かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

うしろ髪ひかれ隊

時の河を越えて / うしろ髪ひかれ隊

1987_05_時の河を越えて_うしろ髪ひかれ隊


今回の1曲セレクトは、「時の河を越えて」うしろ髪ひかれ隊です。

まずはデータなのら

・タイトル    時の河を越えて
・アーティスト  うしろ髪ひかれ隊
・作詞      秋元康
・作曲      後藤次利
・編曲      後藤次利
・リリース日   1987年5月7日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数  11.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 7位
・ベストテンランクイン期間:1987年5月18日〜6月1日付
・タイアップ:フジテレビ系アニメ「ハイスクール!奇面組」オープニングテーマ

先週の西城秀樹氏の死去に伴い、この「1曲セレクト」も、先週末から過去に書いた秀樹氏の曲にアクセスが集中しておりましたが、今日になってようやく落ち着いてきたかなって感じですね。
特に「ブルースカイブルー」(1978年)へのアクセスが凄かったですわ。
うーむ、どこかで記事が引用されたかなぁ。。

テレビのワイドショーでも秀樹氏への追悼が続いているし、本来だったら今回の1曲セレクトも秀樹氏の、まだ書いてない曲を持ってきた方が良いんだろうな。。。

うむ、商売として本気で書いてるなら、ここは「たたみかける」CHANCEってところなんだよな。

でもね、今のワタシ的には好きで書いてるし、ここで秀樹氏の曲を持ってきたら先に進めないなぁ・・という思いもあったんで、敢えて、今回の1曲セレクトは、秀樹氏の曲を回避。


・・・・なんて、もっともらしい理由なんだけど 、実際のところは、過去のチャートを振り返ると、これまで書いてない曲で「今」の時期にヒットしていた曲がないんだよね。

いや、リリース日的には、もうちょっと後で、まだ書いて無い曲があるんだけど・・・。 その曲は、近々、改めて書こうと思います。


・・ということで、その代わり・・・って言うのもなんだけど今回1曲セレクトは、何にすべーな・・と思いつつ、ちょっと前からツバをつけてた曲があるんだよね。 
今回はその曲をひっぱりーの。

「時の河を越えて」 うしろ髪ひかれ隊

日曜日、関東地区でニッポン放送の「土田晃之 日曜のへそ」を聴いてる方には、まあ、未だにお馴染みですわな。 そそそ、この番組の「なつかしいと叫びたい」コーナーのオープニングで流れてる、「あの曲」ですわな。

うーーーむ、この曲、まだ書いてなかったんだな。 とーっくの昔に書いたような気がしてたんだが。。。。

ここんところ「男性」アーティストの曲が続いていたし、久々に女性アイドルもいいでしょ ってことでいろいろと物色してて、たまたま気がついたんだよな。

この頃の曲・・・特におニャン子を初め、アイドル関係の曲ってヒット期間が軒並み短かったんだよ。リリースしてもあっという間にチャートから消えてたし。 そそそ、ヒットといっても今と同じく初動だけって言うチャートアクション。
だから、「あの頃」のヒット期間で書いてるここでは、「ピンポイント」でこれまで引っ張ってこれなかったっていうのが大きいだろうな。今まで書いてなかったのは。


さて「うしろ髪ひかれ隊」。言わずと知れた「おニャン子」からの派生グループですわな。そのファーストシングル。

そそそ、工藤静香、生稲晃子、斉藤満喜子 というモロ、ワタシと同世代の3人グループ。

まあ、同世代とはいうものの生稲さんが、ワタシより一つ年上で、工藤さん、斉藤さんが共に一つ下・・・と、ワタシと「同級生」は居ないんだけど。。。。


今まで書いてなかったのは・・・・、もうさ、この頃・・・1987年6月・・・ともなると、おニャン子も「末期」だったしな。
夕ニャンも、視聴率的に末期症状であと3カ月で終わり・・・という頃だったし、正直、完全、おニャン子関係にに興味が薄れてた・・・っちゅうのが大きいかなぁ。

 ヒット曲のトレンドとして、80年代型アイドル全盛もピークを過ぎた頃、それ代わってロック勢に勢いが付き始めて来ていた頃。当時17才っていういっちゃん「多感」な時期だったし、それいえにそんなヒットトレンドの空気の動きも微妙に感づいてきていたんだろうね。 正直アイドルそのものに食傷気味だったんだよな、この頃。

そもそも、当時、一番目を通してた「オリコンウイークリー」自体が、単なるアイドル雑誌に成り下がってたからなぁ。そこからして食傷だったんだよね。 それでも、買うのやめなかったのは、やっぱ根っからのチャート小僧だったからなんだろうな。

だからね、当時も、殆ど聴いてなかったんだよねぇ、この曲。
モチのロン、曲自体は知ってましたよ。まだ、あの頃は興味が薄い曲でもベストテンに入ってる曲ぐらいはチェックしてたからさあ。




たしかにね、今曲を聴くと、それまでのおニャン子派生グループとはちょこっと毛色が違うかな? っていう匂いはするんだよね。
少なくとも、曲に「おちゃらけ」は入っていないし、真面目に曲に向き合っている。その辺は評価できるところではある。
曲調的にも、少し大人っぽさを感じるしね。 うーん、でもさ、そこは工藤さんのソロデビューっていうのをそろそろ見据えていたのかもしれないけど。

でも、この時点では、まだそんな事は見えてなかったし、そもそも工藤さんが本格的なアーティスト的な志向でソロデビューするってのも分かってなかったからさ。 この曲を聴く限りでは、それまでのおニャン子とはちょっと毛色が違う曲だな・・・・としか思ってなかったと思うな。

まあ、この曲から「新しさ」は感じないけどね。 サウンド的にもメロディライン的にも。 マイナーちょうのメロディラインは80年代後半・・・というよりは70年代後半的のB級アイドルっぽいそれだしさ。
そそそ、もろアナクロなんだよね。そう言う意味で保守的な曲だなぁ・・・とも思えたような気がするな、当時。


ちなみに、生稲晃子さん、タイプだったあ、顔がさぁ 

・・・なんて書いたら、なんでぇ結局は好きだったんじゃん・・・なんて思われますかね。。。。。



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

ほらね、春が来た / うしろ髪ひかれ隊

1988_03_ほらね、春が来た_うしろ髪ひかれ隊







今日の1曲セレクトは、「ほらね、春が来た」うしろ髪ひかれ隊です。

 まずはデータです。

・タイトル     ほらね、春が来た
・アーティスト   うしろ髪ひかれ隊
・作詞       秋元康
・作曲       後藤次利
・編曲       後藤次利
・リリース日    1988年2月25日
・発売元      ポニーキャニオン
・オリコン最高位  6位
・売上げ枚数    9.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 13位

 前回の1曲セレクトは、ちょこっと重めに、マジメに行ったので、今日は軽めに行きましょうかね。

 ほらね、春が来た /うしろ髪ひかれ隊

 ハイ、おニャン子関係ですね・・・・。あ゛、もう、この時はすでにおニャン子は、「解体」されてたんだよね。
 ・・ということで、正確にはすでに、おニャン子関係・・というわけではないんだけどさ。

 だけど、曲内容は、ほとんど変わりはなかったよなぁ。

まあ、それが、ファンとしてはうれしいところだったりするんだけどさ。

 うしろ髪ひかれ隊は、言わずと知れた、生稲晃子、斉藤満喜子、工藤静香 の3人ユニットだったわけだけども、今から考えると、工藤静香がソロの時とは180度ちがった雰囲気だったよなぁ。
この曲のジャケ写見てもわかるけど、工藤静香とっても楽しそうだねぇ。ソロでの曲がややヘビーなダンサブルな曲が多かったからなぁ。

 このテのなーんの悩みもないようなアイドルポップスだと、やっぱりこうなってしまうんですよね、きっと。

 個人的には、ソロの時よりも自然な雰囲気だった、こっちの方がよかったと思うんだけどさ。

 
 それにしても、この曲は明るい。悪く言えば能天気。いいんじゃないですか? 
 アイドルポップスが悩んではいけません! こうじゃなきゃ。


 この曲の当時、ワタシャ、大学受験に失敗・・・浪人が決まって、暗い気持ちになってた頃だよなぁ。
 でも、このノー天気な曲が、とても慰めらなってくれた・・・様な気がするな。今思うとさ。


 蛇足だけど、生稲晃子って、高校の頃好きだった、高校の1つ後輩のコに似てるんだよなぁ(爆) 
ちょっと、お嬢様っぽい雰囲気も似てたなぁ・・・。今は人妻になっちゃったけど・・・

・・・・・などと、この曲の雰囲気に合わせてノー天気に過去を暴露するワタシがいたりして。。。。

 まあ、だから・・・でもないけど、当時は生稲晃子って好きだったぁ。
 
 アイドルってさ、そんな単純なことで好きになったりするんだよねぇ。まあ、そんなところがいいんだけどね。
 一種の癒しのところもあるんですよぉ、ワタシにとっては。アイドルってさ。音楽ってところを抜きにするとね。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード