2015_11_What You Want_JUJU











・タイトル     What You Want
・アーティスト   JUJU
・作詞       JUJU  AKIRA
・作曲       UTA   Sonomi Tameoka
・編曲       UTA
・リリース日   2015年11月18日
・発売元     ソニーミュージックアソシエイテッド
・タイアップ   日本テレビ系ドラマ「偽装の夫婦」主題歌

 これまでのシングルのリリースパターンからすると、今回は「歌謡曲路線」かな? と思ってたJUJUだけど、予想外なビートナンバーを持ってきたなぁ。
 ビートナンバーと言ってもドラムンベース的なヘヴィーなビートではなく、音的にはかなりスカスカ。イメージ的にはパッと聴き、夏場の「PLAY BACK」の延長線的な曲か・・・なんても思ったんだけど、Bメロのメロディラインから考えが変わった。
 うーん、このBメロのメロディライン、どっかで聴いたことがあるんだよなぁ・・・。悔しいけど、思い出せない。
かなーり昔なんだよな。うーん、なんて言うのかな、コトバたらずに書いてしまうと70年代的。
この曲の

C⇒G⇒B⇒Em7

っていうBメロのコード進行の響きがねぇ、なんか懐かしいんだよな。特に、C⇒G⇒B っていうルート和音の流れの響きがねぇ、どっかで聴いたことあるんだよなぁ。。。。単純なコード進行なんだけど、何処かアバンキャルドというかサイケデリックな響きでさあ。

 その流れでサビに入っていく。 だから、「PLAYBACK」的なイマドキのEDMサウンドというよりも、懐かし路線のような印象が強いなぁ。この曲は。

某音楽サイトに、ヨーロッパのキャバレーのようなきらびやかなPVとあるけど、曲のイメージはそうね。
でもさ、キャバレーっていうコトバは、正直、イマドキのコトバじゃないんじゃん。そう言うイメージからして、どうしても60年代とか70年代的なイメージが先に立ってしまう。

でもね、JUJUってヒトは、そう言うイメージが合うんだよねぇ。

アイドルばっかで、「お水」なイメージのアーティストが富に減ってしまった、昨今の日本の音楽シーンにあって、昔ながらの「お水」系が似合う、数少ないアーティストだからねぇ、JUJUってヒトは。
個人的には、この路線でもっとエキサイトしていって欲しいんだけどなぁ。


ちなみに、今回のシングルのc/wで、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」をジャズ風にアレンジしてカバーしてるけど、これはもうひとつかなぁ。。。 今一つ中途半端な気がして。。。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村