かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

すぎやまこういち

花の首飾り / ザ・タイガース

1968_05_花の首飾り_ザ・タイガース








今回の1曲セレクトは「花の首飾り」ザ・タイガースです。

まずはデータです。

・タイトル    花の首飾り
・アーティスト  ザ・タイガース
・作詞      菅原房子
・補作詞     なかにし礼
・作曲      すぎやまこういち
・編曲      すぎやまこういち
・リリース日   1968年3月15日
・発売元     ポリドール
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数 67.6万枚
・ベストテンランクイン期間:1968年4月8日~7月8日付

G.Sの曲についても書きたい・・・なんて前々から書いてたりするんだけど、これまでなかなか足を踏み入れられなかったんだよな。
個人的にヒット期間とかリリース日が曖昧な曲があったりしてちょっと躊躇してた部分と、悔しいけど、自分がリアルタイムで経験してこなかった時代なんでどうしても腰が遠のいてしまっていた部分とがあったりするからかなぁ。
 そそそ、G.Sの曲って、自分の中では「後付」な曲が多いからねぇ。やっぱりリアルタイムで聴いてきた曲の方が筆が進みやすい訳でね。

今回セレクトしてきた曲、ザ・タイガースの「花の首飾り」。

言わずと知れた、タイガースの中で最もヒットし、売り上げ枚数も多かった曲な訳で、ほとんどの方は曲をご存じだと思いますが、この曲も、個人的には「後付け」に聴いた曲なんだよなぁ。
 1968年のヒットだからねぇ、ワタクシは「-1」才。 そそそ、まだ生まれてなかった訳ですよ~。生まれる1年前の話ですね。だからし、リアルタイムで経験したくても経験できないわけですよ~。

でも、この時代を経験できなかった・・・っていうのは、個人的には、ちょっと悔しいんだよなぁ。
昭和元禄っていうコトバが広まり、70年安保に向けて良しにつけ、悪しにつけ、世の中がグラグラと沸き立っていた時代。「後付け」世代にとっては、なんかワクワクしちゃうんですよね。
音楽業界では、66年頃から火がついてきた「G.S」がブームの頂点になった年ですね。

そんな「G.S」ブームも頂点を迎える中、この「花の首飾り」がリリースされた訳なんですよね。
売り上げ枚数67.6万枚は、タイガースの中でも最高売り上げを記録した訳でさ。

え? そんなもんなの? なんて思われるかもしれないけど、そんなもんだった訳です。
何分、時代が時代だった訳でさ、まだレコードプレイヤー持っていた人は限られていた訳でさ、しかも、タイガースといったら、今のジャニーズ以上のアイドルだったわけじゃん。
 アイドルなだけにファンの中心は低年齢層な訳でさ、余計レコードプレイヤーを持っていたヒトなんて限られていたに違いないですよね。
 そんな中での67万枚と、当時からいえばかなり売れた曲と言えるんだよね。
現に、オリコンのチャートアクションで言えば、当然のごとく最高1位を獲得。しかも4/15~5/27付まで、7週連続でロングラン1位獲得。ベストテン内には3ヵ月間ランクインと、G.Sの中でも段違いなヒット傾向を見せていたりする。だからこそ、G.Sの雄とも言えたタイガースな訳だけどさ。

ま、とは言っても、オリコン自体は、この年1968年からスタートした訳なんで、前年までの曲については「未調査」なんだけどさ。
 だから、G.Sの中で一番売れたと言われる、ブルーコメッツ「ブルー・シャトウ」の正式な売り上げ枚数も分からないんですけどね。

それでも、オリコン開始以降では、この曲が、G.Sの中では段違いな売り上げを見せていた事は間違いない訳なんですよね。

それじゃ曲の方は・・・昔はさあ、個人的には好きだったんだよね。
でも、今聴くと、なんか違うんだよなぁ。決してキライになった訳ではないんだけど、どこか違和感を感じるんですよ。

それは、やっぱり、曲自体が歌謡曲に近いからなんだろうね、きっと。 グループサウンズと言っても守備範囲はめちゃくちゃ広い訳で、それぞれのグループの個性によって、歌謡曲系、ロック系、ポップス系、演歌系・・・とかなりはっきりとマトリックス区分けが出来るんだけどさ。
 個人的には、最近では、この後70年代のはっぴいえんどに続く、ニューロック系的なG.Sに興味がシフトしちゃったからさあ。
 歌謡ポップス系のG.Sはちょっと違うな・・・なんて最近は思えるようになっちゃったんだよね。だから、、このタイガースとか、同68年ではオックスとかさあ、歌謡ポップス系なG.Sのサウンドはちょっと違うんだよなぁ・・・なんて思っちゃったりするんだよね。
 同じ、歌謡ポップス系でも、タイガースと人気を二分した、テンプターズは良いんですよ。品行方正なタイガースより、ちょっとヒネテルようなところや、なにより音が黒っぽいところが、よりロックを感じるしね。

それから見ると、特にこの曲なんかは、より「アイドル」を感じちゃったりするんだよなぁ。 まあ、楽器をやりながら歌っている訳で、G.Sなんだけどさ、本質的にはアイドル。
 その後、70年代のレイジー、80年代のチェッカーズ、C-C-Bと続く系譜だよね。
昔は、この手のサウンドが一番安心できたんだけどねぇ、最近は。。。。

でも、この手の、よりアイドルに近い音楽の方が、売り上げ的には一番売れてる訳でさ。そう言う意味では、今も昔も日本人ってアイドル好きなんだよね・・・なんて言うのが分かりますねぇ。






よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村

パープルモンスーン / 上田知華&KARYOBIN

1980_06_パープルモンスーン







今回の1曲セレクトは、「パープルモンスーン」上田知華&KARYOBINです。

 まずはデータです。

・タイトル   パープルモンスーン
・アーティスト 上田知華&KARYOBIN
・作詞     上田知華
・作曲     上田知華
・編曲     すぎやまこういち
・リリース日  1980年5月25日
・発売元    ワーナーパイオニア
・オリコン最高位 60位
・売上げ枚数  3.5万枚


 いや、今回の1曲セレクトは困った。予め「書こう」と思ってた曲が、ことごとく「既に書いて」あったのよ。。。
 しかも、今回は、気分的に、ちょっと変化球で行きたい気分・・。

 とか思っちゃったもんだから。。。あせあせ


 いやいや、考えた考えた・・・。

 ・・・あげく、ストックしてた曲を。。。

 上田知華&KARYOBIN 「パープルモンスーン」  

 どどーーーーーん。 思いっきり変化球どぇす。ナックルボールのようなもんでしょふらふら

 知ってる方は、かなりのヒット曲ツウ・・・・・・・・でもないかな・・・・・

 でも、おそらく、今となっては、ほとんど誰も知らない・・・ということを覚悟の上で書きますかね。

 
 えーとですね、普通、ヒット曲といわれる音楽では、アンプラグドな曲っていうのは、今も昔も、意外と珍しいんだよね。

 ま、今は、シンセはほぼ外せない楽器だし、ギターだって、ほとんどはエレキでしょ。全て「生楽器」によるアンプラグドな曲っていうのも、ほとんど聴かなくなったよね。

 あると言ってもアルバムに収録されているようなほんの一部の曲ですかねぇ。シングルでは、まず、聴かなくなったっていうのが、本当のところか。。。

 ときに、それが、ギターレス、ベースレス。
ピアノとバイオリンとチェロの弦楽四重奏による・・・なんて言ったら、まず、今では「絶滅」だろうな。

 いや、この曲がリリースされた1980年当時でも、そういう形式のヒットポップスは、ほとんどなかったですよ。

 それがこの曲の面白いところだろうな。うん、弦楽四重奏とポップスの組み合わせってやつね。

アレンジのすぎやまこういち氏は、昔はG.S、最近じゃドラクエを始めとするゲームミュージックの大家ですが、もともとはクラシック畑出身の、テレビ創生期のディレクターですね。
 昔は、テレビの音楽番組のプロデューサー、ディレクターは、ジャンルはそれぞれだけど、自分で何らかの楽器をやり、音楽に携わっていた人ばかりだったので、譜面には強いし、音楽のなんたるかを知ってるヒトばかりだったんだよね。(だから、音楽番組が面白かったというところが強かったんだろうね)

 まあ、そう言う方なので、こういう、一見、ありそうもない形式で、ポップスもやれたんだろうなぁ。

 上田知華さんって、今でも現役のシンガーなのですが、今井美樹の「PIECE OF MY WISH」や「瞳がほほえむから」などの一連のヒットを書いたヒトってしってる方、ツゥですねぇ〜。

 そそそ、これらのような、シットリ系の正統派ポップスが得意な方ですね。

 もちろん、この曲も、 曲自体は、もろ正統派なミディアムポップスなのですね。

 モンスーン⇒湿潤気候 って言うくらいで、ちょっと霧かかった朝もやの雰囲気が、程よいしめり具合を醸し出していて、丁度、いまの季節にマッチするんですわ。
 

 
 百聞は一見にしかず・・・。本当は、こういう曲こそ、動画があればいいんだけどねぇ・・・と思うんだけど、35年前で、しかもオリコン最高位60位の曲ぢゃねぇ・・・。あるほうが不思議か。。。
・・・と覚悟はしてたんだけど、一応、ライブ録音の音だけはありました。


 

よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

亜麻色の髪の乙女 / ヴィレッジシンガーズ

1968_03_亜麻色の髪の乙女_ザ・ヴィレッジ・シンガーズ

 




今回の1曲セレクトは、「亜麻色の髪の乙女」ヴィレッジシンガーズです。

 まずはデータです。

・タイトル      亜麻色の髪の乙女
・アーティスト  ヴィレッジシンガーズ
・作詞      橋本淳
・作曲      すぎやまこういち
・編曲      すぎやまこういち
・リリース日   1968年2月25日
・発売元     コロムビア
・オリコン最高位 7位
・売上げ枚数  18.6万枚
・オリコンベストテンランクイン期間:1968年3月18日〜4月22日付

 今回の1曲セレクトは、一挙に時代を遡りますぞ。今から47年前へタイムスリップ!
 
 ハイ、時は1968年3月。オリコンもまだ、創刊して間もない頃ですね。
 時はGS全盛期。なに? ガソリンスタンド? ・・・なんて、思うヒトは、よもや、ここに来ている方にはいないでしょ。。あせあせ
 グループサウンズね。

 まあ、グループサウンズといっても、そのジャンルは幅広うございまして、ひとことでは、なかなか言い表せないんだよね。まあ、今でいう「バンド」ですよ。
 その中には、ゲーノー系なのもいれば、反対に、もろ音楽系もいる。
かつ、歌謡曲系もいれば、ロック系もいる。 不良系もいれば、おぼっちゃま系もいる。。。

・・・・と、なかなか、これだ〜exclamation ×2 といえないのも、GSっていう「ジャンル」の面白さの一つなんだよね。


 そういうことで、今日は、上の書き方で言えば、おぼっちゃま系のグループの一つであるねヴィレッジシンガーズ最大のヒット、「亜麻色の髪の乙女」を引っ張ってきたりしましたぞ。

 まあ、日本のポップス史を振り返ると、1960年代までは、「おぼっちゃま系」は、欠かせない存在だったのですよ。
 ハイ、慶応、青学、立教、学習院あたりの、いいとこの「ご子息」です。

 なんせ、バンドやるには「金がいる」っちゅうことは、今も昔も変わらないわけで・・・。
 ましてや、楽器が今ほど、ぜんぜん普及していない60年代。まだまだ、一般家庭はビンボーだった時代に、音楽なぞに「ウツツ」を抜かせるのは、いいとこの「おぼっちゃま」ぐらいなもんだったわけですよ。

 ・・・と言う事もあり、当時は「おぼっちゃま」が流行の先端をいけたわけですね。

 もちろん、ヴィレッジシンガーズも「成城大」出身の「おぼっちゃま」グループ。

 育ちのよさは、やってる音楽には、もろ反映されたりするわな。

 だってさ、曲のタイトルからして、品のよさを感じるぢゃないの。
「亜麻色の髪の乙女」だものね。「乙女」なんて、一般庶民は、なかなか使わない単語ですぞ。

 曲は・・・・、みなさん、ご存知でしょう。 ハイ、あの曲ですね〜。

島谷ひとみが、2002年にカバーして、大ヒットしたアレ・・・です。

フォト 


・・・と、書くと、「え〜、あんなハイパーな曲、47年前にあったの?」なんて、いわれそうだけど、島谷バージョンは、かなーり、今風にアレンジさせてるわけですよ。

 オリジナルは、あんなにbpmも早くないし、ビートもきつくないですよ。
 グループサウンズだもんね、もともとは。
 オリジナルは、もっと、今で言えばガレージっぽいアレンジなんですわ。

 ボーカルの清水氏も、今で言えば歌謡曲っぽい歌い方だしね。そんなところも、おぼっちゃまの片鱗なんですかねぇ。

・・・・書くと、ヴィレッジシンガーズが、この曲のオリジナルって思われがちだけど、それが違うんですねぇ。
ヴィレッジシンガーズも、実はカバーなんですよ。

オリジナルは、ヴィレッジシンガーズからさらに遡ること2年前。青山ミチさんって方が1966年11月にリリースしたシングル。
 もっと、こちらは「風吹く丘で」というタイトルらしいですけどね。
しかも、すぐに発売中止になって、回収されちゃった(本人が覚せい剤で捕まった)らしいので、一般には広まらないうちにお蔵入りになったようです。


 ところで、この曲は、林哲司氏著の「歌謡曲」っていう本にも、取り上げられているんだけど、どうも、ボーカルメロディが、作曲した、すぎやまこういち氏のイメージと違う部分があるらしい。

Aメロの部分の出だし

♪ 亜麻色の 長い髪を 風がやさしく包む〜 ♪

の部分の ♪ やさしく包む ♪ の部分。

 この「やさしく」の部分、島谷ひとみさんの場合は、完全に「同じ音」で歌ってるけど、じっさい、すぎやまこういち氏は、「〜しく」の部分を半音上げて・・・っていうイメージだったらしい。

 まあ、オリジナルのヴィレッジシンガーズの清水氏のボーカルもやや、怪しいんだけど・・・。

 それでも、作曲のすぎやまこういち氏は、あれから47年経った今でも、ここの「音」の違いにこだわっているそうですね。

 うーん、作曲者の感性っていうのかなぁ、コダワリだよね。単純に聴いてる方からすると、言われて見ないとわかんないんだけどさ。

 それでも、すぎやま氏らしい、こだわりかな・・・とも思えるね。

 なんせ、ファイナルファンタジーの着メロの音を、全社分、丹念に確認して「ダメだし」したりしてる方だったりするから。。。ふらふら

 でも、作者の「こだわり」っていうのは、いくら「商業音楽」でも必要だと思うのよ。だからして、面白いわけで。。。

 これ、画一になっちゃったら、面白くもなんともなくなっちゃいますよ。硬ーくいえば、「著作人格権」ね。

 まあ、2次使用する側とすれば、これがあるから、厄介なんだよな。。。って部分もあるんだけどさ〜。。。 





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

学生街の喫茶店 / ガロ

1973_03_学生街の喫茶店_ガロ







今回の1曲セレクトは、「学生街の喫茶店」ガロです。

 まずはデータです。

・タイトル      学生街の喫茶店
・アーティスト   ガロ
・作詞        山上路夫
・作曲       すぎやまこういち
・編曲       大野克夫
・リリース日    1972年6月20日
・発売元      コロムビア
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    77.2万枚
・オリコンベストテンランクイン期間:1973年2月5日〜4月30日付

 もともと「B面」だった曲で、のちにヒットした曲って、調べてみるとちょこちょこ出てきたりするんだよね。
 1981年の西田敏行の「もしもピアノが弾けたなら」はそうだったよね。

 だけど、1位まで取ってしまった・・・となると、これが意外と少なくなる。

 いま、もともとB面だった曲で、後に1位を取った曲は? 

・・・って聞かれて、咄嗟に出てくる曲・・・って言ったら、千昌夫の「星影のワルツ」(元A面「君ひとり」)と、欧陽菲菲の「ラブ・イズ・オーヴァー」(元A面「うわさのディスコ・クィーン」)位かなぁ。

 松田聖子の「SWEET MEMORIES」は、あくまで「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」っていう扱いなので、「元B面」での1位獲得曲とはならない。

・・・ということで、今日は、そんな「元B面」でオリコン1位に輝いた曲をセレクト。

 学生街の喫茶店 /ガロ

 現在アラカン(Around 60)以上の方は、「なっつかしー」曲ぢゃないですかねぇ?

 60代以上でなくても、この曲は、聴けば「はいはいはい、あの曲ね」とほとんど誰でも知ってる曲かもしれないな。

 もちろん、ワタシも「タイムリー」には、聴いてないはず・・・なんだけど、でも、なぜか知ってたりする。

 この曲がリリースされたのは、1972年6月。でも、実際にヒット街道に乗っかったのは、年をまたいだ1973年2月。実にリリースから8ヶ月もかけてベストテン入りまで到達している。

 いまぢゃ、まあ、考えられないようなチャートアクションを辿ってるけど、あの当時は、それほど珍しい現象ではなかったわけなんだけどね。

 で、ベストテン入り当時は、ワタシャ3歳。幼稚園に入園間近の頃だわ。

 もちろん、歌謡曲なんぞ聴いてなかったぞよ。でも、記憶にあったりする。
 もう、何回もこんなこと書いてるけど、知らず知らずのうちに、どっかで聴いてるんだよなぁ、きっと。
 でも、さすがに、どこで聴いていたのかは、全く記憶にないな。でも、知ってたんだよね、後々、ちゃんと聴いた時にさ。

 音楽は、だから不思議なもんですよ。



 ところで、この曲のタイトルとなっている「学生街の喫茶店」は、実際にモデルになっているお店があるんだよね。

 たしか御茶ノ水の駅の近くの喫茶店だよね。だから、「学生街」とは、あの辺を指しているわけさ。
 
 確かに明治大、日大、専修大、あのころはまだ中央大もあったはずだから、まさに「学生街」を指しているわね。まあ、今もそうなんだけどさ。

 ♪ 君とよくこの店に来たものさ 訳もなくお茶を飲み話したよ
  学生でにぎやかなこの店の 片隅で聴いていたボブ・ディラン〜 ♪

 この2行だけで、時代性を如実に現していたりしてさ。。。

 完璧に「団塊の世代」の方たちのライフスタイルを現してる曲だよね。

 個人的に、自分と違う世代のライフ・スタイルを覗いたりするのが好きだったりして。だから、この曲聴くと、想像しちゃいますよ。

 今よりも物は豊かじゃなかったけど、時間はゆっくり流れていたよな・・とか。

 大体において、この曲自体の速さからして、あの時代を彷彿させてくれますよ。


 ところでさ、この曲が、もともとA面ではなく、B面でリリースされた・・・ってのは、もともと、「ガロ」っていうグループ自体、「カントリー&ウェスタン」を中心にしたグループであり、必ずしも「売れ線」を狙っていたグループではなかったということと、メンバーの作品ではなかった・・・って言うところもあるだろうね。

 作詞は、70年代初頭の代表的作詞家の山上路夫氏。作曲にいたっては、すぎやまこういち氏だからねぇ。

 まあ、ガロにとっては、「異端」な曲な訳だ。なにせ、上記の巨匠2人が作った曲。ウレセンでないわけがない。
 そういう曲がはじめてヒットチャートに入って、しかも1位まで取っちゃったんだから、メンバーの心中はいかがなものだったんでしょうね。

 ただ、この後、メンバーによる作品、「ロマンス」でベスト3を取ってるから、まあ、その辺のモヤモヤは解消されたとは思いますが。。。

 まあ、いずれにしろ、この「学生街の喫茶店」で、押しも押されぬ、当時のナンバーワンユニットになったのは、間違いないところ。

 現THE ALFEEの3人は、この「ガロ」をまねて、3人グループにしたってくらいだからねぇ。


 ただ、人気が長く続かなかったのも事実かなぁ。時代はカントリー&ウエスタンやソフトロックから、ニューミュージックへ変わって行ったわけで・・・。
 その流れには、残念ながら、乗れなかったんだよね。 


 ちなみに、「学生街の喫茶店」のもともとのA面の曲は「美しすぎて」って曲。
 結果的に、A面、B面入れ替えってことで再リリース。再リリース後にヒット街道に乗っかったんだよね。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード