かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

あみん

待つわ / あみん

1982_09_待つわ_あみん






今回の1曲セレクトは、「待つわ」あみんです。

まずはデータでーす。

・タイトル   待つわ
・アーティスト    あみん
・作詞        岡村孝子
・作曲        岡村孝子
・編曲        萩田光雄
・リリース日     1982年7月21日
・発売元       フィリップス
・オリコン最高位   1位
・売上げ枚数     109.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1982年8月16日〜11月15日付

 この時期になると、忘れられない曲があったりします。
その中でも、あみん「待つわ」は、一番忘れられないかなぁ。

 「あみん」ってそろそろ知らない人もいるのかなぁ。
後年ソロで大活躍した岡村孝子さんと、すでに引退してしまった加藤晴子さんのデュオですね。

 この「待つわ」は、82年5月に行われた、第23回「ポプコン」のグランプリ曲なんだよね。

 しかしさ、考えてみたらこの当時ポプコンってやたらと「中部地区」選出の人達が強かったんだよなぁ。
 一つ前第22回グランプリのアラジン「完全無欠のロックンローラー」、そのまた一つ前第21回伊藤敏博「サヨナラ模様」と3回連続でグランプリは中部地区から出てる。

 ちなみに、第23回では、あみんの他に明日香「花ぬすびと」も最優秀曲賞に中部地区から選出されてたりする。
 しかし、そう考えたら、この頃はヒットは名古屋から・・・っていうことも多かったんんですよねぇ。
 それ以前は、西の福岡、東の仙台って言う感じのヒットが多かったんですけどね。
 
 
 話は変わって・・・この「待つわ」は、ワタシが福島から千葉に出てきた頃、出て来たんですよね。
 もちろん、そのころは、まだ、周りの誰も知らないから、ラジオばっか聴いてまして、この曲、発売前から、やたらかかってたんだよねぇ。 まあ、いまになって思えば、それだけ「期待」をかけてたんだろうけどね。

そして、ワタシもすぐ、気になったなぁ。当時まだ中1だったけど、この曲は売れる、売れて欲しい・・・とおもって、リリース日当日にレコード買った第1号なんですよね、実は。

なにが、気になったのか? っていうのは、今になってはすっかり忘れちゃったんだけど、兎に角新鮮だったのかなぁ。
 もちろん、萩田氏独特のインパクトがあるイントロ・・・例のアコギによる3連譜・・・もそうだったんだけど、今までに感じたことない透明な肌触り(?)っていうのかなぁ。

それと、結構、絶妙なハーモニーってのにも耳が行ったな。

 それよりも、この年の天候不順にぴったりな、「静寂感」・・うんにゃ「静かな不気味さ」がついつい、聞き耳を立てたのかもしれん。
 ・・っていうか、単純に、引っ越してきたばかりからの精神的な「寂しさ」が表に立ってたんだろうね、当時のワタシとしては。


 たださ、まだ発売前に聴いて「あ、これは売れる」と思った曲が、実際に「大ヒット」になってうれしかったなぁ。

 それまでは、ベストテンに入ってきて初めて「あ、いいなあ」っていう感じで曲を聴いてたから。

 この時の、この感覚、手ごたえっていうのがたまらなく快感でさ、もしかするといまの仕事に繋がっている・・っていうのは、正直過言ではなく、リアルなところなんですよね。
 だから、この曲あってこその「いまのワタシ」って言えるかもなぁ。

 
 BUT、当時は↑で書いたように「透明な新鮮さ」を感じたこの曲だけど、いまになって考え見れば「不気味」なウタだよね。

TVでの二人の「ぜんまい仕掛け」みたいなぎこちない動きと無表情な歌い方もそうなんだけど、内容がさ。


♪待つわ いつまでも 待つわ たとえ あなたがふりむいてくれなくても 待つわ 〜 ♪

なんともストーカーな曲だよね。いまの感覚だと・・。よく、マスコミでも書かれたりしてるけどさ、その通りだと思うわ。

でも、今と33年前と感覚の差っていのうももちろんあったしね。だから、当時は「新鮮さ」の方が勝って、ミリオンセラーなんかになったんだろうけどね。

 ちなみに1982年のミリオンセラーは、この曲1枚のみ。当時は、昨今のCD不況と同じように、レコードのセールスが全体的に落ち込んできた時期なんだよね。
 この主な要因は「レンタル」の普及によるものっていうのが、一般通説なんだけど、まあ、曲事態が変わってきたって言うのも確かにありますよね。
 それと、主流が「アイドル」になったってのも大きいし・・。やっぱり、アイドルでは続けざまヒットはしても、なかなかミリオンセラーまで届くっていうのは、難しいですからねぇ。

 もちろん、アルバムはニューミュージック系の天下だったけど、当時はアルバムでミリオンセラーっていうのは、夢のまた夢って言う時代・・・シングル主流な時代だったし・・。

 ま、それを考えても今とは、随分、趨勢が異なる時代だったんだけど、それらを考えても、この曲の支持はでかかったんだよねぇ。


だけど、最初に出てきたヒトは後が続かない・・・っていう当時のジンクスもあったわけで、この人たちも結果的にはそんな感じになってしまいましたよね。

 やっぱ、どうしても、この曲のインパクトにはかなわないもんなぁ。普通。
 
 逆に考えるとそれだけ、まだ、ちゃんと曲を聴いてた人も多かった・・・楽曲の時代・・・ともいえるんですけどね。




そうそう、思いだした。 この曲、1982年の7月21日リリースだけど、ヒット最高潮時、9月のレコード週間売り上げは凄まじかったんだよね。
 いま、当時のオリコンをひも解くと、1982年9月各週のこの曲の週間セールスは

1982/9/6付   66,560枚
1982/9/13付  127,340枚
1982/9/20付  173,910枚
1982/9/27付  137,470枚

・・・と9月、1カ月だけで50万枚上のセールスを記録してたりする。
1週間でミリオンセラーなんていう、某アイドルグループな今の時代からしてみれば、なんてことない・・なんて思えるかもしれないけど、週間セールスで平均7万枚も売れば1位が取れた時代。週間17万枚なんて言うセールスはとんでもない数字だったのよ。
 ちなみに、88年3月21日付で光GENJI「パラダイス銀河」が、週間338,690枚って言う記録を出すまで、この「待つわ」の173,910枚っていう週間セールスが、80年代では最高の週間セールスだったんだよね。

それだけ、多くの人に刺さったんだろうな、この曲。

リリース1か月前に、この曲は売れる・・・って直感的に感じた、ワタシ目は、「してやったり」って言う気分だったけどねぇ。 でも、まさかここまで売れるとは思わなかったんだけどね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村

琥珀色の想い出

1983_01_琥珀色の想い出_あみん






今回の1曲セレクトは、「琥珀色の想い出」あみんです。

 まずはデータです。

・タイトル    琥珀色の想い出
・アーティスト  あみん
・作詞      岡村孝子
・作曲      岡村孝子
・編曲      萩田光雄
・リリース日   1982年12月8日
・発売元     フィリップス
・オリコン最高位 9位
・売上げ枚数   17.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1983年1月17日、2月7日付

 この記事、最初に書いたのは、実はもう6年前なんだけどね。そのころから、たまに同じ「ヒットチャート・歌謡曲」大好きの仲間が遊びに来て、昔の「ベストテン」とか「夜ヒット」をDVDに興したもの見ながら、超マニアックなヒット曲談義してるんだけどさ。
 いや、こういう時間が至福のひととき。なかなか、同じレベルでヒット曲談義を出来る方がいないものでふらふら・・・

 もちろん、こういう書き込みを通して、ネット上でいろいろ意見交換をすることも重要だと思っているけど、なんてったって、直にお会いして、いろいろ資料みながら、ワイワイやる時間は楽しいよね。

 特に、ワタシらのレベルになると、「超ヒット曲オタク」の部類に入っちゃうから、なかなか同じレベルのヒトって周りにいなくてねぇ。。。同年代で同じ時代のヒット曲を同レベルで聴いて来た方っていったら、なおさらですよ。
 だから、お互い電車で行き来できる距離に、そういう同じレベル、しかも同年代で音楽について話し合えるヒトがいるって幸せだよね。

 まあ、そういうこともあって、時々、お会いしては、ディープなヒット曲談義をしたくなるわけですねぇ。

 これ最初に書いた時も、そういうVTRの中に、あみんの「琥珀色の想い出」が含まれていたの。それで、安易に書いちゃったんだけど、その元の文章を読んでで、また引っ張ってきたくなって、こうしてリメイクしてみました。

 なんて、マクラがやたらと長くなっちゃったけど・・・、あみんの「琥珀色の想い出」なんて、覚えている方なんて、どのくらいいるんだろう? ・・・なんて心配になっちゃったりして。。。あせあせ


 「あみん」って言ったら、1に「待つわ」、2に「待つわ」、3、4がなくても5に「待つわ」ってくらい、「待つわ」だけの一発屋・・・っていうのが、あれから26年たった、今のイメージだろうな。大部分のヒトにとっては。

 でも、実際は、第2弾の、この「琥珀色の想い出」もオリコンでちゃんとベストテン入りしてるんですよん。

 まあ、「待つわ」に比べたら、売上げ枚数は、一気に1/10の17万枚、最高位も「待つわ」の1位獲得から、9位とベストテンギリギリにいきなり落ち込んだけど・・・。

 うん、元々は知っているヒトは知っている、あみんのファーストアルバム「P.S あなたへ・・・」に収録されている曲なんだけど、アルバムのリリースが当初のリリース予定から大幅に延期されて、それでしょうがなく、この曲がシングルカットされた・・・っていう経緯だったんじゃなかったっけね。(ちなみに、「P.Sあなたへ・・・」のリリースは、83年4月25日。すでに「あみん」ブームは去り、だから、あんまし売れなかった・・・・・あせあせ

 うん、だから、もともとシングル用の曲じゃなかったわけ、この曲は。

 だから、「待つわ」に比べると、大分インパクトに欠けるしね。

 でも、逆に個人的には、このインパクトに欠ける「平和」な曲の方が、当時は好きだったな。

 「待つわ」は、ヒットする為にあったような曲。前にも書いたけど、初聴一発で、絶対にこれは「売れる」って思ったもの。
 リリース日(1982年7月21日)に買った初めてのシングルだと思う。それだけインパクトが強かったんだよね。

 それに比べたら、この曲は「平和」そのものだったもんなぁ。でも、後の「岡村孝子」のソロの曲想を考えると、この「琥珀色の想い出」の方が、本来の「岡村孝子」に近いかもしれない。

いや、考えてみれば「待つわ」は別モノなんだよね。もともと、岡村が通ってた音楽教室の「宿題」として書いた曲が「待つわ」なわけで、この曲の方が本来の岡村に近かったのかもしれない。

 大体において、いまどき「琥珀色」とか「セピア色」とか書いて、想像できるヒトってどのくらいいるんだろう?

 なにせ「100年プリント」とか言って、「色褪せない」写真だったり、第一、デジタル保存してたら半永久的に「色褪せない」。

 そんな時代に「琥珀色」とか「セピア色」なんて言っても、特に若いヒトにはピンと来ないかもなぁ。

 でも、まだ、あのころは、写真は時代を経ると琥珀色、またはセピア色に変色する時代だったんだよね。

 そういう風景が、頭に浮かんでこないと、なかなか理解してもらえないかもなぁ、この曲は。

 まあ、そんな感じの曲ですわ。これも、あの頃の時代だったから出来た曲だってことだよね。


 個人的には、この曲とか、河合奈保子の「Invitation」が、このころの「平和」な日常を表した曲の代表みたいになっているなぁ。




よかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード