所有音源のハイレゾ化プロジェクトがなかなか進まないっす。

ようやっと、
.潺紂璽潺紂璽献奪編(1966年〜1992年)
▲▲ぅ疋詈(1971年〜1992年)
J-POP編vol.2(2013年〜2018年)...
が95%程完了。


まあ、は半ば「新曲」なんで、所有当初からCD音源をハイレゾ化しているんで問題ない・・として。

これから問題になってくるのが、これから対応する、J-POP編vol.1(1992年〜2012年) なんだよね。

J-POPの音源なんてよー、簡単に手に入るじゃん・・・と思われがちなんですが、意外と今となっては、ちょっと探さないと手に入らない曲もあるんだよ、これが。。

・・・というのも、個人的なコダワリとして、所有音源は基本シングルの「オリジナルバージョン」を集めているから。

意外とここの点がネック。

アルバムバージョンやリミックス、リテイクバージョンは簡単に集まっても、オリジナルのシングルバージョンって探さないと無い曲があるんだよね。

例えば、安室だって、去年リリースされたオールタイムベストは、「オリジナル」じゃないじゃん。 
・・・こんな感じの曲が意外と多いのよ。

まあ、リリー化当時のシングル盤が手に入れれば問題ないんだけど、最近CDもそれなりに「金」をかけないと手に入りずらくなってるからなぁ。特に90年代はリリースから20年経過しつつあるんでさ。


これらのを解決しつつ、手持ちの全音源が全てハイレゾ化されるのは、いつの事やら・・・。



ちなみに、ネット配信はダウンロードもサブスクリプションも、シングルオリジナルバージョン音源じゃない曲がかなり多い。
これがワタシ的には許せないところで、だから、ネット配信の音源からは収集せずに、未だに「参考」の域を超えられない根源でもあるんだよね。