていながら、どういうわけか、その都度、ゲーノー界に復帰できてきているわけですなぁ。いや、この辺もゲーノー界っていうところの摩訶不思議・・・というか、フツウの社会では考えられないところだったりするわけですわ。
 まっとうな業界なら、フツウ、一度でもブタ箱に放り込まれたら、永久追放でしょうて。。。その辺、やっぱしヤクザな世界なんでしょうかねぇ、ゲーノー界ってところは。。。

 よく言えば、それだけヒトとは違う、特殊な才能が人間が集う場所・・・なんだろうな。よく言えばよ。


 今日引っ張ってきた、「失恋レストラン」。 うん、いわずと知れた、清水健太郎のデビュー曲であり、突然の大ヒットを記録した曲ですわ。
 当然、まだ「クスリ」もしらない(?)、まっとうな頃(?)の曲であったりしますねぇ。なんせ、当時はアイドルですから。

 TBS系の「ギンザNOW」が生んだスーパーアイドルってとこですかねぇ。ただ、当時、すでに、清水健太郎って25歳だったんだよね。・・ということで、アイドルというには、ちょっと場違いではあるけれど。。
 それでも、「ケンタロウカット」なる髪型が流行ったっていうんだから、やっぱ、アイドル的な人気だったわけですよねぇ。

 ただ、残念なことに、個人的には、まだこの頃はリアルタイムで体験してない。ワタシがヒット曲の世界に足を踏み入れるのは、この1年後ですわ。
 この頃は、まだ、ガキだったってことは一番でかかったんだけども、仮にさ、あと2,3年早く生まれてても、ヒット曲の世界に入ってきたかなぁ・・・っていうギモンはあるなぁ。
 
 いや、それだけ、まだ、ヒット曲の世界に「ゲーノー界」の匂いが色濃く残ってた頃だしねぇ。
ワタシがヒット曲の世界に入り込めたっていうのは、運良くニューミュージックが台頭してきて、そんなゲーノー界の匂いが薄まってきてたってところが大きいからなぁ。



ウイークデーの夕方5時は、TBSの「ギンザNOW」ってか。
考えてみれば、ここから生まれた、現在のバラエティの「大御所」って多いよねぇ。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード